展示 刀剣 一覧 日本刀の通信販売 株式会社 明倫産業 保管庫
日本刀専門店 明倫産業 お買い上げ頂いた刀剣 日本刀・居合刀・刀剣全般の株式会社明倫産業 展示刀剣一覧 保管庫

日本刀の販売・ご案内(過去刀剣TOP)展示刀剣一覧 保管庫

日本刀鑑定証については    
日本美術刀剣保存協会 特重(特別重要刀剣)、重(重要刀剣)、特(特別保存刀剣)、保(保存刀剣)、
甲(甲種特別貴重刀剣)、丸(特別貴重刀剣)、貴(貴重刀剣
その他の鑑定 会(日本刀剣保存会)、藤(藤代松雄)、柴(柴田光男)、店(当店の保証)
質については ☆(特優品)、◎(優品)、○(標準品)、△(やや程度不良品)、希(希望銘)
付属品 白(白鞘)、拵(拵え)
※表示の価格は全て税込です。
ここは過去に取り扱った日本刀を並べています。現在 販売されている展示 日本刀 はこちら
No. 種別 銘文 時代 長さ(cm) 反り 元重 解説 証書 付属 価格
短刀
兼道作(三品派の祖)
室町
末期
32.2 0.4 0.59 (伊賀守金道、丹波守吉道、越後守来金道、越中守正俊の父)
長さ1尺6分
初代兼道は武田信玄の抱え鍛冶です。本短刀の兼道は文禄2年(1596年)(420年前)三品4兄弟を連れて、二条関白の御供で上京し、西洞院に居を構えた三品派の祖です。本短刀は平造の短刀姿で彫は棒樋を彫り、地金は小板目肌に柾肌が現れ元から映りを淡く現し、刃紋は元を古風に焼き落し、匂い出来の直刃をきりりと明るく焼き良く出来ています。今回世の中に初めて生で出たためにやや大肌も有りますがそれも御愛嬌です。格安にて御提供いたします。兼道の作品大変少なく、貴重な短刀です。三品派の祖兼道の名短刀をお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
太刀
東吉野村住河内国平造之(正宗写)
現代 74 1.8 0.87 昭和五十六年早春吉祥 正宗賞受賞の河内国平刀匠は奈良県重要無形文化財、無鑑査刀匠として余りにも有名な人気第一の名工です。人間国宝、宮入昭平刀匠と人間国宝、隅谷正峰の両方に、学ぶという大変研究熱心な名工です。本太刀は鎌倉時代の名工正宗を写した名刀です。豪壮な鎌倉末期の太刀姿に真の棟、地金は板目肌素晴らしく良く鍛えられ、深い見事な棒樋を彫り、刃紋は素晴らしく覇気のあるのたれ刃に沸が微塵に深く付き砂流しが現れ正宗の名刀を再現しています。当代人気第一の名工河内国平刀匠の名品をお楽しみください。 白鞘 売約御礼
脇差


奥大和守平朝臣元平 文化二丑秋

江戸
末期
51.9 1.2 0.67 (1805年)
長さ1尺7寸1分半
元平は新々刀薩摩の代表刀工として余りにも有名です。薩摩藩工。本脇差は身幅広く切っ先の延びた堂々とした姿を現し、地金は小板目肌良く詰み地沸盛んに付き、刃紋は沸出来の互の目乱れ刃沸で盛んに尖り覇気が有ります。いわゆる沸で尖る志津風の薩摩相州伝の作刀を素晴らしく良く現しています。刃中に砂流し掛かり、刃縁に芋の蔓がからむ素晴らしい掟通りの元平の素晴らしく名刀が作られた力一杯の61歳時の名脇差です。元平は長命で83歳までの作刀が有ります。薩摩の代表的名工元平の名脇差を是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

鉄火道人昭秀作(栗原彦三郎)
現代 72.1 1.6 0.9 奉祝皇紀二千六百年 寿 同年三月 上院
昭秀刀匠は堀井胤明門、東京赤坂氷川下に日本刀鍛錬伝習所を設けて刀匠の養成に心血を注いだ刀剣界の大功労者です。人間国宝、宮入昭平、天田昭次、秋元昭友等、師や門人等50余名を育て又抱えていました。栃木県選出の衆議院議員でも有りました。本刀は昭秀61歳の作ですが、本来は宮入昭平刀匠が鍛えています。本刀は昭和15年皇紀二千六百年を祝う記念の刀と同時にこの年3月、昭秀が上院とは貴族院議員になった御祝の為に打った記念の貴重な刀です。
姿は豪壮で、地鉄は小板目肌良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は互の目のたれ刃を力強く焼き、良く足が入り覇気有る刃を焼いています。御祝であり、記念打ちで有る為に、力一杯の大傑作刀となっています。昭秀刀匠の代表作をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
短刀
備前介宗次(固山宗次) 菅原勝威造之
江戸
末期
32.5 0.4 0.68 弘化二年十二月日(1845年)(169年前)
(固山宗次43歳の作)
固山宗次は新々刀期の備前伝刀工中の第一人者として余りにも有名です。四谷で源清麿と向かい合わせの家に住んでいてライバルとして大いに競い合ったことは有名な話です。固山宗次は弘化二年十二月備前介に任官。本短刀はそれを記念した畏友菅原勝威の需銘の入った特別注文品の貴重な寸延び短刀です。姿は先が鵜の首造の特殊な姿で地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は直刃をむら無く素晴らしく上手に焼き上げた素晴らしい短刀です。菅原勝威は幕府の旗本でしょうか。合口拵えも素晴らしく備前介受領の記念すべき本短刀に一層華を添えています。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼

於頭山満翁邸内 笠間一貫斉繁継作
現代 62.5 1.7 0.68 昭和十一年八月日
日本刀鍛錬所師範、後渋谷常盤松の中国の国父と言われる孫文やインドの独立のラス ビハリボースを助けた右翼の大物として有名な頭山満翁に支持され、頭山満亭内で鍛刀。昭和の最高の刀匠として余りにも有名です。日本刀鍛錬所では多くの刀匠を育て、人間国宝 宮入昭平刀匠も弟子の一人です。吉原義人、吉原国家は孫弟子となります。本刀は末備前の刀を写した姿に地金は小板目肌良く詰み、強い地金を鍛え明るく冴えています。刃紋は備前伝互の目丁子刃に丁子の足が見事に入り、素晴らしく冴えています。笠間一貫斉繁継刀匠の数少ない頭山満亭で打たれた歴史の証人となる価値ある名刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

備前国長船定光 天正二年二月吉日
室町
末期
68.1 1.8 0.71 本刀は大変貴重な備前国長船定光刀匠の天正二年(1574年)(440年前)の作です。時あたかも戦国最大の武将武田信玄が亡くなった次の年の作です。時代は戦国時代、群雄割拠、定光刀匠も戦国大名の特別注文として作った刀でしょう。姿は先反のついた刀姿で、地金は板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は備前伝の匂い出来の互の目丁子刃を品良く明るく焼き上げています。拵えも江戸期の、鞘は黒石目地の鞘が付、鍔は山城国西陣住梅忠在銘の鉄地龍の図の見事な鍔が付いています。縁頭こじりは鉄地の揃い金具が誠に上品です。質実剛健な幕末の武士の腰に差された名品です。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

伝越前下坂(合口脇差拵付)
江戸
初期
14.8 0 0.77 長さ4寸8分8厘
槍は下坂と言われるぐらい江戸時代越前(福井県)下坂鍛冶は槍を多く作っていました。本槍は寛文頃(1670年)(346年前)に作られた穂先の短い槍です。武士は何時の時でも常時戦場に居る心構えで心身ともに鍛錬したものです。本槍は短く作り古研ぎの為に良くは判りませんが、地金は柾目肌で鍛え、刃紋は直刃調に焼いています。槍でありながら出し鮫合口脇差拵えに槍の穂を入れ驚かされます。隠し武器の一つでしょうか。鞘は青貝微塵塗り、柄は出し鮫に出し目貫に桐紋を据え、金具も素銅地金具一作作りです。この槍を持った武士は鼻高々自慢の腰の物だったのでしょう。今回世の中に生で初めて出たために格安にて御提供いたします。是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝森岡正吉
現代 69.8 1.6 0.63 長さ2尺3寸 重量鞘を払い1085gr
本国土佐南海太郎朝尊の孫、宮本包則や月山貞一に師事した、森岡正吉の作であろうと思われる刀です。本刀は姿は切っ先の大きい元身幅と先身幅の差の無い、南北朝の太刀のすりあげた姿で刃肉を削いだ鋭利な姿を作り、地金は小板目肌を良く鍛え力強い地金を鍛えています、刃紋は匂い出来の互の目乱れ刃素晴らしく明るく焼き上げています。重量感充分にあり如何にも刀という刀です。拵えは現代の拵えですが、一層本刀に華を添えています。豪快な刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

出雲国住俊弘作之(備前国鎌倉時代福岡一文字写)
現代 72.9 1.5 0.63 平成十二二年九月日
長さ2尺4寸 重量鞘を払い876gr
出雲国俊弘刀匠は島根県重要無形文化財に指定されている、小林貞照刀匠の内弟子として長年修業した刀匠です。残念ながら近年の作品が無く本刀は大変貴重な刀です。本刀の姿は元幅と先幅の差の無い素晴らしく豪壮な鎌倉時代中期の姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は匂いの深い備前伝福岡一文字写しの互の目丁子刃を高低の有る変化ある刃で焼き見事です。千年後には必ずや国宝に成るであろう刀を鍛えています。現代作拵えも本刀に一段と華を添えています。今回生で出たために、格安にて御提供いたします。是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
短刀
備州長船祐光
室町
末期
20.7 0.2 0.51 長さ6寸8分
初代祐光は勝光、宗光の父であり本短刀は文明頃(1470年)(545年前)備州長船祐光と銘のある短刀です。本短刀は生で世の中に初めて出たために、地刃がはっきりと見えませんが、地金は板目肌良く詰み、刃紋は互の目刃連続して焼かれ、地にはほのかに映りが立ち、姿は末備前独特の寸詰まりの短刀となっています。何代目の祐光かは今後の研究に待ちたいと思いますが、何十年ぶりに世の中に出てきた為に将来研ぎでもしてあげて下さい。破格の価格でお譲りいたします。
白鞘 売約御礼
短刀
隠し武器
江戸
末期
      長さ4寸1分2厘 拵え全長27.7cm
本短刀は隆正作煙管入れに短刀を入れた隠し武器です。煙管入れが素晴らしく堅木で作られ、筒には銀で一部は飛んでいますが、銀細工をして粋な煙管入れにしています。家紋からすると大和郡山柳沢家に縁ある方のお持ち物であったかも知れません。武家は何時なんどき戦う場に遭遇するかもしれません。丸腰では武士道不覚と成る為に、何時でも何を取っても戦う覚悟がいります。この煙管入れの短刀も武士道の心の覚悟を現したものでしょう。今回初めて生で出た 為に、格安でご提供いたします。
拵え 売約御礼
十手
肥前国住人忠清(十手)
江戸
初期
      中心から先まで 48cm
棒芯の長さ   34cm
十手の珍品中の珍品です。一応肥前国住人忠清との銘はありますが、これは研究の余地はあります。忠清は肥前国忠吉の弟子で寛永頃(1624年頃)(391年前)の刀工ですがその当時十手を作ったものでしょうか、十手の愛好家の方々に是非とも研究して頂きたいものです。今回世の中に初めて生で出たために格安でご提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

天田昭次作之 真鍛(人間国宝)
現代 74.1 2.1 0.79 (佐藤寒山鞘書快心之作也)
本名天田誠一 昭和2年8月4日生まれ
昭和15年栗原彦三郎師の日本刀鍛錬伝習所に入門昭和30年第1回作刀技術発表会に出品優秀賞。以後正宗賞3回その他受賞多数。昭和53年新潟県重要無形文化財に認定、平成7年人間国宝に指定。本刀は天田昭次先生46歳の最高傑作として余りにも有名な名刀。 鎌倉時代備前伝福岡一文字写、姿猪首切っ先元末の差あまりない鎌倉中期の姿、地金は小板目肌良く詰み刃肉たっぷりと付、蛤刃となり刃紋は互の目丁子刃むら無く焼き上げ佐藤寒山先生鞘書のごとく、天田先生の快心作となっています。天田昭次刀匠の作品は市場に出ることが有りませんこの機会に是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱)
江戸
初期
52.4 1.2 0.77 一竿子忠綱は大坂新刀の一流代表刀工です。本脇差は小板目肌良く詰んで、地にえがみじんに付き梨地風に地金を鍛え素晴らしい出来栄えです。刃紋は忠綱の有名な足長丁子が素晴らしく上手に焼かれ見事です。天明4年3月24日(1784年)殿中に於いて老中田沼意次の子、若年寄田沼意知が新番士佐野善左衛門政言にこの粟田口近江守忠綱の脇差で切り付けられ落命、高騰していた米価が急落した為に佐野氏とこの粟田口近江守忠綱の脇差が「世直大明神」として讃えられ、それまで以上に一竿子忠綱の脇差はいやがおおにも人気が高まり高騰しました。歴史上有名な出来事でした。津田越前守助廣や井上真改とともに江戸時代より高価な物で、高級武士でなければ持てなかったものです。憧れの粟田口近江守忠綱の大坂新刀の代表刀工を充分にお楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼

南紀龍神住源貞茂彫同作(平成8年度新作刀展入選作)
現代 73.1 2.2 0.79 平成八年三月吉日
長さ2尺4寸1分
本刀は人間国宝月山貞一刀匠の内弟子として修業し、独立後は父貞行刀匠の後を継いだ、有名な和歌山県の龍神太郎貞茂刀匠の展覧会に出品された名品です。人間国宝月山貞一刀匠と共にアメリカのボストン博物館での刀の製作もしています。本刀は相州正宗を写しです。姿は元身幅と先身幅の差が少く切っ先がやや延びた力強い刀姿を現し、地金は小板目肌良く鍛えられ、刃紋は互の目乱れ刃を明るく素晴らしく良く焼き覇気有る刃を焼いています。鎌倉時代の相州正宗を写して良く出来ています。現在刀身彫での第一人者として有名です。表は堂々とした深い彫口の真の剣巻龍と二筋樋。裏は素剣に爪と二筋樋を見事に彫り上げています。彫の製作期間は6か月以上かかります。貞茂刀匠の最高傑作品を是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

龍神太郎源貞茂作 平成二十三年十月
現代 71.9 1.6 0.72 長さ2尺3寸7分
鞘を払い1045gr
本刀は人間国宝月山貞一刀匠の内弟子として修業し、独立後は父貞行刀匠の後を継いだ、有名な和歌山県の龍神太郎貞茂刀匠の鍛え上げた名刀です。人間国宝月山貞一刀匠と共にアメリカのボストン博物館での刀の製作もしています。本刀は姿は元身幅と先身幅の差の少く、切っ先がやや延びた力強い刀姿を現し、地金は小板目肌良く鍛えられ、刃紋は互の目乱れ刃を明るく素晴らしく良く焼き金筋が現れ、覇気有る刃を焼いています。南北朝時代の相州貞宗を写して良く出来ています。是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝相州綱廣(皆焼刃)
江戸
初期
77.4 1.6 0.68 本刀は、鎬造の姿豪壮で力強い姿を現し、地金は板目肌を良く鍛え大変力強い地金を鍛えています。刃紋は互の目乱れ刃激しく元から先まで皆焼となり大変覇気有る刃を焼いています。綱廣は天文頃より代々11代続く名門鍛冶です。北条氏綱より綱の字を授けられて、綱廣と改めました。本刀は五代目寛文頃の新刀期では一番上手な綱廣であろうかと思われます。相州鍛冶を代表する相州綱廣の豪壮な長寸の刀をお楽しみください。 拵え 売約御礼

伝森岡正吉
現代 73.9 1.5 0.6 長さ2尺4寸4分 重量鞘を払い1150gr
本国土佐南海太郎朝尊の孫、宮本包則や月山貞一に師事した、森岡正吉の作であろうと思われる刀です。本刀は姿は切っ先の大きい元身幅と先身幅の差の無い、南北朝の太刀のすりあげた姿で刃肉を削いだ鋭利な姿を作り、地金は小板目肌を良く鍛え力強い地金を鍛えています、刃紋は匂い出来の互の目乱れ刃素晴らしく明るく焼き上げています。重量感充分にあり如何にも刀という刀です。拵えは現代の拵えですが、一層本刀に華を添えています。豪快な刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼


寿王造 昭和四十六年八月

現代 68.1 1.4 0.66 長さ2尺2寸5分
名工笠間繁継の弟子の宮口一貫斉寿広の弟子です。どう言う訳か現存作をほとんど見ることなく寿王刀匠にとっては貴重な刀です。本刀は優美な刀姿を現し地金は備前伝小板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え明るく澄んでいます。刃紋は備前伝互の目丁子乱れ刃を上手に焼き、互の目の足が所々入り変化を持せ 明るく良く出来ています。当時に作られた拵えも江戸期の金具が使われて本刀に一段と華を添えています。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
太刀
紀伊国治光作(備前鎌倉時代福岡一文字写)
現代
61.6 2.2 0.69 平成丁丑年二月吉日(平成9年)
長さ2尺3分
治光刀匠は本名大川治。正宗賞受賞の今は時めく人気刀匠河内国平刀匠のお弟子さんです。和歌山県の名工に指定される有名な刀工です。本刀は鎌倉時代の備前福岡一文字の小太刀を見事に写した名刀です。姿は備前の腰反り堂々として、丸留の樋を素晴らしく見事に彫り、地金は板目肌良く鍛えられて、力強い地金を鍛え、刃紋は一文字の互の目丁子刃を高らかに焼き上げ一文字の飛び焼きも見事に再現した治光刀匠の最高傑作の小太刀です。誰もが好む見事な太刀を今回生で出たために格安でご提供です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
菊紋 伊賀守藤原金道(三代) 日本鍛冶宗匠
江戸
初期
51.5 1.5 0.72 諸餘怨敵皆悉摧滅
長さ1尺6寸9分
名門京山城伊賀守金道家三代、三品勘兵衛、初代金道の孫。貞享元年六月二十八日(1684年)(331年前)伊賀守受領。三十歳、金道家は禁裏御用を承り。関ヶ原合戦の直前徳川家康より太刀千腰の注文を受けた際、在京の鍛冶を金道の支配下に入れる事を条件に注文を引き受け、戦後家康の取次にて日本鍛冶惣匠の勅許を受けました。三代金道は享保六年頃より鍛冶惣匠の惣を宗に改めました。本脇差も姿の良い脇差の姿を現し、地金は板目肌良く詰み、鎬地に柾が現れ、刃紋は中直刃見事に焼かれ、帽子は典型的な小丸帽子を現し全てにおいて鍛冶の頭領としての価値を現しています。切付銘に全ての世の中の悪を全て追い払うとの銘文の有る、誠に有りがたい脇差です。お楽しみ下さい。
白鞘
売約御礼
脇差
陸奥守藤原兼信
江戸
初期
50 1 0.75 長さ1尺5寸8分
兼信は南北朝時代直江志津兼信から続く名門刀工です。本脇差は江戸初期明暦(1655年)頃の美濃の刀工です。本脇差は姿豪壮な特別注文品です。虎鉄と同じ反りの少ない剣道の突き技がはやった為に独特の反りの少ない寛文姿で、刃肉のたっぷりと有る如何にも業物と言える姿を現し。地金は小板目肌良く詰み強い地金を鍛え、刃紋は孫六兼元があみ出した、三本杉の刃紋を見事に焼き上げ典型的な兼信最高傑作品の名脇差となっています。新刀関の脇差は現在なかなか少なく大変貴重です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

龍正美之作
現代 66.1 1.8 0.78 長さ2尺1寸8分
龍正美刀匠は昭和の刀工で、戦後復活しなかった為に、本刀は大変貴重な刀です。 姿は豪壮な力強い姿を現し、地金は板目肌力強く鍛えられて、刃紋は小沸出来の互の目刃を元から先まで焼き良く出来ています。戦後復活して刀を製作しておられれば非常に有名な刀工になっていた事と思われます。現在は現代製の拵えですが立派な拵えが本刀に一層華を添えています。今回世の中に初めて生で出てきたために格安にてご提供いたします。大変貴重な龍正美刀匠の刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
信国(二代)
南北
33.8 0.5 0.48 延文(南北朝時代)
長さ1尺1寸1分5厘
本脇差は身幅広めで重ねは薄く、やや反りがある南北朝の姿を現し、地金は板目やや肌立ち心があり地沸がつき、刃紋は小沸出来の小のたれ刃、彫りは表棒樋に素剣の浮き彫り、裏も棒樋に素剣の浮彫を彫り上品な彫となっています。本脇差の鞘には信国、二木氏蔵 貼りつけた紙にはR.Nakaeと判読でき、昭和26年大名登録と言われる登録証がいやがうえにも夢を掻き立てます。今回世に初めて生で出たためにあくまでも銘は希望銘としておいて下さい。将来正しい評価をお待ち致します。格安でご提供です。
白鞘 売約御礼
脇差
肥前国忠吉(希望銘)
江戸
初期
46.5 1.1 0.61 長さ1尺5寸3分
本脇差は何処から見ても五字忠吉で有名な、初代肥前国忠吉に見える素晴らく良く出来た脇差です、本脇差は地金は小杢目肌良く詰み、刃紋は忠吉本来の匂口の明るい直刃をむら無く焼き、大変力のある覇気有る刃を焼いています。元々は肥前刀の脇差に素晴らしく良く出来た脇差の為に、初代肥前国忠吉の銘を見事にそっくりに入れたものでしょう。拵えも江戸期の上品な黒ロウ鞘の付いた拵えが付き、江戸期は初代肥前国忠吉として大切にされて来た脇差です。今回生で世に初めて出てきたために格安にてご提供です。
拵え 売約御礼
短刀
兼永
室町
末期
30 0.2 0.66 長さ9寸9分
大和奈良派の兼永が鎌倉時代に関に移住、代々兼永と銘を切ります。明応以前の兼永の作刀は現存しない為、本短刀も永禄三年(1560年)頃(454年前)の兼永で丁度織田信長の桶狭間の戦いの頃に作られた短刀です。姿は来国俊写しの反りの無い優雅な良い姿を現し、地金は板目肌に杢が交じり素晴らしく雅味が有り、刃紋は匂いがきりりと締った直刃を素晴らしく明るく焼いています。兼永の在銘の物は大変少なく、古来山城五条兼永と言い伝えられたものの多くがこの兼永です。江戸期の拵えも一層本短刀に華を添えています。今回世の中に初めて出たために少々錆びやひけも有りますが格安でご提供です。
拵え 売約御礼
脇差
備州景依(朱銘)
鎌倉
中期
41.2 1 0.56 長さ1尺3寸7分
本脇差は朱銘で備州景依とあり、古備前景依の後とされています。時代は鎌倉時代中期正応頃(1288年)(727年前)となっています。登録証も昭和26年のいわゆる大名登録ですので、朱銘を入れて古来大切にされたものでしょう。姿は菖蒲造で地金は板目肌に鍛え、乱れ映りが現れ、刃紋は小互の目に焼き良く働き金筋を交え良く焼かれています。又時代の疵が有りますがそれも時代の古さを認めて御愛嬌です。景依にこだわらず古い備前刀としてお楽しみ下さいませ。今回生で出たために格安でご提供です。
拵え 売約御礼
脇差
仕込み杖拵(伝新刀関)
江戸
初期
53 1.3 0.48 本刀は明治維新廃刀令後、世情まだまだ平常で無く高級官僚は身を守るために盛んに仕込み杖を身近に置き武士のたしなみを忘れず、何時でも臨戦態勢に応じる心構えを持っていました。本脇差は今回初めて世に出たために、地刃も古いためにはっきりしませんが、良く見ると地金は板目肌が柾肌に流れ、刃紋も乱れ刃の様です、しかし全て良く見えませんが、これでも高官が暴徒からの一撃は防げるものでしょう、後は護衛の者が活躍すれば良いのです。仕込み杖拵えは木目地で如何にも杖のように見せ良く出来ています。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差
伝清光(非人清光)(業物)
江戸
初期
45.5 1 0.68 延宝頃(1673年)長兵衛、笠舞に有った加賀藩のお救い小屋にいたことから昔から大変有名な非人清光と称される。本脇差は小板目肌良く詰まり地金良く鍛えられ強い地金に、匂出来の小沸の付いた直刃調小互の目を焼き、刃中素晴らしく明るく、素晴しく覇気有る古刀を彷彿とさせる清光の最高傑作の刀です。如何にも業物と言われる大変素晴らしい名刀です。お楽しみくださいませ。 白鞘 売約御礼
脇差
祐定
室町
末期
46.3 0.9 0.64 長さ1尺5寸3分
本脇差は二字銘の祐定です。永禄頃、約453年前織田信長が京に入った時分に作られた、備前国長船祐定の脇差です。姿は腰反りで踏ん張りが有り、身幅頃合いで鎬高く、重ねはやや厚く小切っ先の姿で上品です。地金は板目肌良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃に沸が付き、良く働いています。典型的な備前の刃紋を焼き見事です。この様な祐定の刀は大変良く斬れた刀で古来有名でした。初めて世に出たために格安にて御提供です。有名な備前長船祐定の名脇差をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝下坂(脇差拵付)
江戸
初期
35 0 0.97 長さ1尺1寸5分
本槍は江戸時代初期の越前下坂派の鍛錬した槍でしょう。地金板目に柾肌流れ、特に柾肌激しく現れ刃紋匂い本位の直刃素晴らしく覇気がります。槍は下坂と言われるだけ素晴らしい槍です。又江戸期の粋な脇差拵えが素晴らしく、誰が見ても中に槍が入っている事分かりません。武芸に熟練の武士が考えに考えて編みだしたものだと思います。縁頭鍔を素銅の金具を使い、粋な拵えとなっています。槍は百年以上そのままで少々錆びていますが、又くり型が少々痛んでいますがそれも時代の御愛嬌です。今回初めて世に生で出たために格安でご提供です。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
伝古刀
  48.4 1.8 0.53 長さ1尺6寸
本脇差は元々1尺8寸の長さがあった脇差を6冂すりあげたものです。今回何十年振りで初めて世に出たために地刃が良く判りませんが、姿が上品で優美な姿をしており、地に乱れ映りが現れているところを見ると備前の脇差かと思われます。刃紋は直刃調の刃紋に見えます。拵えを拝見するに、鞘は素晴らしい黒蝋塗鞘。鍔は応仁鍔真鍮象嵌を施し、縁は鉄地群馬の図、頭は肥後唐草模様を金象嵌にしています。肥後拵えは縁と頭金具が同じでなくても良いので、肥後拵えを現したものと思われます。上級武士の差料であったものです。今回前の御持ち主様の特別の御好意で格安にてご提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

和泉守藤原国貞(本阿弥光遜先生代金子五百枚の折紙付)
江戸
初期
70.6 1.6 0.7 (中心修理の為銘に鏨を足している所有)
和泉守藤原国貞は日向宮崎の出身、郷里の先輩堀川国廣を頼り京に上り門人となる。元和6年(1620年)初代国助とともに大坂に移住大坂新刀の祖となりました。子供が大坂正宗と称された井上真改です。本刀は身幅広く豪壮な姿に、地金は板目肌良く詰み強く鍛え、刃紋はのたれ刃を主調とし素晴らしく覇気有る互の目乱れ刃を明るく焼き上げ、鎬地にまで飛び焼きがあり国貞の最高傑作の名刀です。後世中心が痛んだのでしょうか、銘に1,2、鏨が加えられていますが判りません、和泉守国貞としての本質には影響が有りません。本阿弥光遜先生の折り紙が一層本刀に華を添えています。350万円以上する大阪新刀の祖和泉守藤原国貞の名刀を破格の価格でお分けいたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

武士道肥後国赤松太郎兼裕作 以自家製鉄鍛之
現代 75 1.7 0.7 甲午年十月吉日
長さ2尺4寸7分
重量鞘を払い1,041gr、互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

大和大掾藤原正則 慶長十三年十一月三日
江戸
初期
66.6 1.6 0.64 本刀は日本刀大鑑103ページに所載された正則とほぼ同じもので、大和大掾藤原正則が何かの記念として2口打ちあげた1口です。本刀が有る事により慶長新刀の代表刀工の1人として又、初代越前康継に大変近い刀工として有名です。本刀は掟どおり肥前近江大掾忠廣の上作を見るごとく、小板目肌良く詰んで所々荒い肌も御愛嬌としてありますが匂いの深い素晴らしい直刃を焼き上げた傑作刀です。慶長新刀の匂いを漂わせた資料的に大変貴重な名刀です。慶長新刀は古来愛好家に大変珍重され、大変大切にされたものです。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼

大和大掾国武 慶応二年五月日
江戸
末期
73.2 1.2 0.76 (1866年)(148年前)
長さ2尺4寸2分
初代大和大掾国武は江戸新刀の刀工で正徳(1712年頃)から始まり、本刀の国武は五代目位で江戸幕末新々刀で左行秀、固山宗次、栗原信秀が活躍した幕末動乱を同じく生き抜いた刀工の一人です。本刀も新々刀姿で、反りの少ない重ねの厚い切っ先の延びた豪壮な姿を現し。地金は板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃匂い深々と深く素晴らしく明るく良く出来ています。生出しの為に古研ぎですが国武の最高傑作刀です。幕末の拵えは、武士でも位の高い上士しか持てない赤鞘であるところの堆朱塗鞘が付き、金具は幕末の鉄地金具が付いた上級武士用の立派な拵えが本刀を一層華やかに飾っています。生出しの為に格安にてお分けいたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝宝寿(鎌倉末期 舞草派)
鎌倉
末期
69.5 1.4 0.69 長さ2尺2寸8分
本刀は鎌倉時代の徳治(1306年)(708年前)の陸中平泉住舞草派の宝寿です。本刀は中切っ先で鎬が高く鎌倉末期の太刀姿で、地金は板目に杢が交って肌立って地沸がつき刃肉がこんもりと有り、時代の古さを現し、地は白気る気味が有ります、刃紋は小乱れに丁子が交じり沸付き一部匂い口うるむところが一段と本刀の初期日本刀を現して、興味が尽きない名刀となっています。宝寿は元々名前の通り縁起の良い名の為に、古来大切にされてきましたが、残念ながら現存作非常に少なく本刀は大変貴重な刀です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

源良近之作 博道試切証(皇宮衛士の為の刀)
現代 69.7 1.8 0.73 長さ2尺3寸
本刀は剣聖中山博道先生が試切りをして、成績優秀である事を中心に証明している大変現在では貴重な名刀です。本刀の作者良近刀匠は本名森久助。東京芝三島町住。大正から昭和にかけての作刀が有ります。独自の刀を作り、切れ味の優れた点を高く称賛されています。皇居を護る武官の差料は本刀の製作者良近の作刀が殆どでした。本刀は地金小板目肌素晴らしく良く詰み、古刀の様な乱れ映りが現れ、刃紋は互の目刃素晴しく明るく良く出来ています。靖国刀匠は余りにも有名ですが。本刀も皇宮衛士の為の刀で.誠に誉れの高い貴重な刀です。お楽しみください。
拵え 売約御礼

長州住人藤原清重作
江戸
末期
68.1 1 0.8 長さ2尺2寸5分
本刀は新々刀の長州住藤原清重です。文化(1804年)頃、姿は細身の上品な姿にやや反りが在り、地金は板目肌が良く詰み、地金は古刀期の地金に見える様な古い地金を鍛え、刃紋は中直刃小沸出来の見事なむらの無い刃を焼き上げ心地よい感覚に焼き、如何にも名工肥前国忠吉に見えてしまう刀です。長州清重刀工の腕の良さが充分わかる名刀です。江戸期の拵えが一層本刀に華を添えています。是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

於日刀保大阪支部道場 水竜子貞心作之
現代 72.1 1.6 0.7 昭和五十三戌午年仲春
長さ2尺3寸8分
水竜子貞心刀匠は明治45年生まれ。大阪市城東区住。月山貞勝門人。人間国宝月山貞一刀匠とは兄弟弟子です。本名川野充太郎、銘は源貞重、晩年は貞心と銘を切りました。本刀は鎌倉時代の備中青江の太刀を写した見事な刀です。姿は腰から反った青江反りを現し、切っ先は猪首切っ先の鎌倉中期の姿、地金は小板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は青江の逆丁子刃を見事に焼き上げ如何にも青江の堂々たる太刀を再現して見事です。是非青江写しの名刀をお楽しみ下さいませ。今回初めて生で出たために格安でご提供です。
拵え 売約御礼

豊後高田住藤原行光
江戸
初期
61.2 1.6 0.66 本刀は豊後高田住藤原行光(大分県高田市)江戸時代貞享(1684年)(330年前)頃の本名中摩勘左衛門。本刀は姿豪壮で抜き打ちに適した姿を現し、地鉄は板目肌良く詰み力強い地鉄を鍛え、刃紋は匂い出来ののたれ調に互の目を明るく見事に焼き上げ、如何にも物切れする刀を鍛えています。古来高田鍛冶の刀は大変業物として天下に聞こえ、肥後同田貫派と共に有名です。拵えも江戸期の鞘は高価な青貝微塵塗り鞘の付いた豪華な拵えが本刀を一段と華やかに飾っています。長年蔵に入っていた為に、少々薄錆等有ますがそれも御愛嬌です。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼

市原一龍子長光作(陸軍最末期軍陣刀拵付)
現代 66.3 1.6 0.79 長さ2尺1寸9分
本刀は大正から昭和にかけての有名な市原一龍子長光の御刀です。地金は小板目肌が素晴らしく良く詰み、刃紋は直刃に互の目丁子の足が見事に入り、元から先まで素晴らしくむらなく焼かれ大変技量の高さが現れた刀です。市原一龍子長光は素晴らしく良く斬れたことで、大変人気の刀工ですが現存作少なく、あれば直ちに売れてしまうほどの人気刀工の作です。数の少ない残念ながら柄の留金具は無くなっていますが、貴重な陸軍最末期軍陣刀拵えが長光の刀に一層華を添えています、どうぞ素晴らしい名刀を、後世に伝えてやって下さい。
拵え
売約御礼
脇差
伝信長(加賀)
室町
初期
53.7 2.3 0.72 長さ1尺7寸7分5厘
出ました出ました、信長の脇差が出ました。信長は古来英雄織田信長が余りにも有名な為に、古来信長の刀は大変有名ですが、我々専門家も現存作を見ることなく、本脇差は信長と鑑定された大変貴重な脇差です。本信長の脇差は時代は応永(1394年頃)(621年前)藤島初代行光門人となります。姿は大変反りの深い豪壮な姿を現し、地金は板目に杢が交り、刃紋は直刃調の刃に互の目を交え刃縁にほつれや砂流しを交え刃中良く働き見事な刃を焼いています。地金や刃紋に刃縁にほつれや砂流しを現すところで、信長と極められたのでしょう。信長と極められた貴重な脇差をお楽しみ下さいませ。
白鞘
売約御礼
脇差
近江大掾藤原忠廣
江戸
初期
54.5 1.8 0.65 長さ1尺8寸
近江大掾藤原忠廣は肥前国忠吉の嫡男で寛永十八年七月に近江大掾を受領。本脇差は姿頃合いで、姿が素晴らしく良く、地金は小板目肌に地沸がついて潤いが有り所謂小糠肌の典型ですが、一部は鍛えの肌も現れ時代を現しています。刃紋は家伝の中直刃素晴らしく良く出来て二重刃風の働きの所もあり、初代忠吉を凌ぐ出来を現しています。新刀期の代表刀工で有り、新刀の正しく優等生であります。近江大掾藤原忠廣は是非にお持ちになりたい人多く、大変人気の刀工です。今回初めて生で出たために格安にてご提供です。お楽しみ下さいませ。
白鞘
売約御礼

吉高(摂州住藤原吉高)
江戸
初期
61.7 0.7 0.84 本刀は寛文(1670年)頃の摂州住藤原吉高の刀と思われます。姿反りの少ない姿で、地金は小板目肌よく詰み力強い地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃互の目足が入り、棟焼きもあり、大変派手やかな刃を焼いています。中心は化粧鑢を掛け、化粧鑢の掛けられた初めごろの刀と思われ、後に京でも打つと言われる、摂州住藤原吉高の現存作非常に少ない貴重な刀です。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差
伯耆国名和住林長孝
現代 51 1.3 0.75 昭和四十六年五月日
長さ1尺6寸8分
本名林隆次。鳥取県西伯郡名和町。明治28年生。昭和13年湊川鍛錬所入門。森脇要の門。本脇差は昭和46年長孝刀匠76才の作です。姿は身幅広く豪壮な姿を現し。地金は板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は互の目乱れ刃に尖り互の目を交え、刃中には砂流しを交え大変覇気有る刃を焼いています。本刀は粗見すると江戸期の刀に見えてしまうような大変時代が上がった様に見える見事な脇差を鍛えて上手です。
白鞘 売約御礼
短刀
伝冬廣(新々刀)(芸州)
江戸
末期
19.4 0 0.64 長さ6寸4分
相州廣次の子で若州小浜に移住、代々冬廣同銘が小浜に続きます。その末が芸州に移住、幕末まで続きます。本短刀は嘉永(1850年頃)の冬廣です。姿は反りの無い重ねの厚い平造の短刀姿が美しく、又いかにも切れ味良い姿を現し、元幅と先幅の差が有る姿に鋭さが現れています。地金は板目肌に盛んに地景を現し、力強い地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃に二重刃や打ちの気を現せて、如何にも相州伝を現し、金筋を見事に現し大変覇気有る刃を焼き上げています。黒塗り合口拵えが本短刀に一層華を添えています。誉れ高い幕末の芸州冬廣であろう名短刀をお楽しみ下さい。
白鞘
拵え
売約御礼
短刀
摂津守源正友入道作(薩摩揚造)
江戸
初期
24.4
0.3
0.44 長さ8寸
正友刀匠は磐城(福島県相馬市中村)住。江戸時代元禄頃(1688年)(327年前)の刀工。本短刀は姿が非常に変わった姿を現し、所謂薩摩揚と言われる、先を極端に鋭くした独特な姿を造り、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃を痛快に焼き上げています。正友刀匠は摂津守を受領しているところを見ますと、大坂新刀の刀工が磐城に下り、又江戸にても刀を作っているところを見ると、当時の代表的刀工の一人であったものと思われます。貴重な珍しい薩摩揚の短刀を是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
短刀
来国俊
鎌倉
中期
30.9 0.3 0.46 長さ1尺2分
鎌倉中期正応(1288年)(727年前)頃来派の巨匠。本短刀は古来来国俊の短刀姿と言われ、天下一の短刀姿がこの姿です、反りややあり寸が延びた短刀です。素晴らしく上品な短刀姿を現し、地金は生だしの為にあまり良く見えませんが、小板目肌でしょう。刃紋は本来沸匂い深い、むらの無い直刃を元から先まで焼き上げているものですが。本短刀はこの700年の間にいつの日にか火にかかったのでしょうか、来国俊の銘は良いのですが、地刃が良く判りません。素晴らしい拵えから見ると古来大切にされたものでしょう、来国俊、粟田口吉光、新籐五国光を天下の三名短刀作者として有名で大切にしています。生で今回出ましたので、来国俊を格安でお持ちになりたい方に是非お奨めいたします。
拵え 売約御礼
短刀
虎雄(御守り短刀)
江戸
末期
13.6 0 0.58 長さ4寸5分
虎雄は南海太郎朝尊の子虎丸と銘した朝良の別名と思われます。如何にも勇壮な名に喝采です。本短刀は表平造で裏は鵜の首造の大変作るのに難しい短刀姿を見事に現し刀工の腕の確かさを現しています。地金は小板目肌良く詰み、刃紋はのたれ乱れ刃に互の目を現し良く出来ています。本短刀は古来御守り短刀として作られたもので、武家の娘が幼少の時から肌身離さず身に付けていたものです。黒漆塗り合い口拵えも当時のままで、蒔絵も一段とあでやかさを醸し出しています。奥ゆかしい武家のしきたりの現存する貴重な御守り短刀をお楽しみください。
拵え 売約御礼
小柄
関五郎国重(江戸期拵付小柄)
江戸
末期
      長さ3寸9分6厘 拵え全長23.7cm
本小柄は大変手の込んだお金をかけた江戸期の拵えが素晴らしく、我々専門家もただただ感心するばかりの凝りようです。金具は、縁頭、鯉口栗型、こじり、小柄、笄の素銅地一作拵えの金具がアイデア満載の金具を製作し、鞘は漆で盛り上げ、柄は刻みを入れて、漆で仕上げ見事な拵えを完成させて拝見する人を、感心させ驚かせるものです。今回世に初めて出たために格安でご提供です。世にこれ一本しかない拵え付小柄を手に入れて自慢のコレクションにして下さい。
拵え 売約御礼

綱廣(槍)
室町
末期
27.8 0 0.92 長さ9寸1分7厘
初代綱廣天文(1540年頃)の名槍です。初代は北条氏綱に召し出され小田原で鍛刀し初銘正廣を氏綱より綱の一字を授けられ綱廣と改めました。本槍は姿良く典型的な美しい槍の姿を現し。地金は板目に柾肌を現し。刃紋は直刃を見事に明るく焼き上げ素晴らしい刃を焼いています。 戦国時代は槍が武士の主たる武器でした。古来より戦場での一番に飛び出して武勇を振って活躍した武士を讃えて、一番槍と言ったり。柴田勝家と羽柴秀吉が戦った、賤ヶ岳で活躍した七人の武将を賤ヶ岳の七本槍と讃えたり。武士の誉れを槍でたとえる位槍は大切なものでした。武士が大切にした綱廣の槍を、今回生で出たために格安にてご提供いたします。お楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
短刀
伝飛騨守氏房(包丁正宗写)
室町
末期
25.8 0.3 0.72 長さ8寸5分
飛騨守氏房は若狭守氏房の嫡男としてうまれ、天正5年織田信孝の側小姓として仕え、天正11年織田信孝自害の後は浪人となり、天正16年より父氏房について鍛刀をはじめる。天正20年5月11日関白秀次の斡旋で飛騨守受領慶長15年名古屋城が完成すると、名古屋城下に移住、本短刀は身幅の広い豪壮な姿で有名な包丁正宗を写して上手です。地金は板目に柾が交じり、刃紋はのたれに互の目を交え金筋、砂流しを交え大変覇気有る短刀です。初めて世に出る為に格安価格でご提供です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
伝藤嶋友重
室町
末期
37.2 0.3 0.63 長さ1尺2寸2分
来国俊の門人と言われる友重が越前に移住、その後二代目友重が加賀に移住して幕末まで続きます。本脇差は姿は室町末期天正頃(1573年頃)(442年前)の反りのやや浅い姿を現し、地金は板目肌に柾肌が交じりやや黒い地金を鍛え、地には映りが現れねばりけの有る地金を鍛え一部時代の景色も有りますが御愛嬌です、刃紋はのたれ乱れ刃に沸が良く付き棟に深く焼きを返し皆焼風に焼き、地に玉も焼き大変変化有る覇気有る刃を焼いています。北国は大変寒く刀には折れやすいと言う大変過酷な土地柄ですが、本脇差の様に粘り気のある地金を鍛えて、折れず曲がらず良く斬れる刀を作ったものです。藤嶋友重は古来物斬れの良いので有名で戦国大名が争って手に入れたものです。本脇差は後世にすりあげ短くし武士の脇差として差しやすくしています。今回初めて世に出たために格安でご提供です。
白鞘 売約御礼
脇差
宇多国宗作
室町
末期
46.3 1.1 0.51 長さ 1尺5寸3分
時代天文(1532年)頃481年前の越中の名工の銘がとりあえず有ります。本脇差は宇多国友の子と言われ法号は光心という。宇多の刀工は本国大和で文保頃(1317年)鎌倉時代末期に移住国宗は初代国光の子供が代々継いで居ます。本脇差は生で出たためにやや錆びが有りますが、板目に柾が交じり、肌立つきみがあり地にえつき刃紋は直刃に二重刃を交え、互の目も交じえていますが生出しの為に刃紋が良く判らないところも有ります。特に宇多の刀の特徴は柾目肌が顕著に表れるのが特徴でが。本刀は北国地金の黒ずんだところが無く非常に垢抜けた大和本国の脇差に見えます。現存在銘の非常に少ない宇多国宗作の銘がとりあえず有る脇差をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
奥州会津住政長
江戸
初期
48 1.1 0.78 長さ1尺5寸8分
三好利右衛門後藤四郎に改めます。本国予州松山三好長国の子。京に上り埋忠明寿の門人となり彫を習いました。寛永四年(1627年)抱え主加藤正之の会津移付に伴い会津に移住しました。本脇差は反りのやや深い姿を現し、地金は板目肌やや肌立ち堀川物に近いざんぐりした肌になり、刃紋は互の目乱れ刃に小沸がつき如何にも良業物になっているだけ良く斬れそうな脇差となつています。拵えも江戸期の黒呂鞘に鍔は銅魚々子地に水車と山水を現し、縁頭は赤銅魚々子地に流水と鮎の図。目貫は赤銅地金色絵扇子の図が巻かれ本脇差に一層華を添えています。貴重な会津政長の脇差をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
相州住綱廣
室町
末期
37.9 0.6 0.59 長さ1尺2寸5分
初代綱廣天文(1540年頃)の名脇差です。初代は北条氏綱に召し出され小田原で鍛刀し初銘正廣を氏綱より綱の一字を授けられ綱廣と改めました。本脇差は幅広の菖蒲造で身幅広く重ね厚く豪壮で、地金は板目に地にえがつき刃紋は互の目に飛び焼きが現れ皆焼風の刃紋になり大変豪快な脇差です。拵えも江戸時代の拵えで、鞘は黒蝋鞘で金具も鍔は鉄地に鉄覆輪を掛け、目貫は銅地のなまずの図。縁頭赤銅地葵の葉の図、が本脇差を一段と華やかに華を添えています。今回世の中に初めて出たために多少傷みも有りますがそれも御愛嬌です。お楽しみ下さい。
拵え
売約御礼

伝直江志津兼信
南北
63.1 0.5 0.59 長さ2尺8分
本刀は正宗十哲の一人志津三郎兼氏の子供と言われている直江志津兼信として伝わった刀です。南北朝の康暦頃(1379年)(636年前)の作です。本刀は鎬造反りが浅くつき、板目肌に柾心の鍛え肌に、刃紋は互の目乱れに角互の目が交じり刃中素晴らしく良く働いています。帽子は乱れ込んで先は掃き掛けとなり良く焼かれています。確かに南北朝に見える伝直江志津兼信として伝わってきた刀を、是非お楽しみ下さいませ。今回生で出たために格安でご提供です。お楽しみ下さいませ。
白鞘
売約御礼

国光(宇多)
江戸
初期
69.1 1.7 0.69 長さ2尺2寸8分
本刀は姿は堂々とした姿で、反りは鳥居反りです。地金は板目肌に柾肌が流れ、鎬はやや高く大和伝の趣が濃厚に表れています。刃紋は直調のたれ刃、淡雪が積もれる如く匂が深く良く足が入り名刀の趣を充分に良く表わしています。時代は室町時代享禄(1528年)(486年前)頃の越中宇多の国光です。宇多は大和の宇多より移住した刀工群で素晴らしく良く斬れる刀です。今回生で出たために研ぎ等は充分ではありませんが、その分格安でお楽しみください。
拵え 売約御礼

濃州関住人兼則謹作(軍陣刀拵付)
現代 68.4 1.6 0.76 紀元二千六百二年
長さ2尺2寸2分
本名小島太郎。関の代表刀工小島兼道の弟。明治40年生まれ、元陸軍受命刀工。戦後新作名刀展に出品多数。多数の賞を受ける名工です。本刀は兼則謹作と入れるだけあって大変入念に作った刀です。小杢目肌素晴らしく良く詰まり良く鍛錬され、刃紋は小互の目の頭を揃えて見事に焼き上げ刃中細かな足を入れて見事です。日本を命懸けで守った武士である日本軍人将校の為に命懸けで見事に打ち上げた、今は亡き名工兼則刀匠の名作を後世に是非大切に、残していって下さい。
拵え
売約御礼


大阪住月山貞勝謹作(花押)(希望銘)

現代 64.1 1.5 0.75 長さ 2尺1寸2分
名人月山貞勝先生備前伝での作品ですが、残念ですが、刀は大変上手ですが、戦後の刀匠受難時に一門の刀工が貞勝銘を入れたものでしょうか、備前伝互の目丁子刃足が入り良く出来ています。月山貞勝は帝室技芸員(人間国宝)月山貞一の明治大正期の代作者としても有名です。月山貞勝は昭和天皇の御剣製作並びに元帥刀の作者としても特に有名な名工です。
拵え 売約御礼


濃州関住兼義作(備前長船兼光写)

現代 68.4 1.6 0.76 長さ2尺2寸5分 本名河合義文。明治33年生。陸軍受命刀工。本刀は姿豪壮で、地金は小板目肌良く詰み刃紋は備前長船兼光写しの匂出来の互の目丁子刃を見事に焼き上げ覇気が有ります。刃肉を削ぎ如何にも良く斬れるかを現した素晴らしい名刀です。当時の特別注文品の名刀です。極上の研ぎが一段と本刀の価値を上げています。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
太刀


筑後住武藤幸廣 昭和十九年二月

現代 60.9 2 0.81 主 浦池鑑盛裔孫 甲木誓治誂三ノ内
長さ2尺
本名武藤八郎、福岡県住、元陸軍受命刀工。本刀は筑後柳川藩主であった浦池鑑盛の御子孫である 甲木誓治氏が幸廣刀匠に3口後世に残す為に、誂えた名刀の1口です。姿はやや反りの深い表裏棒樋のきりりと彫られた太刀姿を現し、地金は小板目肌を力強く鍛え強い地金を現し、刃紋は匂出来の直刃をきりりと明るく焼き上げ見事です。戦国大名筑後柳川藩浦池鑑盛の名を後世に残すのに相応しい素晴らしい名刀となっています。拵えも古い時代の金具の付いた立派な拵えが本刀に一層華やかに飾っています。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差
武蔵守藤原兼中(業物)
江戸
初期
54.2 1.8 0.81 長さ1尺7寸9分
武蔵守兼中は越前一乗に住み、後に虎鉄と同じく江戸へ出ています。天和頃(1681年)(332年前)の名匠です。本刀は反りやや深く鋭い姿を現し、地金は小板目肌良く詰み柾目肌も現し、刃紋は関孫六兼元の三本杉を現した匂出来の規則正しい三本杉の刃を焼いています。拵えも鞘は黒呂鞘に鍔は赤銅地に葵を現し、縁頭も赤銅魚々子地に葵を金象嵌で現し、目貫は金色絵で真の龍を彫り見事です。はばきも三つ巴の家紋が彫られ、葵と巴紋にこだわった拵えですので、徳川家と関係のあった高級武士のお持ち物と思われます。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

津軽住国吉作 昭和五十七年三月日
現代
74.6 2.4 0.82 長さ2尺4寸6分  重量鞘を払い1280gr
本名二唐久、昭和三年生まれ。父は陸軍受命刀工、二唐主呂義信、弘前市津軽外浜住。全日本刀匠会会員。入選多数。本刀は重ね厚く身幅広く豪壮な刀姿で、地金は板目肌素晴らしく強靭に鍛えられて、地に地景が現れ、刃紋は直刃調のたれ刃、刃縁に金筋を現し食い違い刃も交え、刃中に細かい足も入り刃中素晴らしい働きをしています。現代刀とはとうてい見えない時代の上がった刀に見えるという事は、国吉刀匠の実力の高さが良く判る刀です。近年生で出てきたために地に少々錆が付いていますがそれも御愛嬌です。今回格安にてご提供です。
拵え 売約御礼

新井一貫斉政幸
現代
71.4 2.8 0.81 長さ2尺3寸6分 重量鞘を払い1166gr
本名新井幸一明治41年生。埼玉県岩槻市。酒井一貫斉繁正門。繁正刀匠は無鑑査。笠間繁継門の逸材として有名な刀工です。同門に鬼才塚本起正がいました。本刀は反りが深く姿堂々として、地金は板目肌良く鍛えられ所々鍛え肌の荒い所も有りますが、それも鍛えた印の御愛嬌です。刃紋は互の目丁子刃を焼き刃中砂流等を交え覇気有る刀を鍛え上げています。昭和50年頃の作品で政幸刀匠67歳の脂の乗り切った名刀です。格安にお分けいたします是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
播磨大掾藤原忠国(業物)
江戸
初期
57.4 0.6 0.66 初代肥前国忠吉の門人、橋本相右衛門広貞(吉家)の次男。寛永11年播磨大掾を受領して忠国と改めます。本脇差は忠国の最高傑作品です。地金小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は得意の互の目に砂流しが現われ素晴しく覇気のある刃を匂深く良く焼いています。肥前刀は忠吉一家はじめ全ての刀工の技量素晴らしく高く。肥前刀の声価を一段と上げているのが本脇差です。金具は時代金具で作りは現代ですが、素晴らしい脇差拵えが一段と本脇差の価値を上げています。脇差共々お楽しみください。 拵え 売約御礼

備州長船住横山祐包 明治二年八月日(希望銘)
現代 71.6 1.6 0.76 長さ2尺3寸6分
祐定十三代目で友成五十八代の孫と称する祐包の備前国長船住与三左衛門尉祐定写の残念ながら希望銘の刀です。本刀は反り深く、切っ先の延びた豪壮な姿に、地金は小板目肌良く詰んで冴えた地金を鍛え。刃紋は匂い出来の大らかな与三左衛門尉祐定を写した互の目丁子刃に、刃中点々と匂いが途中で切れた様な葉の働きを現し、古調な刃を素晴らしく良く焼いています。備前国新々刀の卓尾を飾る横山祐包の弟子が作ったであろう刀を実用刀としてでもお楽しみくださいませ。
拵え 売約御礼
脇差
肥後国同田貫宗廣作 天保二年八月日
江戸
末期
52.7 1 0.71 長さ1尺7寸3分
有名な同田貫の名刀です。宗廣は同田貫上野介十代の孫と称する同田貫の末尾を飾る名工です。刀剣愛好家は必ず1口は持ちたいと思う同田貫の刀です。本刀は宗廣の大変貴重な脇差です。どう言う訳か同田貫宗廣の脇差が大変少なく貴重なものです。互の目丁子刃におい深く覇気有る刃を焼き、典型的な宗廣の名刀です。同田貫派の刀は戦後一番出世した刀の一本です。古来有名な同田貫の名刀をお楽しみください。 幕末の肥後拵えも貴重な拵えです。
白鞘
拵え
売約御礼

肥前国住一吉作 丙子年二月日
現代 71.2 1.7 0.67 長さ2尺3寸5分
重量鞘を払い982gr、互の目刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

筑州住岩戸作 平成九年三月日
現代 71.3 1.7 0.65 長さ2尺3寸5分  重量鞘を払い936gr
備前長船長義写 互の目乱れ刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

江州鈴鹿山麓住竹下祐光 稗田康光作之(大兼光写)
現代 72.6 1.5 0.76 昭和五十一年仲秋
長さ2尺4寸
本名竹下善自。大正4年生。大阪の沖芝正次刀匠に師事しました。戦前は陸軍受命刀工として活躍。本刀は祐光刀匠61歳の力作です。新作名刀展受賞多数の名工です。康光刀匠は越後国、新潟県魚津市出身の名工です。本刀の姿は元と先の差の少ない切っ先の延びた豪壮な南北朝の姿を現し平肉を削ぎ鋭利な姿を現し。地金は小板目肌良く詰み、刃紋はのたれ乱れ刃に互の目を焼き、互の目の足を入れて刃中素晴らしく良く働き、備前長船大兼光を写して上手です。祐光刀匠と康光刀匠の合作の名刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

伝九州肥後同田貫
室町
末期
69.9 2.1 0.82 長さ2尺3寸5厘
天正頃1580年(420年前)
本刀は世にあまりにも有名な九州肥後同田貫の名刀です。子ずれ狼で肥後同田貫は全国的に有名です。同田貫一派は戦国時代に一門が栄え文禄の役には加藤清正に従って渡海朝鮮で鍛刀したとも伝えられています。本刀は反り深く元先の差がそれほど多くなく切っ先の延びた豪壮な姿を現し、地金は板目に柾まじりで力強く鍛え、刃紋はのたれみだれ刃、飛び焼きや二重刃を焼き大変良く出来て覇気が有ります。現在人気第一の肥後同田貫の名刀をお楽しみください。
拵え 売約御礼

伝肥前国河内守藤原正廣(後代)
江戸
中期
72.1 1.6 0.65 長さ2尺3寸8分
初代河内大掾正廣は初代肥前国忠吉の娘の子が初代で藩主鍋島勝茂に重用され藩主の刀だけしか打ってはいけないと言う、お留鍛冶の栄誉を担い、二代は河内守正廣を名乗り父親に勝るとも劣らない名工として余りにも有名です。本刀は正廣後代と思われる刀ですが。姿豪壮で堂々とし地金は小杢目肌良く詰み、刃紋は備前福岡一文字写しの互の目丁子刃を奔放に焼き切り見事です。拵えも江戸期の素赤銅地の金具が素朴ながら気品があり本刀に一層華を添えています。今回生で出たために格安にてご提供いたします。お楽しみくださいませ。
拵え 売約御礼

南紀住龍神太郎源貞行鍛之(南紀重国写)
現代 70.2 1.6 0.82 昭和四十八年葵丑歳師走吉祥日
長さ2尺3寸2分 重量鞘を払い1157gr
本名安達貞楠、明治42年生まれ。全日本刀匠会会員、受賞多数。人間国宝月山貞一と兄弟弟子の大阪川野貞心の二人の門。刀匠名は龍神太郎源貞行として有名です。和歌山県県会議長になった時は必ずこの貞行刀匠の刀が議会から贈呈されていた名誉の刀匠です。本刀は貞行刀匠64歳の脂の乗り切った時の刀です。本刀は姿豪荘で地金小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃、刃中足が入り素晴らしく覇気有る刃を焼いています。江戸初期の紀州徳川家お抱え鍛冶名工南紀重国を写して成功しています。現在御子息の安達茂文刀匠が人間国宝月山貞一刀匠の内弟子として修業し立派に後を継いでいます。代々続いた名匠龍神太郎貞行の名刀をお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼

伝越前住播磨大掾藤原重高
江戸
初期
67.2 2 0.78 長さ 2尺2寸2分
越前福井松平に名工ありと謡われた、江戸時代の寛文新刀長曽祖虎鉄と同時代の名工、播磨大掾重高と鑑定された名品です。本刀も寛文新刀体配の反りの浅い突き業の流行った時代の姿をしており刃紋は互の目刃を明るく見事に焼き切っています。地金は板目に柾肌が流れ良く詰んでいます。拵えも元禄時代に作られたのか、大変豪華な蒔絵鞘の付いた鞘に鍔は大根を現し、縁頭は美濃彫の秋草の図、目貫は鈴虫と華の図が本刀に一段と華を添えています。越前新刀は康継、虎鉄始め重高と大変武士に高く評価され人気の刀工です。前の御持ち主様は260万円でお買いとの事今回御好意で破格の価格でご提供です。
拵え 売約御礼

源康弘造之 昭和六十二年仲春吉日
現代 72.7 1.6 0.81 重量鞘を払い938gr、奈良の名工 喜多貞弘刀工が弟子の康弘銘で打った相州正宗写の名刀です。
拵え 売約御礼

伝越州国行
南北
60.6 1.9 0.7 本刀は南北朝応安頃(1368年)(646年前)千代鶴系とされ山城来国行の系統の刀工です。又の説は大和手掻系の刀工が越前に移住後、応安6年から7年の間に、美濃国赤坂に移住したとされています。どちらにしても名工の系統には変わりがない越州国行の名刀です。姿は優美な太刀姿を摺り上げた姿、鎬が高く、地金は杢目に柾目が流れ、刃紋は互の目乱れ刃に変化を持たせ、刃中金筋を現し素晴らしく古調で力強い中にも、えも言われない上品さを備えた名刀です。彫も上品な表裏梵字に細樋を素晴らしく上手に入れています。江戸時代の拵えも簡素ですが優美です。 南北朝期の太刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼

筑州住宗重作(源清麿写) 平成六年五月日
現代 72.2 1.9 0.71 長さ2尺3寸8分
古城重昭刀匠は昭和7年生まれ、宗勉刀匠の父、宗弘刀匠に鍛刀を学び、宗勉刀匠とは兄弟弟子となります。宗一門は全て大変物が切れることで有名で。宗重刀匠も本刀の様な大変な業物を作っています。本刀は源清麿の前期作を写した名刀です。地金は板目肌良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃足が入り素晴らしく明るく刃を焼き上げています。宗重刀匠はこのような源清麿写を大得意としています。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

備前国長船一法子源貞道作之(人間国宝月山貞一門)
現代 71.5 2.2 0.74 昭和五十二年八月吉日 家運長久 和泉国岸和田住人福岡省三重代所持之
長さ2尺3寸5分 重量鞘を払い1044gr 貞道刀匠は人間国宝月山貞一刀匠の門。本名雪吉進輔。砂鉄の宝庫兵庫県千草町住。全日本刀匠会会員努力賞他受賞多数。本刀は備前長船盛光写しの名刀です。備前の腰反り深く応永備前の優美な姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は互の目丁子刃を深い匂いで焼き刃中良く働き、明るく焼き上げ応永備前の名工盛光に迫る名刀です。是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
正重(村正の子)
室町
末期
35.3 0.2 0.59 長さ1尺1寸7分
本脇差は文亀頃(1501年)(村正の子)又は婿と言われる千子正重です。正重の脇差も村正以上に少なく大変貴重です。姿は平造身幅広く反りつき豪壮な姿を現し、地金は村正に似て、板目肌良く詰み柾目肌を現し、刃紋は元に腰刃風の刃を焼き、互の目乱れ刃棟にも返り深く互の目を焼き上げ、飛び焼きも現われ、皆焼風となり、刃中砂流しを現し刃に変化が有り、大変覇気有る刃を焼き上げています。村正に通じる作柄を大いに現しています。銘は堂々と味ある村正に似る鏨で銘を切り好もしいものです、村正が欲しい人には是非お奨めの好脇差です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

脇差
伝鬼塚吉国・「兼」廣作(大小拵付) 江戸
初期
現代
69.6
53
2
1.6
0.75
0.72
大刀は生無銘で筑州柳川住鬼塚吉国寛文時代(1661年頃)の作。姿は鎬やや高く地金は板目肌良く詰み、柾肌が交じり、刃紋は直刃に腰に乱れ刃と先に乱れ刃を交え肥前刀の様な明るい直刃を見事に焼いています。 脇差は「 」廣作と銘が残り、美濃兼廣の作です。姿は反りが深く、地金は板目肌に柾目肌を交え、刃紋は美濃独特の覇気有る尖り乱刃を見事に焼いています。拵えは現代ものですが大変お金のかかった大小拵えを見事に作り上げています。大小拵えをお探しの方には最適な大小です。格安にご提供です。 白鞘
拵え
売約御礼

雲州住貞永作之 平成二十六年十月日(島根県重要無形文化財)
現代 72.6 1.4 0.61 長さ2尺4寸
重量鞘を払い918gr、鎌倉時代備前福岡一文字写しの互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

肥後国住赤松太郎兼光作 平成二十六年七月吉日(2尺8寸4分半)
現代 86.2 2.1 0.82 2尺8寸4分半
重量鞘を払い1510gr、互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

武士道肥後国八代住赤松太郎兼幸作 以自家製鉄鍛之
現代 73.8 1.9 0.83 癸巳年十一月吉日
重量鞘を払い993g、備前伝互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

上野守藤原兼定(和泉守兼定(之定)の後)(業物)
江戸
初期
67.7 2.4 0.65 長さ2尺2寸3分
有名な和泉守兼定の子孫が、本国美濃から越前に移住した慶長の和泉守兼定の末、延宝頃(1673年)の兼定です。本刀は古来業物として非常に有名な刀で、地金は小板目肌良く詰み美しい地金を鍛え、刃紋は互の目に複式互の目を交え匂い深く、沸も現し。和泉守兼定(之定)にとても似た覇気ある刃を素晴らしく明るく焼いています。和泉守兼定の子孫はもう一方は 会津に移住して会津兼定として新々刀期まで活躍しています。もう一方は本刀のように越前に移住し大活躍しました。業物兼定の名刀をお楽しみ下さい。
白鞘
拵え
売約御礼

豊前住河野貞光彫同作 摸名物切刃貞宗(今虎鉄)
現代 74.6 2.2 0.75 甲戌年九月吉日(平成六年)
長さ2尺4寸6分
河野貞光刀匠は、人間国宝月山貞一刀匠の弟子として修業後独立。素晴らしい切味の為に「今虎鉄」と言われ垂涎の的の刀です。現在は刀を作っておらず、余計出れば、希望者が殺到いたします。本刀も相州正宗の子の切刃貞宗を写した片切刃造の素晴らしく豪壮な姿で、彫も表は素剣と梵字と棒樋、裏は棒樋に添樋を見事に彫り上げています。地金小板目肌に力強い鍛えをして、刃紋は互の目乱れ刃を見事に焼き上げ見事です。「今虎鉄」の名をほしいままにしている名刀です。貴重な河野貞光の刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

肥後国八代住赤松太郎兼裕 写清麿
現代 76.3 1.9 0.86 以自家製鉄鍛之 甲午年七月吉日
長さ 2尺5寸2分
現代刀匠で余りにも有名な熊本県八代住赤松太郎兼裕の見事な幕末の名刀匠 源清麿写しの素晴らしい名刀です。大切っ先姿堂々として源清麿独特の姿を現し、互の目乱れ刃素晴らしく勢い強く地金板目肌素晴らしく鍛えられ、強靭この上もなく清麿が目指した強靭さと切れ味を今に再現した名作です。源清麿写しの名刀をお楽しみください。
白鞘 売約御礼

伝為継(郷義弘の子)(則重の門)
南北
69.9 1.8 0.62 古来為継は天下の三名工、吉光、、正宗、郷、と讃えられる郷義弘の子であり、 越中則重に師事したと伝えられている名工です。本刀は身幅広く大切っ先で板目に杢が交じり、地景が入った鍛えに地沸がつき、刃紋は大のたれに互の目が交じり、金筋、砂流しがかかり、素晴らしく覇気有る刀を鍛えています、あたかも相州上工を思わせる名品です。郷とお化けは見た事が無いと古来言われております。郷義弘と越中則重を髣髴とさせる子の為継をお楽しみくださいませ。 白鞘 売約御礼


孫六兼元(最上大業物)

室町
末期
65.2 1.8 0.69 長さ2尺1寸5分
孫六兼元は戦国時代から大業物として良く斬れるとして余りにも有名です。名物波泳ぎ兼元は斬られた相手が向こう岸に着くまで切られた事が判らなかったほど切味が素晴らしいかったとして名づけられた名刀です。孫六兼元は末関鍛冶を代表する名工です。本刀は大変貴重な特別注文品です。身幅広く、重ねが心持ち薄目になり、平肉がつかず、地金は小板目に柾が交じって明るくさえ、地にえみじんにつき、刃紋は匂い出来の素晴らしくむらの無い覇気有る三本杉を主調とした見事な刃紋です。帽子は乱れ込んで掃き掛けて上手に焼き上げています。銘は勢いがあり、角張った直線的な銘を切って孫六の兼元の銘となっております。現存作少なく貴重な孫六兼元をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

月山(奥州月山)(綾杉肌)
室町
末期
69.1 1.8 0.58 長さ 2尺2寸8分 日本刀の草早期から始まる刀の1本として奥州月山は余りにも有名です。本刀は時代は永正頃(1500年頃)出羽(山形県)の月山を中心として月山鍛冶が隆盛の極みを謳歌していた時の貴重な刀です。時代がかわり、時代とともに、本州の刀に押され消耗も加わり極めて少なくなってまいりました。本刀は典型的な月山独特の綾杉肌を現しすこぶる優品で貴重な刀です。幕末奥州月山の末裔が水心子正秀の弟子となり大阪月山の元を作った月山貞吉、月山貞一、月山貞勝、月山貞一、月山貞利5代の基となる貴重な刀を是非お楽しみください。 白鞘 売約御礼

薩州住清左(きよすけ) 享禄二年二月
室町
末期
68.6 2.0 0.74 (1529年)(485年前)
長さ2尺2寸6分
本刀は大変貴重な薩摩の享禄二年の製作年号の有る古刀清左(きよすけ)在銘の刀です。波平鍛冶で備前に出て長船清光に学んだと伝えれられています。本刀は末備前に似て姿は腰反りで、地金はねっとりとした板目肌に柾肌が流れ、刃紋はのたれに小互の目の節が有り掟通りの清左の名刀です。古来斬れ味のすぐれた事で大変有名で業物としても有名です。熊本藩主細川幽斉の愛刀「八重だたみ」は清左の作刀で、歌仙拵えの兼定と共に古来あまりにも有名な刀です。 お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
出羽守法橋光平(日置光平)(紀州徳川家家老朝日奈家伝来)
江戸
初期
45.9 0.6 0.68 長さ1尺5寸
本脇差は寛文3年頃(1663年)(351年前)日置光平44歳頃の作です。生まれは江州蒲生郡、初めは京都に出、後江戸に下向しました。本脇差は地金板目素晴らしく良く詰み鮮やかな乱れ映りが立ち、刃紋は匂い出来の丁子乱れで、備前福岡一文字の刃紋を見事に焼きあげた素晴らしい脇差となっています。拵えも金より当時高価であったと言われる青貝微塵塗り鞘に、今では出来ない揃い金具赤銅魚々子地に金こべりをあしらい、点金象嵌を見事に施し、鍔は赤銅献上鍔を付け豪華さで朝日奈家伝来をうなずけます。素晴らしく豪華で紀州朝日奈家に伝わった貴重な脇差です。是非お楽しみ下さいませ 。
白鞘
拵え
売約御礼

為継(金象嵌 薄雪)(郷義弘の子)
南北
62.4 2.6 0.72 金象嵌 薄雪 古来為継は天下の三名工、吉光、、正宗、郷、と讃えられる郷義弘の子であり、 越中則重に師事したと伝えられている名工です。本刀は身幅広く大切っ先で小板目に杢が交じり、地景が入った鍛えに地沸がつき、刃紋はのたれに互の目が交じり、金筋、砂流しがかかり、素晴らしく覇気有る刀を鍛えています、あたかも相州上工を思わせる名品です。拵えも鍔は東肥 昇り龍の図、縁頭加賀秋草秋虫の図の入った豪華な拵えが本刀を一段と華やかに飾っています。郷とお化けは見た事が無いと古来言われております。郷義弘と越中則重を髣髴とさせる子の為継をお楽しみくださいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
短刀
相州住廣正
南北
31 0.6 0.41 長さ1尺2分
南北朝時代永和(1375年)(639年前)の相州廣正の、姿は素晴らしい身幅の広い包丁正宗の寸延び短刀姿です。地金は板目肌良く詰み覇気有る地金を鍛え、刃紋は沸の強い大互の目乱れ刃が皆焼となり大変覇気ある見事な刃を焼いています。この様に大きな刃を焼けるのは地金と地金の鍛えが素晴らしく良いからです。廣正は正宗門の初代廣光の門から派生した名門刀工です。表には梵字の彫を裏には腰樋を相州彫で彫が見事です。相州廣正は大変有名刀工ですが、現存作大変少なく貴重な寸延び短刀です。佐藤寒山先生の鞘書も貴重ですお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

井上真改(草薙廼舎押形所載)
江戸
初期
70.4 1.9 0.79 菊紋延宝五年二月日
本刀は井上真改47歳の作。この時分が重要美術品や、重要文化財が生まれた最高の作品が集まった年代です。大坂新刀の横綱大坂正宗と称される井上真改の最高傑作の1口です。鎬造り姿堂々として庵棟中切っ先となり、地金は小板目肌良く詰み地沸付き、刃紋は互の目のたれ刃匂い深く小沸良く付き金筋が一面にかかり、相州上工を狙い特に本刀は真改正宗を狙い成功しています。本刀は地刃の出来がいかにも冴えて匂いが深く小にえが良く付き井上真改の長所を遺憾なく発揮した井上真改中の代表作の名刀です。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼

長曽祢虎徹入道興里(跳ね虎入道い興里銘)(寛文三年頃)
江戸
初期
68.2 0.6 0.6 姿は反りの少ない寛文新刀体配、ややすりあげながら姿良く、地金は小板目肌良く詰まり、初期は古鉄と称したように古く見える大肌を一部鍛え、地沸付き刃紋は虎鉄の数珠刃や瓢箪刃を素晴らしく明るく良く焼き良く出来ています。虎鉄は最上大業物として新刀期で山野加右衛門の試銘多く入り、江戸で一世を風靡した名刀です。有名な新選組隊長近藤勇の名せりふ、「今宵の虎鉄は良く斬れる」でもあまりにも有名な刀の為に、半百の銘があるが如く、50歳より作刀した為に有名でありながら刀の現存数150口もなく、本刀は大変貴重な名刀です。一生に一度拝見できるかどうかわからない幻の虎鉄の刀をお楽しみくださいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
脇差
伝孫六兼元(三代)
室町
末期
33.7 0.6 0.76 孫六兼元は最上大業物として余りにも有名です。古来いくつものエピソードが語り継がれています。本脇差は平造で天文(1550年)頃の三代孫六兼元の脇差です。身幅広く豪壮な姿、地金小板目肌が良く詰み素晴らしい地金を鍛え、刃紋は家伝の特徴的な三本杉乱れ刃が豪快に焼かれています。拵えも幕末の豪華な脇差拵えが付き高級武士の差し添えであった事が判ります。、特徴的な孫六兼元の平造脇差をお楽しみ下さい。 拵え 売約御礼

伯耆国名和住林長孝 七十八才作之
現代 72.1 1.9 0.73 昭和四十八年五月日
本名林隆次。鳥取県西伯郡名和町。明治28年生。昭和13年湊川鍛錬所入門。森脇要の門。本刀は昭和48年長孝刀匠78才の作です。姿は重ね厚く豪壮な姿を現し。地金は板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃に尖り互の目を交え、刃中には砂流しを交え大変覇気有る刃を焼いています。本刀は粗見すると江戸期の刀に見えてしまうような大変時代が上がった様に見える見事な刀を鍛えて上手です。
白鞘 売約御礼

肥前一文字出羽守行(廣)
江戸
初期
68.8 1.2 0.68 肥前国忠吉の孫である出羽守行廣の名刀です。寛文三年(1663年)出羽守任官。本刀は一文字と切っていますが、石堂派の刀工から備前伝を習いました。本刀は明治時代に軍刀のサーベルの拵えにするため、中心尻をつまんでいますが、その姿が大変貴重です。地金は小板目肌良く詰み、細かな地沸が付き、刃紋は互の目に丁子が交じり、乱れの谷に沸が付き覇気有る刃を焼き上げています。本刀は鎌倉時代の備前福岡一文字に負けない名刀です。肥前刀は江戸時代の刀の代表的刀でそして全ての侍に愛された刀の一つです。
白鞘 売約御礼

濃州関住兼宣
江戸
初期
61 1.4 0.73 嘉吉1441年関徳永派の祖兼弘の子で平賀で鍛刀したので平賀関とも呼ばれています。本刀は地金板目肌素晴らしく良く詰み地金が明るく冴えています。刃紋はのたれ刃に力が有り覇気が有る刃を焼き志津風の刃を焼いて優れています。刃もたいへん明るく名刀の気位を大いに現わしています。中心の鑢は関鍛冶は鷹の羽、短刀を檜垣にするものが多いいですが、兼宣は刀も檜垣鑢をかけています。新刀期になりますと兼宣の銘を清宣とあらためて、徳永派の代表として関鍛冶の鍛冶頭を務めた名門刀工です。 拵え 売約御礼

藩州住源美守作(珍品)
江戸
末期
70.4 0.7 0.7 播姫臣伊勢城美守作、播州姫路白鷺城伊勢守美守作と銘を入れる姫路の武士の作った名刀です。時は幕末文久1861年頃の作です。地金は板目良く詰み、刃紋は匂い出来の互の目刃に良く足が入り刃中素晴らしく明るく出来ています。幕末動乱を迎えようとしている頃、大名初め、武士も動乱に備えて武家打ち称して刀を作ったものです。本刀の前のお持ち主はジェット戦闘機F4JEのパイロットで空将の方でした。お楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼

筑後住祐利(薩摩拵え付)
現代 67.8 0.8
0.7 宮原範位所佩 明治二年二月日
祐利は備前加賀祐祐永の門、その二代目が筑後久留米に移住。宮原範位は久留米藩の家老と言われています。本刀は特別注文品として反りの浅い幕末勤皇刀の作りで寸法は短く使い勝手の良い様に特別注文品に作り上げています。地金は小板目肌良く詰み、刃紋は直刃明るく焼き上げて上手です。拵えも薩摩拵えが付いて、本刀を一層華やかに飾っています。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼

源信国作左衛門作
室町
末期
67 1.8 0.63 応永三代京信国左衛門の直系の孫であろうか、信国本来の地金素晴らしく良く刃中も素晴らしく明るく良く出来ています。信国には俗名はなはだ少なく大名の特別注文品と思われます。将来の重要刀剣の期待が大きい刀です。 白鞘 売約御礼
脇差
中島来(来国長)
鎌倉
末期
54.7 0.9
0.72 来国長、元徳1329年頃鎌倉末期、来国末の子で来国俊の門人、後摂津国中島に移住して打つので「中島来」と呼ばれています。本刀は鎌倉末期から南北朝期の豪壮な小太刀の姿で、地肌は小板目肌に地にえが微塵に厚く付き、刃紋は匂い深く直ぐ調のたれ刃に小足交じり、細やかな砂流しかかり金筋入り素晴らしく匂い口明るい刃を焼いています。京の来派はこの小太刀の様に地金が素晴らしく良く、垢抜けた地金が特徴です。江戸時代は来国光と極められた小太刀です。京の来の刀を持つことは、刀の趣味人の最高の憧れです。是非お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼

脇差

靖国刀匠 武蔵国府中住靖興作
現代 75.7
56
2
1.4
0.8
0.8
昭和8年7月荒木貞夫陸軍大臣は有事に際しての軍刀を整備するために、財団法人日本刀鍛錬会を東京九段、靖国神社内に組織しました。以後第二次世界大戦終結までの12年間に、8100口の日本刀が誕生いたしました。ここで製作された日本刀を「靖国刀」と呼び従事した刀匠を「靖国刀匠」と言います。本刀は靖興刀匠58歳の快心作備前伝福岡一文字写し互の目丁子刃素晴しく良く出来ています。 白鞘 売約御礼

源道義 弁慶剣吾藤原正秀帯之
江戸
末期
74.7 1.4 0.85 元治(1864年)頃の尾張の刀工です。本刀は地金小板目肌素晴らしく良く詰み刃紋は互の目のたれ刃を覇気ある気合いで素晴らしく明るく焼き上げています。幕末風雲を告げる時、藤原正秀という武士の自分も武蔵坊弁慶のような立派な武人にあやかりたいとの希望を込めた名刀です。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼

七十二翁天秀(彫印)(水心子正秀)
江戸
末期
69.8 1.6 0.67 文政三年八月日
(新々刀の祖)(最上作)
新々刀の刀工で正秀との関係が無い刀工はいないと言われるぐらい、多くの弟子を持つ、新々刀の祖と言われる水心子正秀の、大変貴重な天秀銘です。文政元年1818年68歳で子の貞秀に正秀の名を譲り天秀と号します。何口かしか存在しない貴重な天秀の刀をお楽しみください。本刀は備前兼光写しの丁子刃素晴らしく良く出来、地に煙こむ様な映りも古調に見え水心子正秀の真骨頂を現わした名作です。
白鞘 売約御礼

大和国住月山貞利彫同作花押(備前長船長光写)
現代 75.4 2.2 0.86 次期人間国宝に一番近いと言われる 月山貞利の鎌倉時代備前長船長光を狙った快心作です。小板目肌すこぶる良く詰み刃紋互の目丁子刃を見事に焼き、互の目の足を見事に入れ素晴らしい刃を焼き上げています。表独鈷と棒樋、裏に二筋樋と棒樋を素晴らしく上手に彫り上げています。備前長船長光に迫る迫力ある作品です。お楽しみ下さいませ。父人間国宝月山貞一刀匠の箱書きの有る桐箱が本刀の一層価値を高めています。 白鞘 売約御礼

肥前國住近江大掾忠廣
江戸
初期
69.3 1.5   近江大掾忠廣は肥前国忠吉の嫡男で寛永十八年七月に近江大掾を受領。本刀は太刀姿豪壮で堂々として、姿が素晴らしく良く地金は小板目肌地沸がついて潤いが有り所謂小糠肌の典型です、刃紋は家伝の中直刃素晴らしく良く出来て二重刃風の働きの所もあり、初代忠吉を凌ぐ出来を現しています。新刀期の代表刀工で有り、新刀の正しく優等生といえる名刀です。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼

肥前国忠吉(肥前刀大鑑所載)(肥前初代五字忠吉)
江戸
初期
71.5 2.4
0.81 本刀は元和六年1620年の作です。五字忠吉としては最も最末期の資料的にも大変貴重な名刀です。身幅広く、重ね厚く、鎬高く中切っ先延び心で豪壮な慶長新刀姿。地金板目肌所々地斑が交じり、地沸付いて良く出来ています。刃紋は備前長船長光を狙って互の目が連なり、足、葉が入り、沸が付き砂流しがかかり大変覇気有る刃を焼いて居ります。名工肥前国忠吉をお楽しみください。 白鞘 売約御礼
太刀
造大慶直胤(花押)(刻印)(ナニワ)
江戸
末期
74.2 1.5
0.83 天保九年二月日
新々刀の巨人大慶直胤の太刀です。大慶直胤は全国各地に駐槌しておりその地方は判明しているだけだ16か所に上り、全国各地からの招待が有り、いかに大慶直胤が幕末に全国的に有名工であったかがわかります。本太刀も大阪打ちの貴重な太刀です。地金小板目肌よく詰み刃紋は低い互の目丁子刃に金筋を素晴らしく交え相伝備前長船兼光を狙って大成功いたしています。お楽しみください。
白鞘 売約御礼

肥前国陸奥守藤原忠吉(三代陸奧守忠吉)(幻の名刀)(最上大業物)
江戸
初期
76.1 1.2
0.68 肥前国陸奥守忠吉は製作本数大変少なく幻の名刀と言われています。江戸では虎鉄が活躍し、大阪では助廣、真改の両横綱が活躍しており、肥前ではこの陸奥守忠吉が活躍し、江戸時代の刀の黄金期を迎えています。ただこの陸奥守忠吉は父、近江大掾忠廣の代作をしていたためと、天才刀工で有るがゆえに、鍛刀数が非常に少ないため昔から幻の名刀と言われています。本刀も豪壮で地金素晴らしくよく詰み、刃紋は直刃を明るくむらなく豪快に焼き上げいます。本刀は陸奥守任官した近い時期にのみ有る、藤原姓を名乗る資料的にも大変貴重な名刀です。お楽しみくださいませ。 白鞘 売約御礼
脇差
大慶直胤(花押)(刻印ヲシテル)
江戸
末期
39.2 0.6
0.54 幕末の最上作直胤の大坂打の貴重な平造の脇差です。弘化四年(1847年)大慶直胤は大坂で作刀いたしております。本脇差は姿素晴しく良く、地金板目肌良く詰み、刃紋は鎌倉時代の備前福岡一文字を写した素晴らしく覇気有る互の目丁子刃を見事に焼き上げています。刻印のヲシテルは大坂の枕言葉です。有名な大慶直胤をお楽しみくださいませ。 白鞘 売約御礼
脇差
豊州高田住盛長
室町
末期
46.2 1.2 0.62 長さ1尺5寸2分(刀身と鞘のみです)
盛長は豊後高田住の刀工です。平高田と称される一人です。天文頃(1532年)(482年前)に作られた脇差です。姿は優美な脇差姿を現し。地金は小板目肌にやや流れ肌を交え、刃紋は互の目乱れ刃明るく良く焼かれています。この様な脇差や刀は大変良く斬れる事で古来有名で古来平高田と称された実用に適した刀です。豊後は戦国時代は大友氏の活躍した地で、九州全土を又にかけて活動した中心地の為に高田鍛冶は戦国時代から江戸時代にかけて活躍したものです。本脇差は今回初めて世に出たために、刀身と鞘だけしかありません。格安にて御提供です。

のみ
売約御礼
脇差
伝越前関
江戸
初期
44.2 1.2 0.6 長さ1尺4寸6分
寛文1661年頃の越前の刀工です。代表刀工は越前康継、長曽根興里入道虎鉄、等々名工を多く排出致しました。本刀も寛文新刀体配の反りのやや浅い切っ先のやや小さい優美な姿で、地金は板目肌が強く鎬に柾肌多く現れ、地金が北国地金でやや黒く輝いています。刃紋は互の目乱れ刃に頭が蟹の爪の様になったところを現し末備前の刃を写し、大変覇気有る刃を焼いて見事です。長年の戦国時代も収まり、世の中は平和を満喫していましたが、道場では、竹刀剣道が大変流行り、突き技が大層行われ流行として寛文新刀と言う突き技に適した反りの浅い刀が大いに作られました。この度世に初めて出ました格安でお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
武蔵守兼仲(業物)
江戸
初期
45.8 1.5 0.58 武蔵守兼仲は越前一乗に住み、後に虎鉄と同じく江戸へ出ています。天和頃(1681年)(332年前)の名匠です。本脇差は反りが深く古刀の姿をしており、地金は小板目肌良く詰み柾目肌を現し、刃紋は規則正しい独特の互の目乱れ刃に規則正しい頭が二つに割れた様に見える兼仲の独特な尖り互の目刃を交え大変覇気有る脇差に鍛えています。武蔵守を名成るだけの名匠です。業物として名高い兼仲の名脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼

筑州住下坂辰仲(ときなか)
江戸
初期
13.6 0 1.24 辰仲(ときなか)は本国越前下坂八郎右衛門の孫、下坂辰成の子供です。寛文頃(1661年)(352年前)の刀工です。越前下坂鍛冶も長曽根虎鉄の様に、全国の藩から求められて移住しています。辰仲刀匠も元々は室町期は関鍛冶で代々続き、求めに応じ越前に移住、後筑州福井に移住。本槍は筑州(福岡県)打ちです。片鎬平三角槍で地金は板目肌良く詰み、刃紋は匂口きりりと締った直刃を見事に焼いています。このような室内用槍は武士が何時でも手の届く所に置いていて、何時でも戦えるとの心構えの有る護身用の槍です。武士の心意気が聞こえてくる槍を大切にして下さい。 白鞘 売約御礼
脇差
伝粟田口近江守忠綱(初代)
江戸
初期
58.1 1.4 0.81 長さ1尺9寸1分
初代忠綱は粟田口国綱の後裔と称しています。性は浅井で播州姫路生、後山城にて鍛刀し、更に大坂に移住。寛永六年(1629年)頃よりの作刀が有ります、大坂新刀の先駆けとなる代表刀工です。本脇差は姿は寛文新刀姿で反りの少ない姿を現し、地金は板目肌良く詰み、刃紋は丁子乱れ刃で頭が揃い、丁子の足が良く入り覇気有る刃を豪快に焼き上げています。本刀忠綱の子が彫で有名な二代目近江守忠綱で一世を風靡した人気刀工です。今回生で世に出たために初代粟田口近江守忠綱であろう脇差を格安にてご提供です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

ここは過去に取り扱った日本刀を並べています。現在 販売されている展示 日本刀 はこちら



日本刀
商品紹介
その他の
ページ