新着 日本刀・太刀・槍・短刀・脇差し・薙刀(長刀) 日本刀の通信販売 株式会社 明倫産業 保管庫
日本刀、短刀、脇差 日本刀・居合刀・刀剣全般の株式会社明倫産業 新着刀剣一覧 保管庫

日本刀販売・ご案内(過去刀剣TOP)新着刀剣一覧 保管庫

日本刀鑑定証については    
日本美術刀剣保存協会 特重(特別重要刀剣)、重(重要刀剣)、特(特別保存刀剣)、保(保存刀剣)、
甲(甲種特別貴重刀剣)、丸(特別貴重刀剣)、貴(貴重刀剣
その他の鑑定 会(日本刀剣保存会)、藤(藤代松雄)、柴(柴田光男)、店(当店の保証)
質については ☆(特優品)、◎(優品)、○(標準品)、△(やや程度不良品)、希(希望銘)
付属品 白(白鞘)、拵(拵え)
※表示の価格は全て税込です。

ここは過去に取り扱った日本刀を並べています。現在 販売されている 日本刀 はこちら
No. 種別 銘文 時代 長さ(cm) 反り 元重 解説 証書 付属 価格
薩州住源盛和作 現代 71.5 1.6 0.59 平成十三年菊月
重量鞘を払い833gr、互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。替鞘付。
拵え 売約御礼


伝兼房(若狭守氏房)(業物)

室町
末期
70.2 2.2 0.88 兼房5代目弘治2年長兄石見守国房より惣領職を譲られ善定嫡家を継ぎ、永禄13年(1570年)(444年前)若狭守を受領してほどなく氏房と改めました。本刀は元幅と先幅の差が少なく先そりが有り、切っ先が延びて豪壮な刀姿です、地金は板目に柾肌を交え一部大肌がりますがそれも御愛嬌です。刃紋は兼房乱れと言われ古来有名な匂い出来のタコの頭の様な頭が丸い刃を見事に焼き上げ、兼房の代表的な見事な刀です。拵えも江戸時代の鉄金具の付いた見事な拵えが本刀に一層華を添えています。今回初めて世に出たために格安でご提供です。標本的な兼房乱れの刃のもの少なく大変貴重な見事な関の兼房であろう名刀をお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

備前国住長船与三左衛門尉祐定作 大永六年二月吉日
室町
末期
65.2 2.2 0.81 大永六年二月吉日(1527年)
末備前の代表刀工の与三左衛門尉祐定の俗名入りの素晴らしい名刀です。姿反り深く美しい姿を現し、地金は飛びきり素晴らしい良い地金を小板目肌に良く鍛え明るい地金を作り、刃紋は豪快な直刃、刃中に金筋、葉、互の目の足等、様々な働きを現し、与三左衛門祐定の一つの代表的刃紋となっております。銘振りも一与と大永5.6年に集中した典型的な銘となり、刀身彫も表の彫は草の剣巻龍と、裏に摩利支尊天を見事に彫り上げています。本刀は戦国大名特別注文品の名刀です。現存作が非常に少ない俗名入りの与三左衛門尉祐定の傑作刀です。コレクターの垂涎の的の与三左衛門尉祐定の名品をお楽しみください。
白鞘 売約御礼

義助
室町
末期
28.4 0.5 0.55 本短刀は大永1521年頃の駿河の有名な義助の短刀です。本短刀は反りの深い意欲的な短刀姿で地金は板目肌良く現れ、刃紋はのたれ乱れ刃に互の目が交じり覇気有る刃を焼いています。相州彫も深く腰樋を裏表に簡単な彫ですが見事に彫っています。義助の祖先は昔は相州正宗と言われるぐらい非常に上手な名工です。江戸末期の短刀拵えも本短刀に一層華を添えています。古来義助の短刀は大変玄人好みの短刀で本短刀も変化ある大変素晴らしい働きの名短刀となっております。多少の鍛え肌が出ていますが500年の時代の経過です。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼

波平安世
室町
末期
70.1 1.3 0.75 室町時代永正頃(1504年)に薩摩刀工で波平安世と銘する刀工がいます。本刀は地金小板目肌素晴らしく良く詰み、一部に時代の鍛えの荒い所はありますが、ほぼ綺麗な地金を鍛え、刃紋は特徴的な匂い本位の互の目乱れ刃、大きくのたれ、大のたれの中に三本杉風の焼きを入れ、大変風流な刃紋を焼き独創的な刃を焼き上げています。帽子は乱れ込んで深く返っています。波平安世は現存作少ないため未見の為に良く判りませんが、拵えも幕末の茶塗一部刻み鞘に鉄地の鍔山の図、鉄地縁頭高彫の獅子の図、目貫が古金工赤銅地南天の図が本刀を一層華やかに飾っています。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

伝村正(千子)
室町
末期
66.3 2.1 0.78 右衛門尉濃州赤坂兼村の子、桑名に移住して千子派の祖となります。本刀は大変珍しく平造の刀で、中心が村正の独特なたなご腹を現し、地金は板目肌に柾目肌が交じり二筋樋を彫りが残り、刃紋は沸出来で、互の目乱れ刃ちじに乱れ、相州鍛冶の刃紋に見えるぐらい良く出来ています。江戸時代徳川家に仇する刀として、村正の刀は徳川家から嫌われた為に、多くは本刀の様に、無銘にされてしまっています。本刀のごとく相州上工に見える村正の作は殆ど残っていません。お楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼

葵紋(康継)(三尺)
江戸
初期
90.9 1.3 0.8 康継は家康の三男結城秀康に越前にて抱えられ、慶長十年江戸に召され家康、秀忠両将軍の前で鍛刀し、激賞され褒美として葵紋と康の一字を賜り康継と改めた。徳川将軍家お抱え刀匠越前康継は江戸時代の最上作の名刀です。本刀は寛文頃の3代目康継の作とみられています。長大な長さで元先の幅の差がなく鍛えは板目に杢が交じって美しい地金を鍛え、刃文は互の目刃が匂い深く元から先まで見事に焼かれ素晴らしい覇気有る刃を焼いています。江戸時代は葵紋は誰彼とも入れる事出来ず、本刀の様に葵紋だけで康継と判る有名な刀です。将軍家と繋がる武家の特別注文品です。拵えも虫ずくしの金具が付いた当時の貴重な拵えが本刀を一層華やかに飾っています。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
短刀
於大阪城北河内守国助造之 昭和五年春日 彫二男国道
現代 26.8 0.2 0.9 本短刀は大変貴重な短刀です。現在の天下に有名な新作刀展で正宗賞を受賞した現代刀匠の雄河内国平刀匠の、お父さんとお爺さんが鍛えた現存作大変少ない貴重な短刀です。名工初代河内守国助は大坂新刀の祖として余りにも有名で、代々大阪の地で繁栄して来ました。本短刀はその卓尾を飾る名短刀です。姿は重ねが厚く、反りの有る平造の姿、地金は小板目肌良く詰み柾目肌を交え、刃紋は匂出来ののたれ刃に互の目を交え、明るく良く出来ています。刀身の国道刀匠が彫った南無阿弥陀仏の彫は豪快で良く出来ています。現代刀工の雄河内国平刀匠の祖先につながる貴重な短刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼

村正(妖刀村正)
室町
末期
21.2 0 0.98 本槍は信州真田家伝来と言い伝えられ、又もつとも技量が高いと言われる、二代村正の名槍です。妖刀の名であまりにも世界的に有名な村正ですが。村正の槍は元々、刀や脇差、短刀の数が無いところに槍の作の例は極めて少なく貴重な槍です、村正研究には無くてならない槍になっています。本槍は地金すこぶる小板目肌つみ、柾肌を交え刃紋は表裏揃い心ののたれ乱れ刃、ちじに乱れ良く出来ています。村正は伊勢の刀工、徳川家にあだ名す刀ということで、江戸期は徳川家に遠慮して無銘したもの多く、本槍は在銘で貴重です。徳川幕府では特に忌み嫌った刀ですが有栖川親王が戊辰戦争の時に東征軍総大将になり、徳川幕府を打ち倒すとの意味を持ち、その時の佩刀が村正の刀で有ったことは、大変有名なお話です。 村正の大変少ない在銘の大変貴重な名槍をお楽しみください。 白鞘 売約御礼

備前国長船清光作
室町
末期
62.4 2.1 0.72 天文頃の(468年前)の清光中の名工五郎左衛門尉清光と思われる作です。この刀工が清光の中でも特に最も上手です。本刀は小板目肌良く詰みこまかな地沸が付き、刃紋は匂いの締まった広直刃調のたれ刃に清光独特の刃中に足が所々葉となり、所謂清光の牛のよだれといわれる匂いの切れた、足を現わして、大変雅味のある名刀となっています。拵えも江戸期の四分一地金具で桜花紋一作金具の素晴らしい金具を付けた格調高い拵えが本清光の名刀に一段と華を添えています。銘振りから五郎左衛門尉清光と思われる名刀を是非お楽しみくださいませ。 白鞘
拵え
売約御礼


伝宇多

室町
末期
69.3 1.2 0.63 永禄頃(1558年頃)越中の宇多の刀です。姿は長寸で元は2尺4寸以上あった刀です、現在も堂々とした姿を現し、馬上の侍大将以上の特別注文の刀です。地金は板目肌に柾目肌交じり、地に白気映りが現われ、彫は表に梵字に素剣、裏に梵字に護摩ばしを見事に彫り上げています。地は所どころ荒くなり刃紋は直刃調の匂い出来ののたれ刃、二重刃風、節が入りこの様な刀は大変物切れする刀で、古来戦場で大いに活躍したものと思われます。北国の刀は寒さのために折れる事に一番気をつかい製作され、非常に粘り気ある地金を作り出しており。戦国時代越後上杉謙信が大変重宝した宇多の名刀を大いにお楽しみくださいませ。 白鞘 売約御礼

伝青江(金象嵌)万治三庚子十二月二六日 山野加右衛門 参ツ胴裁断
鎌倉
末期
61.2 1.2 0.63 鎌倉時代から南北朝にかかる備中青江の名刀です。本刀は元は2尺5寸以上あった豪壮な太刀をすりあげた刀です。身幅広く姿堂々として、切っ先が延び、地金は小板目肌よく詰み、地沸付き、映りが鮮明に表れ、刃紋は直刃調に小互の目、小丁子が交じり、小足しきりに入り、逆足が交じり、素晴らしく明るい刃を焼きあげています。地金がすこぶる良く地刃も健全で、鎌倉期から南北朝期の青江の特徴を最大限に現した大名刀です。万治三年に山野加右衛門永久の参ツ胴裁断の試銘が本刀の真価を益々いやがうえにも上げています。青江には名匠が多く貞次、恒次、次家などは後鳥羽上皇の御番鍛冶として名高い刀工です。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼

伝藤嶋友重
室町
末期
67 1.9 0.54 来国俊の門人と言われる友重が越前に移住、その後二代目友重が加賀に移住して幕末まで続きます。本刀は姿は室町末期天正頃(1573年頃)(441年前)の切っ先の延びた反りのやや深い姿を現し、地金は板目肌に柾肌が交じりやや黒い地金を鍛え、地には映りが現れねばりけの有る地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃に沸が良く付き、互の目刃を交え砂流しを現し大変変化有る覇気有る刃を焼いています。北国は大変寒く刀には折れやすいと言う大変過酷な土地柄ですが、本刀の様に粘り気のある地金を鍛えて、折れず曲がらず良く斬れる刀を作ったものです。藤嶋友重は古来業物として有名で物斬れの良いので有名です。戦国大名が争って手に入れたものです。本刀は後世中心を短くして片手抜き打ちに相応しい刀にしているところも見所となっています。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

備州長船清光作 永禄九年八月日
室町
末期
68.7 2.4
0.88 長さ2尺2寸7分
永禄九年1566年(448年前)時あたかも桶狭間の戦いの後6年後、織田信長が天下布武を唱えて各地で勇ましく戦っている時の、備前長船清光中の名工孫右衛門尉清光の作です。この刀工が清光の中でも特に上手です。本刀は腰反りで元幅と先幅の差の少ない切先の延びた豪壮な姿を現し、板目肌良く詰みこまかな地沸が付き、乱れ映りが現われ、刃紋は匂出来ののたれ調の直刃崩れ互の目乱れ刃を焼き大変覇気有る見事な刃を焼き上げています。大変健全な名刀です。江戸時代の家紋の付いた高禄の武士しか持てなかったであろう豪華な半太刀拵えが本刀に一層華やかさを現しています。清光の名刀を是非お楽しみくださいませ。
拵え 売約御礼
短刀
資正作(大坂の古刀)(鼈甲の合口拵)
室町
中期
20.4 0 0.74 文明頃(1469年)(545年前)
長さ6寸7分
本短刀は大変貴重な古刀期の大阪の有名な資正の短刀です。古刀期に摂津の国には刀工が居らず唯一藤島派の加賀四郎資正が室町初期に加賀から移住してきたと伝えられていますが、現存作が非常に少なく、  本短刀も現存品としては非常に貴重な短刀です。本短刀は鎧通しの姿で、地金は板目肌が良く詰み柾が流れ、刃紋はのたれ乱れ刃に砂流しがかかり覇気ある刃を焼いています。又江戸時代の合口拵も高価な鼈甲で作り見事です。高級武士の特別注文品です。初めて出たために薄錆び等有ますが御愛嬌です、格安でご提供です。大変貴重な大阪の古刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

備州長船時満 永正二年九月日
室町
末期
69.7 1 0.74 長さ2尺3寸
本刀は大変珍しい現存刀を殆ど拝見することの無い、備州長船時満の刀です。初代時満は応永(1394年)頃ですので本刀は永正二年(1505年)(509年前)ですので三代目位の時満と考えられます。刀姿は鎬造で中切っ先、地金は小板目肌良く詰みうっすらと乱れ映りが立ち備前の特徴を現し、刃紋は匂の深い変化有る互の目刃が見事に焼かれ、拵えは江戸期の加賀はばきが付いているところから、加賀百万石の藩士の差料として作られたことがわかります。今回初めて世に出たために格安でご提供です。大変貴重な時満の名刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

兼正 四方詰(岐阜県重要無形文化財)
現代 70.5 2 0.76 丁亥年桜月
長さ2尺3寸3分
大野正巳、大正12年生まれ。兼正刀匠は刀の中で最も難しいと言われる鍛錬方法の四方詰鍛えの第一人者として大変有名な名工です。古来四方詰は傷が多く出るために強靭な刀になりますが、四方詰の鍛法は源清麿以外今日まであまりやられていません。兼正刀匠が果敢に挑戦しております。本刀も四方詰で作られ、地金は板目肌力強く鍛えられ、刃紋は直刃を焼き現代刀とは思われない、小足が見事に入り面目躍如の名刀となっています。兼正刀匠は昔から、自分の気に入らない客には絶対に刀を打たなかった刀匠としても有名でした。
白鞘 売約御礼

伝大和大掾藤原正則(江戸期の極めは来国光)
江戸
初期
66.1 1.2 0.71 長さ2尺1寸8分
大和大掾正則は山城三条吉則の末葉で本国は丹後国宮津、後に越前福井に移り住んだと伝えられています。初代越前康継と同時代又は先輩鍛冶とされています。本刀は姿豪壮で、板目肌が良く詰み良く鍛えられた明るい地金です。刃紋は山城来の直調の刃に古調な二重刃も現し、小足も入り大変覇気有る刃を豪快に焼き上げています。この様な見事な刃を焼いたために、古来来国光と極められたものでしょう。江戸期の拵えも本刀に一段と華を添えています。
白鞘
拵え
売約御礼

伝島田広助(江戸期の極めは備前長船兼光)
室町
末期
73.9 2.2 0.78 長さ2尺4寸4分
本刀は大すりあげでありながら、手持ちがずしりと重量感のある豪壮な太刀姿で、平肉を落とした鋭利な姿を現し、地金は板目肌良く詰み、乱れ映りが刃先から地に立ち見事です。刃紋は変化の有る匂い出来の互の目乱れ刃が見事に焼かれ、大変覇気有る刃を焼いています。山形県昭和26年の大名登録です。 江戸期では最上大業物の有名な備前長船兼光に極められていたとの事。現在は天文(1532年)頃の駿河(静岡県)義助の子の島田広助とされていますが、大兼光の方が夢が有って素晴らしいと思います。昔は大兼光と極められた名刀をお楽しみ下さいませ
白鞘 売約御礼

武士道肥後国八代住赤松太郎兼裕作 以自家製鉄鍛之
現代 73.5 1.8 0.76 甲午年六月吉日
長さ2尺4寸2分
重量鞘を払って1027gr 互の目丁子刃素晴らしき良く出来ています。
拵え 売約御礼
脇差
兼常(関鍛冶総領事)
室町
末期
41.2 0.4 0.58 長さ1尺3寸6分
元亀二年七月(1571年)織田信長より鍛冶職安堵の朱印状を賜り、関鍛冶総領事と称し関鍛冶の頭領として、又関鍛冶の名工として余りにも有名です。本脇差は戦国期の侍大将の為に誂えられた特別注文品と思われる大胆な脇差です。姿は平造で腰に差すのに如何にも差しやすい応永備前の盛光、康光の上品な姿を現し、地金は板目肌に柾肌を交え力強い地金を鍛え、刀紋は兼房乱れの様なタコの頭の様な丸い互の目を焼き、丸い飛び焼きも焼き覇気有る刃を現し見事です。拵えも江戸期の鞘が貝散しの鞘が付き、柄は有名な鯨の髭を柄糸として巻、織田信長有縁の名工兼常作の本脇差を一段と華やかに飾っています。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼

肥後守国康(初代河内守国助の子)(大業物)
江戸
初期
67.4 1 0.71 長さ2尺2寸2分半 本刀は銘を伏せて鑑定致しますと多くの方が、江戸の長曽祢虎鉄入道興里に入札されるでしょう。特に帽子が虎鉄帽子と言われる、虎の顎の様な帽子を見事に焼き、焼き刃も虎鉄の様な数珠刃や互の目刃を沸深く見事に焼いています。本刀はしかし中心を開けると大業物で有名な大坂新刀の雄、肥後守国康です。国康は初代河内守国助の子で二代河内守国助の弟になります。本刀は板目肌良く詰み力強い地金を鍛え名刀の名を欲しいままにしております。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼


伝末手掻

室町
初期
70.1 1.2 0.73 長さ2尺3寸1分半
末手掻と極められた大変貴重な名刀です。鎌倉時代の手掻包永の時代には作品が多少多かったのが、南北朝末期には何の為か作品が少なくなり、応永頃に再び繁栄をしました、本来大和の古刀は数が少なく本刀の末手掻の作刀大変貴重なものです。本刀は所謂末手掻の典型作を示し時代は応永(1400年)頃(600年前)打ち刀姿細身で鎬高く締まった姿を現し、刃紋は焼き幅狭く締まったにおい本位にややにえる気味の直刃を上手に焼き、二重刃風の所も有り、ぼうしは尋常な小丸になり先が掃き掛けています。地金は細かく良く詰み一見強い鉄に見えます。幕末の時代拵えが本末手掻の名刀に一段と花を添えています。
拵え 売約御礼
脇差
伊賀守藤原金道(七代目) 菊紋雷除 日本鍛冶宗匠
江戸
末期
38.2 0.6 0.53 長さ1尺2寸6分
金道家は江戸時代、刀工が官職名を貰う時は全て金道家の弟子となり、朝廷に金道家から上奏しなければ官職が貰えないと言う、特別な権限を朝廷より授けられた名門中の名門刀匠です。本脇差の作者は七代目の嫡系の金道の貴重な作品です。鎬造の姿に地金は小板目肌が素晴らしく良く詰み、刃紋はのたれ刃に大互の目が交じり、拵えも当時の拵えが一層本脇差に華を添えています。一度は持ちたい伊賀守金道です。名門金道七代目の脇差をお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼

武士道肥後国八代住赤松太郎兼裕作 以自家製鉄鍛之 甲午年八月吉日
現代 75.2 1.8 0.69 長さ 2尺4寸8分
重量鞘を払い1,078gr 互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

西部宗命(にしべむねなが)(海軍軍刀拵付)
現代 63.8 1.4 0.78 長さ2尺1寸
西部宗命刀匠は美濃外藤刀匠の流れの昭和の時代の刀工で、戦後は日本刀鍛錬に関わらなかった刀匠でしょう。戦後の作品が残っておりませんが、本刀は小板目肌良く詰み、刃紋は孫六兼元の三本杉を上手に焼き、孫六兼元写の刀を見事に鍛え上げています。現在海軍刀は殆ど軍艦と共に海底に沈んだために現存数少なく又鮫鞘の本刀は特に少なく大変貴重な刀です命を懸けてお国に尽くした海軍軍人の魂の刀を大切にいたしましょう。
拵え 売約御礼

伝近江守源久道
江戸
初期
69.3 1.2 0.71 長さ 2尺2寸9分
寛永三年江州野洲郡野村出身上京して二代伊賀守金道の門人となり三品姓を許されて久道と銘を切ります。本刀は伊賀守金道に似て互の目刃素晴らしく働きがあり良く足が入っています、帽子はなかがたるんだ三品帽子を焼いています。久道は古来業物で知られ大変人気のある有名工です。本刀は豪壮な姿で覇気が有ります。地金は小板目肌良く詰み力強い地金を鍛えています。元々は銘があったのが、良く似た作のより有名な江戸の長曽祢興里虎鉄の銘でも入っていたのでしょうか、今は消され無銘となっております。京山城の久道の名刀を是非お楽しみください。
拵え 売約御礼

新刀関(素赤地半太刀金具一作拵)
江戸
初期
66.8 3 0.79 本刀は姿はやや腰反りで優美な姿をしており、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は尖り互の目刃が規則正しく焼かれ刃中明るく、良く出来ています。無銘なれども堂々とした刀です。拵えは幕末の曙塗り鞘に、鍔は鉄地猪目透かし鍔が入り、目貫は土筆の図、半太刀金具は素赤地の金具無紋ですが垢抜けた半太刀拵えとなっています。幕末の志士が本赤鞘の半太刀拵えの刀を差して、日本全国縦横無尽に活躍したものでしょう。歴史を感じる刀です。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

兼付作(かねとも)(かねます)
室町
末期
67.5 1.9 0.67 美濃関の永正(1504年)頃の刀工です、本刀は腰反り深く優美な姿で、あるいは時代が上るもっと古い兼付かもしれません、地金は板目肌に柾目肌が交じり、乱れ映りが現れ表に腰樋を上品に彫り、刃紋は互の目乱れ刃に変化が有り、刃中大変良く出来ています。美濃関の刀工は戦国時代は大変良く斬れるという事で、備前長船鍛冶と共に戦国大名の武器庫として大変発達し、刀座を通して関七流と称する多くの刀鍛冶が大いに発展した 刀剣大国です。本刀も500年以上大切にされた兼付在銘の名刀ですお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
短刀
備前長船住横山祐包作
江戸
末期
30.5 0.3 0.77 文久二年六月吉日
文久二年(1862年)薩摩の武士が島津侯の行列を横切ったイギリス人を切った、生麦事件が起こった年に作られた幕末動乱に向かっている時の作。 祐定十三代目で友成五十八代の孫と称する祐包の短刀です。姿は鋭い実戦に向けた短刀姿で、地金は小板目肌が良く詰んだ強い地金を鍛え、刃紋は祐包独特の、腰の開いた互の目に二つ三つと丁子の足が入り、明るく良く出来ています。備前国新々刀の卓尾を飾る横山祐包の短刀をおたのしみくださいませ。
白鞘 売約御礼

兼廣
現代
68 1.4 0.72 兼廣刀匠は中心の鷹の羽違いの鑢目から考えて、岐阜県関の大正昭和の時代の刀工です。戦後刀工として復活しなかったために、現存作が非常に少なく本刀は兼廣刀匠にとって大変貴重な刀です。本刀は姿はしっかりとした刀姿を現し、地金は小板目肌素晴らしく明るく良く詰み、刃紋は互の目刃に尖り刃を交え明るく見事に焼き上げています。拵えも近来の拵えですが、本漆塗り黒呂鞘に、柄は鮫皮は朱塗り細革糸巻き、金具は江戸期の鍔は銅地雲龍の図。縁頭は赤銅地龍の図。目貫は銅地草花の図の拵えが本刀に一段と華を添えています。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差
菊紋丹波守吉道
江戸
初期
47.5 1.3 0.57 丹波守吉道京四代貞亨1684年(330年前)頃の素晴らしい脇差です。地金は板目肌良く詰み、刃紋はのたれ刃明るく良くさえ簾刃を焼き帽子はたるんだ三品帽子となり良く出来ています。拵えが江戸期の脇差拵えが粋で素晴らしいものです。鞘は鯉口より栗形の下まで一分刻み刻み、鞘の塗は桜の樹の模様を漆で現し見事です。鍔は赤銅地献上鍔、縁頭は赤銅魚々子地桜の図。目貫は赤銅地桜花の図。小柄笄は黒檀の木を使い、桜花の高蒔絵を施した全て桜を現した豪華な拵えが本丹波守吉道の脇差に一層華を添えています。京丹波守吉道は幕末まで七代続く江戸時代の代表刀工です。格式高い丹波守吉道の名刀をお楽しみ下さいませ。今回初で出ましたので特別格安価格でご提供です。 拵え 売約御礼

関吉田兼吉作(桜刻印)
現代 70.4 1.8 0.73 善定兼吉の祖は南北朝時代大和から包氏と共に関に移住した手掻包吉の子で、その後応永時代に兼吉と改めました。代々昭和の時代まで続く名門鍛冶ですが門葉広く全国に兼吉の名が残っています。本刀は昭和の時代に命を懸けてお国に貢献した武人の為の刀です、地金は小杢目肌良く詰み、刃紋は虎鉄の数珠刃はかくありなんと思われる、数珠を重ねた沸の深い互の目を焼いています。格安にてご提供です。お楽しみ下さい。 拵え 売約御礼


伝兼房(若狭守氏房)(業物)

室町
末期
70.2 2.2 0.88 兼房5代目弘治2年長兄石見守国房より惣領職を譲られ善定嫡家を継ぎ、永禄13年(1570年)(444年前)若狭守を受領してほどなく氏房と改めました。本刀は元幅と先幅の差が少なく先そりが有り、切っ先が延びて豪壮な刀姿です、地金は板目に柾肌を交え一部大肌がりますがそれも御愛嬌です。刃紋は兼房乱れと言われ古来有名な匂い出来のタコの頭の様な頭が丸い刃を見事に焼き上げ、兼房の代表的な見事な刀です。拵えも江戸時代の鉄金具の付いた見事な拵えが本刀に一層華を添えています。今回初めて世に出たために格安でご提供です。標本的な兼房乱れの刃のもの少なく大変貴重な見事な関の兼房であろう名刀をお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差


丹後守兼道(相州正宗写)

江戸
初期
51.4 1.4 0.68 丹後守兼道は初代丹波守吉道の次男です。寛永二年丹後守受領。ほどなく大坂に移住しました。大坂に移住した大坂丹波守吉道とは兄弟です。兼道も大坂で大いに繁栄した刀工です。京三品一族も大いに繁栄し、大坂三品一派も大いに繁栄しました。本脇差は板目肌良く詰み、刃紋は相州伝を焼き、沸深くのたれ乱れ刃の刃ぶちに働きが見事に多く、上品な金筋、砂流しを交え相州正宗を狙い成功しています。又拵えが見事です。鞘は粒の細かいあい鮫を1分半の刻み鞘に巻きこの様な鞘は現在作るのは不可能な技術です、鍔は赤銅地献上鍔、縁頭は赤銅地加賀金工勝虫の図、目貫は馬の図、小柄は赤銅魚々子地岸辺の群馬の図が見事です。大坂で繁栄した、丹後守兼道を大いにお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼


河内守廣信

江戸
初期
71.2 1.5 0.78 本刀は河内守廣信(大分県高田市)江戸時代貞享(1684年)(330年前)頃の本名中摩勘左衛門。本刀は姿豪壮で抜き打ちに適した姿を現し、地鉄は板目肌良く詰み力強い地鉄を鍛え、刃紋は匂い出来ののたれ調に互の目を明るく見事に焼き上げ、如何にも物切れする刀を鍛えています。古来高田鍛冶の刀は大変業物として天下に聞こえ、肥後同田貫派と共に有名です。拵えも江戸期の鞘は高価な青貝微塵塗り鞘の付いた豪華な拵えが本刀を一段と華やかに飾っています。長年蔵に入っていた為に、少々薄錆等有ますがそれも御愛嬌です。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼


備州長船祐定 大永三年二月日

室町
末期
63.6 2.4 0.65 本刀は大永三年(1523年)、今から491年も前の祐定としては古い時代です。姿は細身で腰反り高く、元と先の差があり、鎌倉時代の古い姿に見えます。地金は板目肌良く詰み、乱れ映りが見事に現れ、刃紋は匂い出来の直調の上品な刃紋を焼き刃中働きがあり覇気が有ります。祐定は室町期大変優秀な刀を多く世に送り出したために、刀の一大名門刀工として刀剣界をリードして来ました。本刀には拵えも江戸期の素晴らしい拵が付いています。素晴らしく特徴的な備州長船祐定の刀の典型作をお楽しみ下さい。 拵え 売約御礼


兼城(室町中期)

室町
中期
71.6 1.8 0.69 室町時代永享(1429年)頃の美濃の先輩鍛冶となる兼城の貴重な刀です。1寸強すり上がっていますので、元々は 2尺5寸にもなる堂々たる長寸の刀でした。地金は板目肌力強く鍛えられ、刃紋は匂出来の頭が複式の互の目で素晴らしく上手な刃を焼き、帽子も深く返り健全さを現した見事な刀です。本刀は美濃刀の孫六兼元、和泉守兼定が活躍する永正、大永時代から約70年以上も前に作られた刀となり、美濃刀の古い先輩鍛冶として大変貴重です。拵えは現代の拵えが好ましく有り難いものです。兼城の刀現存刀少なく貴重な文化財と言わざるを得ません。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

伝水府住勝村徳勝(肌鍛)
江戸
末期
70.2 1.4 0.78 本刀は切っ先が延び姿豪壮で、鍛は板目肌肌模様美しく現れ、刃紋は互の目乱れちじに乱れ、刃中砂流し金筋交じり、水戸藩工徳勝の作に勝るとも劣らない名品ですが、水戸家は元々折れず曲がらず良く斬れる刀を第一として、水戸藩に納入する刀は必ず荒試しして合格しない刀は納入させなかったことで有名です。荒試しは、竹の入った巻き藁を何本も切り、鉄の板を何枚も切り、最後には水に入って刀を水平に水にたたきつける試をし、ほとんどはこの時点で、折れ曲がってしまう。本刀は刀の具合から相当の試に耐えてきたものと思われます。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

備後国福山住祐成作(希望銘)
江戸
末期
70.2 1.7 0.76 備前友成五十六代孫 天保十五年八月日
本国備前後備後福山に移住。本刀は天保15年(1844年)の作、元幅と先幅の差が少ない豪壮な姿を現し、地金は板目肌が良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は元に直の焼き出しを焼き、互の目丁子刃を明るく焼き、良く足が入って、刃中砂流しが掛かり覇気有る刃を焼き上げています。天保頃は外国船が近海を遊弋し、外国船打ち払い令も出されており、激動の幕末に向かい刀匠が競い合い名刀を作った時です。生出しですのであくまでも希望銘でお願いします。数の少ない祐成の豪快な刀を居合や試し切りにお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼

備州長船賀光
室町
中期
69.8 1.4 0.69 備前長船兼光の末で盛光の弟とも言われる賀光の三代目と思われる文明(1470年頃)(544年前)の賀光です。備州長船賀光の刀大変少なく私も初めて拝見する位貴重です。生で出ましたので、今回研ぎと拵えが出来上がりました、初めて世に出ます。地金は板目肌力強い地金を鍛えうっすらと映りが現れ、刃紋は表は互の目乱れ刃、裏は元は大乱れ刃に先はのたれ調の刃を覇気有る力強く焼き上げています。少し異風な刃を焼いていますが、業物ですので大変良く斬れたものでしょう。戦国武将の息吹が聞こえてくるような刀です。是非大切にしてやって下さいませ。格安でご提供です。 拵え 売約御礼

則重作
室町
末期
69 1.9 0.72 越中則重は正宗や郷義弘の先輩刀匠で松皮肌で特に有名です。本刀は保存刀剣では時代室町末期国不明となっていますが、本刀は正宗十哲で有名な越中則重の後代で天文1540年頃の則重です。姿は室町期の反りのやや深い太刀姿で棒樋に添え樋を彫り、地金は北国特有の黒味の帯びた地金で板目肌を鍛え柾肌を交え、刃紋は互の目刃に沸が絡み砂流しを交え、地景が現れ良く出来ています、この刀を拝見しますと、則重の名が連綿と継がれていた事が判ります。拵えは現代の拵えですが本刀に一段と華を添えています。470年も前の古刀です。大変貴重な宝です。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

伝金剛兵衛盛高(業物)
室町
末期
78.4 2.6 0.75 長さ2尺5寸9分
天文1543年頃(471年前)の筑前福岡県の伝金剛兵衛盛高の貴重な名刀です。金剛兵衛一門は宝満山の山伏鍛冶であったと伝えられています。一門悉く盛の字が頭に用いられています。本刀は素晴らしく長寸で生の姿が貴重です、戦国大名が馬上で使う特別注文の献上品の刀の為に無銘で出したのでしょう。地金は杢目肌に柾目肌が交じり、白気映りがあり刃紋は中直刃に金筋やほつれが見られます。そして中心尻は卒塔婆型という金剛兵衛の最大の特色ある形となっています。独特な中心が一段と伝金剛衛盛高の名を引き立てています。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝和泉守兼定作(之定)
室町
末期
75.1 1.5 0.7 長さ2尺4寸8分
江戸時代は千両兼定と言われ、今のお金に直すと5千万円以上の価格を付けられていたのが、本刀の和泉守兼定です。古来から名高く大名の大名道具の一つに入れられていました。現存作非常に少なく貴重な刀です。本刀は最近生で出てきたために、未審査ですが生無銘長寸で堂々たる姿を現し、地金は板目肌良く詰み明るい地金を鍛え、刃紋は匂い出来の兼定乱れと言われる特徴的な矢筈乱刃を交え、互の目の刃紋も頭の丸い互の目刃を素晴らしく明るく焼き上げて、最上大業物に相応しい風格を現しています。夢のある名刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝和泉守兼定(十一代)
江戸
末期
71.5 1.8 0.93 (新撰組副長土方歳三の佩刀として有名) 文久三年(1863年)和泉守受領兼定に改めます。十一代兼定は会津兼定系最後の名工です。土方歳三の愛刀としてあまりにも有名です。本刀は無銘ながら十一代和泉守兼定であろうと言う夢のある刀です。姿は新々刀独特の豪壮な頑丈な姿で、地金は板目肌良く詰み、刃紋は直調ののたれ刃に手癖の関伝の尖り刃を交え刃中明るく見事に焼き上げています。十一代会津兼定かもしれない夢のある名刀をお楽しみください。 拵え 売約御礼

伝国包(後代)
江戸
中期
75 2.2 0.78 仙台伊達藩お抱刀工、初代国包は本名は本郷源蔵と言い、慶長十九年藩主伊達政宗の命により、上京して越中守正俊に入門、元和五年に帰国。国包は大和保昌の末流と称しているとおり、保昌そのままで、荒い柾目鍛えで柾目が揃っています。本刀は無銘の為後代国包となっておりますが、姿は豪壮で反りが深いところから元禄時代の本郷源次郎国包三代目でしょう。素晴らしく柾目鍛えが冴えて刃紋も元から先に行くほど刃幅が広くなり、大変趣ある明るい力強い刃を焼いています。この様な保昌の様な柾目肌を鍛えるのは大変難しく上手な刀工で無いと作れません。国包は十三代まで続く仙台伊達藩が誇る名工です。時代の拵えが本刀に一段と華を添えています。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼

兼常作
室町
末期
69.7 1 0.67 元亀二年七月(1571年)織田信長より鍛冶職安堵の朱印状を賜り、関鍛冶総領事と称し関鍛冶の頭領として、又関鍛冶の名工として余りにも有名です。本刀は戦国期の侍大将の為に誂えられた元々は2尺7寸も有る豪壮な刀です。現在は4寸程すりあげられ、中心先に貴重な兼常作の銘が残っています。地金は板目肌に柾肌を交え映りも現れ、一部鍛えの荒い所も有りますがそれも時代の見所です。刀紋は沸の強いのたれた調の直刃を焼き素晴らしく良く出来ています。拵えも江戸期の拵えが、織田信長有縁の名工兼常作の本刀を一段と華やかに飾っています。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

雲州住貞法作(島根県重要無形文化財)
現代 74 1.6 0.67 昭和六十二年二月日
重量鞘を払い990g、互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

伝同田貫 二ツ胴切落 於土州 西藤左衛門正久(花押)
江戸
初期
68.4 1.6 0.74 天和二壬戌年 本刀は世にあまりにも有名な九州肥後同田の名刀です。子ずれ狼で肥後同田貫は全国的に有名です。同田貫一派は戦国時代に一門が栄え文禄の役には加藤清正に従って渡海朝鮮で鍛刀したとも伝えられています。本刀は姿が慶長新刀姿で大切っ先で切っ先が延び、元幅と先幅の差が余りなく、豪壮な姿を現し、地金は小板目が良く詰み力強い明るい地金を鍛え、彫も見事です。刃紋は互の目みだれ刃変化有る刃を匂い出来で明るく焼き上げ飛焼も現れ大変良く出来ています、同田貫第一の名作です。天和2年(1682年)の土佐藩士西藤氏の二つ胴切落の試銘も貴重です。拵えは軍刀拵えで手入れをしていなかったのでやや錆びも有りますが、格安でご提供です。
拵え 売約御礼

武士道肥後国八代住赤松太郎兼裕作 以自家製鉄鍛之
現代 76.4 1.8 0.77 甲午年五月吉日
長さ2尺5寸2分
重量鞘を払い1,090gr。源清麿写し、金筋入り素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

孫六兼元(後代)
室町
末期
64.2 1.3 0.75 孫六兼元は末関鍛冶を代表する名工です。 本刀は大変貴重な特別注文品です。身幅広く、重ねが心持薄目になり、平肉がつかず、地金は小板目に柾が交じって明るくさえ、地にえみじんにつき、刃紋は匂い出来の素晴らしくむらの無い規則正しい三本杉を主調とした見事な刃紋です。帽子は乱れ込んで上手に焼き上げています。銘は勢いがあり、角張った直線的な銘を切って孫六の三代目孫六兼元の銘となっております。現存作少なく是非研究の材料に是非して下さい。 白鞘
拵え
売約御礼
短刀
志津兼友伝信高造之 天保三年八月吉日(包丁正宗写)
江戸
末期
20.7 0 0.9 尾張名工伯耆守信高の八代目を継いだ清水甚六郎、六代目信高門人で八代目信高を襲名しました。本短刀は尾張徳川家伝来の古来有名な包丁正宗を写した名短刀です。尾張家の包丁正宗を横に置いて写した尾張家からの特別注文品ではないかと思われます、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は志津兼友の直刃に尖った刃を焼き良く特徴を現し、本歌は素剣に爪の簡素な彫ですが、本短刀は豪華に彫は表には真の龍の彫、裏には梵字に護摩箸を見事に彫り上げています。拵えも当時の黒塗り合口拵えが本短刀を一段と華やかに飾っています。お楽しみ下さい。 白鞘
拵え
売約御礼
脇差
尾崎源五右衛門助隆
江戸
末期
45.6 0.8
0.75 尾崎助隆は本国播磨、大阪に出て黒田鷹脂遐猟鏤劼箸覆蠡膾紊料梓の新々刀を代表する有名な刀工です。本脇差は享和元年。写1801年)作の元幅と先幅の差の無い豪壮な姿に、助廣が創始した濤乱刃を見事に素晴らしく上手に焼き上げています。このように上手に素晴らしい濤乱刃を焼けるのが尾崎助隆で。津田越前守助廣に匹敵する名工と言われています。尾崎助隆の最高傑作品と言える作品をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼

肥前国住一吉作 写清麿
現代 75.4 2
0.82 甲午年一月日
中尾一吉は昭和14年生まれ現在75歳。新作名刀展優秀賞2回、奨励賞2回、努力賞4回、その他入賞多数を受賞する現代の名工です。本刀は昨年から全国で源清麿展が開催され、現在人気最高潮の、新々刀の巨匠源清麿を写した、一吉最高傑作の名刀です。地金板目肌素晴らしく良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は源清麿独特の互の目丁子刃に足が入り、元から先までむら無く良く焼け、豪壮な姿でいかにも源清麿の名刀を目の前に現した素晴らしい力作です。現代刀工の名匠一吉の源清麿写の名刀をお楽しみください。
白鞘 売約御礼

伝飛騨守氏房(黒石地塗鞘刀拵付)
室町
末期
64 1.6
0.8 氏房は初代は若狭守氏房、二代が飛騨守氏房です。本刀は生で出たために、長年拵えに入ったままの為、錆気が有りますが重ねの厚いしっかりした姿、小板目肌に力強く鍛えられ、刃紋はのたれ刃に互の目、頭の丸い互の目、飛び焼きを交え大変覇気が有ります。拵えは尾張徳川家抱え名工大岡政次の銘のある赤銅地家紋散しの笄が入っているところを見ますと、尾張徳川家の為に作られた拵でしょう。鍔は赤銅地高彫秋草の図。縁頭赤銅地家紋散、目貫は龍図、素晴らしい豪華な大名拵えの付いた氏房と思われる名刀をお楽しみ下さい。 拵え 売約御礼
短刀
大阪住月山貞勝謹作花押 湊川神社御神前御太刀余鉄
現代 16.8 0 0.52 (共箱付)(箱書 湊川神社御宝刀之以余鉄作之 昭和七年十二月二十二日)
本短刀は月山貞勝が天皇陛下より南朝の忠臣楠木正成を祭った、別格官幣大社湊川神社に太刀の奉納を命ぜられその余鉄で何口か打ち上げた物の中の1口です。月山貞勝の得意の相州伝正宗写しを行って素晴らしく成功しております。地金は板目良く詰み、刃紋はのたれ刃に互の目を交え匂い深く正宗を良く現わしています。彫りは貞勝得意の表は菊水、裏は忠孝の彫りを彫り一層本短刀に華を添えています。その当時に作られたそのままの桐箱と短刀袋が付き貴重な資料ともなっています、お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
太刀
長谷部国信(南北朝末期)
南北
66 2.1 0.84 長谷部国信は正宗十哲の一人山城国長谷部国重の次男で本太刀は南北朝末期又は応永頃の二代長谷部国信です。初代の長谷部国信の太刀は2口しか現存せず、長谷部派の太刀現存作大変少なく貴重です。本太刀は姿は腰反りで優美な姿を現し地金は小板目肌で綺麗な地金を鍛え、刃紋は大互の目乱れ刃鎬まで掛かる覇気有る刃を焼き、棟焼きが皆焼状態になり素晴らしく迫力ある刃紋を見事に焼き上げています。寒山先生鞘書きによりますと川口氏秘蔵の一なり健全無比傑出作、と讃えています。川口氏は川口渉氏で刀剣界に多大な功績を残された方です。川口渉氏遺愛の名刀をお楽しみ下さいませ。手入れ不足の為に一点錆が有りますがこれも景色です。 白鞘 売約御礼
太刀
則長(朱銘)(大業物)
鎌倉
末期
71.3 2.8 0.75 大和五派の内の尻懸派の代表尻懸則長は古来大業物としても余りにも有名な名工です。鎌倉時代正応1288年頃(726年前)の生の太刀に本阿弥家が則長と極めています。本太刀は腰反の深い太刀姿凛として美しく、地金は板目肌良く詰み、刃紋は沸出来の直刃調のたれ刃に連れた互の目が交じり、金筋が現れ帽子は直ぐで先は掃き掛けています、彫は棒樋に添え樋を素晴らしく上手に彫り上げています。大和鍛冶の古いところは、寺院に属していた為か在銘作が殆ど無く、本太刀も鎌倉時代に作られた太刀が残る事非常に少なく、生まれたままの生姿の貴重な太刀です。古刀が好きな愛好者垂涎の的と言えるのが本太刀です。海外にあった為、特別保存証書に書かれた番号と現在の登録番号が違いますがそれも歴史を物語っています。 白鞘 売約御礼
短刀
長谷部国信(薫山鑑刀日々抄所載)
南北
29.6 0.3 0.43 長谷部国信は正宗十哲の一人山城国長谷部国重の次男で南北朝期文和頃(1352年)(662年前)の名工です。本短刀は本間薫山先生の解説では、姿は細身で寸が延びて長谷部独特の重が薄く庵棟、腰反りがつき、鍛え肌は板目肌、流れ肌、柾気交じりざんぐりとして、地景良く入り、地沸がつき、刃紋は匂勝やや沈み、小沸つき、小互の目主調、丁子ごころ少し交じって行草に乱れ、足が入り、砂流しがかかって一部皆焼状態になり、帽子はつき上げ心に深く返り、つよく掃き掛ける。刃紋が異例ですが、地金に特色あり、銘も独特な特色が有ります。名短刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
脇差
平安城住美平作(東山美平)
江戸
初期
54.4 1.2 0.65 杉江殿 宗
新刀の祖と讃えられる埋忠明寿の甥、東山美平は埋忠一門中傑出した刀匠で京、東山に住まいした。埋忠伝三郎。埋忠明寿の弟、埋忠家を継いだ埋忠重義(明真)の三男で次兄吉信に鍛刀を学び、晩年は大江慶隆と号しました。本脇差は鎬造で、地金は小杢目肌よく詰み綺麗。刃紋は得意の矢筈乱れ刃 淡雪が積もれる如く匂深く見事です。表には不動明王の梵字と腰樋、裏は文殊の梵字と腰樋と添え樋の埋忠彫が素晴らしく見事です。東山美平の作刀有名ながら大変少なく刀剣界にとっても貴重な脇差です。見ることの出来ない東山美平の特別注文品の脇差をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

長曽祢(興里虎鉄入道)(乕徹大鑑所載)
江戸
初期
62.8 1.2 0.65 金象嵌 寛文元年七月十一日弐ツ胴切落 山野加右(衛門永久花押)(万治四年頃)
姿は反りの少ない寛文新刀体配、大すりあげながら姿良く、地金は板目肌良く詰み、刃紋はのたれに互の目交じり、瓢箪刃も現れ虎鉄の特徴が顕著に現れています。虎鉄は最上大業物として新刀期で山野加右衛門の試銘多く入り、江戸で一世を風靡した名刀です。有名な新選組隊長近藤勇の名せりふ、「今宵の虎鉄は良く斬れる」でもあまりにも有名な刀の為に、半百の銘があるが如く、50歳より作刀した為に有名でありながら刀の現存数150口もなく、本刀は大変貴重な名刀です。一生に一度拝見できるかどうかわからない幻の虎鉄の刀をお楽しみくださいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
関兼宗(孫六兼元写) 現代 65 1.3 0.71 昭和十六年 福本兼宗、関住。九代兼定の門。本刀は昭和16年日本軍が連戦連勝の勝ち戦の時に陸軍軍刀として造られたものです。家伝の関の孫六兼元写したものです。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は、関孫六の三本杉の刃を覇気有る力で焼き上げています。孫六兼元の三本杉の刃紋は勇壮で力強いために、誰からにも好まれた為に、関鍛冶は競って後世に残す為に焼いています。関以外の他の刀工が三本杉の焼き入れするのは大変難しく貴重です。福本兼宗の刀をお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
伝肥前国住国廣 江戸
初期
63.5 1.3 0.7 初代肥前国忠吉の弟子橋本相右衛門広貞の長男、弟は播磨大掾忠国です。本刀は片手抜き打ちに適した寸法に作られています。地金は小板目肌に良く鍛えられて刃紋は互の目乱れ刃、大変覇気有る刃を焼き上手です。拵えも江戸期の半太刀金具が全部揃った拵えが貴重で本刀に一段と華を添えています。肥前国廣の名刀を是非お楽しみください。 拵え 売約御礼
短刀 金房兵衛尉政次 室町
末期
30.8 0.4 0.6 大和の金房兵衛尉政次の平造の短刀です。金房の短刀は大変珍しく特別注文品です。板目肌に柾目肌交じり、のたれ刃に互の目が交じり返りが素晴らしく深く、刃中良く働いています。素晴らしい勢いのある金房政次の寸延短刀です。拵えも江戸期の今では出来ない変り塗鞘に、鍔は鉄地に三匹の蝙蝠の据え紋、縁頭は武者の図、目貫は御目出度い鳳凰の目貫の入った拵えが本短刀の声価を一段と高めています。永禄1558年頃の大和金房の短刀をお楽しみください。 白鞘
拵え
売約御礼
脇差


兼貞(額銘)(業物)

室町
末期
54.4 2.6 0.7 初代は応永1394年頃から続く奈良派の兼貞です、山城から美濃蜂屋に移住してきた、達磨派の正光に学んだために、蜂屋関と呼ばれています。本脇差は天文1530年頃の美兼貞です。本脇差は本来は2尺1寸ほどの刀を短くしたもので、姿は深く良く反った切っ先の延びた豪快な姿をしており。地金は柾目肌良く鍛えられ、刃紋は大互の目乱れ刃、大変覇気有る刃を焼いて刃中素晴らしい働きをして見事です。彫も表裏に棒樋を彫って見事です。末関の刀工は全国各地に大名の招きによって各地の刀工の基礎となりました。山城金道一派、薩摩正房一派。江戸康継一派、虎鉄一派。兼重一派と数えれば数限りない刀工が全国に散らばりましたが、本兼貞は珍しく代々美濃にとどまった刀工です。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差


備州長船則光 文明三年八月日

室町
中期
59.1 2.3 0.76 寛正則光は備前刀の代表刀工で有名です。本脇差は少し時代が下がる、備州長船住則光と銘のある文明三年期(1471年)の脇差です。姿は時代の抜き打ちに適した寸法の短い打ち刀の腰反り深く上品な備前刀の姿を現し、地金は板目肌良く詰み、備前刀独特の乱れ映りを一面に現し、刃紋は腰の開いた互の目丁子刃を見事に焼き覇気有る刃を焼いています。切っ先から10cmのところの棟に刀を受けた誉の疵が残っています。この様な誉れの疵が有る刀は、3割高いと言われています。今から543年前の脇差が現在まで大切にされてきました。古刀備前の優刀を今回初めて世に出た為に特別に格安でご提供いたします。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差


常陸守宗重 寛文六年八月吉日(津田助廣門人)

江戸
初期
38.3 0.9 0.65 多田宇兵衛のち宗兵衛。津田助廣門人。寛文6年(1666年)(348年前)期の有る貴重な脇差です。本国播州本脇差は地金小杢目肌素晴らしく良く冴え、力強い地金に直刃を見事に明るく焼き覇気有る刃を焼き上げています。彫も表に独鈷付剣と梵字、裏は護摩ばしを見事に彫り上げています。本脇差をもって常陸守宗重の技量の高さが良く分かります。拵えも江戸期の黒塗り鞘に、鍔は如水銘で素赤地に片切り彫、獅子の子の谷落しの図。縁頭は素赤地に瓢箪の図、目貫は赤銅地蕪の図の金具が付いた格調高い拵えです。助廣の名品を見るような名刀をお楽しみください。 拵え 売約御礼
短刀
伝弥門直勝
江戸
末期
21.2 0 0.74 長さ7寸
本短刀は次郎太郎直勝の子と言われる弥門直勝とみられる短刀です。文久二年に直好から直勝に改めました。幕末の江戸の刀工です。本短刀は今回生で世の中に出たために地肌が皆目わかりません。姿は元の重ね厚く先重ねの薄い鋭利な姿を現し、棟には鍛えた後の縦の大きな肌も出ていますがこれもまくり鍛えの鍛接の後でしょう、拵えがやはり素晴らしく、今の時代では出来ない、鞘は篠鞘と言って縦に細い削りを入れてその上を黒漆を塗った素晴らしく高級で上品な鞘となっています。柄は堅木に沙綾形(さやがた)の模様を彫り縁金も沙綾形の模様を彫り込み、小柄には赤銅磨地に勝虫(とんぼ)を高彫にして見事です。余程のおしゃれな高級武士の差料だったもの思われます。今回世の中に初めて出たために拵え代のみの価格で御提供です。是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
短刀
菊一 文殊四郎包永作
江戸
末期
27.1 0.6 0.59 小林誠助所有
長さ9寸
文殊四郎包永は鎌倉期から代々続く手掻包永の末葉と称し、幕末大和奈良にて活躍した刀工です。本短刀は薙刀を直した姿を現し薙刀樋と添え樋を上手に彫り上げています。地金は小板目肌良く詰み明るい地金を鍛え、刃紋は匂い出来の頭が二つになった特徴的な刃紋を明るく見事に焼き上げています。所持者の小林誠助氏は不明です。後日の研究に待ちたいと思います。この度世の中に初めて生で出てきたために切っ先の棟に薄錆も有りますがそれも御愛嬌です。格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差


水心子正秀(花押)(刻印)(義胤彫入)

江戸
末期
45.6 1.1 0.74 文政元年八月 日(1818年)(197年前)
長さ1尺5寸0半
本脇差は新々刀の祖と言われる巨匠水心子正秀の復古刀論にもとづいた備前伝の古作を写した名作です。姿は頃合いの上品な備前長船盛光や康光を写した応永備前の姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は古調な互の目丁子刃を見事に焼き上げています。又彫は有名な義胤が表に棒樋に添え樋、樋の中に一番難しいと言われる剣巻龍を浮き彫りにし、裏は棒樋に添え樋と独鈷付剣を見事に彫り上げています。義胤の彫の有る正秀の脇差は非常に少なく、刀剣界の憧れの的です。正秀は自著により生涯369口の作刀のみしかしておりません。その中のでも特に貴重な義胤彫の有る備前伝の名作です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼


水心子正秀 天明三年八月日(相州正宗写)

江戸
末期
62.3 1.2 0.82 長さ 2尺5分
新々刀の祖として余りにも有名な水心子正秀、本名川部儀八郎、寛延三年(1750年)羽前赤湯に生まれます。初め仙台に出て四代目国包の弟子となります。安永三年(1775年)秋元家の藩工となり、江戸に出て鎌倉の十代目相州綱廣に相州伝を学んでいます。本刀の天明三年(1783年)(232年前)は水心子正秀32歳の名作です。本刀は元幅と先幅の差の無い大切っ先の南北朝期大摺り上の太刀を写した姿で、地金は相州伝板目肌を見事に現し、刃紋は相州正宗を写したのたれ乱れ刃を沸匂深く焼き上げ正秀の代表的な素晴らしい正宗写の名刀となっています。拵えも江戸肥後一作金具が素晴らしく、鞘は高価な藍鮫皮を巻き本刀を一段と華やかに飾っています。正秀は自著にて生涯369口しか作刀しておらず、有名でありながら実際に正秀の大刀の現存作100口位しかなく。現存刀を見ることはなはだ難しい名刀です。新々刀最上作を是非お楽しみください。
白鞘
拵え
売約御礼


越後守包貞

江戸
初期
71.3 1.6 0.75 長さ2尺3寸5分
本刀は大坂新刀の代表刀工として大変有名な越後守包貞後に延宝七年(1679年)(336年前)に坂倉言之進照包と改名する名刀です。本刀は越後守包貞の本来の姿の反り浅い力強い良い姿を現しています。地金は小板目肌むらなく良く詰み、地沸厚く付き冴えています。刃紋は短い焼き出しが有り、津田越前守助廣風の涛瀾刃を焼き、ところどころ玉を焼いて上手です。刃中砂流しかかり、金筋も現れて越後守包貞の最高傑作品です。今回御数寄者様から初めて世の中に生で出たために薄錆や、鎬地に鍛え疵が有りますがそれも御愛嬌です、刀の好きな者にとっては一度は持ちたい憧れの越後守包貞の名刀です。今回格安にて御提供いたします。お楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼

井上真改(銘不明) 菊紋延宝三年八月日
江戸
初期
70 1.2 0.78 本刀は大坂新刀の横綱大坂正宗と称される井上真改の最高傑作の1口です。鎬造り庵棟反り浅く中切っ先となり、地金は小板目肌良く詰み地にえ良く付き、中直刃調に浅くのたれ、ほつれかかり、におい深く小にえ良く付き砂流かかり相州上工を狙い特に郷義弘を理想とした物と思われます。本刀は地刃の出来がいかにも冴えて沸が深く小にえが良く付き井上真改の長所を遺憾なく発揮した井上真改中の代表作の名刀ですが、残念なことに長年拵えに入れられ放置されていた為に、中心が朽ちて井上真改の銘が判りません。又地肌にも若干のゆるみや傷みががありますが、井上真改の名刀に対しては何ら文句のつけようもありません。良くぞ残ってくれたものと感謝の他ありません格安でご提供いたします。 白鞘 売約御礼

水戸住徳兼作之 文久三年八月日
江戸
末期
73.8 2.2 0.81 長さ2尺4寸4分
徳兼(のりかね)は水戸烈公に抱えられた水戸藩工徳宗(のりむね)の長男で本名関内朝之助後彦四郎と名乗りました。江戸に出て固山宗次の門人になりました。水戸に帰り水戸藩の白旗山武器製作所で水戸藩の為に鍛刀しました。水戸藩は古来刀の荒試しを厳しくした藩として有名です。多少の疵は構わない。折れず曲がらず良く斬れる刀だけしか納入出来ませんでした。本刀は文久三年(1863年)(152年前)薩英戦争が起こった年、明治維新までにあと5年と言う激動の時代に勤皇の心厚き水戸藩士の為に作られた刀です。身幅広く重ね厚く如何にも豪壮で頑丈な姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、一部は鍛え肌現れ、刃紋は師宗次の互の目丁子刃に足が入り見事に明るく焼き上げ師固山宗次の刀を凌ぐ名刀となっています。鎬に少し錆が有りますが御愛嬌、水戸の刀は人気が高く中々世に出る事少なく貴重です。水戸の荒試しに通った名刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
太刀
水田住大月与五兵衛国重作 延宝三乙卯八月日
江戸
初期
84 2.8 0.85 長さ2尺7寸7分
新刀水田は相州伝で名高く寛永の五代目大月与五郎国重が新刀水田として最も上手です。本刀は延宝三年(1675年)(340年前)の作です。大月与五兵衛国重は大月与五右衛門国重とも呼ばれ、備後福山や阿波でも刀を作っています。本刀は特別注文品の奉納刀と思われます。長大な太刀姿で刃肉がたっぷりと付き、地金は板目肌に鍛えられて地景良く入り、地沸が力強く付き、刃紋は大のたれ刃がゆったりと焼かれ棟焼きもたっぷりあり、焼きの頭に沸がつき相州伝を素晴らしく良く現しています。大月与五兵衛国重の作刀は資料的にも大変貴重です。奉納刀の為に現在まで大切にされての残った物と思われます。素晴らしく長大な水田国重の名刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
太刀
於柳生十兵衛三厳誕生地源貞弘造之(奈良県重要無形文化財)
現代 73 1.8 0.68 昭和甲子年如月吉日 畑喜與一還暦記念造之
長さ2尺4寸
月山貞勝の弟子で人間国宝月山貞一と兄弟弟子の奈良県重要無形文化財喜多貞弘刀匠の相州正宗写しの素晴らしい太刀です。貞弘刀匠は刀工として当時相州伝製作の第一位として大変有名な刀匠です。本刀は姿は鎌倉時代末期の姿を現し二筋樋を掻き、地金は板目肌良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は沸の強い匂いの深々としたのたれ乱れ刃に金筋が多く見事に現れ、格調高い刃を焼いて成功しています。古来刀剣界では垂涎の的である相州正宗を見事に写して、如何なく名匠喜多貞弘刀匠の実力をここに現しています。素晴らしく良く出来た貞弘刀匠の最高傑作品であります。今回世の中に初めて生で出たために格安でご提供です。是非お楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼
短刀
摂津住源貞治作 昭和五十二年三月(国宝 包丁正宗)
現代 21.9 0.3 0.46 長さ7寸2分
源貞治刀匠は大阪月山貞勝刀匠の門人で人間国宝月山貞一刀匠の兄弟弟子です。大阪守口市住。本短刀は有名な国宝包丁正宗を写した素晴らしい短刀です。姿は正しく包丁の姿で二筋樋を大胆に透かし、地金は板目肌を見事に鍛え地景が現れ、刃紋は大互の目乱れ沸良く付き刃中に金筋、砂流しの素晴らしい働きが現われ、包丁正宗を見事に現した快心作です。包丁正宗は古来刀剣趣味者の憧れの的ですが、現代刀匠でも作るのは大変難しく数々挑戦するにも、本短刀の様に如何にも包丁正宗を再現に成功しているものが有りません。人間国宝月山貞一刀匠の良き協力者であり、今は亡き大阪の名工河合源貞治刀匠の包丁正宗写の最高傑作品をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

伝森岡正吉
現代 73.3 2.1 0.7 長さ2尺4寸2分 重量鞘を払い1074gr
本国土佐南海太郎朝尊の孫、宮本包則や月山貞一に師事した、森岡正吉の作であろうと思われる刀です。本刀は姿は中間反りと言われる鳥居反りで、切っ先は中切っ先で元身幅と先身幅の差のがやや有る優美な刀姿を現し、地金は小板目肌を良く鍛えすこぶる明るい地金を鍛え、刃紋は小沸の付いた匂い出来の互の目乱れ刃に尖り刃や変化有る刃を交え大変覇気有る刃を焼いています。拵えは現代の拵えですが、一層本刀に華を添えています。この度生で世の中に初めて出たために格安にて御提供いたします。森岡正吉に見られる姿美しい刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

靖利 昭和十六年二月吉日(靖国刀)
現代 67.6 1.4 0.78 長さ2尺2寸3分
梶山靖利刀匠は初代靖国刀匠として第一回の靖国刀をこの世に送り出した父靖徳刀匠の先手として入会した刀匠ですが。若くして病に倒れたために製作数少なく本刀は大変貴重です。板垣征四郎陸軍大臣より刀匠銘靖利を拝名、父と共に昭和天皇の軍刀製作を拝命。本刀は靖国刀の基本が造られた代表作品です。長さは2尺2寸3分やや腰反で、中切っ先、小板目肌良く詰み、刃紋は直刃、この刀が靖国刀の基本とされたものです。靖国刀の基本は備前長船景光の直刃を目標としたものです。天皇陛下より下賜された恩賜の刀や恩賜の剣を製作しました、現在は大変人気ですが現存数少なく大変貴重な靖国刀です。時代を駆け抜けた日本を命を懸けて守った人々を祭る靖国神社境内で作られた靖国刀を是非大切にして下さい。
白鞘 売約御礼
短刀
源貞弘造之(桑山保昌写)(奈良県重要無形文化財)
現代 26.2 0 0.56 昭和甲子年弥生吉日 畑喜與一還暦記念造之
長さ8寸6分
月山貞勝の弟子で人間国宝月山貞一と兄弟弟子の奈良県重要無形文化財喜多貞弘刀匠の国宝桑山保昌写しの素晴らしい短刀です。貞弘刀匠は刀工として当時古刀写しの第一人者として大変有名な刀匠です。本短刀は姿は平造で鎌倉時代の姿を現し桑山保昌と同じ表の彫は力強い素剣、裏は食い違いの彫を深く彫り、地金は大和保昌派の柾目肌を鍛え力強い地金を鍛え、刃紋は直刃に柾目肌を交え見事に保昌伝に成功し上品な格調高い刃を焼いて成功しています。古来刀剣界では垂涎の的である国宝桑山保昌を見事に再現して、如何なく名匠喜多貞弘刀匠の実力をここに現しています。素晴らしく良く出来た貞弘刀匠の最高傑作品の1口です。今回世の中に初めて生で出たために格安でご提供です。是非お楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼

備中国青江住安次作
江戸
末期
66.7 2.2 0.75 長さ2尺2寸
備中国青江住安次刀匠は平安時代から続く備中青江鍛冶の卓美を飾る江戸末期慶応頃(1865年)(150年前)の刀工です。本刀は元身幅先身幅の差が少なく反りの深い豪壮な鎌倉中期の姿を現し、地金は青江派の小板目肌素晴らしく良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は青江派伝統の逆丁子刃を見事に焼き上げ青江の刀の再現に見事に成功いたしております。拵えも鞘は痛んで新調しておりますが、その他は幕末の拵えが本刀に一層華を添えています。貴重な新々刀青江の名刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

摂津住河合源貞治作之(相州貞宗写)
現代 75.2 2.1 0.69 昭和五十一年二月日 長さ2尺4寸8分 月山貞勝門、人間国宝月山貞一刀匠の兄弟弟子。守口市住。本刀は姿大変豪壮で元先の幅の差少なく樋を掻き南北朝の姿を現し。地金は板目肌を良く鍛え、刃紋はのたれ刃に互の目を交え、刃中に金筋、砂流しの素晴らしい働きを現し、正宗の門人として有名な相州貞宗を見事に現した快心作です。人間国宝月山貞一刀匠の良き協力者であり、今は亡き大阪の刀工河合源貞治刀匠の名刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
短刀
伝月山貞吉(豪華な肥後拵付)
江戸
末期
19.7 0 0.74 長さ6寸5分
本短刀は奥州月山の末裔文政初年頃江戸に出て、新々刀の祖と言われる水心子正秀の門人となり、天保四年(1833年)(182年前)大阪へ移住。大阪月山栄華の基を築いた名工です。本短刀は冠落し造の幕末の独特な豪壮な姿に、地金は小板目肌を鍛え元より棒映りを現し見事です、刃紋は備前伝互の目乱れ刃を焼き上手です。江戸期の肥後拵えがまた素晴らしく、鞘は亀甲模様のざん新な漆塗、金具は鍔、縁頭、鐺、小柄、笄肥後金象眼一作金具を付け、銀地眼龍高彫目貫が本短刀に如何にお金をかけたか判らない位豪華に飾っています。最高級武士のお持ち物であった事が良く判ります月山貞吉と思われる名短刀を是非お楽しみ下さいませ。数寄者様からの格安にてご提供です。
拵え 売約御礼
太刀
雲州住小林貞照作之 昭和六十三年二月吉日(島根県重要無形文化財)
現代 73.8 3 0.92 (鎌倉時代備前福岡一文字写)
長さ2尺4寸3分
貞照刀匠は島根県の名工貞照、貞法、貞永の3兄弟の長男で島根県重要無形文化財に指定された名工です。新作名刀展では特賞、毎日新聞社賞受賞や、数々の賞を多数受賞している現代の名工です。本刀は姿豪荘で元幅と先幅の差が余りなく切っ先は猪首切っ先となり、鎌倉時代中期の姿を現し、地金は小板目肌良く詰み刃紋は複式の互の目丁子刃や重花丁子刃を焼き、素晴らしく匂いがきりりと締り、互の目の足が良く入り、備前伝福岡一文字を写して成功しています。研ぎも最上研ぎをかけており最高の名刀です。前の御持ち主様がお年を取り次世代に大切にして戴きたいとの事で、破格の価格で御提供頂きました。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼


兼元(孫六兼元)

室町
末期
67.2 1.8 0.67 長さ2尺2寸2分
孫六兼元は戦国時代から大業物として良く斬れるとして余りにも有名です。名物波泳ぎ兼元は斬られた相手が向こう岸に着くまで切られた事が判らなかったほど切味が素晴らしかったとして名づけられた名刀です。孫六兼元は末関鍛冶を代表する名工です。本刀は大変貴重な特別注文品です。身幅広く切っ先が長く豪壮な姿を現し、重ねが心持ち薄目になり、平肉がつかず如何にも良く切れる姿、地金は小板目に柾が交じって明るく冴え、地沸がみじんにつき、刃紋は匂い出来で沸の付いた覇気有る不揃いな三本杉が地に煙り映りを現し見事な刃紋を焼いています。帽子は乱れ込んで上手に焼き上げています。銘は勢いがあり、角張った直線的な銘を切って孫六の兼元の銘となっております。現存作少なく大変貴重な孫六兼元の名刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼


井上和泉守国貞 菊紋寛文五年八月日(井上真改)

江戸
初期
76.2 1.2 0.72 長さ2尺5寸1分
東の横綱長曽祢興里虎鉄、西の横綱井上真改と並び称せられた寛文五年(1666年)(349年前)35歳の壮年期の代表作です。井上真改は近江聖人と尊称された儒者中江藤樹に長年近江まで通い学びました。池田藩の熊沢蕃山とは朋友と言う刀工の中では素晴らしい学者です。本刀は素晴らしく長寸で豪壮な姿に、小板目肌素晴しく良く詰み地沸がつき、刃紋はのたれ乱れ刃沸匂い深く、金筋、砂流しを現し素晴らしい働を現しています。寛文5年は主家伊藤家より150石の加増を受け、井上真改の充実した年の作品です。井上真改の天才刀工の作品をお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
脇差
伝兼仲
室町
末期
46.5 0.8 0.57 長さ1尺5寸3分
本脇差は昔貴重刀剣で兼仲と認定された脇差です。貴重刀剣の認定書は現在紛失して有りません。本脇差は時代は永禄頃(1558年)(457年前)豊臣秀吉が織田信長に仕えだした頃です。時あたかも桶狭間の戦いや、織田信長と徳川家康とが同盟を結ぶ今やその時に作られた脇差です。姿は反りの少ない姿をし、地金は板目肌に柾目肌が交じり刃紋は特徴的な、箱がかった刃や互の目刃、矢筈乱れ刃や尖り刃を交え大変特徴的な刃を明るく焼いている所が兼仲と極められたところでしょうか。大変特徴的な兼仲の大変自己主張した脇差をお楽しみ下さいませ。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。
白鞘 売約御礼
脇差
伝肥前国住近江大掾藤原忠廣
江戸
初期
48.5 1.4 0.59 長さ1尺6寸
肥前国忠吉の総領鍛冶として刀剣界の超有名工。本刀は身幅重ね充分に適度に反って上品な姿。地金は板目肌良く錬れて詰み、地景太く働き、地沸ついて潤いのある鍛え肌となり。中直刃の刃紋は小にえ付いて匂い口柔らかく刃境に細かな働きがあり刃中匂いで透明に澄んでいます。中心は剣形で忠廣の特徴を良く現しています。今回生で世の中に初めて出たために薄錆等有りますがそれも時代の御愛嬌です。その分特に格安で御提供いたします。忠廣と思われる脇差をお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
薙刀
伝越前下坂
江戸
初期
36 2.2 0.6 長さ1尺1寸8分
本薙刀は典型的な女性用薙刀の姿で、地金はやや黒味を持った北国地金です。小板目肌に柾肌を交え越前刀独特の地金である黒っぽい粘りある地金を鍛えています。刃紋は素晴らしく良く斬れる刃であるのたれ乱れ刃に互の目や尖り互の目を交え。この様な薙刀は昔から実用的に非常に良く斬れると言われております。拵えは江戸期の薙刀拵えで上品で素晴らしく良く出来ています。江戸初期の越前下坂、虎鉄の時代の薙刀をお楽しみ下さいませ。今回前の御持ち主様の特別の御好意で格安にてご提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
藤原国行(業物)
江戸
初期
39.2 0.8 0.57 長さ1尺2寸9分3厘
豊後大分県の刀工は古来大変良く斬れる刀を鍛えたために、室町時代は平氏の姓を多く名乗ったために平高田と総称され。江戸期に入り藤原姓を多く付けた為に藤原高田と総称されています。その中でもとりわけ大和守を受領した本藤原国行は豊後大分県の名工として有名です。時代は江戸虎鉄や大阪助廣、真改と同時代の寛文頃(1661年)(354年前)の業物として名が聞こえ、本脇差も武士の大小の小刀として作られ反り深く姿豪壮で、板目肌で強い地金を鍛え、刃紋は直刃を焼き素晴らしく迫力があります。迫力ある為に刃中鍛えの荒い所がありますがそれも御愛嬌です。当時の代表肥前刀をはるかに越える名脇差です。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。業物の藤原国行の名脇差を是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

奉宣於氏房作之(孫六兼元写)
現代 62.6 1.2 0.74 長さ2尺7分
篠田姓。渡辺兼永。加藤寿命の弟子です。 本刀は地金小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目刃に尖り刃を交え明るく良く出来ています。室町時代の関の巨匠孫六兼元を写した刃を焼いて上手です。奉宣於作と読める銘を彫っていますが、特別の地名でしょうか、又は皇室関係の場所でしょうか、現在でははっきりとわかっておりません。後世の研究に待つところです。
拵え 売約御礼
脇差
当麻(海軍軍刀拵付)
  59.8 1.6 0.71 長さ1尺9寸7分
本脇差は初めて世に出たために、薄錆びが所々ありますが、それも御愛嬌です。当麻の銘も研究して下さい。姿は小太刀の優美な姿で、地金は板目肌を力強く鍛え、刃紋は沸が強い互の目に刃縁に特に金筋が現れ、時代の古そうな脇差です。海軍軍刀は、艦船と共に多くは海に沈んだ為に、現存作が大変少なく、現在は大変貴重になった鮫鞘の付いた海軍軍刀拵えが、本刀に大変華を添えています。お国を命を懸けて守り抜いた武勲の海軍軍刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
貞晃作
現代 55.4 1 0.7 (越後雲龍子貞次弟子)
昭和4年生まれ、本名野口晃一新潟県渡辺貞次の弟子。全日本刀匠会会員。本脇差は小板目肌よく詰み、柾目肌交え地景現れ。刃紋はのたれ刃に互の目丁子を交え、足良く入り、砂流し良く働き刃中明るく冴えています。貞晃刀匠の快心作の脇差をお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
脇差
加州住清光 元和三年八月日
江戸
初期
43.3 1 0.64 長さ1尺4寸3分
本刀は元和三年(1617年)(397年前)の貴重な年号の有る六代目あたりの加州清光でしょうか。陸軍大将東条英機閣下の軍刀として加州清光は有名です。本刀は反りがやや深く地金は板目に柾が交じり表に棒樋、裏に棒樋と二筋樋を彫り、地色がやや黒ずみ、刃紋はのたれ刃に互の目乱れを交え食い違い刃も有り変化の有る刃を焼き、刃中明るく華やかな刃を焼いています。昔から加州清光は良く斬れることで有名で業物に数えられております。幕末の拵えも一層本脇差に華を添えています。今回お持ち主様の御好意で破格の価格でお譲り申し上げます。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差
伊予大掾橘勝国 三代目勝国改之(加賀陀羅尼勝国)(新刀大鑑所載)大業物
江戸
初期
45.9 0.7 0.56 初代陀羅尼勝家、二代家重。3代目初銘家重、改めて勝国と称す。寛文元年(1661年)前田家の斡旋で四辻大納言吉家の取次で伊予大掾を受領。代々藤原氏を名乗っていたのを橘氏に改め家重から勝国と改名しました。来国吉十七代の孫と称し、陀羅尼派の鍛冶の内では飛びぬけて上手です。新刀大鑑には本脇差が3代目と解釈していますが、それは間違いで本脇差は3代目家重が勝国に改めました、と証明する大変重要な脇差です。地金は小板目肌良く詰み、刃紋は元を直刃で焼き、先を孫六兼元の三本杉を焼き、手癖である、三本杉の谷に沸が良くついています。大変少なく貴重な銘を家重から勝国に改名したと証明する貴重な名脇差をお楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼

伝相州正廣
室町
初期
67.6 2.6 0.64 長さ2尺2寸3分
本刀はどこから見ても相州伝の刀です。時代的に考えて有名な相州正廣の三代目応永時代(1394年頃)(620年前)の作であろうと思われる刀です。姿は反りが深く、鎬が高く棟の重ねが薄く、地金は板目肌に柾肌が交じり力強い地金を鍛え。刃紋は相州伝そのままの沸が素晴らしく強く焼き幅が広いのたれ乱れ刃がちじに乱れ刃中働き多く、素晴らしく覇気有る刃を焼いています。相州鎌倉鍛冶の現存作はなはだ少なく本刀は大変貴重な刀です。生で出たために少々錆もありますがそれも御愛嬌です。江戸期の拵えも本刀を一層華やかに飾っています。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

濃州秀宗作(正宗写)
現代 66.8 1.9 0.71 平成十年八月日
本名松原龍平昭和5年生まれ。13代川島正秀、中田兼秀門。関住、全日本刀匠会会員新作名刀展にて数々の入選をはたす。本刀は地金を大変難しい板目肌に鍛え覇気有る地金を鍛えています。刃紋はのたれ乱れに互の目を交え、金筋が現れ、相州正宗を狙い、相州伝の二筋樋を見事に切っています。大変覇気有る秀宗の名刀をお楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼

伝板倉関正利(村正門人)(相撲取り用朱時雨塗太鞘拵付)
室町
末期
54.3 2 0.74 長さ1尺7寸9分
美濃酒倉に住していた正利を坂倉関と称しています。本正利は天文頃(1532年)(482年前)の薙刀直で銘の正の字が千子一派の正に似ているので、本正利を正真の子で村正門人としています。本薙刀直は姿が素晴らしく豪壮で、先が張り、地金は板目に柾が交じり、刃紋は匂出来の互の目乱れ刃を焼き、互の目の頭が尖り、矢筈乱れになる所も有り、砂流しが現れ大変覇気有る豪快な薙刀直です。本刀は相撲の関取の為に作られたものか、拵えも豪快な拵えでこのような豪快な刀が残っている事大変珍しく貴重です。村正門人と言われる伝正利の豪快な一刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

藤原兼房作(岐阜県重要無形文化財)
現代 75.2 1.8 0.76 平成十年十月十日吉日
本刀は南北朝時代の元身幅先身幅がさほど差がない切っ先の延びた豪壮な姿を現し。相州伝を狙い二筋樋を見事に彫り上げています。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は家伝の兼房丁子と言われる頭の丸い互の目刃を素晴しく良く焼き、刃中素晴らしく明るく良く働いています、本刀は兼房刀匠の快心作です。1か所鍛え大肌が有りますがそれも御愛嬌です。兼房24代は代々室町期より続く名門刀工です。24代兼房は名工の誉れ高く薫山賞初め数々の賞を受賞する素晴らしい作品を現代に残しています。岐阜県重要無形文化財に指定。是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

国廣(堀川国廣)(新刀の祖)
江戸
初期
74.5 2 0.64 国廣は名工として有名で国の重要文化財や重要美術品認定されているものが多く新刀の祖として余りにも有名です。天正初年1573年44歳の頃より天正17年61歳まで日州古屋をはじめ九州各地にて鍛刀、天正18年関東野州足利学校で鍛刀、天正19年63歳で上京、その後諸国を流浪し慶長4年70歳で京に定住。本刀は銘より慶長14年京定住後名作が作られた時の作。本刀は国廣ではこれ一本だけと思われる、特別注文品でしょう。鎬を削いだ鵜の首風の姿で、堀川肌と言われる、地肌が板目で肌が流れてざんぐりした肌と、小板目肌素晴らしく良く詰んで綺麗な地金を鍛え、刃紋は相州正宗ののたれ刃に金筋、砂流しが働き刃中明るく大変覇気のある刃を焼いています。実際に見ること大変少なく貴重な國廣をお楽しみください。  白鞘
拵え
売約御礼
脇差
長曽祢虎徹入道興里 寛文四年六月吉祥日(跳ね虎入道い興里銘)
江戸
初期
51 0.9 0.62 (虎鉄の新資料)
長曽祢乕徹新考 小笠原信夫著所載
長さ1尺6寸7分半 本脇差は小笠原信夫先生の長曽祢乕徹新考に同じ年月日と同種の脇差の所載が判りました。虎鉄の注文打ちで有るのと、注文者の身分の高さからか本脇差と影打ちの2口作った事が判ります。この様な事例は虎鉄では新発見です。又虎鉄大鑑によりますと、吉祥日と年号を入れるのは、従来寛文四年八月からとなっておりましたが、本脇差の出現でこの脇差が虎鉄の吉祥日を入れる初めての作品で貴重です。姿は反りの少ない寛文新刀体配で姿良く、地金は小板目肌良く詰まり、刃紋は虎鉄の数珠刃や瓢箪刃を素晴らしく明るく良く焼き金筋を交え良く出来ています。虎鉄は最上大業物として江戸で一世を風靡した名刀です。有名な新選組隊長近藤勇の名せりふ、「今宵の虎鉄は良く斬れる」でもあまりにも有名な刀の為に、半百の銘があるが如く、50歳より作刀した為に有名でありながら小笠原信夫先生は刀、脇差、短刀の現存数300口位との事、本脇差は大変貴重な名脇差です。一生に一度拝見できるかどうかわからない幻の虎鉄の脇差をお楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼


雲州住貞永作之 平成二十六年十一月日(島根県重要無形文化財)

現代 73 1.8 0.62 長さ2尺4寸
重量鞘を払い923gr、備前鎌倉時代福岡一文字写 互の目丁子刃素晴しく良く出来ています。
拵え 売約御礼

豊州住友行
江戸
初期
69.7 2.5 0.74 長さ2尺3寸強
友行の先祖は豊後高田鍛冶の祖で南北朝時代が紀元で左の門流と言われています。本友行は江戸初期寛永頃(1624年頃)(391年前)新刀友行の初代です。姿は反りが深く元に踏ん張りが有り、元幅と先幅の差の大きい鎌倉時代の上品な姿を現し、地金は板目肌に柾目肌を現し、刃紋はのたれ乱れ刃に互の目を交え沸が良く付き、刃中素晴らしく明るく良く働いています。古来高田鍛冶は上手ですが評価が今一つだったのですが、昔の御数寄者様は高田鍛冶の傑作品は是非持ちたい刀の1口として心するように言われたものです。本刀が正しく友行の最高傑作品です。質実剛健な拵えも本刀に一層華を添えています。業物として古来有名な豊州住友行の名刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差
伝光忠(越前鯖江五万石間部家伝来)
鎌倉
中期
55.8 1.5 0.6 長さ1尺8寸1分
本脇差は間部家伝来で古来備前長船光忠と言い伝えられてきました。地金は板目肌良く詰み、かすかな乱れ映りを現し、刃紋は互の目丁子刃、蛙子丁子を交え大変覇気有る刃を焼いて見事です。帽子は乱れ込み光忠の極めとなる、金筋が現れています。拵えは上品な黒呂塗鞘に赤銅の献上鍔を付け、縁は間部家の家紋をあしらい、頭は殿中拵えの角、小柄笄目貫の三所は赤銅地、御目出度い熨斗の図、はばきは間部家の家紋をあしらい伝来を現しています。今回初めて生で世の中に出たために、刀身には薄錆びが有りますがこれも御愛嬌です。時代は鎌倉中期よりも下るかもしれませんが、大変魅力的な名脇差です。大切にお持ち頂ける方に格安にてご提供いたします。
拵え 売約御礼

兼常作(関鍛冶総領事)
室町
末期
71.8 1.5 0.7 長さ2尺3寸7分
兼常は元亀二年七月(1571年)織田信長より鍛冶職安堵の朱印状を賜り、関鍛冶総領事と称し関鍛冶の頭領として、又関鍛冶の名工として余りにも有名です。本刀は反りの少ない切っ先の延びた室町末期の豪壮な姿を現し、地金は板目肌に柾肌を交え力強い地金を鍛え、刀紋は沸の強い互の目刃を焼き尖り刃も交え素晴らしく良く出来ています。拵えも江戸期の文化(1804年)頃に作られた拵えで、銘当明(まさあき)の鍔が入っているところから当明は越後新発田の名工の為、本刀も越後新発田藩(溝口家10万石)高級藩士の差料として作られたものです。織田信長有縁の名工兼常作の本刀を一段と華やかに飾っています。今回生で出たために格安でご提供です。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

因州住兼次作(美しい軍刀拵付)
現代 63.6 2 0.72 長さ2尺1寸
兼次は鳥取藩士で所謂武家刀匠として有名です。本名日置仁平。兼先十二代孫と称し、備前横山祐包の弟子となりました。明治19年より東京でも刀を作りました。本刀は刀姿優美で、地金は小板目肌良く詰み見事な地金を鍛え、柾肌を現し力強い地金となっています。刃紋は匂い出来の大のたれ乱れ刃、のたれの頂点に互の目乱れを現し、特徴的な刃を焼き兼次刀匠の並々ならぬ技量の高さを現し見事です。拵えは軍刀拵えですが初期軍刀拵えの完存品で素晴らしく美しい見事な拵えが、本兼次の刀に華を添えています。今回世の中に初めて出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
文珠重国造之(二代南紀重国)
江戸
初期
44.1 1.3 0.67 長さ1尺4寸5分半
初代南紀重国と同じく、紀州藩藩工。江戸時代明暦(1655年)(360年前)から寛文の作刀が有ります。銘に文珠と切るので文珠重国と呼んでいます。紀州藩主徳川頼宣の相手鍛冶を務めまた名門刀工です。初代南紀重国は新刀の中でも技量第一と称され大変な名工です。本脇差は慶長新刀の刃肉がたっぷり付いた豪壮な姿を現し、地金は板目肌良く詰み、刃紋は相州伝大互の目素晴らしく変化有る刃を焼き、沸が刃縁に絡み地にも地沸が付き素晴らしく覇気が有ります、刃中にも金筋砂流し素晴らしく良く働き、二代南紀重国の稀に見る傑作刀です。是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

伝兼元(孫六)(後代)
室町
末期
68 1 0.69 長さ2尺2寸4分
孫六兼元は戦国時代から大業物として良く斬れるとして余りにも有名です。名物波泳ぎ兼元は斬られた相手が向こう岸に着くまで切られた事が判らなかったほど切味が素晴らしかったとして名づけられた名刀です。孫六兼元は末関鍛冶を代表する名工です。本刀は室町末期の大変貴重な特別注文品です。元の寸法は2尺5寸以上あったものです。身幅尋常で、重ねが心持ち薄目になり平肉やや付き、地金は板目に柾が交じって映りが現れて明るく冴え、地沸がみじんにつき、刃紋は匂い出来の素晴らしくむらの無い覇気有る孫六兼元が考案した三本杉を主調とした見事な刃紋です。帽子はみだれこんで小丸に上手に焼き上げています。今回世の中に初めて生出しの為に刀身の薄錆共々御愛嬌です。現存作少なく貴重な伝孫六兼元をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
兼景
室町
末期
44.7 1.4 0.65 長さ1尺4寸7分半
兼景は南北朝時代の直江志津兼行の子で、室町時代にから江戸時代まで代々続いています。本兼景の脇差は天文頃1543年頃(472年前)の兼景です。時あたかも種子島に鉄砲が伝来の頃の脇差です。姿は鎬造で上品な姿を現し、地金は小板目肌に柾目肌を現し、明るい地金に鍛えられ、所々時代経過の為に炭籠りも有りますがそれも自然の御愛嬌です。刃紋は匂い出来の互の目乱れ刃砂流しや二重刃を現し変化有る明るい刃を焼き上手です。古刀期の兼景の在銘のもの大変少なく、また末関の在銘の脇差はまた大変貴重です。今回世の中に初めて出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
伝手掻
室町
末期
51 1.5 0.63 大和室町期の天文頃(1532年)の手掻派の作品です。姿は反り深く上品な姿を現し、彫は棒樋と添え樋を掻き、地金は板目肌肌立ち、流れ柾肌交じり、刃紋は一部朽ちこみが有りますが、細直刃で沸、匂い深く刃中素晴らしく明るく冴えています。手掻派は鎌倉時代の包永より連綿と続く名門の刀匠。本刀のように殆んどの刀が直刃で上品に作られています。本脇差も約482年前の貴重な脇差です。大和手掻派の素晴らしい名刀を是非おたのしみくださいませ。 白鞘 売約御礼
脇差
伝孫六兼元(新刀)
江戸
初期
58.4 1.5 0.73 長さ1尺9寸2分
本脇差は江戸初期の生無銘の孫六兼元であろうと思われる脇差です。姿は美しい脇差姿をし、地金は小板目肌が良く詰み、一部に大きい鍛え肌も有りますが、それも鍛えた証拠で御愛嬌です。刃紋は匂い出来で孫六兼元家の家伝の三本杉を明るく見事に焼き帽子も地蔵帽子で出来が優れています。業物の風格を素晴らしくたたえた脇差です。本脇差を飾る江戸期の拵えも時代が有り傷みが少々有りますが貴重です。どの様な武士の差料であったか想像するだけで夢が有ります。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供です。旧幕時代は大変大切にされた脇差です。是非お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差
伝末延寿
室町
初期
43.6 1.2 0.78 長さ1尺4寸4分
肥後菊地には鎌倉時代より、来国行の孫とも婿とも言われる延寿国村を祖とした延寿鍛冶が活躍致しました。本脇差は末延寿(応永頃)(1400年)(615年前)の脇差です。姿は来の様な上品な姿で、地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は直刃良く沸えが付き明るく冴えた刃を焼き、帽子は小丸にきりりと焼かれた素晴らしく上品な脇差です。山城来の脇差に比べ殆ど遜色が有りません。拵えも見事で鞘は黒変り塗鞘を付けた江戸期の拵えが見事です。この度初めて世の中に出たために多少の薄錆が有りますがそれも御愛嬌です。江戸時代は余程の高禄の武士の持ち物と思われます。お楽しみ下さいませ
※保存刀剣合格済みです。鑑定書は届き次第発送いたします。
拵え 売約御礼
短刀
吉光(土佐)
室町
中期
20.7 0.1 0.67 長さ6寸8分
室町中期文明頃(1469年)(約546年前)の有名な土佐吉光の名短刀です。本短刀は重ね特に厚く身幅狭く反り少なく、地金は小板目が良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は小にえ出来の直刃がややのたれて金筋が現れ大変覇気が有ります。本短刀は所謂鎧通と言われるもので、大変鋭利な姿をしております。古来土佐吉光を山城粟田口吉光と混同されて、粟田口吉光として伝来しているものもあります。本短刀も正しく粟田口吉光に紛れる名短刀です。江戸期の黒蝋塗合口拵えが本短刀に一層華を添えています。お楽しみ下さい。
拵え 売約御礼
脇差
備州長船祐定 大永六年八月日(与三左衛門尉祐定)
室町
末期
59.1 3.6 0.72 長さ1尺9寸5分
本刀は大永六年(1526年)(489年前)祐定としては一番古い時代です。この頃はまだ受領銘が無く本刀は与三左衛門尉祐定の片手打ちの名刀です。本刀は元々は2尺2寸の刀を後世1寸5分程すり上げた素晴らしい姿の腰反りで片手打ちの刀です。彫は角留の棒樋に添え樋を彫っています。地金は板目肌良く詰み全面に乱れ映りが見事です。刃紋は匂い出来の複式互の目丁子刃素晴らしく良く刃中働き覇気が有ります。東の孫六兼元、和泉守兼定(之定)。西の与三左衛門祐定が東西の横綱と称えられました。拵えも江戸期の金より高いと言われた青貝微塵塗り鞘の付いた素晴らしい拵が付いています。今回旧武士の旧家から世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

越中住藤原清光(加州清光)
室町
末期
63.9 0.9 0.78 (刀剣乱舞で有名)
長さ2尺1寸
今や刀剣乱舞で大変有名になった加州清光は代々加州(加賀)泉村で刀を製作していました。本刀は加州清光六代目作助清光の弟吉右衛門清光です、天正年間(1573年頃)(442年前)越中守山(富山県高岡市)に移住、代々加州清光は越中でも製作しております。本刀は反りの浅い重ねの厚い無骨な姿をし、地金は板目肌良く詰み明るく冴えた地金を鍛え、刃紋はのたれ調互の目刃、互の目がやや尖り如何にも業物で、如何にも新選組沖田総司の好む刀らしい刀です。加賀の刀の特徴である加州はばきの付いた江戸時代の拵えも一層本刀に華を添えています。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

芸州住源則房作
江戸
初期
64.2 1.2 0.75 長さ2尺1寸2分
本刀は刀の本場である肥前佐賀より芸州浅野家から招かれ、広島中島に移住した芸州浅野家お抱えの鍛冶です。時代は寛文(1661年)(353年前)頃の則房です。本刀は肥前刀そのままですので、肥前刀の姿の良い体配をして、地金も肥前地金の所謂小板目肌が良く詰んだ小糠肌を現し、刃紋も肥前刀独特の匂口が冴えた刃を焼き明るく良く出来ています。拵えも江戸期の黒乾漆塗鞘に鍔は鉄透かしが見事な鍔を付けています。縁頭は赤銅魚々子地龍の図。目貫は古金工赤銅地獅子の図が本則房の名刀に一段と華を添えています。浅野家に招かれた源則房の名刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝宇多国宗
室町
中期
68.3 1.9 0.77 長さ2尺2寸5分
本国大和宇多より鎌倉時代に越中に移住した刀工集団を宇多鍛冶と言います。本刀は室町時代文明頃(1469年)(546年前)の越中(富山県)宇多国宗と鑑定された刀です。姿は腰反りで大和伝の為に鎬が高く、地金は北国地金と言うやや黒ずんだ地金に、鍛えは板目に柾が交じり肌立つきみがあり地にえが良く付き、刃紋は直調ののたれ乱れ刃に足が入り小にえが付いて一部はちじに乱れて柾目肌の鍛えが刃中と帽子に現れ、大変覇気の有る刀です。古刀期は業物として良く切れることで有名です。 今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
※保存刀剣合格済みです。鑑定書は届き次第発送いたします。
白鞘 売約御礼

伝森岡正吉
現代 64.7 1.9 0.65 長さ2尺1寸4分 重量鞘を払い926gr
長曽祢興里入道虎鉄写の数珠刃素晴らしく良く出来ています。
拵え
売約御礼
薙刀
越前下坂継利 於武州江戸作之
江戸
初期
41.2 2 0.78 長さ1尺3寸6分
本薙刀は越前下坂継利の元禄頃(1688年)(327年前)江戸打の名薙刀です。古来薙刀は下坂と言われるぐらい薙刀は越前下坂鍛冶の独断場です。姿は典型的な先の張った力強い薙刀姿、地金は板目肌素晴らしく明るく良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は匂出来ののたれ刃を物切れするように見事に焼き上げ、返りを深く焼き下げてています。薙刀の拵えは銀金具一作拵えが素晴らしく豪華です。鞘は黒呂鞘、柄は黒呂漆塗に唐草の蒔絵と家紋が見事です。この様な立派な薙刀は旗本の千石取り以上の高級武士の特別注文品です。江戸期はこの薙刀と対となる槍が旗本の屋敷の鴨居に並べて掛けられていたものです。素晴らしく豪華な薙刀を是非お楽しみ下さいませ。
拵え
売約御礼
脇差
関住兼時作之 平成二年五月吉日
現代 35.3 0.4 0.66 長さ1尺1寸6分
小島寛二大正14年生。全日本刀匠会理事。渡辺兼永門、兼道の子、父が兼道襲名の為に二代兼時となりました。奨励賞、努力賞入選多数。本脇差は平造の寸延短刀の姿を現し、地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は匂深くのたれ互の目刃を元から先まで見事に焼き上げ兼時刀匠の技量の高さが判ります。現代刀匠で寸延び短刀の製作の依頼が少ないために、作るのには大変費用が掛かり本短刀は大変貴重な短刀です。現代の拵えも付いて価値ある名短刀となっています。お楽しみ下さい。
拵え 売約御礼
短刀
国行(宇多国行)
室町
初期
23.6 0 0.64 長さ7寸8分
本短刀は応永頃(1400年)(615年前)の越中宇多の国行の短刀です。姿は反りの無い鋭い姿を現し、地金は小板目肌に柾肌が現れ、地には乱れ映りが見事に現れています。刃紋は互の目刃がちじに乱れ覇気有る刃を焼いています。拵えも四分一一作金具が付いて地味な拵えですが素晴らしく品格が有り、目貫は赤銅高彫の獅子の図が巻き込まれています。本短刀は立派な拵えからして、江戸期には姿が来の短刀姿をしている為、来国行として伝わったものでしょう。今回世の中に初めて生で出たために格安にてご提供いたします。
拵え 売約御礼
短刀
伝村正(妖刀村正)
室町
末期
28.2 0.25 0.5 長さ9寸3分
妖刀の名で世界的に有名な村正と昔から伝えられた短刀です。村正の銘を後世削られうっすらと秋廣の銘が見られます。登録証は銘不詳となっています。本短刀は身幅やや狭く、重ねやや薄く中心は村正の独特のたなご腹で先は剣形となり、地金は板目肌に柾目肌が交じり、刃紋は独特のたれ乱れ刃に互の目が交じり、如何にも良く切れる刃です。村正は伊勢の刀工、徳川家にあだなす刀ということで、江戸期は徳川家に遠慮して本短刀の様にうっすらと秋廣の銘を入れ村正銘を消しています。徳川幕府では特に忌み嫌った刀ですが有栖川親王が戊辰戦争の時に東征軍総大将になり、徳川幕府を打ち倒すとの意味を持ち、その時の佩刀が村正の刀で有ったことは、大変有名なお話です。村正とあくまでも伝えられた夢のある短刀をお楽しみください。
白鞘 売約御礼

下坂八郎左衛門作(両鎬の槍)
江戸
初期
19.9 0 0.92 長さ6寸5分
下坂八郎左衛門は慶長1615年頃の刀工。初代越前康継の弟子でしょうか。本槍は大変珍しい両鎬の槍を鍛え上げて、寸法が短く、身幅が広い姿をしており、地金は板目肌に柾肌が働き、刃紋は直刃に乱れを交え、明るく良く出来ています。古来槍は下坂と言われるぐらい下坂鍛冶の槍は素晴らしい槍を鍛えていました。又この本両鎬の槍は特別注文品の為に特に下坂八郎左衛門と言う本名を中心にわざわざ切っているのは自分の名が後世に残る程素晴らしい槍を鍛えたとの自信を持った作品です。今回生で出たために格安にてご提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
伝越前関
江戸
初期
37.7 0.8 0.6 長さ1尺2寸4分
寛文1661年頃の越前の刀工です。代表刀工は越前康継、長曽根興里入道虎鉄、等々名工を多く排出致しました。本刀も寛文新刀体配の反りのやや浅い切っ先のやや延びた優美な姿で、地金は板目肌に柾目肌が強く、鎬地にも柾肌多く現れ、地金が北国地金でやや黒く輝いています。刃紋は元は互の目乱れ刃に頭が蟹の爪の様になったところを現し先は直刃を焼き末備前の刃を写し、大変覇気有る刃を焼いて見事です。長年の戦国時代も収まり、世の中は平和を満喫していましたが、道場では、竹刀剣道が大変流行り、突き技が大層行われ流行として寛文新刀と言う突き技に適した反りの浅い刀が大いに作られました。拵えも江戸期の気の利いた拵えが本脇差に一層華を添えています。この度世に初めて生で出ましたので格安で御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
短刀
備州長船住祐定 永正二年八月日(と銘有)
室町
末期
20 0 0.48 長さ6寸6分
本短刀は永正二年(1505年)年、今から510年前の祐定としては一番古い時代です。この頃はまだ受領銘が無く本刀は御愛嬌で与三左衛門尉祐定の銘ある短刀と思ってください。姿は平造の短刀姿を現し、地金は板目肌良く詰み、やや粗い肌も有り、刃紋は匂い出来の複式互の目丁子刃を焼いていますが、切っ先にかけての焼きが後世に焼き戻されて、刃が無くなっています。本物の祐定は東の孫六兼元、和泉守兼定(之定)。西の与三左衛門祐定が東西の横綱と称えられました。拵えは現代の拵えですが、金具は江戸期の金具が付いた拵が付いています。居合の前差しとしてでも、本身を持ちたい方にお勧めいたします。今回世の中に生で初めて出たために居合刀の前差し以下の格安価格にて御提供いたします。お楽しみ下さい。
売約御礼
脇差
駿河住兼貞
江戸
初期
55 0.7 0.68 長さ1尺8寸1分半
駿河住兼貞は本国美濃の関(岐阜県関市)から徳川本家の駿河(静岡県)に移住しました。時代は江戸時代初期寛永頃(1630年頃)(385年前)の刀工です。本脇差は反りの無い元身幅広く元重ね厚く豪壮な姿をしておりますが、錆を落とすためにペパーで擦ったために地金も刃紋も全て不明です。この度旧家から世の中に初めて出てきたために、善意で急いで錆をペパーで落して綺麗にしたという事で泣くに泣かれぬ状態ですが銘も立派ですので、打ち下ろしの脇差としてお楽しみいただける方にお楽しみ頂けたいと思い、格安の価格で御提供いたします。400年近く立派に大切にされた脇差を是非今後とも保存愛護してやって下さい。研ぎ上がれば見違える様な立派な脇差になると思います。
売約御礼
脇差
伝慶長新刀
江戸
初期
45.2 1.3 0.75 長さ1尺5寸
本脇差はこの度登録がされたばかりでこの様な赤錆で発見されました。姿は反りがあり身幅が広く重ねが厚く切っ先が延びた慶長新刀の体配を現していますが、なにせ赤錆の為に地肌や刃紋は一切不明です。ハバキと鞘しか付いていません。400年近く今までは大切にされて来た脇差です。自分で研ぎを研究したい人には大切な研究材料となる事でしょう。是非研ぎ上げて昔の様な素晴らしい脇差に蘇らせて下さい。それも文化的大貢献です。格安にて御提供いたします。
※付属品は鞘とはばきのみです。

のみ
売約御礼

備前国住長船祐定作 天文十二年八月吉日
室町
末期
73.8 1.8 0.75 長さ2尺4寸3分 重量鞘を払い860gr
天文12年(1543年)(472年前)の作、丁度種子島にポルトガルから鉄砲が伝来したその時の作です。時あたかも日本の歴史が今まさに変わろうとするときに作られた祐定の名刀です。本刀は経年変化で地金板目肌が大肌となり、元から先まで乱れ映りを現した地金を鍛え、刃紋は表の刃は元から先まで丁子乱れ刃と互の目丁子と言われる刃を焼き、裏は複式丁子刃を焼き働きがあります。拵えは現代の拵えですが本刀に一段と華を添えています。古刀で是非居合をしたいと言う方には長さがありバランスも良く軽くて最適な刀です、今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

備州長船康弘
室町
末期
70.9 2.1 0.69 長さ2尺3寸4分
備州長船康弘は名鑑に依りますと、応永頃(1394年)(621年前)となっています。しかしながら本刀は姿は室町時代天正頃(1573年)(442年前)の反りやや深く元身幅広く切っ先の延びた豪壮な姿を現し、地金は板目肌に鍛え、刃紋は匂い出来の互の目丁子乱れ刃を豪快に焼いています。康弘銘は御愛嬌と思ってくださいませ。江戸期の朱鞘の付いた拵えが、江戸期では大変大切にされていた刀であった事が判ります。朱鞘を差せる武士は必江戸時代では、藩の上士の高級武士に限られ、武士の中でも朱鞘は憧れの的でした、有名な三菱財閥を作った岩崎弥太郎の弟の小弥太が土佐藩の下級武士の時、一度は朱鞘の刀を差したいと夢見た事は後々東京の静嘉堂を作り一大刀剣コレクションをした原動力になった事は有名な話です。朱鞘の付いた備州長船康弘と銘の有る刀をお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼

備州長船元重(と銘有り)
南北
69.3 1.5 0.78 長さ2尺3寸
本刀は南北朝時代の長船元重の銘が有り。鍛え小板目肌良く鍛えられ、刃紋片落互の目交じりにおい深く良く出来ています。彫りは梵字にとっこ付剣と梵字に護摩ばしを彫り元重は相州伝を表現している古伝を忠実に再現致しております。元重は一説を長船守家の孫で相州貞宗の門人としていますが作刀からむしろ青江鍛冶との関連が深い鍛冶で有ったと思われます。本刀には素晴らしい鮫鞘と黒蝋本塗鞘が余分に1本付いています。今回生で世の中に初めて出たために格安にて御提供いたします、中々良く出来た元重と 銘の有る刀をお楽しみください。
白鞘
拵え
売約御礼
十手
変り十手
江戸
末期
      十手の総長70cm、鉄心棒の長さ50cm、 鞘込みの全長87cm
本十手は古来有名な十手として伝わっております。古来十手の収集家の垂涎の的で今回何十年ぶりに世に出たものです。鉄芯は八角型に鍛えられ元に真鍮魚々子地に唐獅子と牡丹を彫り、刃の元には龍の眥Δ鬚△靴蕕ぁ鉄の八角の鍔を付けて、柄は黒塗鮫皮に目貫は唐獅子をあしらい黒正絹糸で巻き見事な作りとなっています。鞘は黒漆を塗り鯉口には真鍮地に模様と魚々子を打ち、栗型も付けて大変手の込んだ鞘を作っています。我々も聞いてはいましたが初めて見る十手に大興奮しています。生で出たために特別に格安でご提供いたします。お楽しみ下さいませ。
      売約御礼

国行(宇多国行)
室町
初期
62.9 2 0.67 長さ2尺7分半
本刀は応永頃(1400年)(615年前)の越中宇多の国行の刀です。姿は腰反りで反りが深い姿を現し、地金は北国地金のやや黒い地金を力強く現し、肌は小板目肌に柾肌が現れ、刃紋は互の目刃が良く揃い素晴らしく覇気有る刃を焼いています。拵えも黒石目地塗鞘に、鍔は鉄地なまこ透かし鍔を付け、縁頭は赤銅魚々子地雲龍の高彫、目貫は軍配と鞭を配し、上品な拵えとなっています。本刀は立派な拵えからして、江戸期には来の姿をしている為、来国行として大切に大切に伝わったものでしょう。御数寄者様から今回世の中に初めて生で出たために格安にてご提供いたします。
拵え 売約御礼

伝延寿宣勝
江戸
末期
73.5 1.6 0.78 長さ2尺4寸3分
本刀は水心子正秀門下の細川正義の弟子肥後熊本藩工延寿宣勝と思われる刀です。文久(1861年)(154年前)頃の作。姿は新々刀の豪壮な姿で身幅広く重ね厚く棒樋を深々と掻き、地金は板目に柾が流れ覇気ある地金を鍛え、うっすらと映りを現し、刃紋は匂い出来の直刃をきりりと焼きほつれた所を現し、古調に見えます。拵えは素銅の鍔と縁頭をあしらい粋な拵えとなっています。鍔のがたつきを抑えるために紙切羽を補っていますが古いためにそれも御愛嬌です。今回旧家より生で初めて世の中に出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

肥後住同田貫宗廣(と銘有)
江戸
末期
75.2 1.1 0.86 長さ2尺4寸8分
有名な同田貫の銘が有る刀です。本来の宗廣は同田貫上野介十代の孫と称する同田貫の末尾を飾る名工です。刀剣愛好家は必ず1口は持ちたいと思う同田貫の刀ですが。本刀は御愛想で宗廣と銘あるかたなです。姿は身幅広く重ね厚く重量感のある豪壮な刀です。地金は板目肌で素晴らしく力強い地金を鍛え、所々荒い肌を交えています。刃紋は互の目沸出来の目丁子刃に深々と匂い深く覇気有る刃を焼き大きな鍛え肌を現し、典型的な宗廣に見える刀ですが銘がやや弱く銘はあくまでも御愛嬌です。地刃に同田貫派の特徴的な荒い地刃があります。古来有名な同田貫宗廣の銘が切られた刀をお楽しみください。現代の肥後拵えも付いています。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差
兼元(孫六兼元)(金象嵌銘)
室町
末期
57 0.8 0.58 長さ1尺8寸8分
本脇差は天正1573年頃(442年前)の関の孫六兼元の後代の脇差です。姿は反りの浅い姿を現し時代が古く見えます、地金は板目肌良く詰み柾目肌交え、乱れ映りが立ち所々に時代の痛みも有りますが又それも時代の御愛嬌です。刃紋は孫六兼元の家伝の三本杉風尖り刃を交え金筋や砂流しも交え上手に焼いています。本脇差は戦国時代天正時代には大変珍重され、素晴らしい物切れする脇差となっています。風雲急を告げる戦国時代を生き抜いてきた金象嵌銘までして残した本兼元の称賛の声高く後世に是非伝えていかなければなりません。今回世の中に初めて生で出たために刃こぼれも有りますが格安にてご提供いたします。
白鞘 売約御礼

ここは過去に取り扱った日本刀を並べています。現在 販売されている 日本刀 はこちら



日本刀
商品紹介
その他の
ページ