展示 刀剣 一覧 日本刀の通信販売 株式会社 明倫産業 保管庫
日本刀専門店 明倫産業 お買い上げ頂いた刀剣 日本刀・居合刀・刀剣全般の株式会社明倫産業 展示刀剣一覧 保管庫

日本刀の販売・ご案内(過去刀剣TOP)展示刀剣一覧 保管庫

日本刀鑑定証については    
日本美術刀剣保存協会 特重(特別重要刀剣)、重(重要刀剣)、特(特別保存刀剣)、保(保存刀剣)、
甲(甲種特別貴重刀剣)、丸(特別貴重刀剣)、貴(貴重刀剣
その他の鑑定 会(日本刀剣保存会)、藤(藤代松雄)、柴(柴田光男)、店(当店の保証)
質については ☆(特優品)、◎(優品)、○(標準品)、△(やや程度不良品)、希(希望銘)
付属品 白(白鞘)、拵(拵え)
※表示の価格は全て税込です。
ここは過去に取り扱った日本刀を並べています。現在 販売されている展示 日本刀 はこちら
No. 種別 銘文 時代 長さ(cm) 反り 元重 解説 証書 付属 価格

軍陣刀(無銘現代刀)
現代 64.4 1.3 0.75 長さ2尺1寸2分
本刀は今次世界大戦の為に作られた武勲の軍刀です。昭和20年まで日本には誉れ高い武士が居たことの証です。軍人は武士の覚悟の証として刀を近代的に軍刀拵えにして戦地に出陣しました。このような歴史を持つのは日本だけで。鎌倉から続く武家の誇りの証です。日本軍が強かったのは武士の誇りを持っていたからなのです。本刀は地金が良く詰み、刃紋は直刃を焼き古刀の上作の様な刃を焼いています。生出しの為に、特別に格安にて御提供いたします。日本の歴史を飾る軍陣刀を是非大切にして下さい。
拵え 売約御礼
太刀


備前国長船住藤原俊光 昭和五十六年二月吉日

現代 75.7 2.5 0.93 長さ2尺5寸
今泉俊光刀匠は明治31年生まれ昭和9年より独学で鍛刀の研究を続け、昭和29年3月岡山県重要無形文化財に指定。昭和43年吉川英治文化賞受賞。昭和52年正宗賞受賞。赤貧が洗うが如しの生活をしながら刀の製作に没頭していた事で、素晴らしく存在感ある刀匠として特に有名でした。本刀の姿は元に踏ん張りが有り、腰反りで堂々とした豪壮な鎌倉中期の太刀姿を現し。彫は表裏に角留の樋をきりりと見事に彫り、地金は板目肌を力強く鍛え見事な地金を鍛え、刃紋は鎌倉時代福岡一文字を狙って互の目丁子刃に高低を付け覇気有る飛び焼きも交え見事です。現代の菊桐高蒔絵糸巻き太刀拵えも大変お金のかかった拵えとなっています。今泉俊光刀匠は自分が気に入らない人には高額でお願いしても刀を作らなかったことでも有名で、有名刀工でありながら現存作少なく大変貴重な太刀です。
白鞘
拵え
売約御礼


月山貞勝謹作(花押) 皇紀二千六百一年

現代 68.6 2 0.72 長さ 2尺2寸6分
大阪名人三代目月山貞勝の家伝の綾杉肌を見事に鍛え上げた名刀です。本刀の姿は腰反り深く豪壮な鎌倉時代の太刀姿を現し、鍛えは月山の家伝の綾杉肌を鍛え、刃紋は沸出来の素晴らしく明るい互の目刃を焼き刃中に綾杉の鍛え肌が現れて見事です。帝室技芸員の父月山貞一の代作者として活躍、元帥刀の製作には必ずこの月山貞勝にご下命があるほどの大正、昭和の名工です。本刀は月山貞勝としての月山家秘伝の綾杉肌を鍛えた代表的な素晴らしい名刀です。月山貞勝は多くの名工をも育てました、特に人間国宝高橋貞次や子の人間国宝月山貞一と言う二人の人間国宝を育てた大阪月山名人貞勝刀匠の名作をお楽しみください。
白鞘 売約御礼
脇差
北窓治国造之(井上真改高弟)
江戸
初期
55 0.9 0.72 長さ1尺8寸1分強
時代は江戸時代延宝頃(1680年)(335年前)大坂の刀工として、大変刀剣の書物では有名ですが、非常に作刀数少なく貴重な井上真改の高弟北窓治国の脇差です。師井上真改の代作者であったためか現存作極端に少ない刀匠です。後日向に移住したところを見ると井上真改の父の和泉守国貞の出身が日向ですので、井上真改とは近しい親戚であったと思われます。本脇差は井上真改と同じ反りの少ない姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋も井上真改の直調ややのたれた刃を匂深く良く焼き上げています。中心に堂々と中心一杯に大きく北窓治国と銘を切り好もしい脇差です井上真改の良き協力者であっ北窓治国の名脇差をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

肥前国住藤原廣定
江戸
初期
62.1 1.5 0.69 長さ2尺5寸
廣定の父廣貞は初代肥前国忠吉の同族で父廣貞の兄吉貞は、初代忠吉と共に同じ家で育ちました。当廣定は肥前国忠吉と同族の名工です。本刀は反りの少ない2尺5寸も有る長寸の刀で、所謂寛文新刀姿を現し、地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、小糠肌の地金を明るく鍛え、刃紋はきりりと締った匂い出来ののたれ刃に刀身の元から3寸6分(11儖漫砲ら突然皆焼を8寸(24儖漫防塾見事に焼き上げ、廣定刀匠の時代に先駆けた斬新な刃紋がピカソの様に思われ、世界にこの一本しかない刀を後世に伝え廣定刀匠の声価を後の世に大いにあげる作品となっています。今回世の中に初めて生で出たために薄錆も有りますがそれも御愛嬌です。廣定刀匠の渾身の作品をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

定守作(平高田)
室町
末期
74.8 2.7 0.86 長さ2尺4寸7分半
豊後高田の定守は室町時代大永頃(1521年)(494年前)足利将軍義植が出奔し12代将軍足利義晴が誕生した頃の大分県での作です。業物として良く切れることで世に知られています。本刀は重ねが厚く長寸で腰反り高く、地金は板目肌良く詰み鎬地には鍛えた肌も有り、映りが現れ見事です、刃紋は匂い出来の互の目刃に尖り刃も交え刃中葉も現れ、飛び焼きも焼き大変覇気有る見事な刃を焼き、古来業物として名声を上げていた事も良く判ります。江戸期の上品な拵えも本刀に一段と華を添えています。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします、是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

濃州住炷龍子兼正作 昭和丙辰年五月日(岐阜県重要無形文化財)
現代 73.6 1.6 0.79 (昭和51年)
長さ2尺4寸3分 重量鞘を払い1127gr
大野正巳、大正12年生まれ。兼正刀匠は刀の中で最も難しいと言われる鍛錬方法の四方詰鍛えの第一人者として大変有名な名工です。古来四方詰は傷が多く出るために強靭な刀になりますが、四方詰の鍛法は源清麿以外今日まであまりやられていません。兼正刀匠が果敢に挑戦しております。本刀も四方詰で作られ、地金は板目肌力強く鍛えられ、刃紋は直刃に現代刀とは思われない、小足が見事に入り面目躍如の名刀となっています。兼正刀匠は昔から、自分の気に入らない客には絶対に刀を打たなかった刀匠としても有名でした。名工兼正刀匠の渾身の作品をお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼

筑州住国天作 平成二十五年九月日(青江写)
現代 75.7 2.1 0.7 長さ2尺5寸
国天刀匠は本名小宮治気、福岡県大牟田市住小宮安光刀匠の長男、先祖代々柳川立花家お抱え刀匠として名門として有名です。人気第一の正宗賞に輝く河内国平刀匠の内弟子として厳しく修業、平成26年、平成27年新作名刀展に連続努力賞を受賞する新進気鋭の刀匠です。本刀は鎌倉時代の備中青江の名刀を写した刀です。元身幅広く先身幅やや落した豪快な姿を現し、地金は板目肌良く詰み、地には乱れ映りを現し、時代が上がる古く見える地金を見事に鍛え、刃紋は匂い出来の直刃に刃中匂い足を古調に見事に入れ、青江の名刀を写して成功しています。入札鑑定しますと青江に入る名刀です。あでやかで高価な純銀一作金具付拵えが本刀に一層華を添えています。特別に格安にて御提供いたしますお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

備中国平安城源祐光作之 平成四年八月日(孫六兼元写)
現代 74.2 1.4 0.75 長さ2尺4寸5分 重量鞘を払い1041gr
備中国平安城源祐光刀匠は本名竹下善自。大正4年生。大阪沖芝正次の門に入り、後父栄太郎祐光の門に入りました。戦前は陸軍受命刀工に選ばれ、戦後は現代名刀展では数々の賞を受ける名工です。本刀は大変意欲的な関の孫六兼元を写した刀です。姿は反りの浅い孫六の刀姿で、地金は小板目肌良く詰み明るい地金を鍛え、刃紋は関の孫六兼元写しの三本杉の刃紋規則正しく見事に明るく焼いています。関以外の刀工で三本杉の刃紋を焼く事大変難しく、本刀をもって祐光刀匠の技量が如何に高いかを良く証明致しております。銀一作金具の付いた拵えも本祐光刀匠の刀に一層華を添えています。格安にて御提供です是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

新井一貫斉政善作 昭和六十二年十一月日(源清麿写)
現代 74.5 1.8 0.81 長さ2尺4寸5分 重量鞘を払い1,540gr
政善刀匠は本名新井善市埼玉県岩槻市。全日本刀匠会会員。父は有名な笠間繁継の門です。本刀は元身幅と先身幅の差の無い切っ先の大きい源清麿の豪壮な姿を現し、地金板目肌良く詰み、一部に鍛えた証拠のえくぼも有りますがそれも御愛嬌です。刃紋は匂い出来の互の目乱れ刃を豪快に焼き上げ見事です。この様に豪快な刀は通常の刀の倍以上の地金の量と倍以上の手間暇がかかり素晴らしくお金の掛かった刀です。地には欠点も有りますが今回世の中に初めて生で出たために源清麿写しの豪壮な刀を特別に格安にて御提供いたします。源清麿の醍醐味をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

洛陽一条住藤原国廣造 慶長拾稔二月日(希望銘)
江戸
初期
62.5 1.2 0.68 長さ2尺6分
時あたかも慶長十年(1605年)(410年前)二代徳川秀忠が将軍になった年、新刀の祖堀川国廣の銘の刀です。姿は元身幅広く先身幅も広い切っ先のやや延びた慶長新刀の姿を現し、地金は板目肌がざんぐりと鍛えられ、柾肌を交え、刃紋は沸出来の互の目乱れ刃の焼きが高く地にもあふれ、素晴らしく変化が有り覇気有る刃を焼いています。銘も国廣銘が大変良く切れており、鑑定家でも国廣銘と間違える位の銘を立派に切っています。後世堀川国廣の一門の刀に師匠の堀川国廣の銘を切り江戸時代は銘が余りにも堀川国廣の銘と変わらない為に、堀川国廣として伝えられたものでしょう。未審査の為にあくまでも国廣であったらいいなとの希望銘として下さい。堀川国廣を是非持ちたい人に格安にて御提供いたします。
白鞘 売約御礼

伝末備前(新撰組局長近藤勇の家紋付拵)
室町
末期
61.6 2 0.76 長さ2尺3分
本刀は生無銘の末備前の刀です。姿は元に踏ん張りが有り、反りは腰で反り、彫は棒樋を丸留で止め、地金は板目肌に鍛え、刃紋は腰の開いた複式の備前の互の目丁子刃を匂い深く焼き、沸も絡みます。素晴らしく刃中の働きが見事です。本刀は永禄頃(1560年)(455年前)戦国時代華やかなりし時代の刀です。戦国時代の武士が本刀に一国一城の夢をかけて戦場を駆け巡ったものでしょう。拵えは幕末の鉄地一作半太刀拵えが本刀に一段と華を添えています。昔は新選組局長近藤勇の丸に三つ引きの家紋が付いていたので。近藤勇の忘れ形見の刀と言われていたとの事です。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。大変夢の有る末備前の刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

兼則
室町
末期
71.8 2.6 0.73 長さ2尺3寸7分
本刀は天文頃1543年頃(472年前)の美濃の刀工兼則が後に越後(新潟)の上杉謙信の春日山城に移住、上杉謙信の軍団の刀剣を多く鍛えた刀工として有名です。本刀は姿は腰反りの深い見事な堂々たる太刀姿を現し、地金は板目肌に柾肌を現し、刃紋は沸の付いた互の目乱れ刃、刃中働きが有り明るく良く出来ています。いざ川中島の決戦を控え騎馬武者の侍大将の息吹が今にも聞こえてきそうな名刀です。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。上杉謙信が愛した兼則の刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
太刀
長光作(市原一龍子長光)
現代 61.2 1.5 0.94 長さ2尺2分
本刀は大正から昭和にかけての有名な市原一龍子長光の御刀です。地金は小板目肌が素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目刃に互の目丁子の足が見事に入り、元から先まで素晴らしくむらなく焼かれ大変技量の高さが現れた刀です。市原一龍子長光は素晴らしく良く斬れたことで、大変人気の刀工ですが現存作少なく、あれば直ちに売れてしまうほどの人気刀工の作です。この様に刃肉のたっぷりと付いた刀は陸軍将校が、敵陣を攻撃する時に、敵地の前線の鉄条網を真っ二つに断ち切り、そこから先頭きって敵陣に切り込んだものと伝えられています。日本軍人の強さの証となる本長光を是非大切に後世に伝えてやって下さい。
白鞘 売約御礼

濃州義明作
現代 66.6 1.6 0.74 長さ2尺2寸
本濃州義明刀匠は昭和期の刀匠で、戦後刀匠として復活しなかった為に、作品非常に少なく貴重な刀です。姿は豪壮な反りの浅い身幅の広い切っ先のやや延びた姿で、地金は無地肌風の小板目肌良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は直刃をむら無く上品に焼き上げています。当時に作られた拵えやはばきを見するに、軍刀として作られたものではなく、天下国家をを守る気持ちで注文主が義明刀匠に作刀をお願いしたものと思われます。昭和時代の名工数少ない義明刀匠の刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝相州住伊勢大掾綱廣(長曽祢虎鉄の師)
江戸
初期
71 1.6 0.7 長さ2尺3寸4分
五代伊勢大掾綱廣万治(1658年頃)の刀でしょう。初代は北条氏綱に召し出され小田原で鍛刀し初銘正廣を氏綱より綱の一字を授けられ綱廣と改めました。本刀は幅広で反りの浅い重ねが厚い豪壮な姿を現し、地金は大板目に地沸がつき、刃紋は互の目乱れ刃に相州伝の為に鎬地にも焼きが入り大変豪快な刀です。伊勢大掾綱廣は新刀綱廣の中で一番上手な刀工で、世の賞玩厚く数寄者好みの刀工です伊勢大掾綱廣であれば、刀剣界では長曽祢虎鉄の師とも言われ、確かに迫力ある本刀から師弟関係がうなずけるものです。今回世の中に生で初めて出たために研ぎも新しくして特別に格安にてご提供です。お楽しみ下さい。
白鞘
売約御礼

陸奥大掾三善長道
江戸
初期
66.6 0.9 0.74 会津に生まれ後に江戸へ出て、山野勘十郎久英より刃味についての奥義を授かり、素晴しい切れ味を誇っています。本刀は地金小板目肌良く詰み、地沸良く付き、刃紋互の目小沸良く付き匂深く素晴しく冴え。本刀もぼうしが虎鉄ぼうしとなり、長曽祢興里入道虎鉄を彷彿とさせる名刀です。拵えも庄内拵で素晴しいものです。 白鞘
拵え
売約御礼
拵え
糸巻太刀拵(松平家伝来)(参州渥美郡吉田七万石)
江戸
末期
      本糸巻き太刀拵えは江戸時代末期の拵えで、総金具銀磨地高彫人物と唐草の図目貫は松平の家紋の菊蝶紋三双金無垢地、太鼓金も松平家紋の菊蝶の図。鞘は金梨地塗家紋笹りんどう高蒔絵紋が十二個品良く描かれています。糸巻き太刀拵えの歴史は足利将軍八代義政に嘉吉三年(1443年)糸巻き太刀拵えを献上した記録から始まります。武家の拵えで公家は使用しません。柄糸の色は源氏は黒、平家は紫、藤原は萌黄色、橘氏は黄色と言いますが、多くの場合は佩用者の好みで巻かれています。本太刀は健全この上ない素晴らしい太刀拵えです。松平家伝来の太刀拵えをお楽しみ下さいませ。
のみ
売約御礼

不壊玉人吉光(剣巻き龍の欄間透かし彫)
現代 76 2
0.86 岩手県奥州御所住安本吉光刀匠の素晴らしく豪壮な太刀です。吉光刀匠は人間国宝宮入昭平刀匠の弟子です。本刀は地金小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目刃素晴しく良く焼けています。特に欄間透かしの剣巻き龍はいかにも今にも天に昇る勢いを感じさせる素晴らしい彫が一段と本刀を華やかに飾っています。 白鞘 売約御礼

得印源家久(志津写)
江戸
初期
68.3 1.5
0.6 得印派は直江志津兼俊の子兼久(南北朝永和)(1375年)頃の養子又六兼安から始まります。兼安の法号を得印と言ったので得印派と言いました。本刀は寛永頃頭領兼久が家久に改名した時に作られた記念の志津写しの名刀です。姿は南北朝期の元幅先幅の差の少ない豪壮な姿を現し、地金は板目肌、時代が上がった大変古く見える地金を鍛え、一部に古風な映りが現れています。刃紋は相州伝のたれ乱れ刃、源清麿さながらの金筋を見事に現し、二重刃も見事に焼き上げて南北朝期の志津の名刀を髣髴とさせる名刀です。得印の号を付けた刀は実存大変少なく。本刀を後世に残す為に力の限りを尽くして鍛え上げたものと思われます。兼久改め家久渾身の名刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼

相州住盛重
室町
末期
62 1.3
0.63 鎌倉が衰亡して、新たに小田原に北条氏が起こるに及んで、この小田原に相当数の刀工が居住してこの刀工達を小田原相州と呼んでいます。相州住盛重はその一人で、天文頃(1532年)481年前の刀工です。本刀は反り浅く姿優しく、室町期の姿を現し、地金は小杢目肌に鍛え刃紋はのたれ乱れ刃に特徴的な互の目を大胆に交え、大変覇気有る刃を焼いています。相州彫の深い彫を表に草の剣巻龍、裏に梵字に二筋樋を素晴らしく力強く彫り上げ小田原相州の代表的刀となっています。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼

駿河守島田住廣助
江戸
初期
68.8 2 0.73 長さ2尺2寸8分
駿河守廣助は天文(1532年)頃の島田義助の弟が廣助が代々島田で刀を作り、本駿河守廣助はその四代目で江戸時代の延宝(1673年)(341年前)頃の名工です。本名村瀬仁左衛門。本刀は元身幅広く先身幅やや細く、切っ先延びて豪壮な姿を現し、地金は板目肌に柾目肌が交じり荒めの鍛え肌が少々出ていますがそれも御愛嬌です。刃紋は匂い本位の互の目乱れ刃がきりりと締った匂口で明るく良く焼かれています。古来この様な刃は素晴らしく良く物切れする物で、本刀も素晴らしい切味であろうと想像できます。江戸中期の質実剛健さを備えた拵えが一層本刀に花を添えています。お楽しみ下さい。
拵え 売約御礼

□□作(奥州月山)
室町
末期
66.2 2.4 0.54 日本刀の草早期から始まる刀の1本として奥州月山は余りにも有名です。本刀は作の銘だけが鮮明で、後は不鮮明ですが時代は永正頃(1500年頃)出羽(山形県)の月山を中心として月山鍛冶が隆盛の極みを謳歌していた時の貴重な刀です。時代がかわり、時代とともに、本州の刀に押され消耗も加わり極めて少なくなってまいりました。本刀は典型的な月山独特の綾杉肌を現し刃紋は直調で独特なうるんだ刃を焼き、刃中の働きも見事です。すこぶる優品で貴重な刀です。幕末奥州月山の末裔が水心子正秀の弟子となり大阪月山の元を作った月山貞吉、月山貞一、月山貞勝、月山貞一、月山貞利、月山貞竜6代の基となる貴重な刀を是非お楽しみください。
白鞘 売約御礼

雲龍子源正光(花押) 明治三年二月日
現代 69.2 1.3 0.83 長さ2尺2寸8分3厘
芸州藩(広島)藩工芸州源正光の刀です。本刀は元幅と先幅の差が少ない切っ先のやや大きい豪壮な姿を現し、地金は板目肌良く詰み、刃紋は肥前国住近江大掾忠廣の様な中直刃をきりりとむら無く焼き上げ見事です。拵えも当時の揃いの因州金具が付いた拵えが本刀に一段と華を添えています。不思議な事に明治三年期の刀は当時明治になり明治三年12月24日に庶民に対する佩刀する事を禁じた廃刀令が公布。明治九年3月28日士族に対する廃刀令が公布と言う刀匠にとっては非常事態の時、明治三年期の刀は刀匠にとり最後の記念として自分への刀と思われます。明治四年期以降の刀はほとんど見ることなく、明治25年位から月山貞一等一部の刀工が製作する位でした。本刀は芸州藩工正光刀匠最後の生涯をかけた傑作刀です。
拵え 売約御礼


左信秀(源清麿写)

現代
74.3 1.9 0.76 豊州住信秀、豊州住左福智信秀、本名田口政春、福岡県田川郡赤池町住。新作名刀展入選多数。本刀元身幅広く切っ先の延びた源清麿写の豪壮な姿を現し、地金は小板目肌に鍛え、刃紋は互の目刃に砂流しを交え大変覇気有る、働きの非常に多い刃を焼いています。鎬地に一か所錆の後の朽ち込みと刃に一か所刃こぼれが有りますが研ぎが良いので気になるようなものではありません。左信秀刀匠の数の少ない貴重な清麿写しの名刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼

伝直江志津(古くは志津)
南北
64.8 1.5 0.66 長さ2尺1寸3分半
本刀は古来正宗十哲の一人志津三郎兼氏として伝わりましたが、保存刀剣では兼氏の子供又は一門と言われている直江志津となっています。南北朝の康暦頃(1379年)(636年前)の作です。本刀は元身幅広く先身幅も広く、切っ先が延びた典型的な南北朝期の姿を現し、彫は棒樋を掻き流して風格ある姿を現しています。地金はとても力強い板目肌を鍛え、刃紋は遠くから見ても志津の刃紋の互の目乱れに角互の目が交じり刃中素晴らしく良く働いています。帽子は乱れ込んで見事に良く焼かれています。誰が見ても南北朝に見える志津の名刀です。将来の出世が大変楽しみな刀です。古くから志津として伝わってきた刀を、是非お楽しみ下さいませ。今回生で出たために格安でご提供です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

大沢兼久(孫六兼元写)
現代 65.3 1.6 0.71 長さ2尺1寸5分
南北朝期直江志津兼久から続く刀匠でしょうか、大沢兼久刀匠も戦後復活しなかった刀匠の為に、戦後の作品が有りません。本刀は兼久刀匠にとっても後世に伝える為の大変大切な刀です。本刀は大正から昭和に作られた刀で、姿はやや反りの有る優しい刀姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は関の孫六兼元が考案した三本杉の刃紋を見事に再現しています。中心の鑢も違い鷹の羽の典型的な関の鑢を懸け関で作られた刀と判ります。この度世の中に初めて生で出たために多少の薄錆びも有りますがそれも御愛嬌です。大沢兼久刀匠の刀を特別に格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

兼則 昭和十八年三月
現代 66.7 1.7 0.7 長さ2尺2寸
小島太郎。関の代表刀工小島兼道の弟明治40年生まれ、元陸軍受命刀工。戦後は新作名刀展に出品多数。多数の賞を受ける名工です。本刀は陸軍将校の軍陣刀を昭和18年3月に作られ、お国の為に陸軍将校が命を懸けて戦った証として歴史的に貴重な国を守った刀です。今回世の中に初めて生で出たために荒研ぎのままで地肌が判りませんが良く切れます。是非研ぎ上げて後世に残さなければなりません。その分特別に格安にて御提供いたします。今は亡き名工兼則の昭和18年の作をお楽しみくださいませ。
拵え 売約御礼

濃州住兼延 昭和二十年正月日(最末期陸軍将校用軍陣刀)
現代 62.6 1.8 0.78 長さ2尺7分
第二次世界大戦最末期昭和二十年製の陸軍将校用軍陣刀です。元々製作本数が大変少ない為に現在では貴重な軍陣刀です。関の刀工兼延刀匠が製作いたしております。戦後70年間手入れがされていなかった為に錆で地金も刃紋も良く判りませんが、昭和20年戦争末期に差しかかり、御国の大事に命を懸けて国を守らんとし戦地に赴く軍人の心境はいかばかりかと思われます。今は留め金の欠損も有りますが、日本を護る為に活躍した貴重な最末期陸軍将校用軍陣刀を大切にして下さい。特別に格安にて御提供いたします。
拵え 売約御礼

雲州住貞永作之 平成二十七年二月日(島根県重要無形文化財)
現代 72.3 1.8 0.61 長さ2尺3寸9分
重量鞘を払い907gr 備前伝鎌倉時代福岡一文字写 互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

武士道肥後国八代住赤松太郎兼裕作 乙末年八月吉日
現代 73.4 1.8 0.73 以自家製鉄鍛之
長さ2尺4寸2分 重量鞘を払い1018gr
備前伝互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

武士道肥後国八代住赤松太郎兼裕作 以自家製鉄鍛之
現代 74.6 1.7 0.68 乙未年六月吉日
長さ2尺4寸6分 重量鞘を払い990gr
備前伝互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

備中国平安城源祐光作(孫六兼元写)
現代 73.1 1.3 0.74 平成五年十月日
長さ2尺4寸1分 重量鞘を払い1055gr
備中国平安城源祐光刀匠は本名竹下善自。大正4年生。大阪沖芝正次の門に入り、後父栄太郎祐光の門に入りました。戦前は陸軍受命刀工に選ばれ、戦後は現代名刀展では数々の賞を受ける名工です。本刀は大変意欲的な関の孫六兼元を写した刀です。姿は反りの浅い孫六の刀姿で、地金は小板目肌良く詰み明るい地金を鍛え、刃紋は関の孫六兼元写しの三本杉の刃紋を見事に明るく焼いています。関以外の刀工で三本杉の刃紋を焼く事慣れてない為に大変難しく、本刀をもって祐光刀匠の技量が如何に高いかを良く証明致しております。今回生で出たために刀身に多少のひずみ等有ますがそれも手作りの御愛嬌です。格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

雲州住貞照作之 昭和六十二年十月日 常行一直心(島根県重要無形文化財)
現代 74.5 1.7 0.72 長さ2尺4寸5分 重量鞘を払い998gr
備前伝鎌倉時代福岡一文字写素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

伝二王清綱
鎌倉
末期
73.6 1.7 0.61 長さ2尺4寸3分
周防の国(山口県)鎌倉末期から南北朝期にかけての二王の素晴らしい名刀です。二王の祖二王清綱は仁王門が火事で、仁王が鎖で繋がれ逃れられないところを二王清綱の刀で仁王の鎖を切りはなち仁王を助けたとの話から清綱以降二王と名乗ったと言われています。本刀も鎌倉末期元徳頃(1329年)(686年前)の伝二王清綱でしょう。姿は身幅狭く反りやや有り。地金は美しく綺麗で小杢目肌に鍛え柾肌を現し、刃紋は小沸の付いた直刃を美しく焼き、そして掟通りの地肌に二王のヘラ影と言われる段映りを現しています。将来は出世する刀です。今回世の中に生で初めて出たために特別に格安にて御提供いたします。どうぞお楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼

宮城典真作(鮫鞘付)
現代 71.3 1.6 0.68 平成二十四年八月日 重量鞘を払い1020gr
本名宮城正年、宮城県白石市、全日本刀匠会会員。入選多数。本刀は地金板目肌良く詰み刃紋はのたれ互の目丁子刃、刃中に働きが有り備前鎌倉時代福岡一文字を狙った大胆な刀を作り成功しています。自家製鋼の為に古刀の趣のある刀を作り立派です。鮫鞘も替え鞘ですが、現在作ると高価な鞘となり、本刀を一層華やかに飾っています。お楽しみ下さい。
拵え 売約御礼
脇差
伝三原
室町
中期
44.6 1.3 0.54 長さ1尺4寸7分
備後三原に南北朝期より大和伝が伝わり、古三原鍛冶が活躍しました。本脇差は鎬の高い優美な姿をした脇差です。本脇差は末三原と言われる室町時代寛正(1460年)頃(556年前)の脇差です。僧雪舟が明から帰ってきた丁度その頃の作です。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、薄らと映り風が有。地に時代の古さを現わしています。刃紋は直刃を匂い深く明るく良く冴えています。江戸期の拵えが又素晴らしく、鞘は変り塗鞘、金具は鍔は鉄地出世鯉の図、縁頭は赤銅地桜と御所車、目貫は赤銅地菊の図、栗型は赤銅魚々子地に花の図、小柄は真鍮地玉追い龍を高彫にした力強い小柄の付いた大変粋な拵えが本三原の脇差に華を添えています。この度世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。どうぞお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
備州長船忠光(希望銘)
室町
末期
53.8 1.5 0.56 長さ1尺7寸7分
備州長船忠光は文明から天正19年(1591年)(425年前)の吉井川の大洪水によって長船鍛冶が壊滅的な打撃を受けるまでの120年間各世代に数人ずつの忠光がいたであろうから、忠光銘を切った忠光は相当数に上るものと思われます、全ての忠光は名工揃いと言える位名刀を残しています。本脇差の姿は腰反りで反りのやや深い優美な姿を現し、地金は板目肌良く詰み、地に棒映りを現し、裏の元の鎬地から櫃内に不動明王の梵字を彫り。刃紋は匂いに沸のからんだ互の目乱れ刃に丁子刃が交じり大変覇気有る刃を焼いています。今回世の中に初めて生で出たために、審査に出していない為に今回はあくまでも希望銘として下さい。その分格安にてご提供いたします。是非備前の名工忠光と思われる脇差をお楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼

正重(と銘有)(村正の子)
室町
末期
11.8 0 0.9 (登録証は銘が読めない為に無銘となっています)
長さ3寸9分
本槍は文亀頃(1501年)(村正の子)又は婿と言われる千子正重の銘がかすかに見えますがあくまでも登録証によりますと無銘です。正重の槍も村正以上に少なく大変貴重ですが無銘としていて下さい。姿は鋭利な平三角の槍で、地金は村正に似て、板目肌良く詰み柾目肌を現し、刃紋は時代の経年の変化の為に直刃調の刃が薄く見れます。なにか村正に通じる作柄を大いに現しているのではないでしょうか。江戸期に短刀拵えにするために中心も切り詰めている為に良く判りませんが銘は薄くなっており読めなかった物でしょう。今回初めて世の中に出たために、登録証通りあくまで無銘の槍としてお楽しみ下さいませ。特別に格安にて御提供いたします。粋な短刀拵えも本槍の入った槍直しの短刀に一層華を添えて珍品です。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼


金行(かねゆき)(関鍛冶の祖金重の子)

南北
67 1.6 0.74 長さ2尺2寸1分半
本刀の金行の父金重は越前敦賀の清泉寺の僧であったと伝えられています。古来金重を正宗十哲の一人として数えられています。本刀は金重の子金行と極められた南北朝応安頃(1368年)(647年前)の大すりあげ無銘の刀です。姿は鎬が高く、刃肉が付き切っ先が小さく、如何にも鎌倉時代の太刀に見える姿を現し、地金はねっとりとした地金で小板目肌良く詰み柾肌を現し、かすかにみだれ映りを現しています。刃紋は匂い出来の互の目乱れ刃にやや尖った刃を交え上品で出来が素晴らしいものです。刀が大変古いもので、時代の為に刃に弱いところが有りますがそれも御愛嬌です。金重や金行の刀はあまりにも有名ですが現存作無く、本金行の刀は刀剣界にとっても大変貴重な刀です。是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

脇差

文殊包久作 雲州住兼常(かいらげ鮫鞘付大小拵付)
江戸
中期
江戸
初期
65.1
53.6
1.2
0.9
0.67
0.64
大刀2尺1寸4分8厘 小刀1尺7寸7分
大刀の文殊包久は室町時代大和手掻派の刀工から続く刀匠で、本刀江戸時代正徳頃(1711年)(304年前)の江戸での作です。姿は打ち刀姿優しく、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は手掻派の直刃を沸深く見事に焼き上げています。雲州住兼常は室町時代関兼辰の末と言われ、江戸時代虎鉄と同じ万治頃に(1658年)(357年前)現在の島根県朝山今市市付近で製作したのが本脇差です。姿頃は合いで棒樋を掻き、地金は板目肌良く詰み、刃紋は直調のたれ刃を見事に焼き上げています。本刀は江戸時代から続く武家の家に代々伝えられた由緒正しい大小です。特に鞘が江戸時代には鎖国で、本鞘のかいらげ鮫は長崎出島からしか輸入出来ない将軍への献上品に匹敵する最高級品です。代々続いた大小の貴重な名品をお楽しみ下さいませ。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。


白鞘
拵え
白鞘
拵え
売約御礼

脇差

行光(加州)・下原住照重(大小拵付)
室町
中期
室町
末期
61.4
36
2
0.8
0.67
0.52
大刀2尺3分 小刀 1尺2寸
江戸時代の貴重な大小拵えの刀です。大刀は加賀の行光室町時代文明頃(1469年)(546年前)の刀です。先祖は藤島友重の次男が藤島行光で真景の門人になり、行光が代々続いています。本刀は業物で名高い四代目の行光です。本刀は反りが深く刀姿が美しく、地金は板目肌に柾目肌が交じり地沸が付き淡く映りが現れ、刃紋は沸の付いた互の目乱れ刃に足が入り良く出来ています。小刀の下原照重は武蔵の国八王子で天正頃(1580年)(435年前)の作です、姿は短い軽快な姿を現し地金は板目肌に特徴的な魚鱗杢と言われる独特な肌が淡く現れ、刃紋は沸出来の互の目乱れ刃を如何にも良く切れそうな刃を良く焼いています。本大小の拵えは江戸期の鞘は青貝微塵塗りを笛巻に塗り、萩風大小鉄透かし鍔を付け、大小の縁は3ツ扇の家紋を付け、目貫は桐紋の大小目貫を付けた豪華な大小拵えとなっています。今回世の中に初めて生で出たために格安でご提供いたします。大小拵え付の貴重な刀を是非お楽しみ下さいませ。


拵え
拵え
売約御礼

濃州武芸八幡住兼国作(無鑑査刀匠)(若狭守氏房写)
現代 67 1.8 0.67 平成七年二月吉日
長さ2尺2寸1分 重量鞘を払い998gr
尾川兼国刀匠は本名尾川邦彦。大正14年生。 大坂新刀の横綱。津田越前守助廣写の濤乱刃を現代に見事に再現させ、文化庁長官賞、日本美術刀剣保存会会長賞、薫山賞の数々の賞を総なめにした現代刀工の代表者です。本刀は織田信長の抱え鍛冶と言われた美濃の室町期の古刀若狭守氏房を見事に写した刀です。姿は身幅広く先反りが付き、棒樋を丸留にし、抜き打ちに適した短い姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃に尖り刃を交え匂深々と焼き若狭守氏房を写し成功しています。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。有名な無鑑査刀匠兼国刀匠の名刀をお楽しみください。
拵え 売約御礼

備前長船住藤原正光(花押)
現代 70 1.6 0.68 長さ2尺3寸1分 重量鞘を払い1052gr
藤原正光刀匠は古来有名な刀匠としては初めて吉川英治賞を受賞、岡山県重要無形文化財、勲五等受賞の備前刀の復興に生涯を懸けた孤高の刀工として大変有名な、今泉俊光刀匠の御子息です。本刀は姿強くしっかりとした刀姿を現し、古い地金を研究をするために板目肌良く現れ、刃紋は匂い出来の互の目刃をきりりと焼き上げ、古来の本三枚鍛えで鍛えたために刃に鍛接の鍛え肌が現れていますがそれも研究の表れとして御愛嬌です。今泉刀匠は古来刀は鍛錬したもので傷が出るのも仕方がない事、私の刀が気に入らなければ持って頂く必要はない、気に入って戴いた方にだけお持ち頂ければそれで良いと傷を少しも傷と思われぬ刀匠で、昔の古武士の様に赤貧を洗うが如くの生活をされて刀を作って居られました。本刀は今泉俊光刀匠との合作刀でしょう、正光刀匠はその後は刀匠ではなく鉄鋼業界で成功されました。今泉俊光刀匠の面影を良く現した刀です。
拵え 売約御礼
脇差
伝大宮(盛重)
南北
53.6 1.5 0.72 長さ1尺7寸7分5厘
備前長船大宮盛重であろう摺り上げ無銘の脇差です。時代は南北朝の貞治頃(1362年)(653年前)本脇差は姿は腰反りで力強い小太刀の姿を現し、地金は素晴しく板目が良く詰み細かな地沸が付き、刃紋は匂い出来の互の目丁子に刃中良く働き、片山一文字の刃に匹敵する明るく強い刃を焼いています。地には一面に乱れ映りが良く立ち素晴らしい働きを現しています。南北朝期の素晴らしい働きのある大宮盛重であろう名脇差をお楽しみ下さい。昭和29年の大変貴重な貴重刀剣の証書と昭和26年の大名登録と言われる佐賀県の登録証も貴重です。元鍋島藩に伝えられたと言われる備前大宮と極められた脇差をお楽しみ下さいませ。今回初めて世の中に出たために格安にて御提供いたします。
白鞘 売約御礼
脇差
伝青江長次
鎌倉
末期
51.4 1.5 0.62 長さ1尺7寸
鎌倉時代正和頃(1313年)(702年前)の伝備中青江長次の名脇差です。本脇差は姿がやや細く時代の古い優美な姿を現し、地金は所謂縮緬肌と言われる小板目肌良く詰んだ地金を鍛え、みだれ映りが素晴らしく良く立ち、刃紋はきりりと締った匂い出来の直刃が如何にも青江の名刀を現しています。地金がすこぶる良く地刃も健全で、鎌倉期の青江の特徴を最大限に現した脇差です。拵えも江戸期の拵えが本脇差に一層華を添えています。青江の刀を持つのは刀剣コレクターの憧れの的です。今回初めて世の中に生で出たために格安にて御提供いたします。青江には名匠が多く貞次、恒次、次家などは後鳥羽上皇の御番鍛冶として名高い刀工です。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝則光(備前国長船)
室町
末期
72.2 1.6 0.76 長さ2尺3寸8分
鎌倉時代の備前長船長光の門に則光がいます、その後の寛正頃(1460年頃)の則光は備前刀の中でも代表刀工として有名です。本刀は少し時代が下がる則光でしょうか。永禄頃1560年(455年前)の刀です。時あたかも桶狭間の戦いで織田信長が駿河の太守今川義元を倒し、天下統一の足掛かりを得た頃に出来た名刀です。姿はやや腰反りで踏ん張りが有り上品な備前刀の姿を現し、地金は板目肌を鍛え地には乱れ映りを現し、刃紋は備前刀独特の匂い口の柔らかい互の目乱れ刃を焼き、経年変化の為か刃の焼きが低くなったところも有り素晴らしく古雅に見えます、あるいは時代がもっと遡るかもしれません。江戸期の拵えも本刀に一層華を添えています。今回世の中に初めて生で出たために研ぎも新しくし格安にて御提供いたします。古刀の名工備前長船則光であろう刀を是非お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差
備中国水田住国重作
江戸
初期
49.4 1.2 0.69 長さ1尺5寸9分5厘
備中国水田国重の脇差です。時代は正保頃(1644年)(372年前)俗名が有りませんが、大月市蔵国重あたりの作刀と思われます。地金は板目肌良く詰み、刃紋は肥前国近江大掾忠廣の様な見事な中直刃に小足を入れ明るく焼き上げています。相州伝が特に上手な水田国重ですがあえて直刃での特別注文品です。拵えも萩の図を蒔絵にした変り塗鞘の付いた拵えが一段と本脇差に華を添えています。藩主からの注文の脇差かもしれません。水田国重の思いもよらない直刃の名刀をお楽しみ下さい。
白鞘
拵え
売約御礼
短刀
三条小鍛冶宗近(刀剣乱舞三日月宗近で有名))
江戸
末期
29.8 0.4 0.64 長さ9寸8分
三条小鍛冶宗近の銘が有りますがこれも御愛嬌です。江戸時代幕末には日本刀の祖の宗近にあやかって宗近の銘を切った刀匠が多くいました。本短刀も宗近にあやかったものです。姿は反りの深い平造の短刀で重ねの厚い力強い姿を現し、地金は板目肌に鍛え、刃紋は匂い出来ののたれ乱れ刃を現し、元の焼きの上に三日月宗近の名の由来となる打ちの気も現れ上手です。現在刀剣女子に大変人気の三日月宗近の末裔であろう短刀をお楽しみ下さい。今回世の中に初めて生で出たために特別に格安にて御提供いたします。
白鞘 売約御礼

武州住内記重(重利)(籠槍)
江戸
初期
9.5 0 0.84 長さ3寸1分3厘
本槍は武州下原康重の子重利の籠槍又は室内用護身槍と言われる物です。時代はおおよそ寛文時代(1670年)と思われます。康重も本名山本内記と称しているので、重利も内記を付けたものと思われます。地金刃紋は良く判りませんが、本来地金は柾目肌、刃紋は直刃となっている物と思われます。拵えが素晴らしく鞘は堆朱塗鞘に柄は堆朱塗と螺鈿、柄の塗は朱漆で華やかに仕上げています。細工の行き届いた大変豪華な拵えとなっています。現在この様な豪華な籠槍は大変少なくこの度世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。登録も15儖焚爾琉戮防塒廚任后是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
短刀
兼常(新藤五国光写)
室町
末期
27.8 0.1 0.58 長さ9寸1分強
本兼常は和泉守兼定や孫六兼元が活躍した永正頃(1504年)頃の関の兼常です。本短刀は相州伝の身幅の広い棟は真の棟に作り込み、地金は小板目肌に柾目肌を交え、元より棒映りを大胆に現わし、大変趣のある地金を造り、刃紋は鎌倉時代の相州新藤五国光写しの直刃をきりりと焼いて大変気持ちの良い短刀を造っています。表に腰樋と添え樋、裏に腰樋の彫を小気味良く彫り、本短刀の格調を高くしています。短刀の名人は粟田口吉光、来国俊、新藤五国光、備前景光、筑州左が短刀の名人ですが、本兼常もそれに劣らない技量の持ち主である事を証明した名短刀です。短刀では特別保存刀剣には中々なりません本短刀が如何に素晴らしいかを証明しています。どうぞお楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼

伝石州直綱(正宗十哲)
南北
70.6 2.4 0.65 長さ2尺3寸4分
古来石州直綱は相州正宗の弟子として正宗十哲の一人に数えられた名工です。石州(島根県)時代は南北朝建武頃(1334年)(681年前)本刀は元は2尺6寸以上あった太刀を摺り上げた刀です。反りが深く切っ先の延びた姿を現し、地金は板目肌良く詰まり地景が現れ、刃紋はのたれ乱れ刃、刃中金筋砂流しが交じり帽子は乱れ込み、飛び焼きを交え、掃き掛けるという変化有る刃を焼く所に古来正宗の弟子としたものでしょう、石州直綱は有りそうであまり現在は拝見する事大変少なく今回初めて生で出たために格安にてご提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
伝肥後大掾貞国(重要美術品同等)
江戸
初期
37.1 0.2 0.61 本脇差は平造の姿、地金は小板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃、匂口が明るく淡雪が積もれる如くの刃を上品に焼き、彫物は表に櫃の中に真の剣巻龍、裏に八幡大菩薩の彫を見事に彫り上げています。献上品でしょうか元々の生無銘の物で、彫も刀身もどこから見ても重要美術品と同等品です。越前康継同人と言われる肥後大掾貞国とされていますが、如何でしょうか、小刀拵えも素晴らしい拵えです。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

摂州住康永(多々良長幸の師)
江戸
初期
71 0.3 0.72 長さ2尺3寸4分半
本国紀州大坂に移住して大坂石堂と呼ばれる延宝時代(1673年頃)(341年前)の摂州住康永の名刀です。大坂石堂の祖備中守橘康廣の弟で、後に大阪鍛冶の代表者の一人になる多々良長幸の師匠として余りにも有名です。本刀は反りの少ない寛文新刀の姿を堂々現し、鎬地に棒樋を巧みに彫り、地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は大胆なのたれ乱れ刃に丁子刃を焼き、足を入れて豪快に焼き上げ、帽子は虎鉄の様な虎の顎の様な帽子を巧みに焼いて上手です。今回初めて生で出たために格安でご提供いたします。
白鞘 売約御礼

大崎靖宗作 昭和五十八年師走吉日(靖国刀匠)
現代 73.1 1.5 0.69 長さ2尺4寸1分
重量鞘を払い1037gr、直調の刃に互の目の足が見事に入っています。
拵え 売約御礼
脇差
伝宇多(国宗)
室町
末期
51.5 1.4 0.66 長さ1尺7寸
時代は天文頃(1543年)(472年前)種子島にポルトガルから鉄砲が伝わった丁度その頃の越中の名工で、宇多国友の子と言われる宇多国宗の平造の脇差と思われます。宇多の刀工は本国大和で文保頃(1317年)鎌倉時代末期に移住、国宗の銘は初代国光の子供が代々継いで居ます。本脇差の姿は平造の姿の大変良い姿で、彫は棒樋に添え樋が有り、地金は板目に柾が交じり、地沸が付き、刃紋は沸出来ののたれ刃に互の目が交じり、刃中の焼き素晴らしく覇気があります。特に宇多の刀の特徴は柾目肌が顕著に表れるのが特徴です。本刀は北国地金の黒ずんだところが無く非常に垢抜けた脇差です。時代の古い古刀宇多国宗であろう脇差をお楽しみ下さいませ。特別に格安にて御提供いたします。
白鞘 売約御礼
脇差
近江守忠吉(五代肥前国忠吉)
江戸
中期
30.6 0.3 0.58 長さ1尺
肥前国忠吉家は鍋島家お抱え鍛冶として初代から幕末九代肥前国忠吉まで長く繁栄いたしました。本御祝差の脇差は四代忠吉の長男元禄九年生(1696年)(319年前)の五代忠吉の作です。五代忠吉は大変長寿の刀工でした。本脇差は寸法の短い優美な御祝差の姿をした脇差です。武士は十三歳頃、前髪を切り大人となった証拠の月代を剃り元服の儀式をし立派な大人の武士となります。本脇差は元服の時に差された御祝差の脇差です。地金は家伝の肥前のこぬか肌が良く詰み、刃紋は家伝の中直刃素晴らしく明るく良く出来ています。五代忠吉の脇差で元服の儀式をする位の家は素晴らしく身分の高い武士であったと思われます。五代忠吉の時代は世の中が大変平和で作刀数少なく本脇差は大変貴重な脇差です。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
若州小濵住冬廣
室町
末期
49.4 1.2 0.69 長さ1尺6寸3分
冬廣は本国相州鎌倉鍛冶の広次の子が若州小浜に移住して、代々同銘が小浜に続いています。本脇差は時は室町時代永禄頃(1558年)(457年前)信長の桶狭間の戦いや、上杉謙信と武田信玄の時あたかも川中島の戦いのその時分に作られた、四代目の冬廣の名脇差です。地金は板目肌が流れて柾肌が現れ、刃紋は小沸出来の直刃調のたれ刃を焼いて非常に趣のある古調な刃を焼いています。小佑聾什潺▲瓮螢大統領オバマ氏にちなんで人気沸騰中の町です、小佑梁緝重畊冬廣は人気上昇中です。約457年前の古い古刀の若狭の小浜の冬廣の名脇差をお楽しみ下さい。特別に格安にて御提供いたします。
白鞘 売約御礼
脇差
伝三原
室町
末期
43.6 1 0.59 長さ1尺4寸4分
備後三原に南北朝期より大和伝が伝わり、古三原鍛冶が活躍しました。本脇差は鎬の高い優美な姿をした脇差です。本脇差は末三原と言われる室町時代寛正(1460年)頃(555年前)の脇差です。僧雪舟が明から帰ってきた丁度その頃の作です。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、薄らと映り風が有。地に時代の古さを現わしています。刃紋は直刃を匂いがきりりと締まった刃が明るく良く冴えています。江戸期の拵えが又素晴らしく、鞘は変り塗鞘、金具は縁は赤銅地竹と虎の図、頭は角、目貫は赤銅地大黒と布袋、小鍔は角と大変粋な拵えが本三原の脇差に華を添えています。この度世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。どうぞお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

南紀国重
江戸
末期
66.7 1.9 0.65 長さ2尺2寸
南紀国重は元々江戸初期の代表的刀工南紀重国と混同されておりますが、残念ながらあくまでも重国ではなく国重です。但し紛らわしい南紀国重刀匠は残念ながら刀の名鑑には載っておりません。あくまでも御愛嬌として下さい。本刀は姿は腰反り深く、元に踏ん張りが有り、地金は小板目肌良く詰んでおり、刃紋は匂い出来の中直刃を素晴らしく明るく焼き上げています。刀からしますと江戸の幕末の刀となりますが、銘はあくまでも研究課題として後進にお願い致します。この度初めて世の中に出たためにお手入れをし直して格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
於肥前唐津源網慶作
江戸
初期
55.8 0.8 0.68 本名五兵衛。寛文(1661年)頃、(353年前)後安芸広島城下中島に移住。本脇差は唐津焼きで有名な唐津打ちの大変貴重な綱慶の作です。姿は虎鉄と同じ寛文新刀そのままの反りの少ない姿を現し、地金は肥前地金独特の小杢目肌素晴らしく良く詰んだ地金を鍛え、刃紋は大のたれ刃を明るく焼き見事です。肥前唐津城下には多くの刀工が居たものと思われますが、現存作大変少なく本脇差は唐津の地名が大変貴重と言わざるを得ません、この様な脇差を拝見しますと、文化財の薫り高いもので大変楽しみな脇差です。 白鞘 売約御礼

長村兼清作
現代
69.1 1.7 0.8 長村兼清刀匠は昭和の刀工で、戦後復活しなかったために、戦後の刀の製作が有りません。本刀は長村兼清刀匠の大変記念すべき刀と思われます。地金は小板目肌良く詰み、無地風となり、刃紋は互の目乱れ刃を焼き、頭がくびれた独特の長村兼清刀匠の考案した矢筈乱れ刃を、大胆に焼き上げ大変覇気有る刃として見事に仕上げています。長村兼清刀匠の独創的な刃紋にただただ頭の下がる思いが致します。戦後復活しておれば素晴らしい名工として名が後世に残ったものと思われます。兼清刀匠の代表作品をお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼

日州住和平作(宮崎県)
現代 71.1 1.3 0.69 重量鞘払い1000g、備前長船祐定写、互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

越前国住包則(業物)
室町
末期
71.5 1.6 0.77 長さ2尺3寸6分
包則は天正頃(1576年)(438年前)関より越前一乗谷に移住してきた三阿弥派の兼則の子です。本刀の姿は元身幅広く、切っ先がやや延びた豪壮な豪快な姿を現し、地金は北国地金の黒ずんだ地金を板目肌に鍛え、地景を現し、力強い鍛えをした為に地に多少のえくぼが有りますがそれも御愛嬌です。刃紋は沸の強い互の目乱れ刃大変覇気有る刃を焼き業物の風格をただよせています。拵えも江戸期の黒たたき塗り鞘の付いた拵えが一層本刀に華を添えています。今回生で出たために格安にてご提供です。貴重な越前国住包則の名刀をお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼

肥前国近江守忠吉(五代忠吉)
江戸
中期
76.3 1.9 0.8 長さ2尺5寸2分
近江守忠吉は宝暦頃(1751年)(264年前)の橋本新左衛門忠吉四代目の長男です。本刀は姿は太刀姿堂々として豪壮で、地金は小杢目肌良く詰み梨地肌を現し、刃紋は沸出来の直調の刃に元に互の目の足を入れ、先はのたれ心の有る刃を明るく焼き上げています。五代忠吉は父在世中は忠廣と切り、延享四年(1747年)父が没すると忠吉を襲名しています。本刀には棟に二か所武勲の刀傷が有り、本刀の強靭さを物語っています、中心が時代の為に少々朽ち込んでいますがそれも御愛嬌です。肥前国忠吉四代より七代までは世の中が平和で刀剣の需要期で無い為に作刀少なく、本刀は大変貴重です。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。五代忠吉の名刀をお楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼

讃岐国源幸弘 昭和五十三年二月
現代 74 1.4 0.83 宇野年夫
長さ2尺4寸4分 重量鞘を払い1110gr
源幸弘刀匠は香川県出身。元陸軍受命刀工として活躍しました。本名武田楠太、師は富永龍宇刀匠です。本刀は身幅広く重ね厚く豪壮な姿を現し、棒樋を見事に掻き流し、地金は板目肌良く詰み、刃紋は備前伝匂い出来の互の目丁子刃に匂の足を多くいれ、刃中砂流しがかかり素晴らしいく働きのある明るい刃を焼き見事です。拵えも現代の拵えですが本刀に一段と華を添えています。格安にて御提供いたします、お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
伝後代村正
室町
末期
40.6 0.7 0.6 長さ1尺3寸
右衛門尉濃州赤坂兼村の子、桑名に移住して千子派の祖となります。本脇差は身幅広く反りのやや付いた鎬造の脇差で、地金は板目肌良く鍛えられ、刃紋は表裏揃った互の目を焼き如何にも村正に見える刃紋を焼き見事です。中心が相州風のなたなご腹風があり本脇差は時代が室町時代と江戸時代にまたがる後代村正であればいいですね。江戸時代徳川家に仇する刀として、村正の刀は徳川家から嫌われた為に、多くは本脇差の様に、無銘にされてしまっています。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。拵えも江戸期の拵えが見事です。大変夢の有る村正であったらいいなと思える脇差をお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼
短刀
国房(宇多)
室町
中期
25.4 0 0.54 長さ8寸3分8厘
本短刀の作者国房は古入道国光の子と言われ、多くの刀工は本国大和で文保頃(1317年)鎌倉時代末期に越中に移住しました。宇多国房は代々続きます。本短刀の時代は応仁頃(1467年)(548年前)戦国時代が始まる応仁の乱が起こった丁度その頃と古く、姿は反りの無い上品な平造で、地金は小板目肌良く詰み地沸が付き、刃紋は直刃に見えますが刃中ちじに乱れた古風な刃を焼き、地には刃からの飛び焼きも現れています。どちらかといえば本国大和の短刀に見える古風な短刀です。今回生で世の中に初めて出たために格安にて御提供いたします。国房の房の字が不鮮明ですがそれも御愛嬌です。
白鞘 売約御礼

鶴重(槍)
江戸
初期
17.6 0 1 長さ5寸8分
鶴重刀工は生国は摂津大坂、後尾州名古屋に移住しました。時代は江戸時代初期延宝(1672年)頃(343年前)大変御目出度い名の為に古来大切にされたものです。本槍は姿が良く、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は直刃調のたれ刃を素晴らしく明るく焼き上げて見事です。槍を製作するのは大変難しく現代刀匠で槍の注文が無い事もあり、槍が製作出来ない刀匠が殆どです。又十文字槍は現在どのように作るかわからず、現代刀匠で十文字槍を再現した刀工は近来いないようです。それ位槍の製作は大変難しく本槍は鶴重刀匠の快心作の槍です。大切に是非してやって下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差


尾崎源五右衛門助隆 文化三年二月日(井上真改写)

江戸
末期
52.9 1 0.84 長さ1尺7寸4分5厘
尾崎助隆は本国播磨、大阪に出て黒田鷹ェの弟子となり大阪の前期の新々刀を代表する有名な刀工です。本脇差は文化三年作(1806年)(209年前)の身幅が広く重ねが厚い素晴らしく豪壮な姿に、地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は井上真改が創始した沸の深いのたれ刃を素晴らしく見事に焼き上げています。このように上手に素晴らしい沸の深い刃を焼けるのが尾崎助隆で。後世大坂新刀の横綱井上真改や津田越前守助廣に匹敵する名工と言われています。尾崎助隆の大変珍しく貴重な井上真改写の最高傑作品をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼


肥後守国康(大業物)

江戸
初期
72.6 2 0.73 長さ2尺4寸
大業物で有名な肥後守国康は初代河内守国助の子供で二代河内守国助の弟になります。初代の代作をしていた為か、大業物として有名ですが現存作比較的少なく貴重な刀です。本刀は反りが深く刀姿大変良く、地金は板目肌良く詰み、刃紋はのたれ刃に互の目丁子の足を見事に入れ、刃中明るく冴えた刃を焼いています。拵は江戸期の朱乾漆塗鞘に鯉口とこじりは鉄金具を付け、鍔は鉄地松に千鳥の図、縁頭は鉄地肥後金具に花を金象嵌し、目貫は鉄地に蝙蝠(こうもり)の御目出度い図を入れ、素晴らしい拵えになっています、大業物の国康の大変楽しめる刀です。今回生で御数寄者様から出ましたので切っ先に薄錆びが有りますがそれも御愛嬌です、格安にて御提供いたします。是非お楽しみくださいませ。
拵え 売約御礼
脇差


康光(備前長船康光)

室町
初期
51.5 1.4 0.67 長さ1尺7寸
備前長船の名工応永の三光(康光、盛光、師光)と古来尊称を与えられた巨匠備前長船康光の康光二字銘の貴重な脇差です。康光二字銘には古来名刀有りと言われる康光としては時代の遡る脇差で、時は足利将軍義満が金閣寺を建立した応永四年頃(1397年)(618年前)の名作です。本脇差は鎬造で姿良く、棒樋と添え樋をきりりと掻き、地金は小板目肌素晴らしく良く詰み淡く乱れ映りを現し、刃紋は腰の開いた沸の付いた互の目丁子刃に金筋が現れ素晴らしく見事に焼き応永備前の代表的作柄を現しています。備前長船正系の代表刀工備前長船康光の名脇差を是非お楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼
脇差


加州住藤原兼若 小川八郎右門切之一之筒并脇毛両度重治花押 大脇毛二ツ筒土壇入

江戸
初期
39.2 0 0.63 長さ1尺2寸8分
今や北陸新幹線開通で素晴らしく人気の、石川県金沢の加賀藩百万石では、古来加州兼若の刀を持っている侍には、多少石高が低くとも自分の娘を嫁にやろうと言う歌が長く歌われていました。それ位兼若の刀は大切にされてきました。本脇差は二代兼若辻村又助です。初代甚六兼若の三男として慶長十七年(1612年)(403年前)生。本脇差は元身幅広く先身幅も広く大切っ先の豪壮な姿を現し、地金は板目肌に柾目肌を現し、刃紋は元は沸の付いた互の目で先は大互の目乱れに暴れ良く出来ています。この脇差の試銘が素晴らしく加賀藩士小川八郎右門重治が乳の上部と手の付け根、乳の真上とへその上を都度四度土壇まで切り落したとの銀象嵌銘が本脇差の凄さを語っています。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差


摂州住藤原助廣(ソボロ助廣)(最上大業物)

江戸
初期
53 1 0.7 長さ1尺7寸5分強
古来有名なソボロ助廣の貴重な名脇差です。承応1652年頃(363年前)の脇差です。本脇差は身幅やや広く重ね厚く、豪壮な姿を現し、地金は小板目肌錬れて良く詰み、細かな地にえがついて鎬地柾になり、刃紋は互の目丁子刃素晴らしく良く働きを現し、備前兼光の名刀を見る様な素晴らしい出来です。如何にも最上大業物の切れ味を彷彿とさせる名脇差です。ソボロの意味合いは多く有り、昆布を削った物をソボロと言う為、ソボロの様に刀が良く切れるとの意味や、刀を作るのに夢中で着ているものに無頓着で、何時もボロを平気で着ていたからとか、あまりにも有名刀工の為に、特にソボロと尊称されていました。助廣の養子が大阪新刀の横綱津田越前守助廣です。拵えも江戸期の拵えが本脇差に一段と華を添えています。現存作大変少ない貴重なソボロ助廣の名脇差をお楽しみください。
白鞘
拵え
売約御礼

嶋田住源義助
江戸
初期
67.5 1.9 0.72 長さ2尺2寸3分
本刀は室町時代文明頃(1465年)駿河の有名な義助の六代目に当たる江戸時代寛永頃(1630年)(385年前)の刀です。本刀は反りの深い豪壮な刀姿で、地金は板目肌良く鍛えられて力強い地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃に互の目が交じり素晴らしく良く切れる覇気有る刃を焼いています。義助の祖先は古来相州正宗と言われるぐらい非常に上手な名工です。江戸期の肥後金具一作の半太刀拵えも本刀に一層華を添えています。本刀は以前の御持ち主の御数寄者様が昔350万円でお求めになった刀です。今回特別にお安くお分けくださいとの事で特別の破格の価格でお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼

陸中宮古住和吉作之 平成二十年如月吉日
現代 72.2 1.5 0.66 (備中青江写)
長さ2尺3寸8分 重量鞘を払い1027gr
陸中(岩手県)宮古市高浜住、本名辻和宏刀匠。全日本刀匠会会員。本刀は南北朝期の元身幅と先身幅の差が少ない重ねの厚い姿を現し、棒樋を掻き、地金は板目肌良く詰み、映りを研究の為に映りに見える淡い焼きを地に元から先まで見事に現し、刃紋は直調の刃紋に来の刃紋の様な蕨手丁子を焼き上げ、如何にも南北朝期の青江の刀を狙い成功しています。この様に古く古刀に見える刀を作る事は、江戸時代の刀工始め現代刀匠まで数々挑戦していますがこの様に成功する事は難しく和吉刀匠の快心作です。和吉刀匠は数々の展覧会に出品要請のある東北を代表する刀工です、今後の益々の活躍が楽しみです。今回生で出たために格安にて御提供いたします。
拵え 売約御礼

備州長船祐定作 天文十二年八月日
室町
末期
68.3 2.2 0.65 長さ2尺2寸5分半
天文十二年1543年(472年前)時あたかもポルトガルより種子島に鉄砲伝来したその様な情勢の時の戦国時代真最中の日本史中でも記念碑的な備州長船祐定の刀です。姿は大変反りが深く抜き打ちに適した寸法で反りの位置は腰反で、元に踏ん張りが有り備前刀の代表的な姿を現し、地金は板目肌を鍛え地の一面に乱れ映りを現し、刃紋は沸の付いたのたれ乱れ刃が好もしく大変覇気の有る名刀です。遠くから見ても如何にも備前の名刀と分る素晴らしい姿をしており、戦国大名の特別注文品でしょう。江戸期の拵えも古く、古いために柄には少々ガタツク遊びも有りますが、鞘からして薩摩拵えが一層本刀に華を添えています。初めて生で世に出たために格安にて御提供いたします。古くから有名で名の知られた刀の代名詞と言われる備州長船祐定の刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝宇多国宗
室町
中期
65.1 1.3 0.61 長さ2尺1寸5分
本国大和宇多より鎌倉時代に越中に移住した刀工集団を宇多鍛冶と言います。本刀は室町時代文明頃(1469年)(546年前)の越中(富山県)宇多国宗と個銘で鑑定された刀です。姿はやや腰反りで大和伝の為に鎬が高く、地金は板目に柾が交じり地景が現れ、地沸が良く付き、刃紋は直調の互の目のたれ刃に小沸が付いて一部はちじに乱れて柾目肌の鍛えが刃中に現れ金筋を多く現し見事です、素晴らしく見所の有る覇気の有る刀です。古刀の良さが充分出たところと地金が明るく洗練されているところが宇多鍛冶の代表刀工宇多国宗と個名で鑑定されたところでしょう。宇多国宗は業物として良く切れることでつとに有名です。今回世の中に初めて生で出たために特別に格安にて御提供いたします。古刀がお好きな方に是非お奨め致します、お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
古宇多
鎌倉
末期
51.4 0.9 0.72 長さ1尺7寸
本国大和、大和国宇多郡(奈良)より越中(富山)に移住。本脇差は鎌倉末期元弘頃(1331年)(684年前)の古宇多と鑑定された刀です。地金は小杢目肌に柾目肌が交じり、全体に乱れ映りを現し本刀の時代の古さを表現しています。刃紋は沸本位直調の刃に互の目を交え刃中大変良く働き、あたかも手掻包永の刀に紛れます。彫は太い棒樋を見事に中心に掻き流し時代の古さを現しています。今回世の中に生で初めて出たために古さゆえに地に鍛えの荒い所も出ていますがそれも古さゆえの御愛嬌です。鎌倉時代の古宇多と極められた大変大変時代の古い名刀を格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

伝森岡正吉
現代 75.3 1.4 0.73 長さ2尺4寸8分 重量鞘を払い1131gr
本国土佐南海太郎朝尊の孫、宮本包則や月山貞一に師事した、森岡正吉の作であろうと思われる刀です。本刀は姿は中間反りと言われる鳥居反りで、切っ先は中切っ先で元身幅と先身幅の差が少ない豪壮な姿を現し、地金は小板目肌を良く鍛えすこぶる明るい地金を鍛え、刃紋は小沸の付いた匂い出来の互の目乱れ刃に尖り刃や 変化有る刃を交え大変覇気有る刃を焼いています。拵えは簡素な拵えですが、一層本刀に華を添えています。この度生で世の中に初めて出たために格安にて御提供いたします。森岡正吉に見られる豪壮な刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝越前下坂
江戸
初期
73.6 1.2 0.71 長さ2尺4寸3分
本刀は無銘ながら江戸初期寛文頃(1670年)(345年前)の越前(福井県)下坂の素晴らしい覇気の有る長寸の刀です。長曽祢虎鉄の出身地の刀工でもあります。姿は反りの少ない寛文新刀の姿を現し。地金は板目肌良く詰み力強い明るい地金を鍛え、刃紋は匂い深い明るく互の目にとがり刃を交じえて焼き、美濃関伝を良く現しています。越前下坂一派は徳川家康の抱え鍛冶の越前康継が頭領鍛冶として有名ですが、本刀の様に素晴らしい刀を鍛えた名工揃いの刀匠達です。江戸時代は各地の大名に抱えられ全国の新刀鍛冶の基礎となっています。本刀は今回世の中に初めて生で出た為に格安にて御提供いたします。江戸初期の名刀をお楽しみください。
白鞘
売約御礼

福本兼宗(孫六兼元写)
現代 66.2 1 0.77 長さ2尺1寸8分
福本兼宗、関住九代兼定の門。本刀は日本軍が連戦連勝の勝ち戦の時に陸軍軍刀として造られたものです。家伝の関の孫六兼元写したものです。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は、関孫六の三本杉の刃を覇気有る力で焼き上げています。孫六兼元の三本杉の刃紋は勇壮で力強いために、誰からにも好まれた為に、関鍛冶は競って後世に残す為に焼いています。関以外の他の刀工が三本杉の焼き入れするのは大変難しく貴重です。拵えも現代拵えですが本刀に一段と華を添えています。福本兼宗の刀をお楽しみ下さいませ。
拵え
売約御礼

竹下泰国作(孫六兼元写)
現代 67.3 2.3 0.71 長さ2尺2寸2分
本名竹下猛。明治25年生まれ北海道函館市東川町。陸軍受命刀工。本刀は反り深く先反りのある室町期の刀姿を現し、地の刃肉を落とした如何にも鋭利な利刀造の姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、やや黒ずんだ地金を現し、刃紋はのたれ乱れ刃に孫六兼元のまだ完全に三本杉にならない尖り刃を良く写し古調に焼き上げて如何にも室町時代の500年前の古刀を見るが如くの刀を鍛えています。現代の拵えですが本刀に一層華を添えています。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さい。
拵え
売約御礼
脇差
上野守藤原兼定(業物)
江戸
初期
44 1.2 0.59 (和泉守兼定(之定)の後)
長さ1尺4寸5分
有名な和泉守兼定の子孫が、本国美濃から越前に移住した慶長の和泉守兼定の末、延宝頃(1673年)の兼定です。本刀は古来業物として非常に有名な脇差で、地金は小板目肌良く詰み柾目肌が現れ、力強い地金を鍛え、刃紋は互の目に複式互の目を交え匂い深く、沸も現し。和泉守兼定(之定)にとても似た覇気ある刃を素晴らしく明るく焼いています。和泉守兼定の子孫はもう一方は 会津に移住して会津兼定として新々刀期まで活躍しています。もう一方は本刀のように越前に移住し大活躍しました。業物兼定の名刀をお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
脇差
濃州関住氏房(織田信長抱え鍛冶)
室町
末期
43.8 1 0.67 長さ1尺4寸4分
濃州関住氏房は永禄十三年四月二十二日(1569年)(446年前) 織田信長の推挙で若狭守を受領。若狭守氏房の刀は有名すぎるほど有名ですが、刀や脇差の現存作非常に少なく、本脇差は大変貴重な脇差です。善定派の頭領鍛冶、善斎兼房の子、元は兼房と名乗り今川氏真より氏の字を賜り氏房と名乗ります、後織田信長の抱え鍛冶となり安土にて二百貫文の領地を拝領。本脇差は姿は優美な脇差姿で、地金は板目肌に地沸細かにつき、乱れ映りが現れ、刃紋は匂い出来の直刃を焼き、一部互の目を交え角張った尖り互の目の刃を交え、覇気有る刃を焼いています。拵えも江戸期の豪華な拵えが本脇差に一段と華を添えています。今回世の中に初めて生で出たために鎬地に小さなえくぼが有りますがそれも御愛嬌です。格安にて御提供いたします若狭守氏房の素晴らしい脇差をお楽しみくださいませ。
拵え 売約御礼
脇差
写小烏丸造(幕末の刀工)
江戸
末期
44.8 0 0.81 長さ1尺4寸7分
小烏丸造の太刀は御物として古来有名です、幕末の刀工に勤皇の志士からの注文で多くは造られています。本刀は幕末の刀工ですが、作者は不明です。姿は御物の小烏丸造を大変小型にシンプルに姿を写し、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は匂い出来の互の目刃を明るく焼いています。小烏丸造の姿を作るのには大変難しく本刀はきりりと引き締まった上手な姿で傑作です。小烏丸造の刀を是非持ちたい方に格安にて御提供です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
太刀
国宗(伯耆)
鎌倉
末期
69.1 1.4 0.7 長さ2尺2寸8分
本太刀は保存刀剣では国不明、室町前期となっていますが、太刀銘が備前三郎国宗と大変良く似ている為に、国宗に大変縁ある鎌倉時代永仁頃(1293年)(722年前)の伯耆の国宗が本太刀でしょうか。姿は3寸程すり上げの為に、鎌倉時代の反りの少ない重ねの厚い切っ先の詰まった猪首切っ先となり、地金は板目肌に柾肌を交え乱れ映りが現れ古調な地金を現し。刃紋は匂い出来の直調の刃に二重刃や打ちの気を現し刃中素晴らしく良く働いています。帽子は直に返り先は掃き掛けています。本太刀の国の様な銘字は、山城粟田口派、山城来派、肥後延寿派、備前国宗派等古い時代の共通した銘字です。宇多派の銘とは異なります。今後一段と研究して頂きたいものです。大変貴重な在銘国宗の太刀をお楽しみ下さいませ。今回生で世に出ましたので格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼

因州臣日置藤原(兼次) 文久四年正月
江戸
末期
77.4 1.2 0.78 長さ2尺5寸4分
日置兼次刀匠は鳥取池田藩の藩士で文久四年は4月に長州征伐が始まり、6月に新選組の池田屋事件が起こり、7月には長州藩と会津藩と薩摩藩の連合軍が御所の蛤御門で争った蛤御門の変が起こり、8月には四国連合艦隊が長州の下関を砲撃すると言うあたかもその年の正月に作られた、姿は反りの浅い突きに適した姿を現し、元は2尺8寸も有った勤皇の志士が、本刀を携えて活躍した長大な勤皇刀をすりあげて短くした刀です。地金は板目肌良く詰み、刃紋は匂本位の互の目を焼き素晴らしく見事です。幕末動乱の時代鳥取池田家藩士日置兼次刀匠の渾身作った刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

豊州高田住藤原統行(むねゆき)(妖刀村正写)
室町
末期
69.2 1.4 0.77 長さ2尺2寸8分
本刀の製作は天正十年頃(1582年)(433年前)豊後高田(大分県)で作られた刀です。統行は戦国大名大友義統より一字を賜り統行と名乗りました。本刀元身幅広く元重ね厚く豪壮な刀姿を現し、地金は板目肌良く詰み、刃紋は村正を写した表裏揃ったのたれ刃に乱れの頭に互の目を上手に交えて焼き見事です。業物として知られる妖刀村正を見るがごとき刀となっています。拵えも素晴らしく立派で本村正写しの高田鍛冶の業物統行の刀に一段と華を添えています。今回世の中に生で初めて出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼

勝光(加州)(古刀)
室町
末期
70.3 2.3 0.74 長さ2尺3寸1分半
本刀は珍品の加州勝光室町時代大永頃(1521年)(494年前)武田信玄の父信虎が上杉憲房と戦った頃の作品です。元々は2尺6寸程以上も有った刀です。今でも腰反り高く美しい姿を現し、地金は板目肌良く詰み淡い乱れ映りを現し、刃紋は匂い出来の直刃をきりりと焼き、ところどころ互の目を交え如何にも良く切れる刃を現しています。どこから見てもも備前国長船勝光に見える刀です。戦国時代多く消耗した為に本刀の様に現存しているのも少なく、正しく有る事だけでも刀剣界にとって大変貴重な加州勝光です。今回生で世の中に初めて出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
正三位有功並造(刀身銘)
江戸
末期
36.4 0.8 0.67 刀身彫やきたちはさやにおさめてますらおのこころますますとくへかりけり
長さ1尺2寸
公卿であり文化四年従五位下、文化五年左近衛少将のちに権中将にすすむ。和歌の名手として名高く森岡朝臣、大堀寿秀に向槌を命じて鍛刀しており刀身に和歌の彫刻をしています。本脇差は歴史上大変有名な脇差で有りますが、現存作が大変少なく貴重な高位の公卿の脇差として歴史的にも大切な脇差です。姿は順常な鎬造の脇差姿で、地金は小板目肌良く詰み、刀身に和歌を彫り、刃紋は匂い出来の互の目乱れ刃明るく良く焼けています。拵えも当時の変り合口拵えが本脇差に一段と華を添えています。この機会にあまりにも有名な公卿千種有功卿(ありこと)の脇差をお楽しみくださいませ。
拵え 売約御礼
脇差
伝村正
室町
末期
31.2 0.4 0.54 長さ1尺3分
右衛門尉濃州赤坂兼村の子、桑名に移住して千子派の祖となります。本脇差は身幅広く反りのやや付いた平造の脇差姿で、地金は板目肌良く鍛えられ、彫は表に草の剣の彫、裏に腰樋を見事に彫り上げ、刃紋は腰刃風の刃を焼き、上部は表裏揃った互の目を焼き見事です。中心が特徴的なたなご腹の為に本脇差は村正です。江戸時代徳川家に仇する刀として、村正の刀は徳川家から嫌われた為に、多くは本脇差の様に、無銘にされてしまっています。本脇差のごとく村正の典型作は殆ど残っていません。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。大変夢の有る村正以外考えられない脇差をお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
脇差
伝同田貫正国(刀剣乱舞で有名)
室町
末期
52.8 1.4 0.68 長さ1尺7寸4分
慶長頃年(1600年)(415年前)本脇差は世にあまりにも有名な伝九州肥後同田貫正国と称する小山左馬介の名脇差でしょう。正国は初銘国勝と切り後加藤清正より正の字を賜り正国と改めました。子ずれ狼で肥後同田貫は全国的に有名です。同田貫一派は戦国時代に一門が栄え文禄の役には加藤清正に従って渡海朝鮮で鍛刀したとも伝えられています。本脇差は生無銘の鎬造の姿で、地金は板目肌が詰んで地沸が付き、刃紋は小沸出来の直刃に沸足が盛んに入り、金筋も現れ、覇気有る刃を焼いています。同田貫としては大変上品な脇差です。拵えも江戸時代の家紋の金具の付いた拵えが本脇差に一層華を添えています。現在人気第一の伝肥後同田貫正国と見える素晴らしい鎬造の脇差を格安でお楽しみください。
拵え
売約御礼

関住二十三代兼房作之(岐阜県重要無形文化財)(軍刀拵付)
現代 63.9 1.2 0.73 長さ2尺1寸
本刀は片手抜き打ちに適した2尺1分の姿素晴しく良い刀です。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃を見事に変化を持たせ素晴しく良く焼かれ、匂いが深々とし、焼き刃の頭が地に煙り見事な映りを現しています、刃中素晴らしく明るく良く出来ています、如何にも室町時代の古刀に見える二十三代兼房刀匠の快心作の一本です。兼房二十三代は代々室町期より続く名門刀工です。二十三代兼房は名工の誉れ高く素晴らしい作品を現代に残しておられます。岐阜県重要無形文化財に指定。拵えは日本を命に懸けて守った陸軍将校の為に作られた軍陣刀拵えに入り、緊張感あふれる時代を今に現し、本刀に一段と華を添えています。お楽しみ下さいませ。
拵え
売約御礼
脇差
豊州高田住藤原統行(むねゆき)(鉄砲傷統行)
室町
末期
53.6 0.9 0.67 長さ1尺7寸7分
本脇差の製作は天正十年頃(1582年)(433年前)豊後高田(大分県)で作られた脇差です。統行は戦国大名大友義統より一字を賜り統行と名乗りました。本脇差は姿はしっかりとした脇差姿で、地金は板目肌良く詰み、刃紋は匂い出来の大のたれ刃をゆったりと焼き見事です。お持ちの方のお話では、戊辰戦争の時の戦いでご先祖様がこの脇差に鉄砲の弾の破片が刀身に当りこの脇差のお蔭でで助かったとのお話が受け継がれているとの事でした。刀身には刀の受け傷も有り、名にしおう高田鍛冶の業物、命を守ってくれた大変幸運な脇差です。幕末鉄造の脇差拵えも一層武勲の脇差に華を添えています。今回世の中に生で初めて出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
播磨大掾藤原重高 越前住
江戸
初期
45.5 1.2 0.66 長さ1尺5寸
生国は信州飯田で関兼則門人となり天正頃兼則の越前移住に従って越前に移住。本脇差は名人重高二代寛永頃(1624年)(391年前)の作品です。時あたかも東叡山寛永寺が丁度できた頃です。本脇差は姿は上品な脇差姿で、地金は板目肌良く詰み地沸が良く付き、鉄色がやや黒ずみ、越前地金となっています。刃紋は小沸出来の孫六兼元の互の目尖り刃三本杉の刃が三個、五個、三個、五個と焼かれ見事に焼かれ良く出来ています。重高は脈々と十一代嘉永まで続く名門刀工です。江戸期の脇差拵えが一段と華を添えています。今回世の中に初めて生で出たために鍛えの荒い所や薄錆びも有りますがそれも御愛嬌です。今回特別に格安にて御提供いたします。有名な越前播磨大掾藤原重高の名脇差をお楽しみくださいませ。
拵え 売約御礼
脇差
濃州関住兼元
江戸
初期
53 1 0.63 長さ1尺7寸4分
本脇差は江戸初期の新刀兼元です。兼元は家代々屋号を孫六と呼ばれた名家で孫六兼元と言われ天下に有名です。本脇差の姿は反りの浅い切っ先の小さい平肉が付かない如何にも鋭利な脇差姿を現し、地金は板目肌に柾目肌が交じり、地に乱れ映りを現し、古く見える地金を鍛え見事です。刃紋は家伝の小沸の付いた関の孫六三本杉を巧みに焼きあげて業物に相応しい風格をたたえています。孫六兼元は旧幕時代は大変大切にされた脇差です。今回世の中に初めて生で出たために鍛え肌の荒い所も有りますがそれも御愛嬌です。今回格安にて御提供いたします。江戸期の孫六兼元を是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
短刀
於日刀保大阪支部道場 水竜子貞心作之
現代 24.4 0 0.58 昭和五十八年十一月吉日 入魂細川佳勇氏
長さ8寸
水竜子貞心刀匠は明治45年生まれ。大阪市城東区住。月山貞勝門人。人間国宝月山貞一刀匠とは兄弟弟子です。本名川野充太郎、銘は源貞重、晩年は貞心と銘を切りました。本短刀は鎌倉時代の筑州左を写した見事な短刀です。姿は素晴らしく上品な良い短刀姿で、地金はその当時の最高の玉鋼を小板目肌に素晴らしく良く鍛え、力強い地金を鍛えています。刃紋は左の互の目のたれ刃を匂い深々と焼き金筋を交え、帽子は左の特徴的な尖って見事に返っています。当時は刀の好きな旦那衆が集まり、日刀保大阪支部長数田政治先生の工場の一部を借りて鍛錬所を作り、最高の玉鋼使い最高の刀匠に打たせていたものです。是非左写しの名短刀をお楽しみ下さいませ。今回初めて生で出たために格安でご提供です。
白鞘 売約御礼

越後昭貞 昭和十七年十二月
現代 68.8 2 0.75 長さ2尺2寸7分
越後昭貞刀匠は明治16年生まれ、本名井口市太郎、新潟県南魚沼郡住。元陸軍受命刀匠。戦前は幾多の賞を受賞した聖代刀匠位列での評価は上工の上位 良業物、大関格の名工です。本刀は昭和十七年(1942年)(73年前)の作です。刀の姿は重ね厚く豪壮で、地金は板目肌良く詰み地沸が付き、刃紋は沸出来の互の目乱れ刃に砂流しや刃中に豊富な働きを現し覇気有る刃を焼いて良く出来ています。昭貞刀匠は昭和20年の終戦時は高齢の為に戦後復活しなかった刀匠です、現存の刀の作品大変少なく、本刀は昭貞刀匠にとっても大変貴重な刀です。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
伝宇多(新刀)
江戸
初期
43.5 1.4 0.69 長さ1尺4寸6分
大和宇多より鎌倉時代国光が移住、越中(富山)宇多鍛冶の始めとなりました。本脇差は永禄頃(1692年)から続く新刀期に入った越中の宇多の脇差です。姿は身幅の広い豪壮な姿を現し、地金は板目肌に柾目肌を交じえ大変明るい地金を鍛え、鎬地は特に柾目肌現れ、また地金の肌が荒い所も現れていますがそれも古さの御愛嬌です、刃紋は沸のついた規則正しい互の目尖り刃を焼き、刃中砂流しを現し覇気有る刃を焼いています。この様な刀は元来大変物切れする刀で、宇多の刀は古来戦場で大いに活躍したものです。北国の刀は特に寒さのために折れる事に一番気をつかい製作されています。本脇差の様に非常に粘り気ある地金を作り出しています。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。宇多の脇差を大いにお楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼


伝宝寿 大長巻直

鎌倉
末期
78.2 3.2 1.48 長さ2尺5寸8分
日本刀草創期の平安時代に陸奥国(青森、秋田、岩手、宮城、福島)に舞草一門が有りましたが作品殆ど残って無く、末流と考えられる鎌倉時代初期から南北朝初期に宝寿がはなはだまれでありますが当大長巻直しのような宝寿が有ります。本長巻直の刀は鎌倉末期正和頃(1315年)(700年前)の大長巻を柄を短くしただけで刀に直されています。原型を殆ど保たれた素晴らしく貴重な長巻です、このように長大な宝寿の現存品はほとんど無く大変貴重です。地金に杢目を交え総体に大肌となり柾肌を現しています。これは同派の特徴であり刃文は沸の深い互の目のたれ調で総体にほつれるところと連れた互の目を交えるところは古調で趣が有ります。刃に多少の痛みがあるところは700年の歴史を感じさせるもので、素晴らしい現存作の少ない歴史的に貴重な宝寿の大長巻です。今回世の中に初めて出てきましたお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

康継弟以南蛮鉄 於武州江戸作之(二代康継幻の名刀)
江戸
初期
62 1.6 0.66 長さ 2尺5分
康継は家康の三男結城秀康に越前にて抱えられ、慶長十年江戸に召され家康、秀忠両将軍の前で鍛刀し、激賞され褒美として葵紋と康の一字を賜り康継と改めた。徳川将軍家お抱え刀匠越前康継は江戸時代の最上作の名刀です。本刀は初代の嫡男で初代に劣らぬ名匠ですが作刀数少なく幻の康継二代の作です。将軍家の特別注文品の為でしょうか畏れ多い為に葵紋を特に入れず又「弟」と言う自分を謙遜する文字を入れたところが康継の教養の高さと、注文主の身分の高さが判ります。寸法は注文で短く使い易くし、身幅は元先の幅の差がやや有り、鍛えは板目に杢が交じり、金色に黒味が有り、刃文はのたれの小互の目を交え、にえ良く付き、細かに金筋砂流しかかり二代康継の特色ある作域を現わし、本刀は地金が常よりも一段と優れており加えて刃中のにえ付きの状態などむらなく二代康継の名品中の名品と言われています。拵えも肥後拵えが本刀に一層華を添えています。幻と言われる二代康継の名刀をお楽しみ下さい。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差
丹後守兼道 菊一(簾刃)
江戸
初期
54.5 1.8 0.65 長さ1尺8寸
丹後守兼道は初代京丹波守吉道の次男です。寛永二年丹後守受領。ほどなく大坂に移住しました。大坂に移住した大坂丹波守吉道とは兄弟です。兼道も大坂で大いに繁栄した刀工です。京三品一族も大いに繁栄し、また大坂三品一派も大いに繁栄しました。本脇差は反りのやや深い良い姿で、地金は板目肌良く詰み、刃紋は初代丹波守吉道が創案した簾刃を見事に焼き、簾刃に玉を焼くと言う難しい、独特の兼道の工夫が素晴らしく丹後守兼道の中でも名品です。又拵えが見事です。鞘は朱漆塗が上品です。鍔は赤銅地ナマコ透かし鍔、縁頭は赤銅地魚々子地秋草の図、目貫は三河万歳の御目出度い目貫が入り素晴らしい拵えとなっています。大坂で繁栄した、三品一派の祖兼道の名を継いだ丹後守兼道を大いにお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

肥前国忠吉(希望銘)
江戸
末期
72.3 1.5 0.76 長さ2尺3寸9分
八代忠吉と見える刀です。代表的八代忠吉は忠吉家の卓尾を華々しく飾る名工です。橋本新左衛門忠吉は鍋島藩で大変重要視された刀工で鍋島藩近代化に重要な役目を果し大砲の製造軍艦の製造にも深くかかわり往々にして藩主の御前にて刀剣の鍛錬を披露する事もあり、藩主の信頼深い名工です。あまりの上手さに初代3代忠吉に混同される名刀が多く本刀も小糠肌に中直刃素晴らしく明るく良く焼き名作となっております。 純銀揃い金具半太刀拵えが本刀を一層華やかに飾っています。お楽しみ下さい。
白鞘
拵え
売約御礼

藤原兼房作 平成十三年五月五日吉日(来国光写)
現代 71.5 1.6 0.64 (兼房二十五代)
丹羽澄夫為研二
長さ2尺3寸6分 重量鞘を払い954gr
本刀は鎌倉時代山城来派の来国光を写した刀です。姿は元身幅と先身幅の差の少ない豪壮な姿を現し、地金は板目肌力強く鍛えられ、刃紋は来写しの直刃に匂い足を見事に入れ素晴らしく良く働いています。本名加藤加津雄美濃関住、本年58歳大相撲横綱の太刀の制作、天皇家のお守り短刀の制作を行い現在大活躍の名工です。全日本刀匠会常務理事を務め新作名刀展特選はじめ入選多数受賞しています。今回初めて生で世の中に出たために格安にて御提供いたします。
拵え 売約御礼
脇差
肥州住末秀作 文明三年八月日
室町
中期
53.5 0.55 0.75 長さ1尺7寸6分余
肥州住末秀は佐賀県諫早鍛冶の頭領鍛冶でしょう。本脇差は日本刀剣保存会の機関誌刀剣と歴史平成8年11月号に珍品傑作として所載された貴重な脇差です。地方刀工の年紀の付いた物はほとんど消耗された為に残っていません。本脇差は文明三年(1471年)(544年前)応仁の乱の最中の作です。土屋押形の末秀の同年同月の刀が載っていますので、本脇差はその大小の小刀と思われます。姿は優美な脇差姿で丸留の棒樋がきりりと掻かれ、地金は杢目に板目が流れ綾杉風が有り、刃紋は細直刃匂いがキリリとしまり大変上品な脇差です。この様な諫早鍛冶が後の肥前国忠吉の元となる鍛冶と考えれば、その元となる資料的にも大変貴重な名脇差です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
伝島田(美しい拵付)
室町
末期
36.5 0.4 0.67 長さ1尺2寸1分
駿州島田住助宗であろう天文頃(1540年)(475年前)の小脇差です。事実上の助宗初代作でしょう。助宗の本国は備前と言われ義助とは別系統と思われこの助宗が備前からきた鍛冶であったかも知れません。本小脇差も平造やや反りの付いた、寸延び短刀風で、地金は板目肌に淡く乱れ映りが立ち、刃紋は沸の付いた互の目乱れ刃を焼き棟に返りを深く焼きを入れ、地に飛び焼きを入れ皆焼風の覇気有る刃を焼きあげています。刃に時代の相州伝を大いに加味した島田の特徴が現れて出来が大変良く出来ています。伝島田助宗であろう小脇差をお楽しみ下さいませ。江戸時代の豪華な小さ刀拵えが一層本脇差に華を添えています。お楽しみ下さいませ。
拵え
売約御礼
脇差
伝摂州住藤原長綱(聾長綱、つんぼ長綱)
江戸
初期
44.6 0.8 0.68 長さ1尺4寸7分半
初代近江守忠綱の門で北村市右衛門。銘に自ら聾長綱と入れた刀が有るので、古来「聾長綱」として、素晴らしく良く切れる業物としても世に余りにも有名ですが、残っている作品が大変少なく、見る事が無く本脇差は無銘なれど大変貴重な長綱の脇差です。姿は反りが有り力強い姿を現し彫は棒樋を彫り、地金は小板目肌良く詰み強く鍛えられ、刃紋は備前伝福岡一文字写しの大互の目丁子刃に飛び焼きを交え大変覇気有る刃を焼いています。地にほんの大肌が出た為に無銘で出されたものでしょう。拵えも江戸時代の鞘は高価な一分刻みに変り塗をした鞘に豪華な金具が付いた拵えが本長綱の脇差を一段と華やかに飾っています。今回生で世の中に初めて出たために格安にて御提供いたします。貴重な名脇差をお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差
日本鍛冶宗匠伊賀守藤原金道(七代目)
江戸
末期
47.1 1 0.64 (菊紋)雷除 文化元年二月吉日(1804年)
金道家は江戸時代、刀工が官職名を貰う時は全て金道家の弟子となり、朝廷に金道家から上奏しなければ官職が貰えないと言う、特別な権限を朝廷より授けられた名門中の名門刀匠です。本脇差の作者は七代目の嫡系の金道の貴重な作品です。鎬造の姿に地金は小板目肌が素晴らしく良く詰み、刃紋はのたれ刃に互の目が交じり、拵えも当時の拵えが一層本脇差に華を添えています。一度は持ちたい伊賀守金道です。名門金道七代目の脇差をお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差
粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱)
江戸
初期
54.8 0.88 0.78 長さ1尺8寸1分
一竿子忠綱は大坂新刀の一流代表刀工です。本脇差は姿優美で美しく、地金は小板目肌良く詰んだ地金を鍛え素晴らしい出来栄えです。刃紋は直調の大坂焼き出しを焼き、忠綱の有名な覇気有る丁子刃がが素晴らしく上手に焼かれ見事です。天明4年3月24日(1784年)殿中に於いて老中田沼意次の子、若年寄田沼意知が新番士佐野善左衛門政言にこの粟田口近江守忠綱の脇差で切り付けられ落命、高騰していた米価が急落した為に佐野氏とこの粟田口近江守忠綱の脇差が「世直大明神」として讃えられ、それまで以上に一竿子忠綱の脇差はいやがおうにも人気が高まり高騰しました。歴史上有名な出来事でした。津田越前守助廣や井上真改とともに江戸時代より高価な物で、高級武士でなければ持てなかったものです。憧れの粟田口近江守忠綱の大坂新刀の代表刀工を充分にお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼

伝加州清光(刀剣乱舞で有名)
室町
末期
72.7 1.2 0.67 長さ2尺4寸
本刀は天文1540年頃の四代目位の加州清光だろうと思われます、姿は反りの少ない長寸の姿で生無銘の刀です。陸軍大将東条英機閣下の軍刀としても有名です。地金はやや黒ずんだ地金に板目肌に柾肌が交じり、刃紋は沸出来の互の目乱れ刃に沸足を細かく入れて、刃中素晴らしく明るく良く働き良く焼かれています。昔から加州清光は特に良く斬れることで有名で業物に数えられております。拵えも江戸期の半太刀拵えが立派で、加州ハバキが本刀を加州清光と証明しているようです。本刀は新選組沖田総司の愛刀として現在刀剣乱舞で刀剣女子に大人気です。今回お持ち主様の御好意で破格の価格でお譲り申し上げます。
拵え 売約御礼
脇差
播磨大掾藤原清光
江戸
初期
52.3 1.2 0.74 加賀清光は古来業物として有名です。その中でも本刀の清光は寛文延宝の頃東は虎鉄、西は助廣、真改と言われる刀の一代発展期に加賀にて清光有りと呼ばれた第一の名工です。本刀は刃紋直刃を素晴らしく明るく焼き。肥前国近江大掾忠廣に負けない刃を焼いています。総理大臣東条英機陸軍大将の愛刀として特に有名な加賀の清光の名刀を是非お楽しみください。 売約御礼
脇差
新五郎吉時(美濃国関善定家)(村上孝介先生鞘書)
江戸
初期
43.8 1.2 0.62 長さ1尺4寸4分
本間薫山、佐藤寒山、村上孝介と並び称された村上孝介先生の鞘書きが大変貴重な物です。本脇差は生で今回出たために手入れが良くなく、地金は良く見えませんが、板目肌に鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃に互の目を交え良く出来ています。善定家は室町時代から続く、兼吉始め名工揃いの刀工集団ですが、本吉時は本国は美濃で後江戸に出、時代は江戸時代天和(1681年)頃の刀工で、大変現存作品少なく本脇差は貴重な脇差です。生で出たために今回特別に格安にてご提供です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

伝越前下坂
江戸
初期
14.5 0 0.79 長さ4寸7分8厘
槍は下坂と言われるぐらい江戸時代越前(福井県)下坂鍛冶は槍を多く作っていました。本槍は寛文頃(1670年)に作られた所謂室内用護身槍です。室内では長い槍は使う事が大変難しく本槍の様な短い槍が実戦的でした。武士は何時の時でも常時戦場に居る心構えで心身ともに鍛錬したものです。本槍は短く作り地金は柾目肌で鍛え、刃紋は直刃調に焼いています。拵えも鞘は青貝微塵塗り、柄も青貝微塵塗りで塗っています。金具も鉄地金具一作作りです。刀身が短いために登録証も不要です。槍のお好きな方にはたまらない槍です。今回世の中に生で初めて出たために格安にて御提供いたします。是非お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝新々刀
江戸
末期
63.6 1.4 0.69 長さ2尺1寸
御覧のように地金刃紋一切不明です。長い間おじい様の蔵にしまわれていたとの事で今回初めて登録が行われ、初めて世に出てきました、今回は見て頂いた通り刀は一切不明でございます。しかし身幅も広く重ねも有りしっかりした刀です。拵えは大変珍しく樫の木で鞘や柄を作っているところを見ますと拵えも古く、拵えだけでも現在樫の木で作った拵えなど見ることなく貴重です。江戸期に鍔も邪魔にならないように小鍔を付けているような事を考えますと、護身用として肌身離さず大切にお持ちになって居たような気が致します。一切不明とした刀をお楽しみ下さいませ。今回特別にお安く御提供いたします。
拵え 売約御礼

伝平高田
室町
末期
71.6 1.4 0.68 長さ2尺3寸6分
室町時代から戦国時代にかけて、戦国大名大友氏の庇護のもと、豊後(大分県)高田の高田鍛冶は数も多く、大変物切れのする業物多く実戦に優れた多くの刀を残しています。本刀も無銘なれど平高田であろうと思われる刀です。元々は2尺7寸もあった刀ですがすりあげられ無銘になっています。天文頃(1543年)(472年前)の刀です。姿は身幅は充分で、地金は板目肌に鍛えの荒い所も有りますが、柾肌も交え所々錆も有りますがそれも御愛嬌です、刃紋は沸出来の互の目乱れ刃、蟹の爪状の刃も現し、一部刃の焼きの弱い所も有りますがそれも時代の古さを現しています。今回世の中に初めて出たために格安にてご提供いたします。業物と天下に聞こえた平高田の刀を是非お楽しみください。
白鞘 売約御礼
短刀
美濃関藤原兼次作 於飛騨高山
江戸
末期
20.9 0 0.68 長さ6寸9分
兼定門人、綾瀬善兵衛の子。本短刀はアメリカのペリーが浦賀に来航した頃江戸時代幕末嘉永頃(1853年)(162年前)美濃関の刀工兼次が飛騨高山で作ったと言う短刀です。100年以上そのままになっていたので錆で地金も刃紋も判りませんが銘振りは立派な物です。研ぎ上がれば素晴らしい元の姿になる物と思います。拵えも壊れていますが変わり刻み鞘と変わり刻み柄の大変手の込んだ拵えです。角で足らざるを補えば立派な拵えの再現となります。今回特別に格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
越前国住包則(業物)
江戸
初期
41.1 1.4 0.65 長さ1尺3寸5分半
筑後大掾藤原包則、下坂市左衛門。越前一乗住。寛文頃(1661年)初代は関から一乗谷に移住してきた兼則の子で、本脇差は二代包則です。業物として有名です。地金は北国地金の黒ずんだ地金を板目肌に鍛え、地景を現し、刃に入り金筋となり見事です。刃紋は互の目乱れ刃大変覇気有る刃を焼き業物の風格をただよせています。貴重な越前包則の名脇差をお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
脇差
平安城源信昭作之 昭和五十六五月日
現代 42.8 0.8 0.65 長さ1尺4寸1分
源信昭刀匠は昭和25年生まれ、沖芝信重刀匠の門。本脇差は登録の関係で師信重刀匠が殆ど手がけた作品です。信重刀匠は師であり父である沖芝正次に師事後、人間国宝月山貞一の兄弟弟子喜多貞弘の弟子となりました。隕石とともに地球に宇宙から降り注いだ隕鉄を刀の材料にして鍛えた刀を作ったことでも全国的に有名です。隕鉄で刀を造るのは大変難しく沖芝信重刀匠の技量の高さが示されています。本脇差は元身幅と先身幅の差の少ない優美な姿を現し、地金は板目肌良く詰み、刃紋は匂い出来の互の目を逆丁子刃の様に焼き、意欲的な刃を焼いています。現代の拵えも本脇差に一層華を添えています。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
奥州住兼定(会津初代)
江戸
初期
53.4 1.2 0.73 長さ1尺7寸5分半
名刀美濃関の最上大業物で有名な和泉守兼定(之定)から数えて四代目位でしょうか、慶長年間に会津藩主蒲生氏郷に抱えられ会津に移住しました。古来有名な兼定が幕末まで十一代続きます。本脇差はやや反りの深い姿で、地金は板目肌良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃ちじに乱れ、業物の名声を上げています。新撰組副長土方歳三の愛刀は十一代会津和泉守兼定の刀で現在も東京八王子の土方歳三家に大切に保管されています幕末会津藩主松平容保が京都守護を仰せつかったために会津藩工兼定の刀は会津藩お預かりの新撰組に褒美として授けられたものと思われます。本脇差はその元となる会津初代兼定です。貴重な兼定の脇差をお楽しみ下さいませ。
白鞘
売約御礼
脇差
伝信国(二代)
南北
33.6 0.6 0.4 延文時代(南北朝時代)(660年前)
長さ1尺1寸1分
本脇差は山城信国とされています。正宗の弟子の貞宗の弟子です。本脇差は相州伝で作られ、姿は棟は真の棟で身幅広めで重ねは薄く、表は平造で裏は片切刃造でやや反りがある南北朝期の延文貞治型の姿を現し、地金は板目やや肌立ち心があり地沸がつき、刃紋は小沸出来の淡雪が積もれる如くの匂いの深いのたれ刃に互の目を交え、金筋が見事に多く働き、彫りは表は真の剣巻龍、裏は梵字に剣を彫り、見事です。今回世の中に初めて生で出たために山城信国より上位の相州上工に出世する可能性が大いにあります。特別に格安にて提供いたします。
白鞘 売約御礼

岩井歓司信連作 文久三年七月日(栗原信秀門)
江戸
末期
65.6 1 0.85 長さ2尺1寸6分強
岩井歓司信連(のぶつら)は源清麿の弟子栗原信秀の大阪来阪時に弟子入りをしました、源清麿の孫弟子となります。 本刀は文久三年(1863年)(152年前)の作です。京で政変が起き勤皇派の岩倉具視ら七卿が長州に落のびた動乱を予感させる時の作です。姿は元は2尺4寸の豪壮な姿をすりあげ、地金は板目肌良く詰み、淡く乱れ映りを現し、刃紋は表は直調の刃に互の目を交え先は直刃に互の目の足を見事に入れ、裏は元は山城来の刃の様な蕨手丁子を焼き先は直刃を焼き覇気溢れる刃を焼いて見事です。鎬地に鍛え肌が出ていますがそれも御愛嬌です。古来栗原信秀より上手な刀工として有名ですが、現存作少なく大変貴重な刀です、拵えも当時の拵えが本刀に一層華を添えています、今回生で世の中に初めて出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

九州肥後同田貫上野介(同田貫正国)(刀剣乱舞で有名)
江戸
初期
36 0.8 0.62 長さ1尺1寸9分
慶長頃年(1600年)(415年前)本脇差は世にあまりにも有名な「九州肥後同田貫正国」「九州肥後同田貫上野介」と称する小山左馬介の名脇差です。正国は初銘国勝と切り後加藤清正より正の字を賜り正国と改めました。子ずれ狼で肥後同田貫は全国的に有名です。同田貫一派は戦国時代に一門が栄え文禄の役には加藤清正に従って渡海朝鮮で鍛刀したとも伝えられています。本脇差の姿は平造で棟は真の棟三つ棟となり彫は表に食い違いの彫を彫り、裏は二筋樋を彫り見事です。地金は小板目が詰んで地沸が付き淡く映りが現れ、刃紋は小沸出来の小乱れ刃に互の目が交じり金筋を現し覇気有る刃を焼いています。現在人気第一の肥後同田貫上野介(正国)の平造の脇差をお楽しみください。
白鞘 売約御礼

脇差

備州長船忠光 文明十七年八月日・備後住正家(折り返し銘)(かいらげ鮫鞘付大小拵付)
室町
中期
室町
初期
62.7
36.5
2.3
0.7
0.76
0.49
大刀2尺8分 小刀1尺2寸
本大小の大刀は文明十七年1485年(530年前)の忠光中で一番上手な初代備州長船彦兵衛忠光の作品です。姿は片手打ちの打ち刀の姿で、地金は応永備前にくらべて地に沸が付いて綺麗に見える地金を鍛え、表裏とも彫は梵字に丈の短い二筋樋を彫り、刃紋は小沸の付いた、互の目乱れ刃を見事に焼いています。小刀は最上大業物として有名な応永頃(1410年)(605年前)の備後住正家五代目です。姿はお隣の応永備前の平造の美しい姿を現し、地金は板目肌良く詰み差裏に棒映りを現し、刃紋は沸の付いた互目乱れ刃を明るく焼き如何にも切れ味すぐれた雅味ある小脇差となっています。大小拵えが又素晴らしく鞘は当時の輸入物で大変高価なカイラゲ鮫で作り、本大小が幕藩時代には高級武士の大小であった事が判ります。前の御持ち主様は昔400万円以上出して手に入れられたとの事、大切にお持ち頂ける方にお安く御提供して頂いております。


白鞘
拵え
拵え
売約御礼

肥前国忠吉(八代)
江戸
末期
69.4 1.8 0.74 長さ2尺2寸9分強
有名な幻の肥前国忠吉八代目です。八代忠吉は忠吉家の卓尾を華々しく飾る名工です。八代橋本新左衛門忠吉は鍋島藩で大変重要視された刀工で、鍋島藩近代化に重要な役目を果し大砲の製造軍艦の製造にも深くかかわり、往々にして藩主の御前にて刀剣の鍛錬を披露する事もあり、藩主の信頼深い名工です。あまりの上手さに初代や三代忠吉に混同される名刀が多く本刀も姿は豪壮で、地金は小糠肌に鍛え力強い地金を現し、刃紋は元を互の目に尖り刃を交え、先を中直刃素晴らしく明るく良く焼き、八代忠吉が誠に創意工夫を凝らした、末備前与三左衛門尉祐定写の名作となっております。嘉永頃の作です(160年前)名工肥前国忠吉八代をお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
太刀


長光(鍋島紀伊守重代金象嵌銘)

鎌倉
中期
71.3 1.9 0.68 長さ2尺3寸6分
備前長船長光鎌倉中期文永頃1274年(741年前)備前長船鍛冶の頭領として余りにも有名です。本刀は長光の古来から有名な名品で鎌倉中期の太刀姿がすりあげながら美しく、鍛えは板目肌に地沸が付き乱れ映りが立ち、焼刃は元から物打ちまで互の目丁子刃を頭の丸い丁子が揃い、足、葉入り、匂い口が冴え、調和の良く取れた名刀です。本刀は佐賀藩鍋島勝茂の長男、佐賀小城藩七万五千石初代藩主鍋島元茂紀伊守家重代として大切に伝えられた古来から有名な名刀です。備前刀の横綱としての貫録を充分に表した刀剣界での憧れの長光の名刀です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

山城守藤原秀辰
江戸
初期
70.3 1.8 0.69 長さ2尺3寸1分
本国関の得印派。本名権兵衛。尾張の名工政常の門人。後に大坂に移住しました。江戸時代初期の正保頃(1644年)(370年前)本刀は反りの深い切っ先の延びた豪壮な姿を現し、彫物は棒樋に添え樋を掻き、地金は小板目肌に柾を交え力強い地金を明るく鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃に変化があり、刃を高く互の目を交え、飛び焼きも焼き素晴らしく豪快な刃を焼いて見事です。初代和泉守国貞や河内守藤原国助と同じ時代に活躍した名工です。後に江戸にも出ました。秀辰(ひでとき)は有名ですが脇差は拝見しますが、刀が少なく本刀は大変貴重な刀です。江戸期の拵えが本刀に一層華を添えています。今回世に初めて生で出たために格安でご提供です。大坂と江戸で活躍した名刀を是非お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
太刀


備州長船次光(応永備前)

室町
初期
67.3 1.8 0.7 長さ2尺2寸2分
次光は南北朝期文和二年紀(1353年)があり本太刀はその孫で応永次光となります。応永備前の華盛光、康光、師光の同時代の刀工です。年期作は応永二十二年(1415年)(600年前)期のものが有る為に本太刀は600年前の貴重な太刀です。姿は腰反りで反り深く切っ先やや小さい鎌倉時代の太刀の姿を現し、地金は小板目肌すこぶる良く詰み見事な地金を鍛え、乱れ映りを現し、刃紋は匂い出来の直刃をきりりと見事にむら無く焼き上げ次光刀匠の腕の良さを現した名刀です。応永備前の太刀すこぶる少なく大変貴重な太刀です。今回生で初めて世の中に出ました。応永備前の特別保存刀剣に認定された太刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

伝千手院
鎌倉
末期
66.1 2.1 0.63 長さ2尺1寸8分3厘
大和の最も古い刀工集団で大和の千手院に所属していた寺院鍛冶です。本刀は鎌倉末期(正中頃)(1324年頃)(約700年前)の千手院の刀で、姿は大すりあげで鎬が高く優美な姿を現し、反りが深く先反りが健全なために有り、切っ先ややつまり鎌倉期の太刀姿を現した大すりあげ無銘の貴重な太刀です。地肌は板目に流れ柾が交じって細かな地沸がつき。刃紋は小沸出来ののたれ乱れ刃に柾が交じり、刃中に砂流しや金筋が刃中に現れ、相州正宗が手本にしたと言われる、大和上工の作で、素晴らしく覇気が有る刃を焼いています。大和千手院と極められた現存刀は大変貴重な名刀です。お楽しみ下さいませ。
※特別保存刀剣合格済みです。鑑定書は届き次第発送いたします。
白鞘 売約御礼

武士道肥後国八代住赤松太郎兼裕作 以自家製鉄鍛之
現代 73 1.9 0.69 乙未年二二月吉日
長さ2尺4寸 重量鞘を払い1,027gr
備前伝互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼

伝尻懸(大和)(長巻直)
鎌倉
末期
69.7 1.4 0.8 尻懸派は鎌倉時代則長を事実上の祖として大変栄えました。本長巻は鎌倉末期の姿で、本長巻の様にほとんどの長巻は刀に直されています。そして大切にされてきました。長巻直しにの刀に鈍刀無しと古来言われてきたのが本刀です。原型を保っていませんが、素晴らしく貴重な長巻直しの刀です、地金に杢目を交え総体に大肌となりこれは同派の特徴であり刃文は浅いのたれ調で総体にほつれるところは大和ものの最大特徴で連れた互の目を交えるところは尻懸派の特徴を現しています。長巻直しの長い刀は最近ではあまりお目にかかりません貴重な長巻直しの名刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差
摂津大坂正富作 寛永七年二月日
江戸
初期
46 1.2 0.77 長さ1尺5寸2分
時あたかも寛永七年(1630年)(385年前)は関ヶ原の戦いから30年目三代将軍家光の時代となり、大坂では堀川一門の和泉守国貞や河内守国助が京から大坂に移住し活躍しだした初期大坂新刀の一人の貴重な正富の脇差です。正富は江戸でも刀を作ったと伝えられています。本脇差は身幅広く重ね厚く豪壮な姿を現し、地金は小板目肌良く詰み地沸が付き、刃紋は大互の目乱れ刃を大胆に素晴らしく明るく焼き刃中見事な働きを現しています。大坂新刀初期の正富の脇差は大坂にとっても大変貴重な脇差です。寛永年紀は大坂新刀には少なく資料的にも寛永七年紀作は大坂新刀を研究する上でも貴重も貴重です。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

伝備州長船住祐定作
室町
末期
63.4 2.2 0.75 長さ2尺1寸
本刀は天正頃(1575年)(440年前)長條の合戦で織田信長が武田勝頼に勝った時分に作られた刀です、無銘ですがどこから見ても名工備州長船住祐定である刀です。本刀は身幅頃合いで、反りが深く元に踏ん張りが有り抜き打ちに適した寸の短い腰に差すのに軽快な刀として作られています。棒樋を見事に掻き丸留とし、地金は備前地金で素晴らしく板目肌を鍛え、刃紋は変化の有る元に互の目丁子刃を焼き先は直刃調の末備前独特の非常に覇気の有る刃を焼き入れています。この様な祐定の刀は大変良く斬れた刀で古来有名でした。拵えも江戸期の拵えが本刀を一層華やかにしています。備州長船住祐定作と思われる名刀をお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼
脇差
河内守康永
江戸
初期
51 1.2 0.64 長さ1尺6寸8分
江戸時代延宝1673年頃(342年前)の紀州の刀工で、後大坂に移住して大坂石堂と呼ばれる刀匠の一群の鍛冶の一人です。紀州石堂の頭領鍛冶備中守康廣の縁者であろうと思われます。有名な多々良長幸の師として広く知られています。本脇差は反りやや深く優美な脇差姿をしています。地金は小板目肌良く詰みこまかな地景を地に現し、刃紋は匂い出来の互の目丁子刃を高く焼き、細かな刃紋で足良く入り覇気ある刃を焼いています。多々良長幸の師として有名な河内守康永の名脇差をお楽しみくださいませ。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。
白鞘 売約御礼

江村作
現代 66.7 1.6 0.7 長さ2尺2寸
長運斉江村は岡山の刀工。国策で日本刀を多く世に出しています。品質管理が素晴らしく良く出来ていた為に、本刀の様に素晴らしい刀が作られています。本刀は小杢目素晴らしく良く詰み、刃紋直調のたれ刃に互の目の匂足を上手に入れ、匂い深く明るく冴えています。古来大変人気のある刀工で 靖国刀と同じく現在は見ること大変少なくなった貴重な刀です。業物で聞こえた長運斉江村の刀をお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼

三河国岡崎住龍城子 昭和十九年二
現代 65 1.8 0.72 長さ2尺1寸5分
岡崎城は元々龍城と呼ばれていたとの事。龍城子刀匠は幕末安政頃(1854年)細川正義門で岡崎藩士であった本名磯ヶ谷重助又は磯貝重吉達、義達同人、刀工名龍城子吉達の子孫と思われます。本名筒井清兼明治40年生まれ、栗原昭秀門の名工です。本刀は軍陣刀で作ったのではなく、姿は腰反り高く踏ん張りが有り、先が細る鎌倉時代の姿を現した優美な姿が美しく、地金は小板目肌良く詰み美しい地金を鍛え、刃紋は備前伝匂い出来の互の目丁子刃を匂いがふっくらとして変化を付けた見事な刃紋を焼き、時代の上がる古刀の趣の有る刃紋を焼いて上手です。徳川家康ゆかりの岡崎城下で作られた龍城子刀匠の名刀を生出しの為に格安にて御提供します、是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
伝加州清光(刀剣乱舞で有名)
室町
末期
59.6 1.9 0.73 長さ1尺9寸7分
本刀は天文1540年頃の四代目位の加州清光と思われ、抜き打ちに適した打ち刀として作られた生無銘の刀です。陸軍大将東条英機閣下の軍刀としても有名です。本刀は反りが深く地金は板目に柾が交じり、地色が冴え映りが立ち、刃紋は匂い出来の直刃をきりりと焼き、昔から加州清光は特に良く斬れることで有名で業物に数えられております。新選組沖田総司の愛刀として現在刀剣乱舞で刀剣女子に事の外大人気が有る刀です。今回お持ち主様の御好意で多少薄錆びも有りますが、破格の価格でお譲り申し上げます。
白鞘 売約御礼

濃州住吉近作 昭和十九年十月日
現代 64.4 1.2 0.74 長さ2尺1寸3分
第2次世界大戦も終盤となり、大激戦が続く中、本土決戦にも視野に入れ始めた時、本軍陣刀は日本陸軍将校の為に心を込めて作られました。本軍陣刀は大変運が強く外地に持ち出されなく、日本国内で終戦を迎え大変綺麗な姿で現在まで大切にされたものです。刀緒から少尉、中尉、大尉級の尉官級の軍人の御持ち物です。刀身はのたれ調の尖り刃を交えた覇気ある刀となっております。国の為に命を懸けて守った軍人の輝かしい軍陣刀を後世まで大切にしなければなりません。今後の子供たちの教育の為にも大変貴重な御刀です。お国の為に作られた軍陣刀を大切にしてください。
拵え 売約御礼

関石原通廣作(陸軍軍陣刀拵付)
現代 64.2 1.9 0.75 長さ2尺1寸3分
第2次世界大戦も終盤となり、大激戦が続く中、本土決戦にも視野に入れ始めた時、本軍陣刀は日本陸軍将校の為に心を込めて作られました。本軍陣刀は大変運が強く外地に持ち出されなく、日本国内で終戦を迎え大変綺麗な姿で現在まで大切にされたものです。刀緒から少尉、中尉、大尉級の尉官級の軍人の御持ち物です。刀身はのたれ調の尖り刃を交えた覇気ある刀となっております。国の為に命を懸けて守った軍人の輝かしい軍陣刀を後世まで大切にしなければなりません。今後の子供たちの教育の為にも大変貴重な御刀です。お国の為に作られた軍陣刀を大切にしてください。
拵え 売約御礼
脇差
藤原統行(むねゆき)
江戸
初期
50.3 1.4 0.62 長さ1尺6寸9分
本脇差の作者統行(むねゆき)は延宝頃(1672年頃)(343年前)豊後大分県の刀工です。初代統行は室町時代文禄頃(1592年頃)戦国大名大友義統より統の一字を賜って統行と改めました。本脇差は四代目統行で一番上手な刀工です。本脇差は五分程区を送っていますが、反りの浅い上品な姿が好ましく、地金板目肌が良く詰み、地沸が付き素晴らしく明るい地金を鍛え、刃紋は小沸出来の直刃に互の目の足が見事に細かく入り、業物の名に恥じない素晴らしい出来の脇差です。藤原高田の代表刀工藤原統行の名脇差を是非お楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼

備州長船住近景(と銘有り)
現代 68.9 2.5 0.76 長さ2尺2寸7分
嘉暦頃(1304年)711年前鎌倉末期の備前長船長光一門の近景の銘の有る刀ですが銘はあくまでも御愛嬌です。本刀は姿は反りが深く腰反りで踏ん張りが有り鎌倉時代の姿を写し、地金は無地金になっている為に鍛え肌が良く判らない位の地金をして、刃紋は匂いが大変深い互の目刃が所々尖り気味の刃を焼いています。長船近景は長光、景光に比して現存作非常に少なく貴重な名刀ですが、残念ながら本刀は大正時代位の刀工の刀に後世近景の銘を入れたものでしょう。この度世の中に初めて出たために、お手入れを入念にやり直して、古名刀の写しをお持ちになりたい方の為に格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
短刀
村正(と銘有)(妖刀村正)
室町
末期
15.5 0 0.62 長さ5寸2分
妖刀の名で世界的に有名な村正と昔から伝えられた短刀ですがそれも御愛嬌です。本短刀は身幅やや狭く、重ね厚く鋭利な姿を現し、地金は板目肌に柾目肌が交じり、刃紋は独特の表裏揃った互の目乱れ刃で返りが深く如何にも良く切れる刃を焼いています。村正は伊勢の刀工、徳川家にあだなす刀ということで、江戸期は徳川幕府では特に忌み嫌った刀ですが有栖川親王が戊辰戦争の時に東征軍総大将になり、徳川幕府を打ち倒すとの意味を持ち、その時の佩刀が村正の刀で有ったことは、大変有名なお話です。短刀拵えが柄鞘とも堅木で作った高級な拵えが一層村正銘の有る本短刀に華を添えています。村正の銘ある短刀を是非持ちたいと言う方に格安にて御提供いたします。村正とあくまでも伝えられた夢のある短刀をお楽しみください。
拵え 売約御礼

兼光 昭和十六年二月日(孫六兼元写)
現代 63.3 1.6 0.76 長さ2尺9分
本名後藤松蔵。関市春日町。関刀剣株式会社専属刀匠。本刀は兼光刀匠55歳の作品です。本刀の刀姿は勇壮で古刀期の刃肉の薄くなった姿を良く写し、如何にも業物の姿を現しています。地金は小板目肌良く詰み力強く時代が古く見える地金を鍛え上手です。刃紋は孫六兼元の考案したとされる不揃いの三本杉の刃紋を忠実に見事に焼き上げています。兼光刀匠の腕の上手さが判る刀です。まだ太平洋戦争が勃発前で日本がまだまだ威勢の良い時で、世界に夢を持っていた時に作られた刀です。今回生で世の中に始めた出たために格安にて御提供いたします。
白鞘 売約御礼
脇差
伝一文字
江戸
初期
45.2 1.5 0.66 (伝福岡一文字として大切にされました)
長さ1尺5寸
古来備前福岡一文字とされて来た無銘の脇差です。時代鎌倉中期文永(1264年)頃本脇差は素晴しく板目が良く詰み細かな地にえが付き。刃紋大房丁子刃出入りの差大きく変化があり高く焼きが入り、福岡一文字の特徴の大房丁子刃が華やかに焼かれています。地には一面に乱れ映りが良く立ち素晴らしい働きを現しています。但し江戸期では福岡一文字とされて来たそうですが、しかしながら江戸初期の石堂一派の脇差であろうと思われます。但し江戸期では拵えが立派なこともあり、一文字の脇差として大切に伝わってきました。この度世の中に初めて生で出たために生錆もありますがそれも御愛嬌です。一文字として伝わった脇差を格安にて御提供いたします。
拵え 売約御礼
短刀
伝横山加賀介藤原祐永
江戸
末期
24 0.3 0.48 長さ8寸
加賀介祐永は備前長船鍛冶の幕末の最大の名工として余りにも有名です。本短刀も無銘なれど祐永辺りの刀工の作品と思われます。祐永としては大変珍しい姿は筑州左を写してやや反りの有る先の細った左の独特の素晴らしく良い姿を現し、刃紋は祐永の匂い出来の互の目に互の目の足を入れた刃を焼き上手です。地金はあくまでも澄んだ小板目肌を鍛え上げ、時代の大肌の鍛え目も有りますがそれも御愛嬌です。拵えが幕末の素銅地の縁頭こじり、栗型と一文字小柄笄に線象嵌を施した一作拵えが本短刀に一段と華を添えています。祐永と思われる素晴らしい短刀拵に入った名品をお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼
脇差
伝丹波守吉道(御祝差)
江戸
中期
29 0.7 0.4 刀身彫 表:水随方園器 裏:久依善悪友
長さ9寸5分
「水は入れる器により形が変わるように、人は付き合う友により良くも悪くもなる」と言う戒めの言葉が刀身に書かれた有り難い刀です。本脇差の作者は丹波守吉道の後代です。いわゆる御祝差です。地金は小板目肌良く詰み明るく冴えています。刃紋は匂い出来の直調のたれ乱れ刃に、砂流しを交え大変覇気有る刃を焼いています。丹波守吉道初代は志津三郎兼氏九代の末葉と称する、父兼道に伴われ兄伊賀守金道と共に兄弟4人が上京幕末まで京五鍛冶として繁栄した刀工です。本丹波守吉道の代別は判りませんが姿かたちから五代目あたりでしょうか。旧家から生で出てきたために錆びや刃に鍛え疵もありますが目貫が御目出度い亀、鍔、縁頭、鯉口、くり型、こじりを鼈甲で作り、鞘は青貝散し塗鞘と大変豪華な拵えとなっています。特別に格安価格にてご提供いたします。
拵え 売約御礼

関住河村兼房作(関孫六兼元写)
現代 64.8 1.5 0.71 長さ2尺1寸3分
本刀は片手抜き打ちに適した2尺1分3分の姿素晴しく良い刀です。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃を見事に変化を持たせ素晴しく良く焼かれ、匂いが深々とし、孫六兼元三本杉の刃を写して刃中素晴らしく明るく良く出来ています、如何にも室町時代の古刀に見える二十三代兼房刀匠の親戚と思われる河村兼房刀匠の快心作の一本です。関兼房は代々室町期より続く名門刀工です。河村兼房は戦時中兼房刀匠の支援をした刀工でしょうか、戦後の作品無く本刀は大変貴重な刀です。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

ここは過去に取り扱った日本刀を並べています。現在 販売されている展示 日本刀 はこちら



日本刀
商品紹介
その他の
ページ