展示 刀剣 一覧 日本刀の通信販売 株式会社 明倫産業 保管庫
日本刀専門店 明倫産業 お買い上げ頂いた刀剣 日本刀・居合刀・刀剣全般の株式会社明倫産業 展示刀剣一覧 保管庫

日本刀の販売・ご案内(過去刀剣TOP)展示刀剣一覧 保管庫

日本刀鑑定証については    
日本美術刀剣保存協会 特重(特別重要刀剣)、重(重要刀剣)、特(特別保存刀剣)、保(保存刀剣)、
甲(甲種特別貴重刀剣)、丸(特別貴重刀剣)、貴(貴重刀剣
その他の鑑定 会(日本刀剣保存会)、藤(藤代松雄)、柴(柴田光男)、店(当店の保証)
質については ☆(特優品)、◎(優品)、○(標準品)、△(やや程度不良品)、希(希望銘)
付属品 白(白鞘)、拵(拵え)
※表示の価格は全て税込です。
ここは過去に取り扱った日本刀を並べています。現在 販売されている展示 日本刀 はこちら
No. 種別 銘文 時代 長さ(cm) 反り 元重 解説 証書 付属 価格
脇差
貞国
  50.9 1 0.58 長さ1尺7寸
今回初めて世の中に出たために錆身の為にどこの貞国か不明です。貞国を名乗る刀工は宇多貞国も有り、保昌貞国、出雲貞国、備後尾道貞国、筑州貞国、豊後貞国、肥後同田貫貞国、法城寺貞国、駿河貞国、尾州尾張貞国、越前下坂貞国、摂州貞国、と全国にわたっ名前が残っていますがあくまでも錆身の為に判りません、是非研ぎ上げていただき後世に伝えて頂きたいとお願い致します。拵えは鞘とはばきしか付いていませんがその分特別に格安にて御提供いたします。お楽しみ下さいませ。

のみ
売約御礼

兼植作(寛文新刀)
江戸
初期
68.6 1 0.73 長さ2尺2寸6分
越前兼法の一流で、本刀は越前兼植慶長頃の孫と見られ、江戸に移住。姿は江戸虎鉄と同じ寛文頃(1661年)(353年前)の寛文新刀の反りの浅い姿で。地金は板目肌良く詰み強い地金を鍛え、刃紋は互の目丁子刃、足が良く入り変化有る明るい刃を焼き、所々砂流しを現わして大変覇気有る刃を見事に焼いています。加賀前田百万石では武士にこの兼植の脇差を帯びさせ、お正月の間城門の前で立番させ、いわゆる御祝として門松代わりに立たせていた事でも大変有名な刀です。今回生で出たために破格の価格でご提供です。御目出度い刀を是非お楽しみください。
白鞘 売約御礼
太刀
菊一文字
現代 64.4 1.4 0.77 長さ2尺1寸2分
本刀は鎌倉時代有名な後鳥羽上皇がお手自ら刀を作ったと言われる刀を古来菊一文字と呼びます。後鳥羽上皇は大変刀に造詣が深く、全国より番鍛冶の制度を作り名工を京に呼び寄せ刀を作らせていました。その為に刀剣の世界は空前の活況を帯び全国に名工が排出した為、後鳥羽上皇は刀剣界にとっては大恩人です。本刀は昭和の菊一文字で、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は互の目尖り刃元から先まで揃って焼き上げ明るい刃を焼いています。拵えは軍陣刀拵えが時代を物語っています。現代の菊一文字の刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼

伝弥門直勝
江戸
末期
66.9 1 0.56 長さ2尺2寸
本刀は大慶直胤の養子の次郎太郎直勝の子と言われる弥門直勝と鑑定された刀です。文久二年(1862年)(153年前)に直好から直勝に改めました。幕末の江戸の刀工です。本刀は元々は2尺6寸ほどあった長大な刀をすりあげたものです、姿は身幅の狭い反りの少ない棒樋に添え樋を彫った上品な姿の刀です。地金は板目肌良く詰み美しい地金を鍛え、刃紋は規則正しい互の目刃が揃い、匂い足良く入りむらの無い焼き入れをして、弥門直勝刀匠の技量の高さが良く判ります。今回世の中に初めて出たために手入れし直しました。美しい刀をお持ちになりたい方に特に格安にて御提供いたします。是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
短刀
兼岩
室町
中期
29.3 0.2 0.51 長さ9寸6分7厘
本短刀は寸の延びたやや反りの有る重ねの薄い平造の時代の大変上がる短刀姿を現し、地金は古調に見える板目肌に柾目肌を交え、地の元から先まで見事な映りを現した好もしい短刀です。刃紋は沸出来の互の目乱れ刃に金筋や砂流しを現し見事な働きをしています。中心の鑢は関の典型的な桧垣鑢を掛けて見事です。美濃関の兼岩は大変有名ですが現存作少なく本短刀は大変貴重な短刀です。本兼岩の短刀は姿から古い時代の兼岩初代永享頃(1429年)(586年前)の作かと思われます。今回世の中に初めて生で出たために格安にて御提供いたします。数寄者好みの貴重な兼岩の短刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
伝現代刀 本行(源清麿写) 現代 72.4 2 0.66 本刀は身幅元先の差のない切っ先が大きい豪壮な、源清麿を写した姿、地金は板目肌良く詰み、強い地金を鍛え、刃紋は沸の深いのたれ互の目刃を元から先までむら無く焼き上げて上手です。以前は源清麿の銘が入っていたのかもしれません。源清麿で通っていたのかもしれません。現在は本行銘が入っていますがこれはあくまでも後世入れたもので御愛嬌としてお考え下さい。大変覇気有る源清麿写しの刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
短刀 源貞茂彫同作(包丁正宗写) 現代 33.5 0.7 0.82 平成十年八月
南紀龍神太郎貞茂刀匠は、和歌山県龍神村で代々続く貴重な名工です。人間国宝月山貞一刀匠の内弟子として長年修業に励み、代々の刀鍛冶の血筋の為、めきめきと頭角を現し刀作りを完成、又特に月山彫の名手として声価が高く、独立後に師匠共々ボストン美術館にて鍛刀に従事しました。本短刀は相州正宗を写し、姿は幅広の包丁正宗写し、地金は板目に鍛え、刃紋はのたれ刃に互の目を交え、砂流しを交え相州伝を見事に再現し、得意の彫は表は宝珠と上り龍、裏は梵字と護摩ばしを勢い良く見事に彫り上げています。貞茂刀匠の最高の短刀です。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
八幡大菩薩 武宝御正照造(細川正義門) 現代 69.4 1.4 0.86 月山正照、月山弥造大阪住。文久1861年。細川正義の門弟の正照です。本刀は幕末の新々刀で姿豪壮で、重ね厚く頑丈な造り込みが特徴で、地金は板目肌良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は直調のたれ刃素晴らしく沸が深く良く出来ています。本刀は武の神八幡大菩薩に捧げる大変正照の力一杯の渾身作です。月山正照も明治の廃刀令により、明治の作刀が有りません。廃刀令が無ければ素晴らしい刀工となっていたものでしょう。 拵え 売約御礼
土佐住瑞龍子貞弘造之(左行秀写) 現代 75.2 1.8 0.72 昭和六十三年五月吉日
岩本富士雄。月山一門。本刀は幕末の名工、左行秀を写した名刀です姿は切っ先の延びた元幅と先幅の差の無い南北朝期の豪壮な姿に、地金は小板目肌よく詰み、刃紋はのたれ刃沸深くのたれ刃に沸の足が良く入り素晴らしく良く出来ています。左行秀を写して成功して、良く出来ています。お楽しみ下さい。
拵え 売約御礼
豊前住河野貞光作(今虎鉄) 現代 73.3 1.7 0.7 癸未年十月吉日(平成十五年)
河野貞光刀匠は、人間国宝月山貞一刀匠の弟子として修業後独立。素晴らしい切味の為に「今虎鉄」と言われ垂涎の的の刀です。現在は刀を作っておらず、余計に出れば、希望者が殺到いたします。本刀も姿豪壮で、地金小板目肌に力強い鍛えをして、刃紋は虎鉄の瓢箪(ひょうたん)刃を見事に焼き上げ「今虎鉄」の名をほしいままにしている名刀です。貴重な河野貞光の刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
葵紋康継於越前作之(初代康継三男) 現代 67.8 0.8
0.7 宮原範位所佩 明治二年二月日
祐利は備前加賀祐祐永の門、その二代目が筑後久留米に移住。宮原範位は久留米藩の家老と言われています。本刀は特別注文品として反りの浅い幕末勤皇刀の作りで寸法は短く使い勝手の良い様に特別注文品に作り上げています。地金は小板目肌良く詰み、刃紋は直刃明るく焼き上げて上手です。拵えも薩摩拵えが付いて、本刀を一層華やかに飾っています。お楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
肥後國八代住赤松太郎兼裕作 写清麿 現代 73.3 1.9
0.84 以自家製鉄鍛之 癸巳年二月吉日
現代刀匠で余りにも有名な熊本県八代住赤松太郎兼裕の見事な幕末の名刀匠 源清麿写しの素晴らしい名刀です。大切っ先姿堂々として源清麿独特の姿を現し、互の目乱れ刃素晴らしく勢い強く地金板目肌素晴らしく鍛えられ、強靭この上もなく清麿が目指した強靭さと切れ味を今に再現した名作です。源清麿写しの名刀をお楽しみください。
白鞘 売約御礼
古波平(長巻直) 鎌倉
中期
62.5 1.7 0.65 古波平は平安時代から鎌倉中期までを言う。本刀は鎌倉時代の建長頃1249年の古波平のすりあげ無銘の素晴らしい長巻直の太刀です。長巻の姿を充分に残し地金は板目に柾が交じり、良く詰んで細かな地にえがつき、綾杉肌を見事に現し、見どころの多い地鉄を鍛ています。刃紋は直刃で小にえがつき匂いが深い刃を焼き上げています。古波平の名刀は古来重要文化財や重要美術品に指定されている名品が多くしかしながら現存作品が素晴らしく少ない。古波平鎌倉時代をお楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼
河内守藤原国助(初代) 室町
末期
69.6 1.8 0.68 生まれは三重県伊勢亀山で、山城の堀川国廣の門に入り後、和泉守国貞とともに大坂に移住、大坂新刀の基となる。本刀は小板目良く詰んで細かな地にえがついた大坂地金で刃紋は備前長船与三左衛門尉祐定を狙った、元を直刃調に焼き先互の目丁子刃をむら無く焼き上げた、与三左衛門尉祐定の重要文化財に指定された刀より優れた名刀です。二代は中河内、弟子にソボロ助廣がおり、その子供が津田越前守助廣で初代国助が居たから大坂新刀が栄えたものです。但し初代河内守藤原国助の現存作非常に少なく本刀は貴重な名刀です。 白鞘
拵え
売約御礼
大和国住月山貞利作之花押(相州正宗写) 現代 75.8 2.2 0.84 (奈良県重要無形文化財)
次期人間国宝に一番近いと言われる月山貞利の相州正宗を狙った快心作です。板目肌すこぶる良く詰み地景も良く現れ、刃紋は相州伝のたれ互の目刃を上品に焼き、沸が一面に付き、相州伝の覇気有る刃を見事に焼き上げています。沸映りも盛んにたち、表棒樋と腰樋、裏も同じく棒樋と腰樋を堂々と見事に彫り上げています。相州上工に迫る迫力ある作品です。お楽しみ下さいませ。父人間国宝月山貞一刀匠の箱書きの有る桐箱が本刀の一層価値を高めています。
白鞘 売約御礼
正宗(三原正宗作) 室町
末期
65.7 0.9
0.72 文明1469年頃、備後三原に正宗と名乗る刀工が居ました。但し現物は大変少なく現在では大変貴重な刀です。冗談ですが、昔は家に正宗の在銘の刀が有ると行って見るとこの三原の正宗だったとの笑い話が有りましたが、正宗が余りにも有名ですので、三原を消して、正宗だけを残した刀が有ったかもしれません。但し三原正宗も有名ですが、現物を見る事が有りません。古来大変有名な貴重な三原正宗在銘の刀をお楽しみくださいませ。 白鞘 売約御礼
備州長船祐定 室町
末期
65.6 2.7
0.82 備前国長船祐定は名刀の代名詞として余りにも有名です。本刀は製作年代が有りませんが、永禄(1558年頃)の作でしょう。本刀は姿は先ぞりが強くついた末備前の独特の大変良い刀姿で、大変健全な刀です。地金は板目肌良く詰み備前独特の潤いのある地金で元から先まで見事な映り立ち、刃紋は直刃調に互の目丁子の足が良く入り、刃中葉が働き千変万化の変化を表し、素晴らしく覇気ある刃をむら無く焼き上げています。有名な備前長船祐定の名刀をおたのしみください。 白鞘 売約御礼
短刀 景光 室町
初期
22.6 0 0.52 本短刀は昔は備前長船景光とされていたものです。姿は内反りの古い短刀姿で地金は小板目肌良く詰み、映りが現われ、刃紋は互の目丁子刃を良く焼いています。互の目の頭が丸くなるところが加州景光と極められたものでしょう。時代は応永頃1394年と古く貴重な短刀です。拵えが素晴しく、目貫翁と翁那の高砂の図、頭は翁の図、縁は宝袋の図、鍔は元気に活き活きと暮らすのは長命の元であるとの意味の、長命保生の文字を高彫にし、小柄はお目出度い鶴の図、鞘は高蒔絵で長命保生と宝袋に熊手と箒をあしらい お目出度い高砂の図を現わしています。全てが大変お目出度い拵えとなっています。お楽しみくださいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
相模国剣白靖俊作 現代 70.1 1.6 0.74 昭和五十八年八月吉日
小野潔。昭和23年生まれ。横浜市、靖国刀匠靖要刀匠に師事。靖俊刀匠は靖国神社で作られた、靖国踏鞴の玉鋼を戦後一括して全て手に入れた刀匠として大変有名です。その為か古来靖俊刀匠の刀は大変良く斬れることでも有名です。本刀も盛んに試し切りをされた物か、良く使われています。地金は大変よく詰んだ小板目肌を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃に互の目が交じり刃中明るく大変良く出来ています。有名な靖俊刀匠の刀をお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼
伝孫六兼元(三代孫六兼元) 安土
桃山
64.3 1.6 0.66 孫六兼元は最上大業物として余りにも有名です。古来いくつものエピソードが語り継がれています。本刀は天正1573年頃の四代孫六兼元と鑑定されていますが。天正すりあげの姿を見れば、時代は遡り、天文1550年頃の三代孫六兼元の刀です。身幅広く豪壮な姿、地金小板目に柾肌が流れ、刃紋は家伝の三本杉乱れ刃が豪快に焼かれています。元々は2尺5寸もあった豪快な刀です。孫六兼元の刀をお楽しみ下さい。
白鞘
拵え
売約御礼
伝備前長船景光(軍刀拵え) 鎌倉
末期
64.9 1.7 0.7 本刀は鎌倉時代備前長船長光の子景光に思われる大すりあげ無銘の健全な刀です。姿は鎌倉時代の姿で地金は小板目肌良く詰み、乱れ映りが元から先まで現れ優雅です。帽子も小丸で上品です。刃紋は匂本位の直刃に互の目が交じり働き多く垢抜けた刃を焼いています。拵えは明治時代の軍刀拵えに、家に伝わる重代の刀を我が身近に置くために名刀を入れたものでしょう。明治の軍人の心意気が感じられる名品です。
拵え 売約御礼
大和守吉道 江戸
初期
72.6 1.1 0.77 大坂初代丹波守吉道の次男承応元年から延宝三年まで年紀のある作刀が有ります。本刀は身幅広く重ねの厚いしっかりとした豪壮な刀で小杢目肌良く詰み細かな地金に地にえが付き匂の深い大のたれ刃を大らかに焼いています。井上真改にもこの焼刃が有り大和守吉道のこの刃を見習ったものでしょう。時あたかも大坂には真改助廣が活躍大坂新刀の最も爛熟期を迎え、名門丹波一派の吉道も負けじと素晴らしい実力を見せた会心作となっています。吉道の名作を是非お楽しみください。 白鞘 売約御礼
肥後国八代住赤松太郎兼裕作 現代 72.8 1.9 0.67 重量さやを払い972g 互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼
武士道肥後國八代住赤松太郎兼裕作 現代 74.4 2.1 0.74 以自家製鉄鍛之 発巳初春
重量鞘を払い1,027g、備前伝鎌倉時代福岡一文字。写素晴らしく良く出来ています。
拵え 売約御礼
以大和天国 源貞弘造之(御物小烏丸造) 現代 63 1.2
0.74 (奈良県重要無形文化財)(御物)
(小烏丸造)
月山貞勝の弟子で人間国宝月山貞一と兄弟弟子の奈良県重要無形文化財喜多貞弘刀匠の小烏丸造写しの素晴らしい太刀です。貞弘刀匠は刀工として当時第一人者として大変有名な刀匠です。本刀は古来刀剣界では垂涎の的である、製作に大変難しい御物の小烏丸造を製作して、如何なく名匠喜多貞弘刀匠の実力を現しています。地金は板目が良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は直調の沸の強い湯走りも現した、格調高い刃を焼いて成功しています。素晴らしく良く出来た名刀です。お楽しみくださいませ。
白鞘 売約御礼
兼元(孫六兼元) 室町
末期
68 0.6
0.75 本刀は慶長(1600年)頃の新刀の孫六兼元と言われていますが、銘からは天文1550年頃の三代孫六兼元の銘です。地金が垢抜けた地金を鍛えている為に新刀に見たのでしょうか。刃紋は家伝の三本杉を見事に焼き上げて上手です。現代刀匠にこの三本杉の刃を焼かせても難しく中々焼けないものの刃紋の一つです。健全な孫六兼元の名刀をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
大和国住月山貞利作之花押 現代 73 1.9 0.78 全日本刀匠会理事長
(相州正宗写)
次の人間国宝に一番近いと言われる 月山貞利の相州正宗を狙った快心作です。板目肌すこぶる良く詰み刃紋のたれ互の目刃を上手に焼き、沸映り盛んにたち、表独鈷と二筋樋、裏に樋の中に素剣に二筋樋を素晴らしく上手に彫り上げています。相州上工に迫る迫力ある作品です。お楽しみ下さいませ。父人間国宝月山貞一刀匠の箱書きの有る桐箱が本刀の一層価値を高めています。

桐箱
売約御礼
尾州住藤原氏宣 江戸
初期
33.1 0 0.8 飛騨守氏房の門。岩巻派寛永十一年(1635年)に作られた剣です。本剣が有る為に、氏宣は名鑑では元禄頃の刀工となっていましたが、一時代遡る刀工で有ることがわかります。本剣は地金小板目肌素晴らしく詰み、刃紋はの覇気有るのたれ刃を焼き刃中の働きが素晴らしい、彫物も表は草の剣巻龍、裏は梵字に護摩箸を素晴らしく上手に彫り上げています。素晴らしい剣をお楽しみ下さい。 売約御礼
伝越前関 江戸
初期
64.8 1.3 0.75 寛文1661年頃の越前の刀工です。代表刀工は越前康継、長曽根興里入道虎鉄、等々名工を多く排出致しました。本刀も寛文新刀体配の反りの浅い切っ先の小さい優美な姿で、地金は板目肌が強く柾肌現れ、地金が北国地金でやや黒く輝いています。刃紋は互の目刃に逆丁子刃を交え足が良く入り金筋、砂流しを交え覇気有る刃を焼いています。長年の戦国時代も収まり、世の中は平和を満喫していましたが、道場では、竹刀剣道が大変流行り、突き技が大層行われ流行として寛文新刀と言う突き技に適した反りの浅い刀が大いに作られました。寛文新刀をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
南都住金房兵衛尉政次 室町後期 64.3 1.8 0.67 天正頃(1573年)433年前大和奈 良に古刀期末期を飾る金房一派が繁栄する。政次は代表刀工です。身幅広く切っ先が伸び重ね厚く地金小板目肌に柾が交じり刃紋は広直刃に互の目足しきりに入り、葉がしきりに交じり移りが鎬よりしきりにかかり備前長船清光に見える素晴らしい出来。政次の刀はおおにして備前長船の名工に見える位の素晴らしい刀になっています。本刀も鑑定会に出すと、備前長船清光の札が入るぐらいの名刀です。政次の名刀をお楽しみください。 売約御礼
大典太(国宝写)   68.2 2.8 0.92 (三池典太光世)正光造 徳川家康の佩刀で、久能山東照宮の神宝とされている「ソハヤノツルギウツスナリ」と中心に切った三池典太光世は余りにも有名です。本太刀は讃岐国住源正光刀工作。藤沢良吉。本刀は国宝として有名な大典太を素晴らしく良く写した名刀です。徳川家康が臨終に際し本刀を徳川家を守る守り刀として、西に向かって刃を立てて置くようにと、遺言をした事は余りにも有名な話です。是非お楽しみ下さいませ。   売約御礼
脇差 近江大掾藤原忠廣 江戸
初期
51 0.9
0.72 刀の代名詞と言われるぐらい名刀中の名刀肥前国忠吉の嫡男近江大掾藤原忠廣の脇差です。姿素晴らしく美しく、地金小杢目肌素晴らしく良く詰み、所謂小糠肌で刃紋は互の目丁子刃足が良く入り覇気が有ります。備前福岡一文字を狙った素晴しい脇差です。素晴らしく明るく冴えた刃を焼きあげています。中心の鑢目は勝手上がりとなり、本刀は三代陸奥守忠吉の代作代銘のすこぶる貴重な名脇差と言えます。拵えも長常の銘入った豪華な縁頭、始め豪華な拵えが一段と本脇差に華を添えています。 白拵 売約御礼
恭奉 国命 井上奇峯造(井上真改子)(井上真改大鑑所載) 江戸
初期
76 1.8
0.74 菊紋 寛文十三年八月日
井上奇峯は井上真改の子良忠の入道銘と今迄言われてきましたが、本寛文十三年銘の本刀が有る為に年齢的に良忠の異母兄ではないか、との推論が一部でなされて良忠と奇峯は別人との証の刀ではないだろうかとなっております。井上真改研究には無くてはならない貴重な刀です。本刀は寛文13年(1673年)は9月に延宝元年になりますが井上真改は43歳、国命と言う事は本国日向伊東家からの命により奇峯が造った刀です。井上真改家は代々日向伊東家で150石を賜る武士の為、本国日向に帰り武士になった為に作刀が大変少なく本刀は大変貴重な刀です。姿形鍛え、全て井上真改に似たものです。
売約御礼
備前国住長船宗左衛門祐定(希望銘) 江戸
初期
69.8 1.8 0.75 本刀は越前凡隆あたりの越前刀工の刀に宗左衛門祐定の銘を入れたものです。如何にも室町期の備前長船鍛冶の刀に見える地金を小板目肌に鍛え、刃紋は備前の匂口の締った刃を上手に焼いています。俗名宗左衛門祐定銘を切った刀を何かに役に立ててやってください。 売約御礼
因州住資護作(すけもり) 現代 65.1 1.6 0.79 昭和十八年三月日
資護(すけもり)刀匠は島根県の刀匠で平井姓。陸軍軍刀技術奨励会入選等大変活躍した名工です。本刀は地金小板目肌良く詰み、柾目肌を交え、刃紋はのたれ乱れ刃を変化有る、いかにも良く斬れるように、渾身の力で作り上げて、大変気合のかかった覇気ある刃を焼き上げています。お楽しみ下さいませ。
売約御礼
兼光 江戸
初期
33.1 0 0.8 飛騨守氏房の門。岩巻派寛永十一年(1635年)に作られた剣です。本剣が有る為に、氏宣は名鑑では元禄頃の刀工となっていましたが、一時代遡る刀工で有ることがわかります。本剣は地金小板目肌素晴らしく詰み、刃紋はの覇気有るのたれ刃を焼き刃中の働きが素晴らしい、彫物も表は草の剣巻龍、裏は梵字に護摩箸を素晴らしく上手に彫り上げています。素晴らしい剣をお楽しみ下さい。 売約御礼
三品但馬守兼光(大坂新刀)(希望銘) 江戸
中期
67.6 1.8 0.68 寛延頃(1748年)261年前京の伊賀守金道一派を三品一派と言います。希望銘ですがこの兼光の元は伊賀守金道から出た刀工です。本刀は小板目肌良く詰み、刃紋互の目に尖り刃を交え、所謂関孫六兼元写の三本杉の刃紋を見事に焼き上げています。拵えは黒ろう鞘に鍔は鉄松に雲透かし、縁頭、目貫は龍の図の心地良い拵えです。三品但馬守兼光と銘のあるの刀をお楽しみください。
希望 売約御礼
伝肥前国忠吉(後代 海軍正式軍刀拵付) 室町
末期
66.4 1.3 0.72 本刀は大すりあげ無銘となった、肥前国忠吉の7代目位の刀に、海軍軍刀拵をしたものです。海軍軍刀拵えは、艦船共々海底深く沈んでしまったために、現在は大変貴重なものです。刀は小糠肌よく詰み、刃紋は匂口きりりとしまった大変明るい直刃を焼いた肥前国忠吉後代です。 売約御礼
伝新々刀寿命 江戸
末期
72 1.7 0.62 宝暦文政(1804年)頃の寿命。初めて世に出てきましたので、少々錆等ありますがお手入れをしてやって下さい。本刀は地金は板目に柾肌が交じり刃紋は互の目が連続して美濃刀工の特徴を良く現わしています。寿命は古刀期より寿命が長く縁起が良いと言うので古来大切にされました。本刀は表に梵字に剣巻龍。裏護摩箸に爪の彫物が見事に彫あげられています。お目出度い寿命の刀をお楽しみ下さい。 売約御礼
出雲国貞永作之 現代 71.5 1.65 0.74 雲州住貞永刀匠は島根県重要無形文化財に指定されている名刀工です。新作名刀展で特賞寒山賞受賞等毎年受賞する名工です。本刀は小板目肌素晴らしく良く詰み互の目丁子刃素晴しく足が良く入り、備前鎌倉時代福岡一文字を忠実に素晴らしく良く写しております。貞永刀匠は大阪月山刀匠の貞勝刀匠と貞永の父貞善刀匠が兄弟弟子の為に、兄弟全て月山一門に付く貞の字が付けれれています。名工貞永刀匠の名刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
池田正行作之(大兼光写) 現代 69.7 1.8 0.74 (太刀銘)(卍正行として有名)(大兼光写)
昭和五十一年十月吉日
池田辰男大阪府堺市。昭和13年生、卍正行として有名刀工です.全日本刀匠会会員。本刀は備前大兼光を写した太刀で、地金小板目肌よく詰み、刃紋は兼光写の匂口の締ったのたれ刃を上手に焼き上げています、ひけが付いているのが残念ですが名刀です。大阪の数少ない刀匠の刀をお楽しみ下さい。
売約御礼
新井一貫斉政幸 現代 71.1 2 0.72 新井幸一明治41年生。埼玉県岩槻市。酒井一貫斉繁正門。繁正刀匠は無鑑査。笠間繁継門の逸材として有名な刀工です。同門に鬼才塚本起正がいました。本刀は姿堂々として、地金は板目肌良く鍛えられ、刃紋は互の目丁子刃を焼き刃中砂流等を交え覇気有る刀を鍛え上げています。昭和50年頃の作品で政幸刀匠67歳の脂の乗り切った名刀です。 売約御礼
新井一貫斉政善作(則重写) 現代 74.4 2 0.77 平成三年十一月
政善刀匠は本名新井善市、埼玉県岩槻市。全日本刀匠会会員。本刀は地金大板目肌所謂、正宗十哲の一人越中則重の松皮肌を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃、刃中金筋砂流を交え相州伝の華やかな作品を現しています。どうぞ現代刀匠の相州伝の醍醐味をお楽しみ下さいませ。
売約御礼
伝浜部寿幸 江戸
末期
66.8 1 0.75 本刀は身幅広く、切っ先の延びた豪壮な姿で、地金は小板目肌よく詰み、地金の綺麗な鍛えをし、刃紋は匂の良く締ったきりりと明るい互の目乱れ刃を格調高く焼いています。浜部派の刀は現在作刀数非常に少なく、寿実の弟子、河村三郎寿隆が信州上田へ行き、兄の真雄、弟の源清麿兄弟の師となったことは大変有名な話です。本刀も地金が大変綺麗に鍛えられて、刃紋が浜部派の独特な匂のきりりとしまった明るい刃を焼き、江戸時代の半太刀拵えも一段と本刀に華を添えています。 売約御礼
脇差 伝新刀祐定 江戸
初期
74.7 1.6 0.71 寛文1661年頃の備前長船刀工の代表者横山平兵衛、七兵衛祐定の子供の横山上野大掾藤原祐定あたりの刀でしょうか。本刀は地金板目肌良く詰まり焼き出しを直刃調に焼き出し、互の目丁子刃を素晴らしく華やかに焼き、焼き高く大変上手な華やかな刃紋を焼いています。名工与三左衛門祐定を彷彿とさせる名刀です。新刀祐定中の第一人者の上野大掾祐定あたりの刀と思われる名刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 三原(仕込み杖拵付) 室町
中期
39.4 0   本脇差は備後(広島県)三原の寛正頃(1460年)(550年前)の名脇差です。地金は小杢目肌に焼きの狭い細直刃を元から先まで見事に明るく焼き上げ、帽子は小丸に返りが深く返り、これを三原の滝おとしと古来言われて特徴としています。大変品格のある脇差です。又高位高官が明治時代護身用として持ったと言われる、仕込み杖拵えが付いています。どうぞお楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼
村正(妖刀村正)(佐藤寒山鞘書) 江戸
初期
75.2 2 0.7 妖刀の名で世界的に有名な村正の刀です。本刀は地金すこぶる小板目肌良く詰み。刃紋大のたれ刃大変覇気有る刃を焼いています。村正は伊勢の刀工、徳川家にあだ名す刀ということで、徳川幕府では特に忌み嫌った刀ですが、有栖川親王が戊辰戦争の時に東征軍総大将になり、徳川幕府を打ち倒すとの意味を持ち、その時の佩刀が村正の刀で有ったことは、大変有名なお話です。 村正と銘のある刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 陸奥守橘為康(業物) 江戸
初期
39.2 0.8 0.62 延宝八年二月日(1680年)
父為康は生国は近江国石塔村で富田将監と言います。大坂石堂の祖備中守康廣の父。紀州に移住して紀州石堂の祖となりました。本脇差は長男橘為康です。紀州には南紀重国の相州伝と大和伝、そして土佐将監為康の備前伝とが良きライバルとして切磋琢磨していました。本刀は石堂系の備前伝で鍛錬されており地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、強い強靭な地金を鍛えています。刃紋はのたれ刃に互の目丁子刃を焼き素晴らしく覇気にとんだ刀を鍛えています。拵えも一段と本刀に華を添えています。
売約御礼
脇差 荘司勝弥直秀 江戸
末期
35.4 0.3 0.7 万延元年八月日(1860年)
大慶直胤の養子の次郎太郎直勝の子。 荘司勝弥天保4年生。本脇差は直秀27歳の作。伊勢津藩藩工。本脇差は片切刃造の姿美しく、地金は小板目肌よく詰み刃紋は次郎太郎直勝に似た素晴らしい互の目丁子刃を明るく焼き上げています。当時の拵えが本脇差を一段と華やかにしております。お楽しみ下さいませ。
白拵 売約御礼
廣山吉永作 現代 71.4 1.05 0.83 重量鞘を払って1230g相州正宗写しのたれ乱れ刃よく出来ています。
売約御礼
伝細川正守 江戸
末期
76.8 2.3 0.65 重量鞘を払って1080g備前伝互の目丁子素晴らしくよく出来ています。
売約御礼
源清麿 と銘あり 江戸
末期
74.2 1.7 0.75 嘉永三年八月日
本刀は源清麿38歳嘉永2年頃の作となっておりますがあくまでも御愛嬌です。しかし源清麿銘は本物に迫る上手な銘で大変源清麿の銘を研究されています。本刀は切っ先の延びた清麿独特の姿で地金は板目肌よく詰み、刃紋は清麿の互の目刃を堂々と焼き上げています。源清麿を持ちたいけれども、高いので持てない方は是非本脇差で我慢をして下さい。拵えも手の込んだ高価な金具一作拵えが付いています。
売約御礼
脇差 菊紋伊賀守藤原金道(二代)(業物) 室町
末期
54.6 1.2 0.74 初代伊賀守金道は文禄二年二月(1593年)二条関白が京へ下向の時に父兼道と共に4兄弟が上京しました。文禄三年(1594年)伊賀守受領して禁裏御用となりました。関ヶ原合戦の直前徳川家康より太刀千腰の注文をうけた際、在京の鍛冶を金道の支配下に入れることを条件に注文を引き受け、戦後徳川家康の取次にて日本鍛冶惣匠の勅許を受けました。本脇差は二代金道三品官兵衛の豪壮な脇差です。相州伝のたれ乱れ刃素晴らしく良き出来ています。拵えも藻柄子宗典の小気味良い拵えが一層本脇差に華を添えています。 白拵 売約御礼
伊豆住人榎本貞吉 現代 70.4 2 0.7 昭和巳未秋吉祥日昭和五年八月十二日誕生大橋連一氏望作
無妙法蓮華経(越中則重写)(銀一作拵付)(無鑑査刀匠)
貞吉刀匠は明治41年生まれ。本名榎本栄七郎。大阪月山貞勝の弟子で、人間国宝月山貞一刀匠と兄弟弟子の本刀は榎本貞吉刀匠の作。本刀は正宗十哲の一人越中則重写しの地金松皮肌の素晴らしく再現された名刀です拵えは金具は全て銀無垢金具が本刀を一層華やかにしています。
売約御礼
新々刀高田 江戸
末期
73.5 1.4 0.75 本刀は生ぶ無銘の幕末慶応頃1658年の豊後大分県の大変物切れの良いとされる高田の刀と言われていますが、本来はもっと上級の刀です。姿元身幅広く先身幅も広く、豪壮な姿をし、地金は素晴らしく小板目肌よく詰み、地金強くそして明るく冴えています。刃紋は直焼き出しがあり乱れに濤乱刃を見事に焼き上げています。今にも波が押し寄せてくるような迫力のある刃を見事に焼き上げています。素晴らしい名刀をお楽しみ下さい。
売約御礼
武士道肥後国八代住赤松太郎兼光作 現代 73.5 1.8 0.77 重量:鞘を払い1025g 備前伝互の目丁字刃素晴らしくよく出来ています。 売約御礼
肥後国八代住赤松太郎兼裕作 現代 73.2 1.6 0.74 重量:鞘を払い982g 互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
売約御礼
武蔵国加藤祐国作之(備前伝福岡一文字写) 現代 74.3 2.3 0.84 昭和五十六年二月吉日応山本武雄氏需
本名加藤和明。東京目黒住。昭和3年生れ全日本刀匠会会員。努力賞、入選多数。堀井胤明の門の、父先代祐国恒康に習う。本太刀は祐国刀匠53歳の一番脂の乗り切った時の代表作。姿は鎌倉時代中期の腰反り高く、元先の幅の差が少く、切っ先は猪首切っ先に詰まり豪壮な姿を現し、地金は小板目肌素晴らしくよく詰み、強い地金を鍛え、刃紋は福岡一文字写の互の目丁子刃を華やかに豪華に焼き大変覇気の有る名刀です。祐国刀匠の代表作品をお楽しみくださいませ。
売約御礼
肥後国住兼幸作 現代 71 1.8 0.74 重量さやを払い939g 互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
売約御礼
出雲国住貞法作(島根県重要無形文化財) 現代 73 1.6 0.65 重量さやを払い927g 備前鎌倉時代福岡一文字写 互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。
売約御礼
河内守国助 江戸
初期
67.7 1.7
0.67 初代国助の子中河内と呼ばれ大坂新刀で助廣や真改とともに素晴らしく有名な名工です。又その華麗な刃紋から新刀一文字と呼ばれています.地金小板目肌良く詰み素晴らしく良く出来ています。刃紋は匂い出来の互の目丁子刃を素晴らしく良く焼いています。河内守国助の名刀を是非お楽しみください。 売約御礼
武州下原住広重 江戸
中期
66.3 1
0.65 山本藤太作之
北条氏照より照の字を授けられ下原照重と改めた初代照重の次男が広重家を起こし、代々武州八王子で代々幕末末まで続きました。本刀は4代目宝永1704年頃の作で姿は大変優美で、地金は小板目肌に柾肌を現し、刃紋は直刃で一分二重刃を現し、俗名の山本藤太とわざわざ後世に名を残す為の快心作です。父の3代目下原広重は三戸光圀の刀を鍛え「宗国」の名を賜わる名誉ある下原刀工です。
白拵 売約御礼
太刀 則光 室町
中期
78.4 2.5
0.76 加賀天文(1532年)頃の則光の太刀です。反りが深くやや黒ずんだ地金が北国地金を現わし、備前風の腰の開いた互の目刃を焼き、元幅と先幅の差が有り、切っ先小さい鎌倉期の太刀姿。加賀の古刀則光の現存作少なく大変貴重な刀です。本来は備前の則光が有名な為に今までは備前国の則光とされていたものと思われます。江戸期の朱塗鞘の付いた拵えも貴重で本太刀に一層の華を添えています。加賀古刀則光をお楽しみください。 白拵 売約御礼
短刀 杉田善昭作 現代 29.3 0.2
0.58 (天才刀工として有名)
杉田善昭刀匠は現在61歳、平安鎌倉期の刀を目指してそれを成功している刀工として東の大野義光、西の杉田善昭として有名です。本刀も素焼きの技法で焼きば土をおかずずぼ焼で焼き鎌倉時代の福岡一文字の太刀を見事に再現しております。地金板目肌良く詰み乱れ映り見事に出し現代刀工でこのような見事に映りを再現させた刀工は杉田善昭刀匠しかおりません。お楽しみください。
売約御礼
長良川辺 高羽弘作之(正宗写) 現代 71.2 1.5
0.69 平成元年春吉日
全日本刀匠会会員、努力賞やあまたの賞を取っている、高羽弘刀匠の相州正宗を狙った快心作です。姿は切っ先の延びた堂々とした姿、地金は小板目肌素晴らしくよく詰み、刃紋はのたれ刃に互の目が混ざり、相州伝の二筋樋が素晴らしく良く掻れ、相州正宗を素晴らしく上手に再現して成功しています。高羽弘刀匠の名品をお楽しみくださいませ。
売約御礼
因幡国住天龍子秀寿作之(長義山姥切写) 現代 71.1 2.2 0.82 (長義山姥切写)
金崎秀寿。鳥取市。昭和19年生まれ。全日本刀匠会会員、努力賞、入選多数。本刀は地金小板目肌良く詰み、刃紋備前長船長義の相伝備前の、互の目丁子刃奔放に華やかに焼き上げ、現在重要文化財に指定されている、長義山姥切りと号のある刀に大変良く迫る上出来の出来栄えを示しています。堀川国広が長義の太刀を摺り上げて大変有名な刀です。
売約御礼
雲州住貞法作(島根県重要無形文化財) 現代 69.9 1.9 1.43 重量:さやを払い1300g 備前長船長義写 良く出来ています。
売約御礼
正利(村正門) 室町
末期
70.7 1.2 0.68 坂倉関、本正利は天文頃(1532年)銘の正の字が千子村正の正と一緒の為 村正との交流が有ったものと思われ、本刀は正真の子とされ、村正門人とされています。本刀は板目に柾が交じり白気心の地金に匂出来の互の目乱れを焼き、所々互の目の頭が尖っています、切れ味鋭い正利の名刀をお楽しみ下さいませ。
売約御礼
脇差 薩州谷山波平行安 室町
初期
46.5 1.2 0.72 波平行安は波平系の直系頭領鍛冶の名跡です。本脇差は室町初期応永頃の作。居住地の谷山を入れているのは大変貴重です。応永四年(1397年)谷山の城主、谷山入道仏心が島津氏の為に敗れ退去したために数百年領主として仰いだ谷山氏が敗走したために一時期波平鍛冶の衰退をみます。本刀は応永4年以前に作られた事が分ります。谷山の地を彫り込んだ資料的に大変貴重です。古来波平の刀は波平らかに行く手安しと海軍関係で大変高価に取引された刀です。最大特徴の綾杉肌顕著に表れた代表的名脇差をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
国一作(高見太郎国一) 現代 74.2 1.8 0.77 現代刀工の最高峯河内国平刀匠の一番弟子として余りにも有名な、高見太郎国一刀匠の鎌倉時代備前福岡一文字を狙った豪壮な作品です。地金小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は華やかな備前福岡一文字の華やかな丁子刃を明るく焼き、刃紋に高低差が有り大変覇気有る名刀を造り上げています。上研ぎであればもっともっと本来の実力が遺憾なく発揮される名刀です。
売約御礼
雲州住貞永作之 島根県重要無形文化財 現代 72.6 1.6
0.58 重量:鞘を払い860g 備前伝鎌倉時代福岡一文字写 互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。 売約御礼
肥前国肥後大掾源種廣 江戸
初期
67 1.1 0.7 肥前国市太郎源種廣とも銘を切ります。寛文1658年頃(352年前)の肥前刀工で肥前忠吉家では三代陸奥守忠吉が活躍していた同時代の刀工です。本刀は地金は小糠肌良く詰み、刃紋は互の目丁子刃に良く沸が付き、備前一文字の様な華やかな丁子刃を、見事に焼き上げています。これを称して新刀一文字の称号を贈っても良いのではないでしょうか。素晴らしい働きの名品です。拵えも鞘は花弁の様な漆塗り華やかに、縁頭鐺金具は江戸肥後金具、鍔は越前記内菊花透かしの素晴らしい金具が一段と本刀を華やかに飾っております。お楽しみ下さいませ。 売約御礼
近江守藤原継平 江戸中期 67.8 0.9 0.85 本刀は安永二年1774年作。越前三代康継門人が初代寛文時代の継平。本刀は六代続く継平の四代目江戸の名門刀工です。本刀は板目肌良く詰み、美しい地金を鍛え、互の目丁子刃素晴らしく高く覇気ある刃紋を焼き腰樋に副え樋表裏に不動明王の梵字を彫り一段と本刀に華やかさを添えています。武家の町江戸の名刀をお楽しみ下さい。 銃砲 売約御礼
短刀 月山 室町
末期
20.9 0 0.57 本短刀は出羽の国、永禄1558年の月山です。地金は典型的な綾杉肌を鍛え、刃紋は細直刃を見事に焼き上げています。月山は余りにも有名ですが、古刀期の月山の在銘作は、消耗されてしまった為か大変少なく貴重な物です。本短刀には牡丹の花をあしらった金無垢目貫を付けた、出し鮫合い口拵え、小柄笄も銀無垢で牡丹の花を彫り、大変気の利いた合い口拵えが、本月山の名短刀を一層華やかにしています。 白拵 売約御礼
肥前国住一吉作 写清麿 現代 75.5 2.2
0.85 中尾一吉は昭和14年生まれ現在72歳。新作名刀展優秀賞2回、奨励賞2回努力賞4回を受賞する名工です。本刀は新々刀の巨匠源清麿を写した一吉最高傑作の名刀です。地金板目良く詰み刃紋清麿の互の目丁子刃素晴らしく良く焼け豪壮な姿いかにも源清麿の名刀を目の前に再現した素晴らしい力作です。現代刀工の名匠一吉の豪壮な名刀をおたのしみくださいませ。 売約御礼
靖国刀 靖徳(太刀銘)(昭和天皇陸軍軍刀同時作) 昭和 67 2.1
0.81 昭和九年一月は昭和天皇陸軍軍刀を納めた同時の作です。靖徳刀匠は初代靖国刀匠として第一回の靖国刀をこの世に送り出した歴史的刀匠です。昭和天皇の軍刀製作を拝命した。本刀は靖国刀の基本が造られた代表作品です。長さは2尺2寸1分腰反、小切っ先、刃紋直刃、この刀が靖国刀の基本とされたものです。靖国刀の基本は備前長船景光の直刃を目標としたものです現在は大変貴重な靖国刀を是非お楽しみくださいませ。 白拵 売約御礼
小反(備前南北朝期長巻直造) 南北
67 1.8 0.4 本長巻き直しの刀は薫山鞘書によりますと、古来鎌倉時代の備前国福岡一文字と極められた名刀です。地金は板目肌素晴しく良く詰み、乱れ映りが現われ、刃紋は互の目刃に所々肩落互の目を現わし大変覇気有る刀です。鞘書によりますと陸奥国早坂家伝来となっています。 売約御礼
太刀 濃州二十三代藤原兼房作(岐阜県重要無形文化財) 現代 82.2 1.8 0.86 本刀は2尺7寸1分の姿素晴らしく堂々とした太刀です。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋互の目刃素晴らしく良く焼かれ刃中素晴らしく明るく、金筋が現れて兼房の快心作です。兼房23代は代々室町期より続く名門刀工です。23代兼房は名工の誉れ高く良い作品を現代に残しておられます。岐阜県重要無形文化財に指定されておられます。 売約御礼
伝了戒(来国俊の子) 鎌倉
末期
69 1.5
0.68 来国俊の子の了戒の太刀です。鎌倉末期 永仁頃1293年(718年前)了戒は来国俊17歳の時の子で、通称を五郎と称し16歳で出家し法号を了戒としました。本太刀は来国俊に似て、やや細身の太刀姿、凛とした高貴な姿が素晴しく良く。地肌は小板目肌が良く詰んで、細かな地沸がつき、乱れ映りが立っています。刃紋は小沸出来の直刃素晴しく良く出来ています。山城了戒の名品をどうぞ。 売約御礼
脇差 伊賀守金道(初代) 江戸
初期
37 1.1
0.63 名門山城伊賀守金道家初代、関兼道の長男。文禄2年(1593年)二条関白下向の時父兼道と共に兄弟4人がお供にて上京。文禄3年伊賀守を受領して禁裏御用を承ります。関ヶ原合戦の直前徳川家康より太刀千腰の注文を受けた際、在京の鍛冶を金道の支配下に入れる事を条件に注文を引き受け、戦後家康の取次にて日本鍛冶惣匠の勅許を受けました。本脇差も切っ先が延び身幅の広い豪壮な姿で地金は板目が流れて柾が交じり志津を写して素晴らしい出来です。初代金道は大変少なく貴重な脇差です。お楽しみ下さい。 白拵 売約御礼
肥前国住近江大掾藤原忠廣 江戸
初期
68.1 1.5
0.73 肥前忠吉の二代目として刀剣界の超有名工。本刀は身幅重ね充分に適度に反って上品な姿。地金は小板目肌深く錬れて詰み、地景太く働き、地にえ沸いて潤いのある小糠肌となり。中直刃の刃紋は小にえ均一に付いて匂い口柔らかく刃境に細かな金筋、砂流しかかり、刃中匂いで透明に澄む。付帯する拵えは美濃金工一作拵えで高価な拵えが付いています。 白拵 売約御礼
正直 江戸末期 77.2 2.8 0.7 銘振りから上総国正直と思われ、源清麿弟子の清人の弟子とされる。
慶応頃本国房州、後に江戸に住む
本刀は長寸で反り深く地金板目肌良く詰み、刃紋は互の目に素晴らしく良く足が入り覇気ある作品となっております。本刀は初で出たために未審査ですが楽しみな刀です。現存刀が少ない源清麿のゆかりの刀をお楽しみ下さい。
売約御礼
備前国岡山住祐定作 室町末期 69.3 2.2 0.72 天文頃(1542年)頃の祐定の典型的作品です。板目肌良く詰み映り立ち、刃紋は蟹の爪を現した腰開きの刃紋を素晴らしく明るく焼き良く出来ています。本祐定は従来備前長船に住んでいたのが吉井川を渡ったところが岡山の為岡山移住本刀を鍛え上げた物です。岡山住と切るのは非常に珍しく或は備前長船で日頃は鍛刀していてある時に岡山に移住して本刀を打ち上げた物でしょう。非常に岡山住と切った珍品の貴重な祐定の名刀を御楽しみください。 白拵 売約御礼
お守り短刀 現代 17.3 0 0.7 地金柾目肌に小板目肌交じり、刃紋互の目乱れ刃良くにえて姿堂々と又鋭さを現しおそらく造に通じる姿を現し、一見源清麿に通じる作刀を感じられます。拵えも鞘は腰を1分刻みで刻み螺鈿で桜の花を散らし柄は1分刻みに刻み全体に黒ロウ漆を掛けています。笄は四分一で割り笄とし素晴らしく粋な拵えとなっております。お守り短刀として大切に大切にされていたものです。是非お楽しみくださいませ。
  売約御礼
正次 手槍 江戸中期 18.8 0 0.5 武州正次の江戸初期の手槍 本槍は武士のたしなみとして屋内護身用に又は籠に乗ったときの護身用に製作されたもので江戸中期の拵えも大変貴重なものです。野外戦闘用でない為に屋内用に柄を短くして屋内戦闘に有益なように作られています。現在どのような侵入者があるか判らないこのような時節、格自で自分を守る為自分や家族を守る為にも、昔の武士に見習って一家に一振りこのような手槍をお持ちください。
売約御礼
越前国昭嘉 現代 22.6 0 0.63 橋本嘉彰は現代刀匠の恩人栗原彦三郎昭秀の門人、同門に人間国宝宮入昭平、天田昭次というそうそうたる刀匠が同門としています。本短刀は小杢目肌良く詰みのたれ乱れの刃紋に力強さを感じ、乱れ来国俊を彷彿とさせる名短刀となっています。拵えも新作ですが春慶塗合口拵え虎の目貫と龍の小柄で竜虎を現し現在同じ短刀を製作いたしますと50万円程かかります。今回は特別に格安にお願い申し上げます。是非お楽しみください。   白外 売約御礼
短刀 伝 綱廣(新々刀) 小笠原家伝来 短刀 江戸後期 24 1.3 0.43 小笠原家伝来の新々刀相州伝綱廣の名短刀です平造に棒樋を彫り板目良く詰み、刃紋素晴らしく暴れ相州伝の典型作です。拵えは堅木造り非常にお金の掛かった鞘に朱漆が所々に残って時代の風流さを非常に表しています。縁金は小笠原家の定紋を配し目貫は金無垢小笠原家の定紋が入っています。和歌山紀州家の家老の家に大切に伝わった名短刀をお楽しみください。 外白 売約御礼
短刀 兼常短刀 室町後期 27.0 0.3 0.5 時代天文頃(1542年)頃 織田信長より関鍛冶総領事の称を貰い、関鍛冶の頭領となった有名な兼常の名短刀です。腰の開いた覇気ある互の目丁字の刃を焼き素晴らしい名短刀となっております。短刀拵えも銘木を組み立てた驚くほどの手の込んだ素晴らしい拵えがついています。是非この機会に関の頭領鍛冶の名短刀をお楽しみ下さいませ。 白外 売約御礼
宇多国宗 室町後期 64 1.72 0.5 時代文明(1469年)頃 538年前の越中の名工本刀は宇多国友の子と言われ法号は光心という。宇多の刀工は本国大和で文保頃(1317年)鎌倉時代末期に移住国宗は初代国光の子供が代々継いで居ます。本刀は板目に柾が交じり、肌立つきみがあり地にえつき刃紋は直刃で刃中すばらしく覇気があります。特に宇多の刀の特徴は柾目肌が顕著に表れるのが特徴です。本刀は北国地金の黒ずんだところが無く非常に垢抜けた名刀です。現存在銘の非常に少ない宇多国宗の名刀をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
太刀 助宗 室町中期 68.5 2.2 0.5 島田助宗(天文1532年)頃の太刀です。助宗は備前から移住した刀工と言われ本刀も全て備前伝板目良く詰み互の目乱れ金筋入り、乱れ移りが鎬よりあざやかに現れ素晴らしく覇気の有る太刀です。物打ちより切っ先にかけて反りが無く、切っ先も小切っ先となり時代の古さを現しています。銘も助宗と太刀銘に大ぶりに切り雅味が感じさせられます。時代の古い初代島田助宗の太刀をお楽しみください。 外白 売約御礼
津田越前守助廣 江戸中期 72.0 1.2 0.74 大坂新刀の横綱延宝二年二月の作刀より近衛風の草書体で銘を切りそれを 「丸津田」と尊称し特に珍重しています。本刀は助廣40歳の一番最高潮に達した時の名作です。助廣の考案した濤乱刃の最高傑作品がこの刀と古来言われています。刃中むらなく素晴らしく明るい刃は他のどの刀匠にも真似の出来ないものです。助廣は濤乱刃が有名ですが、本刀の様に完成した濤乱刃は助廣自身の刀の中でも数本にすぎません助廣最高傑作品をお楽しみください。
特保 売約御礼
伝播磨大掾藤原重コ 江戸
初期
68.1 1.3 0.73 本刀は越前鍛冶の代表刀工の重高です。時代は慶長から元和1619年頃の慶長新刀です。生国は信州飯田で、関兼則門人となり、天正頃兼則の越前移住に従って移住してきました。地金は板目に柾が交じり地肌に地にえが付き、鉄色が黒ずむ気味があります。刃紋は小にえ出来ののたれ刃で匂いの深いものです。古来重高の刀は業物として武士に大変人気の刀です。後輩に有名な長曽根奥里虎鉄が現れてきます。お楽しみ下さいませ。 売約御礼
無銘(大和古剣) 鎌倉 18.5 0 0.45 本剣は大和千手院の鎌倉時代の今から750年前の貴重な剣です。剣は高僧の仏事に使用するために特に念入に製作されています。地金小杢目肌良く詰み、映りが現われ、刃紋直刃素晴らしく匂いが締りむらなく焼かれ出来が素晴らしい。古来剣は名工しか出来ないと言われ、古剣の殆どは国宝、重要文化財に指定されている物が多いです。大和古剣をお楽しみください。 売約御礼
隠岐國住沖光作 現代 70.7 1.9 0.8 本名原寛。昭和3年生。元陸軍寿命刀工。陸軍軍刀奨励会会長賞。国工院会員名誉宗匠。本刀は昭和57年、沖光刀匠54歳の時の新作名刀展の出品作として造られたその年の最高の快心作です。備前長船長光を狙った作で、地金小板目肌良く詰み、刃紋は長光の互の目丁子刃を元から先までむらなく焼き、横手下を長光と同じく直調で焼き、ぼうしは直調にそして途中でのたれた三作ぼうしを見事に焼き上げています。隠岐の有名刀工沖光の出品作をお楽しみください。 売約御礼
二十七代兼元 現代 71.1 1.1 0.78 大正13年1月生。金子達一郎孫六と号す。昭和19年孫六を襲名。得印派の金子孫六家の嫡系。本刀は家伝の地金板目肌に柾目肌を交え、力強い地金を鍛錬しています。刃紋は家伝の尖り互の目、所謂不規則な三本杉を素晴らしく巧みに焼きあげています。拵えも鉄金具を使用して昔の拵えを再現致しております。孫六兼元27代目をお楽しみくださいませ。 白拵 売約御礼
横刀 円真造之 大正 43.9 0 0.65 源清麿門の鈴木正雄の門人。源清麿の孫弟子となります。元々は豊橋藩士大正9年75歳で亡くなっていますので、本横刀は70歳の作となります。本刀は弥生時代の剣を忠実に写した名作です、後々毛抜き型太刀になる前の姿の剣です。この剣と同じものが円真作で昭和名物帳に登載されていますので生涯何振りか残したものの貴重な一振りです。見る事が出来ない横刀をお楽しみ下さい。 売約御礼
南紀真改造 江戸
末期
76.6 1 0.83 文久1861年頃紀州の刀工。紀州石堂の刀工。昔から大阪井上真改に間違われた刀工です。本刀は小板目肌良く詰み杢目が交じり、井上真改ばりの直刃を焼いて素晴らしく上手に焼き上げています。本人も大阪の井上真改に憧れ、井上真改の作刀を目指して打ったものと思われます。廃刀令の為に現存南紀真改の刀が大変少なく、大変貴重な刀となっております。和歌山の郷土刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
肥後国有貞 江戸末期 73.5 1.65 0.7 有貞は肥後熊本藩士六千石の大身の武士。父有宗は沼田英記と言い、水心子正秀や奥元平に鍛刀の手ほどきを受け、子の有貞は同田貫宗廣の手ほどきを受け本刀を作り上げています。六千石の藩士は細川家の一門で、殿様として尊敬されていました。本刀は板目良く詰みにえ出来の互の目丁子刃素晴らしく明るく地金の良さを現しています。拝一刀で有名な肥後同田貫の名刀をお楽しみください
売約御礼
備州長船祐定 室町
末期
66.8 1.5 0.8 本刀は永禄6年1563年今から446年前織田信長と今川義元の桶狭間の戦いが有った後3年後に作られた名工備前長船祐定の典型作です。身幅頃合いで重ね厚く中切っ先。先反りの付いた優美な姿に、地金板目肌良く詰み、刃紋は直刃を焼き、非常に覇気の有る焼きを入れています。拵えは幕末の虫ずくしの高蒔絵を施した素晴らしい太刀拵えが本刀をより一層華を添えています。この様に優美な刀は侍大将の特別注文品で、名の有る武将の持ち物で有ったと想像されます。戦国時代の花の有る備前長船祐定の名刀をお楽しみ下さい。 白拵 売約御礼
伝波平 室町
初期
81.7 2.2 0.75 本波平は薩摩の鹿児島の名工で平安時代から続く刀匠です。本刀は室町初期の太刀で、姿は踏ん張りがあり、反り高く大変古調な造りとなり、地金は板目肌が流れて一部は刃縁に綾杉肌を交え、地金やや黒く、刃紋は直刃に互の目を焼、素晴らしく上品に焼かれております。時代はもっと遡り南北朝末期頃かもしれません。波平鍛冶は平安時代より幕末まで70数代続く名門刀匠です。古い波平の名刀を是非お楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼
下総大掾藤原兼正 江戸
初期
70.3 1.4 0.67 延宝(1673)越前下総大掾藤原兼正関 兼法五代の孫。本刀は大変貴重な井伊家の城下町彦根打ちの名作です。地金は小杢目肌素晴しく良く詰み、当時大坂で津田越前守助廣が考案した濤乱刃を兼正独特の刃紋として焼き上げ成功しています。あたかも打ち寄せる波が大きく泡と散る様子が大胆に焼き上げており兼正最高傑作の名刀となっています。江戸時代の拵えも粋な拵えが付いており当時の武士の身分の高さが窺がえます。兼正の名刀をお楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼
備前国長船七郎衛門尉祐定作 室町
末期
65.9 1.15 0.68 天正11年(1583年)426年前 豊臣秀吉と柴田勝家との賤ヶ岳戦の時に作られた名刀。七郎衛門尉祐定は  小早川家のお抱え鍛冶。本刀は板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は直刃調に互の目の足が入り良く出来ています。拵えは銀揃い金具の突兵拵えの見事な拵えが付いています。幕末西洋式軍服に合わせて作られたものです 白拵 売約御礼
伝 来国真 鎌倉
後期
69.1 1.3 0.67 鎌倉末期正和1312年頃の来国俊の子と言われる来国真の名刀です。本刀は地金小板目肌良く詰み、にえ映り見事に現れ刃紋はのたれ刃に蕨手丁子刃を交え素晴らしく覇気有る刃を焼いています。山城伝に相州伝が特に強調されたところで来国真の極め良くうなずけるものです。藤代興里氏の研ぎが出来上がったところです。来国真の名刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
備長船利光 南北
69.3 2.7 0.74 南北朝の永和4年(1378年)631年前の生在銘の太刀です。本刀は小板目肌良く詰み、乱れ映り立ち、刃紋は互の目丁子刃素晴らしく良く焼いています。利光は備前長船長光門の俊光が祖父にあたる刀匠で備前正系を継いだ名刀匠です。佐竹家は 54万石から関ヶ原以降反徳川の為に秋田に20数万石に減じられて秋田に移付をされました。幕末まで連綿と続いた東北雄藩の伝来品です。 白拵 売約御礼
播磨守来國次 江戸
初期
70.9 2.1 0.66 寛文(1661年)頃備中水田住国次の銘が有る刀から、国次は備中水田国重一統の刀工です。本刀も水田刀工の代表的新刀相州伝を見事に再現した名刀です。地金は板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は相州伝のたれ乱れ暴れまくり、金筋、砂流しが現われ、素晴らしく覇気あるにえ本位の刃を焼成功しています。昔は本刀の様な刀を相州正宗、になっていたものと思います。拵えも豪華に鍔、縁頭、目貫、栗型、鐺金具が全て龍の図の豪華な金具が付いた素晴らしい拵えです。どうぞ拵え共々お楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼
越前守助廣 江戸
初期
75.4 0.9 0.77 大坂新刀の横綱津田越前守助廣の万治四年頃(1661年)助廣弱冠25歳の元気あふれる名刀です。本刀は小板目が素晴らしく良く詰み、一面に細かな地にえが良く付き地金明るく良く冴えています。刃紋互の目乱れ素晴しく若さ溢れる覇気ある力強い変化のある刃をむらなく焼き上げ、新刀鍛冶の中では一番刃の冴えは最も優れています。将来の大刀匠の片鱗を遺憾なく現わした大名刀です。助廣25歳の若さ溢れる名刀をお楽しみ下さい。 特保 売約御礼
大和国住月山貞利彫同作 現代 71.5 2.2 0.77 全日本刀匠会理事長(相州正宗写)
(人間国宝月山貞一箱書付桐箱付)
人間国宝に一番近いと言われる 月山貞利の相州正宗を狙った快心作です。板目肌すこぶる良く詰み刃紋素晴らしく暴れ金筋相州上工に迫る迫力ある作品です。月山流彫を表に梵字と独鈷付き剣の彫、裏に二筋樋を掻き本刀を一段と華やかにしています。お楽しみ下さいませ。
売約御礼
短刀 大阪住人月山貞勝謹作(花押) 大正 22.8 0 0.72 名人大阪月山貞勝の藤四郎吉光写の名短刀です地金小杢目肌素晴らしく良く詰み、刃紋直刃に互の目足入り素晴しく明るく良く冴えた刃を焼き上げ、月山の家彫りの表腰に棒樋、裏に護摩ばしを素晴らしく小気味よく彫上げています。大阪3代名人月山貞勝の名短刀を是非この機会にお楽しみ下さいませ。素晴らしい合口拵えも共々お楽しみくださいませ。月山貞利刀匠の箱書付。 箱書 売約御礼
太刀 備前国長船住俊光作 為東郷民安 現代 71.1 2.2 0.84 今泉俊光刀工は明治31年生まれ。昭和9年より独学で鍛刀の研究を続け、昭和29年3月岡山県重要無形文化財に指定。本刀は殖産住宅を一代で築き上げた東郷民安氏の注文の刀、一代で巨万の富を築き、旧制静岡高校時代の刎頚の友に大勲位中曽根康弘元総理大臣がおり。中曽根康弘総理大臣や自民党への多額の献金が、30数億の使途不明金となり多額の脱税容疑で検挙、一人で何も言わず泥をかぶったために、中曽根康弘総理には害が及ばず、後大勲位を受賞。当時の政商黒幕と言われた児玉誉士夫、小佐野賢治と並ぶ大傑物です。昭和史を飾る歴史の人と生きた本刀を所持し気分壮大になりたいものです。 売約御礼
脇差 伝備前長船盛光 室町
初期
34.7 0.3 0.57 応永1400年頃の脇差です。本脇差は姿平造りの大変姿の良い応永備前の姿を現わし、表裏に棒樋を掻き、地金は小板目肌素晴らしく良く詰み刃に添って棒映りが現れ、刃紋はやや腰の開いた互の目丁子刃素晴らしく良く焼けています。帽子は典型的なロウソクのような先が尖った帽子を焼きどこからどこまで典型的な応永備前の盛光、康光、師光の応永の三光と称される名脇差です。この平造の脇差が大名の大小の小に好まれて入れられたのもよくわかります。 売約御礼
赤穂住則之 江戸
末期
68.6 2.1 0.68 生国備前。佐々木三郎兵衛。因州頼之門。本刀は肥前国近江大掾忠廣の様な地金小杢目肌素晴らしく良く詰み、刃紋中直刃素晴らしく明るく冴え、肥前刀の名刀を見るがごとく素晴しく冴えた刀です。播州赤穂の刀は大変珍しく、赤穂浪士の活躍で、本刀の様な赤穂の刀は殆ど残っている刀が無く今後益々赤穂浪士と共に人気が出てくるものと思います。赤穂でつくられた、大変貴重な刀をお楽しみください。 売約御礼
短刀 兼栄 室町
末期
23.8 0.08 0.48 兼栄(かねひで)天文(1543年)頃日本に火縄銃が種子島に伝来した頃の刀匠です。本短刀は平造の姿に皆焼風の刃紋を焼き、返りも深く焼き下げ、白け映りも現れ大変迫力のある名短刀です。拵えも後藤の2匹羊のうっとり目貫を付け、出鮫合口拵え大変気品のある拵えに入れられ、旧幕時代は身分高い武士の持ち物だったことがうかがえます。素晴らしい兼栄の名短刀をお楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼
脇差 菊紋伊賀守金道 江戸
中期
50.5 2.1 0.68 名門伊賀守金道家三代目、享保1720年頃の作。伊賀守金道家は京五鍛冶の代表刀匠です。日本の刀匠の頭として朝廷より日本鍛冶惣匠の勅許を授けられた家柄です。刀匠が朝廷より官位を受ける時は必ず伊賀守金道家を通して出なければ受けれませんでした。本脇差は地金板目肌に柾目肌が交じり、刃紋京焼きだしに大互の目に砂流しさかんに現れ覇気ある脇差です。江戸期の拵えも本脇差に一段と華を添えています。 売約御礼
脇差 兼元(孫六兼元二代) 室町
末期
37.3 0.6 0.48 兼元は末関鍛冶を代表する名工です。本脇差は大名道具の名品、まごろく2代の脇差は貴重な特別注文品。身幅やや広めで、重ねが心持薄目になり、平肉がつかず、地金は小板目に柾が交じって明るくさえ、地にえみじんにつき、白けうつり立つ。刃紋は三本杉を主調としていますが、行草に乱れ変化があり小にえついて砂流しかかり,三本杉が不規則になっています。銘は大きくて勢いがあり、角張った直線的な典型的な銘を切って孫六二代の典型的な銘となっております。 売約御礼
雲州住貞永作之1(島根県重要無形文化財) 現代 74.2 1.8 0.56 重量:鞘を払い885g
備前鎌倉時代福岡一文字写互の目丁字刃素晴らしく良く出来ています。
売約御礼
武州住藤原兼助 江戸中期 60.5 0.8 0.69 江戸の寛文頃の刀工、元々は関から江戸へ出た、室町時代は薬王寺派の刀工です。本刀は寛文時代の虎鉄と同じ反りの少ない棒のような姿に、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は互の目尖り刃を交え大変覇気ある名刀です。太刀拵えは幕末の銅金具一作拵えで大変出来の良いものです。鞘の高蒔絵五三の桐の家紋も表裏18個も高蒔絵を施され大変手のかかった拵えとなっております。大名家の儀式用の太刀拵えをどうぞお楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼

ここは過去に取り扱った日本刀を並べています。現在 販売されている展示 日本刀 はこちら



日本刀
商品紹介
その他の
ページ