格安刀剣一覧 日本刀の通信販売 株式会社 明倫産業 保管庫
日本刀の専門店 明倫産業 お買い上げ頂いた刀剣 日本刀・居合刀・刀剣全般の株式会社明倫産業 格安日本刀 保管庫

日本刀販売・ご案内(過去刀剣TOP)格安日本刀 保管庫

日本刀鑑定証については    
日本美術刀剣保存協会 特重(特別重要刀剣)、重(重要刀剣)、特(特別保存刀剣)、保(保存刀剣)、
甲(甲種特別貴重刀剣)、丸(特別貴重刀剣)、貴(貴重刀剣
その他の鑑定 会(日本刀剣保存会)、藤(藤代松雄)、柴(柴田光男)、店(当店の保証)
質については ☆(特優品)、◎(優品)、○(標準品)、△(やや程度不良品)、希(希望銘)
付属品 白(白鞘)、拵(拵え)
※表示の価格は全て税込です。
No. 種別 銘文 時代 長さ(cm) 反り 元重 解説 証書 付属 価格
脇差
備州長船祐定
安土
桃山
32.4 0.5 0.57 約430年前天正四年織田信長安土城に移った時位の平造の小脇差又は寸延短刀です。本小脇差は有名な備前長船祐定の備前移りの乱れ映りが元から先まである典型的な備前長船作の小脇差です。戦国時代短刀は鎧どうしといわれ甲冑武者が組討で勝敗を決する時に使われる武士の命に掛かる大事な短刀です。現在柔道で押さえ込み30秒で1本勝ちになりますが、それは相手を押さえ込んで鎧どうしを抜いて相手を指す時間が30秒であれば可能との時間です。備前の小脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差
伝備中国青江住景長
室町
初期
48.5 1.4 0.63 本脇差は応永時代の備中青江の脇差と白南と言う先生が極めていますが、白南先生は誰だかわかりません。お判りの方に是非お教えいただきたいものです。確かに反りの深い、切っ先がやや延びた元幅と先幅の差が少ない南北朝期の姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、刷き表に澄み肌を現して古い時代を示しています。刃紋は匂いの締ったのたれ調の直刃をきりりと焼き出来が良ろしい。鑑定しますと備中青江の脇差にどうしても行ってしまうのではないかと思われる名脇差です。是非お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差
井上和泉守国貞 寛文十年二月日(井上真改希望銘)
江戸
初期
54.2 0.6 0.67 井上真改寛文10年(1670年)40歳の壮年期の代表作を写しています。本脇差は豪壮な姿に小板目肌素晴しく良く詰み、大互の目刃に、匂い深く素晴らしい働きが有ります。井上真改一門の脇差に後世井上和泉守国貞の銘を入れたものと思われます。銘も一見すると大変良く似ており、幕藩時代は井上真改で通っていたものと思われます。どうしても井上真改の刀をお持ちになりたい方に御愛嬌としてお持ち下さいませ。 白鞘 売約御礼

伝末備前
室町
末期
63.9 1.6 0.68 本刀は2寸(6僉膨のすりあげられた姿で先反りがあり。地金は板目肌に元から先まで、乱れ映りが現れ、刃紋は直調の刃紋に互の目がつらなり、沸匂い深く、素晴らしく刃中の働きが見事です。本刀は永禄(1560年)頃、戦国時代華やかなりし時代の刀です。戦国時代の武士が本刀に一国一城の夢をかけて戦場を駆け巡ったものでしょう。拵えも青貝微塵塗りの鞘の付いた拵えも古く貴重です。全て古いもので少々傷みは有りますがそれも御愛嬌です。大切にしてやって下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼

助重(鮫鞘拵)
江戸
末期
64 1.8 0.62 助の字が不鮮明ですが良く見ると助重と読めます。幕末の阿波の助重の作です。本刀は地金小板目肌素晴らしく良く詰み明るく冴えています。刃紋は井上真改の様な直調のたれ刃を匂い深く焼き趣のある刃を焼いています。阿波助重の作刀は大変少なく貴重です。拵えは鞘は鮫革で豪華に巻かれ如何にも頑丈そうな鞘になっています。柄は革巻きでこれも頑丈な柄となっております。少々後付けの感はありますがお客様よりのお預かり品ですので格安にご提供いたします。 拵え 売約御礼

伝関兼綱(軍陣刀拵付)
室町
末期
66.8 2.3 0.65 約450年前に作られた、関の刀工の刀です。地金は板目に柾が流れ、刃紋は尖り互の目刃が顕著に表れ戦国時代の関鍛冶の作品であることが証明されます。武田信玄、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が戦国乱世を活躍した同じ時代に活躍した本刀に敬意を表します。拵えは昭和の軍刀拵で本刀はお国の為に命を懸けて活躍した刀です。450年以上大切にされた刀をお楽しみ下さい。 拵え 売約御礼
軍刀

大礼服用儀礼刀(勅任官用)
現代       明治時代の鹿鳴館時代には西洋に追い付け追い越せとばかりに、西洋の豪華な服装をまねて大礼服を作り、鹿鳴館にて毎夜外国の要人を招いてダンス舞踏会が開かれていました。勅任官(天皇に直接お目にかかれる地位の人)は大礼服に儀礼刀を差しているのが正式な服装で、さまざまな儀式や御祭典では大礼服と儀礼刀を差すのが正装でした。ただし一般人は持つことが出来なかったのがこの儀礼刀です。このような大変貴重な豪華な儀礼刀をお楽しみくださいませ。   売約御礼

越後守藤原国儔(希望銘)
江戸初期 70.6 1.2 0.75 本刀は姿元末の差が余りに無い慶長新刀姿で切っ先が延びた豪壮な姿。地金は板目肌がざんぐりとした堀川地金をして、刃紋は直刃を元から先までむらなく焼き上げています。銘は御愛嬌ですが、堀川国廣の甥の和泉守国貞や河内守藤原国助を指導したという、有名な越後守国儔の銘が入っています。堀川一派と見られる刀をお楽しみくださいませ。 白鞘 売約御礼
短刀
兼友(三阿弥派)
室町
末期
27 0.1 0.54 兼友は志津三郎兼氏の子が元々の発祥の元で、代々続きます。本短刀の兼友は永禄1558年頃の美濃の刀工。本短刀は平造の姿の良い姿でやや寸が延び、地金は板目肌に柾目肌が交じり、刃紋は互の目乱れ刃を焼き大変覇気有る刃を焼いています。帽子も典型的な美濃の地蔵帽子を焼き良く出来ています。兼友の一門で福島正則に仕え尾州清州に移住した兼友が後に梅忠明寿の弟子になり肥後守を受領して肥後守輝廣と改めて後福島正則に従って芸州広島に移住しています。 白鞘 売約御礼

濃州関住二十三代 兼房作之
現代 67.2 1.4 0.78 長さ2尺2寸2分
関の兼房は織田信長の抱え鍛冶であった若狭守氏房が、後に兼房に改めた刀鍛冶の代々の室町時代から約500年の伝統を伝える刀匠です。本刀は中間反りの刀姿を現し、地金は小板目良く詰み、初めて世に出たために薄錆びが有りますがそれも御愛嬌です。刃紋は互の目尖り刃を素晴らしく明るく焼き良く出来ています。兼房二十三代は昭和を代表する刀工で、現在の兼房は二十五代目となります。二十三代兼房は昭和の名工の誉れ高く本刀の様な素晴らしい作品を現代に残しておられます。誉れ高い伝統ある歴史をお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼

伝越前関
江戸
初期
63.3 1.5 0.78 寛文1661年頃の越前の刀工です。代表刀工は越前康継、長曽根興里入道虎鉄、等々名工を多く輩出致しました。本刀も寛文新刀体配の反りのやや浅い切っ先のやや小さい優美な姿で、地金は板目肌が強く柾肌多く現れ、地金が北国地金でやや黒く輝いています。刃紋は直刃調のたれ刃に互の目刃に逆丁子刃を交え足が小さく良く入り二重刃の所も有り、砂流しを交え、又はっきりと刃の良く判らないところもありますが全般に覇気有る刃を焼いています。長年の戦国時代も収まり、世の中は平和を満喫していましたが、道場では、竹刀剣道が大変流行り、突き技が大層行われ流行として寛文新刀と言う突き技に適した反りの浅い刀が大いに作られました。寛文新刀をお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
短刀
伝村正(妖刀村正)
室町
末期
29.2 0.3 0.5 妖刀の名で世界的に有名な村正と伝えられた短刀です。本短刀は姿豪壮で中心はたなご腹風に先は栗尻となり、地金は板目肌に柾目肌が交じり、刃紋は独特のたれ乱れ刃が鋭く焼かれ刃の谷がかけだす様に見え風格が有り大変覇気があります。村正は伊勢の刀工、徳川家にあだ名す刀ということで、江戸期は徳川家に遠慮して本短刀の様に無銘にされたもの多く、徳川幕府では特に忌み嫌った刀ですが有栖川親王が戊辰戦争の時に東征軍総大将になり、徳川幕府を打ち倒すとの意味を持ち、その時の佩刀が村正の刀で有ったことは、大変有名なお話です。お客様の御預かり品の為に格安にてご提供です。 村正と伝えられた大変貴重な短刀をお楽しみください。 白鞘 売約御礼
脇差 伝江戸新刀(寛文新刀) 江戸
初期
55.3 0.6 0.81 本脇差は初めて世に出たために、地金も刃紋も不明ですが、姿が豪壮で、反りの少ない姿の為に長曽祢興里入道虎鉄の時代とお同じ、寛文頃(1661年)と思われます。刃紋はかすかに互の目の様に見えますがあくまでも不明です。長年蔵の中に保存されていた為に、全て不明ですが、何が出て来るかも大変楽しみな脇差です。格安にてご提供いたします。是非研ぎ上げてやって下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 備前国住忠光(希望銘) 室町
末期
47.6 0.6 0.63 備前長船忠光は文明から天正19年の吉井川の大洪水によって長船鍛冶が壊滅的な打撃を受けるまでの120年間各世代に数人ずつの忠光がいたであろうから、忠光銘を切った忠光は相当数に上るものと思われますが全ての忠光は名工揃いと言えるぐらい名刀を残しています。本脇差もやや荒れていますが備前地金で刃紋は研ぎ数多いために不鮮明さもありますが、備前ののたれ乱れ刃を焼いています。今回初めて世に出ましてのであくまでも希望銘としています。是非鑑定に出してやって下さい。 白鞘 売約御礼
脇差 伝兼元(後代) 江戸
初期
41.6 0.7 0.62 兼元は末関鍛冶を代表する名工です。 本脇差は身幅やや広く、重ねが心持薄目になり、平肉がつかず、地金は小板目に柾が交じって明るくさえ、地にえみじんにつき、刃紋は三本杉を主調としていますが、行草に乱れ変化があり小にえついて砂流しがかかり,三本杉が不規則になっています。銘は有りませんが、孫六の4代位の兼元のでしょうか、この度初めて世に出たために薄錆びも有りますがそれも御愛嬌です。格安にてご提供です。 白鞘 売約御礼
脇差 備前国長船住則光(希望銘) 室町
末期
42.6 1.2 0.68 備前の則光と銘のある永禄頃(1558年頃)の脇差です。反りやや深く元幅と先幅の余り差のない、切っ先ややの延びた姿。地金は板目肌やや粗く、元から映りを現し、刃紋は匂いの締ったのたれ刃を焼き覇気有る脇差です。鑑定を出していないので希望銘としていますが、今回初めて世に出た刀の為に格安でご提供いたします。 白鞘 売約御礼
備前住祐定 室町
末期
63.1 2.1 0.74 本刀は永禄頃、約453年前織田信長が京に入った時分に作られた、備前長船祐定と思われる刀です。備前住祐定銘は殆ど無く、初出しの為に研究してください。姿は腰反りで身幅頃合いで鎬高く、重ねはやや厚く小切っ先の姿で上品です。地金は板目肌良く詰み、刃紋は元を珍しく焼き落して、直刃調のたれ刃を焼き非常に古調な焼きを入れています。この様な祐定の刀は大変良く斬れた刀で古来有名でした。初めて世に出たために錆びが付いていますが、手入れで何とか良くしてやってください。格安でご提供です。 白鞘 売約御礼
脇差 備前国住宗則(希望銘) 室町
末期
54.7 1.8 0.74 本脇差の姿は腰反で先反りの有る典型的な末古刀の抜き打ちに適した姿を現して豪快な脇差姿です。地金は板目肌良く詰み力強い地金を鍛え、刃肉を蛤風に取り、刃紋は腰の開いた互の目を匂本位で上手に焼き上げ帽子は乱れ込んで二重刃を焼き覇気が有ります。但し銘が宗則銘が現存作殆ど残っておりませんので、一様は希望銘としておきます。是非世に問うて下さいませ。 白鞘 売約御礼
短刀 伝島田義助 室町
末期
21.8 0 0.67 今川義忠より義の一字を賜り義助と名乗ったと言われる、三代目伝駿州島田住義助と思われる大永(1521)頃の短刀です。本短刀も平造鋭い姿、寸詰まり短刀で沸の強い互の目乱れ刃を、元は腰刃風に焼き、金筋交え覇気有る刃を焼きあげています。刃に時代の末相州伝を大いに加味した島田の特徴が現れて出来が大変良く出来ています。義助の短刀をお楽しみ下さいませ。現代の出鮫鮫鞘合口拵えも今作ると高いもので、一層本短刀に華を添えています。大変格安です、お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差 備州岡山住藤原国宗 江戸
初期
51.7 1 0.6 多門兵衛正成の子、茂右衛門、江戸初期万治1658年頃。江戸では虎鉄が活躍し出した同じ頃、備前岡山で活躍した国宗です。地金は板目肌良く詰み、刃紋はのたれ刃、金筋や砂流が一面に現れ大変覇気有る刃を焼いています。鎌倉時代の備前三郎国宗を先祖に持つ刀工。祖先に負けない立派な脇差を打ち上げています。お楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼
脇差 伝末手掻 室町
末期
35.6 0.8 0.52 大和手掻派の脇差。時代は天文頃(1532年)大和鍛冶の特徴的な菖蒲造で、鎬が高く板目に柾肌が現われ。刃紋はゆったりとした特徴的なのたれ刃を焼き大和伝の掟どうりの脇差です。拵えも幕末の拵えが付き、鞘は黒呂鞘、柄は貴重な鯨の髭の柄巻で、鍔は古金工赤銅地五三の桐の紋を据え、縁金は金色絵松の図、頭は水牛の角に掛巻。目貫は祝松に鐙の図の拵えが付いています。末手掻の名脇差刀をお楽しみください。 拵え 売約御礼
脇差 伝月山貞吉 江戸
末期
39.7 1 0.78 奥州月山の末裔文政初年頃江戸に出て、新々刀の祖と言われる水心子正秀の門人となり、天保四年(1833年)大阪へ移住。大阪月山栄華の基を築いた名工です。本脇差は平造の幕末の独特な豪壮な姿に、地金は小板目肌を鍛え、柾肌を交え、刃紋は直調乱れ刃を焼き、刃縁に打ちのけや二重刃を大胆に現し、大変覇気有る刃を焼いています。月山貞吉と思われる名脇差をお楽しみ下さいませ。数寄者様からの格安にてご提供です。 白鞘 売約御礼
脇差 伝因州兼先 江戸
末期
36.4 0.7 0.72 本脇差は時代は幕末頃の因州兼先と思われる鎬造の寸の短い前差し様に作られた脇差です。地金は小板目肌良く詰み、乱れ映りが現れ、刃紋は直刃の焼き出しを焼き、互の目刃に複式の尖り刃が交じり、素晴らしい刃紋となっています。大変目を楽しみせてくれる脇差です。兼先は元々は美濃の刀工で、後に備前に移住、江戸末期には因州鳥取にてこの様な名刀を造っています。本脇差には幕末の立派な脇差拵えが付いて、本脇差を一層華やかにしております。是非お楽しみ下さいませ。破格の格安にてご提供です。 拵え 売約御礼
脇差 銘不明(仕込杖拵添え) 不明 45.2 0.2 0.69 本脇差はご覧の通り、地金刃紋一切不明の為にだれが作った脇差か一切不明です。是非将来研ぎをしてやって下さい。その分格安にてご提供いたします。本脇差には仕込杖の拵えが付いています。頭は犬のブロンズをあしらい、全体に木の幹を表現した大変手の込んだ拵えとなっています。お好きの方は是非コレクションの仲間に入れてやってください。貴重な仕込み杖拵えの添えられた脇差です。 拵え 売約御礼
脇差 盛次(金剛兵衛尉) 室町
末期
44.2 1.2 0.68 永禄1560年頃(454年前)の筑前(福岡県)の金剛兵衛尉源盛次の作です。大和伝の為に作り込みは鎬が高く、地金は小板目肌良く詰冴えた地金を鍛えています。刃紋は匂い出来の直調の刃に一部に二重刃かかり、ところどころ匂いの足が盛んに入り、素晴らしい出来をあらわしています。戦国時代群雄割拠の九州地方で大活躍した金剛兵衛尉盛次の素晴らしい、江戸期の拵えがそのまま付いた上品な脇差を是非おたのしみくださいませ。 拵え 売約御礼
廣光(軍陣刀) 現代 66.5 1.6 0.74 昭和十八年五月
廣光刀匠は福岡県出身鞍手郡若宮村福丸住、本名梶原氏。陸軍受命刀工。本刀は廣光刀工52歳の時の作です。時あたかも太平洋戦争真っ只中、日本のお国の為心命をなげうって戦場に赴く陸軍将校の為に命がけ作られた軍陣刀です。姿は豪壮で無地鉄に見えるぐらい精良に作られ、拵えも当 時のままに戦地の激しい死闘に耐えるべく、鉄の鞘の豪快な軍陣刀になっています。時あたかも尖閣諸島に端を発した、日本の今後の真価を問われる今日この頃、手元に軍陣刀を置き、日本の栄光の日々に思いをはせなければなりません。命を懸けて日本に貢献した廣光刀匠の軍陣刀を大切にして下さい。
拵え 売約御礼
伝肥前国忠吉(後代) 江戸
末期
67.7 1.4 0.7 後代忠吉と見える刀です。但し生で出てきたのであくまでも御愛嬌です。後代の代表的八代忠吉は忠吉家の卓尾を華々しく飾る名工です。橋本新左衛門忠吉は鍋島藩で大変重要視された刀工で鍋島藩近代化に重要な役目を果し大砲の製造軍艦の製造にも深くかかわり往々にして藩主の御前にて刀剣の鍛錬を披露する事もあり、藩主の信頼深い名工です。あまりの上手さに初代3代忠吉に混同される名刀が多く本刀も小糠肌に中直刃素晴らしく明るく良く焼き名作となっております。名工肥前国忠吉後代をお楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼
脇差 伝尻懸則長(菖蒲造脇差) 室町
末期
40.6 1.2 0.55 鎌倉時代の尻懸則長の4代目に当たる永正頃(1504年)の則長でしょう。本刀は鎬が高く、菖蒲造の珍しい造り込みで魅力的です。地金は板目肌に柾肌が流れ強い鍛えをし、刃紋はにえ出来ののたれ刃調で沸が深く小互の目を交え時代が大変古く見えます。もう少し時代が上がるのかもしれません。拵えも江戸期の黒石目鞘に鍔は赤銅木瓜形、縁頭赤銅地に梅の図、目貫は花束の目貫、柄下巻鮫皮で当時としては大変豪華な仕立てをしています。どこまで出世するか大変楽しみな名名刀です。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差 大和守藤原国行(業物) 江戸
初期
46.8 1.1 0.68 豊後大分県の刀工は古来大変良く斬れる刀を鍛えたために、室町時代は平氏の姓を多く名乗ったために平高田と総称され。江戸期に入り藤原姓を多く付けた為に藤原高田と総称されています。その中でもとりわけ大和守藤原国行は豊後大分県の名工として有名です。時代は江戸虎鉄や大阪助廣、真改と同時代の寛文頃(1661年)の業物として名が聞こえ本脇差も時代的に反り浅く姿豪壮で、板目肌で強い地金を鍛え、刃紋は直調の焼き出しを焼き、互の目を調子良く焼き迫力が大いにあり。国行刀匠の代表作品と言える傑作の脇差です。当時の代表肥前刀をはるかに越える名脇差です。業物を是非お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
軍陣刀(無銘新刀)(孫六兼元写) 江戸 68.2 1.4 0.73 本刀は今次世界大戦の為に作られた江戸期の関の刀を入れた武勲の軍刀です。昭和20年まで日本には誉れ高い武士が居たことの証です。本刀は地金が良く詰み、刃紋は関の孫六の三本杉の刃を良く写して焼き入れをし、良く出来ています。軍刀拵えの金具番号15が全部揃っています、この様な物の現存品少なく大切に作られた貴重な軍刀拵えの証です。日本の歴史を飾る軍刀をお楽しみください。 拵え 売約御礼
短刀 正吉 江戸
末期
33.6 0.5 0.77 正吉は畠山大和介源正光の弟子です。 正吉の師の正光は水心子正秀の弟子大坂住で弟子の正吉の作は大変珍しく貴重です。本短刀は姿は大変豪壮で幕末動乱に向かった特別注文品でしょう。地金は小板目肌に柾目肌が交じり、刃紋は濤乱刃を特徴ある当時の大坂の名工、尾崎助隆に影響されたか、焼き刃の頭を M字現す濤乱刃を明るく見事に焼あげ、明治の廃刀令が無ければ後世大変名を上げていた刀工でしょう。当時のままの合口拵えが本短刀を一層華やかに飾っています。数少ない正吉の名短刀をお楽しみ下さい。 白鞘
拵え
売約御礼
脇差 伝直江助共(井上真改写) 江戸
末期
45.7 0.4 0.63 水戸の藩工直江助共は水心子正秀の弟子となり、天保4年5年頃父直江助政と共に水戸烈公の鍛刀相手鍛冶の名誉を受けました。本脇差は井上真改写しの生無銘の脇差です。地金は小板目肌良く詰み力強い地金を鍛え、刃紋は井上真改を写したのたれ刃を匂でふくよかに焼き上げ、帽子も深く焼き下げ、上手です。水戸藩の荒試しは大変有名で、多少の疵は有っても構わない、折れず曲がらず良く斬れる刀だけ採用したと言う大変刀工泣かせの荒試しに合格した刀だけ、藩に納められました。本脇差も荒試しに充分耐えた脇差でしょう。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 宇多(国宗)(警察官用サーベル拵え付) 室町
末期
56 0.9 0.66 本脇差は戦前は官給品の為に、市場に出る事が少ない大変貴重な警部以上が持つことを許された、警察官用サーベルの拵えが付いた貴重な脇差です。脇差の時代は天文(1532年)頃482年前の越中の名工本脇差は宇多国友の子と言われる宇多国宗と思われます。宇多の刀工は本国大和で文保頃(1317年)鎌倉時代末期に移住、国宗は初代国光の子供が代々継いで居ます。本脇差は板目に柾が交じり、肌立つきみがあり地沸がつき、刃紋は直刃に二重刃や互の目を交じえ、刃中すばらしく覇気があります。本脇差は北国地金の黒ずんだところが無く非常に垢抜けた脇差です。貴重な警察官用サーベル拵えの付いた宇多国宗であろう脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
脇差 伝尻懸(大和)(長巻直) 南北
46 0.8 0.74 尻懸派は鎌倉時代則長を事実上の祖として大変栄えました。本長巻直脇差は南北朝期の長巻を脇差に直しています。素晴らしく貴重な長巻直造の脇差です、昔から長巻直しの刀には鈍刀無しの諺が有ります。名刀揃いと言う事でしょう。地金は杢目を交え総体に地金が良く詰み大肌も交え、これは同派の特徴であり刃文は時代の為に良く見ないと少々判りずらい所も有りますが、浅いのたれ調で総体にほつれるところは大和ものの最大特徴で連れた微かに互の目を交えるところは尻懸派の特徴を現しています。素晴らしい現存作の無い長巻直脇差です。江戸時代の拵えも本脇差に一層華を添えています。格安でお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
兜割 兜割         全長45.5cm、重さ499g       売約御礼
脇差 越前國住包則(業物) 江戸
中期
41.1 1.4 0.63 筑後大掾藤原包則、下坂市左衛門。越前一乗住。寛文頃(1661年)初代は関から一乗谷に移住してきた兼則の子で、本脇差は二代包則です。業物として有名です。地金は北国地金の黒ずんだ地金を板目肌に鍛え、地景を現し、刃に入り金筋となり見事です。刃紋は互の目乱れ刃大変覇気有る刃を焼き業物の風格をただよせています。貴重な越前包則の名脇差をお楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼
脇差 伝冬廣(古刀) 室町
末期
47 0.6 0.85 相州廣次の子で若州小浜に移住、代々冬廣同銘が小浜に続きます。本刀は大永(1521年)頃の冬廣です。姿はいかにも切れ味良い重ねが厚い平造で豪壮な姿を現し、地金はやや黒ずみ、板目肌に柾目肌を交え、刃紋は皆焼にのたれ乱れ刃に尖り互の目刃を交え、飛び焼きが皆焼になり、如何にも相州伝を現し、大変覇気有る刃を焼き上げています。拵えも朱鞘で垢抜けた拵えが本脇差に一段と華やかさを増しています。戦国時代を生き抜いた誉れ高い冬廣の脇差をお楽しみ下さい。 拵え 売約御礼
伝藤原高田 江戸
初期
68.2 1.5 0.69 本刀は江戸初期寛文(1661年頃)豊後高田(大分県)の刀です。姿は反り浅く力強い豪壮な姿、鎬造鎬筋高く鍛え、地金は板目肌良く詰み、柾目肌を現し強い地金を鍛えています、刃紋は匂い出来の直刃をきりりと焼き上げ、大変覇気有る刃を焼いています。鋩子も返り深くたっぷりあり健全。高田鍛冶の刀工は古来大変よく切れる刀を鍛えたことで有名です。数々の業物の刀を生み出しています。江戸期の豊後大分県の高田刀工の刀を是非おたのしみくださいませ。拵えは江戸期の鞘は黒乾漆塗鞘、鍔は、鉄地金象嵌銀杏の図、縁頭は、鉄地牡丹の図、目貫は、赤銅地花束の図の付いた立派な拵が本刀に一層華を添えています。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
伝宇多国宗 室町
末期
69 1.8 0.67 文明1469年ごろ越中富山に大和宇多より移住した宇多鍛冶が活躍しており、本刀は初めて世に出たために、古研ぎの為にはっきりと良くは見えませんが、地金は板目に柾が交じったように見え、やや肌立つ気味が有り、やや黒ずんだ地金のように見えます。刃紋は尖り乱れ刃、沸ずいて刃紋はちじに乱れた刃を焼いています。500年も前の刀になりますので、少々傷みが有りますが、残っただけでも貴重です。拵えも柄が少々がたが有りますが貴重です。大刀は江戸時代は武士にしか持つこと許されず、本刀も武士の持ち物として大切にされて来たものです。宇多鍛冶は大層良く斬れるとの評判で、戦国時代には大変活躍した刀工集団です。宇多国宗であろう名刀を今後とも大切にして下さい。 拵え 売約御礼
脇差 伝清光(加州) 室町
末期
53.6 1.4 0.75 本刀は天文1540年頃の四代目加州清光と思われる脇差です。陸軍大将東条英機閣下の軍刀として有名です。本脇差は反りが浅く地金は板目に柾が交じり、地色が冴え、刃紋は互の目刃に刃中砂流しが盛んに現れ、変化の有る刃を焼き、すこぶるにぎやかで華やかな刃を焼いています。昔から加州清光は良く斬れることで有名で業物に数えられております。拵えも元は厚い鍔が付いていたのでしょうか、後世唐木で鍔の厚さを補っていますが、拵えが付いているだけでも有難いものです、今回お持ち主様の御好意で破格の価格でお譲り申し上げます。 拵え 売約御礼
脇差 伝孫六兼元(三代)優勝 第1回地方対抗武道大会 大日本武徳会群馬支部 安土
桃山
54.2 1.2 0.61 本脇差は無銘ですが、天正(1573年)頃の姿は末古刀の姿で地金は小板目肌に柾目肌を交え、刃紋は孫六兼元の三本杉が完璧に三本杉にならず、大変趣のある三本杉で三代ぐらいの孫六兼元でしょうか。鞘書きによれば第一回武道大会で群馬県が優勝しその賞品として本脇差が授与されたものです。最近世に出てきたばかりで小錆が有りますが資料的にも大変貴重な脇差です。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
陸奥白川住宗俊作(槍)(固山宗次の兄) 江戸
末期
10 0 1.13 文久三年二月日
宗俊は固山宗次の兄です。本槍は護身用に高級武士の特別注文品の槍です。特別に寸法が短くそれに比べて地金がすこぶる良く小板目肌に鍛えられ、刃紋は直刃に上品な沸が明るく冴えわたっています。小品であるが為に大変気の利いた素晴らしい槍となっています。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差 備前国住長船祐定(希望銘) 室町
末期
45.2 1 0.74 本脇差は天正頃(1578年頃)の作と思われます。天下は大きく織田信長によって統一に向かって大きく動きだした時に作られた長船祐定の脇差です。本脇差は地金板目肌素晴らしく良く詰み、明るい地金を鍛え見事です。刃紋はのたれ乱れ刃に丁子を交え砂流しを現し変化のある覇気有る刃を焼いています。本脇差は世の中に今回初めて出たために鑑定をしていませんのであくまでも希望銘としていますがどこから見ても祐定に見える脇差です。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 相州住秋廣(希望銘) 室町
中期
44.1 1.3 0.6 相州住秋廣は九郎三郎。正宗の弟子と言われる初代廣光の子供です。本来は身幅の広い中間反りの脇差で大板目肌に刃紋は沸出来の大互の目乱れや皆焼ですが、本脇差はそれほど身幅が広くなく、地金は小板目肌に柾肌が交じり、刃紋は互の目乱れ刃ちじに乱れ、沸で尖った刃を所々見せ金筋を交え覇気有る刃を焼いています。銘ぶりも相州秋廣に似ていますが、後世大名道具として秋廣に似た脇差に相州住秋廣の銘を入れたのかもしれません。折角現在まで大切にされたものですので。今後も大切にしてやって下さいませ。 白鞘 売約御礼
伝保昌(槍)

室町
初期

32.6 0 0.92 本槍はけら首の長い時代の古い槍の姿をしています。鍛は柾目肌に小板目を交え良く詰み地沸つき、飛び焼き風になり地景が入った地鉄となります。刃紋は直刃、刃縁にほつれ、打のけ、喰違刃を交え、足、葉頻りに入り、沸良くつき、所々光の強い沸を交え、素晴らしく覇気があります。保昌は鎌倉時代後期、大和国高市郡に保昌派の刀工集団が在住し、貞宗、貞吉、貞清、貞興等貞の字を付ける上手を輩出しました。本槍は時代がそれより少し下がりますが、総柾目が最大特徴です。現存作少なく本槍の様な典型作は非常に貴重です。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 備前国長船祐倫作 江戸
53.6 0.9 0.69 本脇差は銘は名鑑漏れの為に良く判りませんが、時代は江戸時代の備前長船鍛冶で、姿は鎬造の脇差造、地金は小板目肌良く詰み、刃紋は匂い出来の互の目丁子刃を元から先まで明るく焼き上げています。また本脇差の拵えが素晴らしく、柄は今は大変貴重なクジラのひげを柄糸として巻き、縁は鉄地波の図。頭は鉄地の無地で尾張拵えにするためか小さくし、目貫は旗指物の図、鍔は鉄地植物の図。鞘は変り塗素晴らしく、こじりは銀、小柄は銅魚子地に剣巻龍の据紋と言う素晴らしい江戸時代の拵えが一層本脇差に華を添えています、お楽しみ下さい。 拵え 売約御礼
槍 忠光 室町
末期
20 0 0.93 備前長船忠光は文明から天正19年の吉井川の大洪水によって長船鍛冶が壊滅的な打撃を受けるまでの120年間各世代に数人ずつの忠光がいたであろうから、忠光銘を切った忠光は相当数に上るものと思われますが全ての忠光は名工揃いと言えるぐらい名刀を残しています。本槍も代表的備前地金で刃紋は備前の互の目刃を明るく見事に焼いています。数少ない備前の名工忠光の槍をおたのしみくださいませ。 白鞘 売約御礼
短刀 兼法(村正写) 江戸
初期
27.5 0.2 0.7 兼法は孫六兼元と同じく赤坂千手院系の鍛冶で、天正頃徳川家康にまねかれ、駿河に移住徳川家康の信頼厚く鍛冶頭領に任じられ越前康継、南紀重国、繁慶などは兼法の支配に属していました。本短刀は真の棟で平造で、やや反りの有る姿、地金は小板目肌に柾が交じり、刃紋は村正の表裏の揃った互の目尖り刃を村正を見るが如く焼いて大変覇気有る短刀です。鑑定刀にすれば、村正に入ってくるでしょう。昔から素晴らしく良く斬れる刀として有名な兼法の素晴らしい名短刀をお楽しみください。 白鞘 売約御礼
伝現代刀(拵付) 現代 66.6 2 0.72 本刀は無銘の為に刀匠名は判りませんが、大正、昭和の時代の刀です。地金は無地金の様に鍛え、鏡の様な綺麗な刃表を現しています。刃紋はのたれ刃を明るく焼き上げてこの時代の特徴的な、ふっくらとした匂を刃表に現しています。大正昭和に生きた刀工の作ですが、残念ながら無銘の為に誰の作かわかりません。拵えも現代の拵えが付いており超特価品の刀としてお楽しみいただければ、本刀も喜ぶものと思います。大正昭和に造られた刀をお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
陸軍軍刀(耐錆性刀身)(錨マーク付き) 現代 66 1.9 0.81 刀の大敵は錆びることですが、戦地に出ると錆を防ぐことは大変な事でした。日本軍は、陸軍、海軍、合同で、耐錆性に優れた刀の製作の研究に没頭しておりました。その結果本刀の様な錆びない金属の開発に成功して、錆の少ない刀の製作に成功しましたが、現在残っているものはほとんどなく、本刀は現存すこぶる少ない陸軍軍刀拵えに入ったましてや、錨のマークが消されずに残った非常に貴重な刀です。時代に貢献した陸軍軍刀をお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
伝水府住勝村徳勝(肌鍛) 江戸
末期
74.2 1.4 0.76 鞘を払い1070gr
本刀は切っ先が尋常で、鍛は肌鍛えを現し、柾目肌鍛え激しく現れ、刃紋は互の目乱れちじに乱れ、刃中激しく砂流し交じり、水戸藩工徳勝の作に勝るとも劣らない名品ですが、水戸家は元々折れず曲がらず良く斬れる刀を第一として、水戸藩に納入する刀は必ず荒試しして合格しない刀は納入させなかったことで有名です。荒試しは、竹の入った巻き藁を何本も切り、鉄の板を何枚も切り、最後には水に入って刀を水平に水にたたきつける試をし、ほとんどはこの時点で、折れ曲がってしまう。本刀は刀の具合から相当の試に耐えてきたものと思われます。地金に傷みも有りますがお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差 備中国水田住国重作 寛永十九年八月吉日 江戸
初期
53.6 1.7 0.72 備中国水田国重の脇差です。時代は寛永19年(1642年)俗名が有りませんが、大月与五郎国重あたりの作刀と思われます。地金は板目肌良く詰み、刃紋は肥前国近江大掾忠廣の様な見事な中直刃を明るく焼き上げています。寛永十九年の年期が大変貴重なもので、相州伝が特に上手な大与五国重ですがあえて直刃での特別注文品です。藩主からの注文の脇差かもしれません。水田国重の思いもよらない直刃の名刀をお楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼

太刀
小反(南北朝・小太刀) 南北
60 1.6 0.68 南北朝時代の至徳(1384年)頃の備前長船小反派の小太刀です。反り高く堂々とした小太刀の姿美しく地金は小板目肌素晴しく良く鍛えられています。刃紋は互の目乱れ刃古調に上品に焼き上げています。南北朝時代の独特の良き働きを現わしています。小反派は南北朝時代長船正系兼光一派に属さない刀工群を言いますが、どれもこれも出来素晴らしく、本小太刀も古調で古い刀をお好きな方にはたまらない刀です、630年前の備前長船の小太刀をお楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼
脇差 濃州関吉(門) (孫六兼元写) 江戸
初期
55.8 1.4 0.64 本脇差はすりあげの為に吉の後の文字がわかりませんが、濃州関住吉門あたりの脇差でしょうか。姿はやや反りの深いすらりとした良い姿で、地金はっきりと良くは見えませんが小板目肌が良く詰んで明るい地金を鍛えています、刃紋は孫六兼元写しの三本杉の刃紋を元から先まで匂いにむら無く見事に焼き上げています。長年蔵に大切にしまわれていたために錆が有りますが充分に楽しめます。後世に是非伝えてやって下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 宗近作 不明 38.3 0.5 0.43 (三条宗近)
宗近作と銘ある脇差です。何か使い道が有りますれば使ってほしいとの事で、拵えの鍔だけで2万円、縁頭、目貫金具だけで2万円はあります。拵え付の脇差としては最高の安さです。何かご使用の向きが有れば是非お使いくださいませ。破格の価格でお譲り申し上げます。お楽しみくださいませ。
拵え 売約御礼
脇差 伝伊賀守藤原金道(十代目) 江戸
末期
43.8 0.4 0.67 初代伊賀守金道は関兼道の長男。文禄二年二月二条関白下向の節、父兼道と共に兄弟4人がお供にて上京、文禄3年伊賀守受領して禁裏御用を承る。関ヶ原合戦の直前徳川家康より太刀千腰の注文を受けた際、在京の鍛冶を金道の支配下に入れることを条件に注文を引き受け、戦後家康の取次にて日本鍛冶惣匠の勅許を受ける。本脇差は嘉永1848年頃の十代目金道の作でしょう。地金板目良く詰み刃紋は直刃ににえ良く付き明るく冴え、良くできています。 白鞘 売約御礼
脇差 濃州関住兼信作 江戸
初期
57.3 0.4 0.64 兼信の祖先は直江志津兼信で室町期には善定派に受け継がれ新刀期に至っています。本脇差は江戸初期寛永頃の兼信作品です。錆身の為地肌がわかりませんが鎬造で地金は多分板目肌良く詰み美濃の独特の地金を鍛え、たぶんのたれ刃に互の目を交え覇気ある刃を焼いているのでしょう。新刀美濃の刀は大変貴重で、殆どの鍛冶は地方に出て行っておりました。美濃本国の刀匠の名脇差をお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
旧軍刀拵 不明 63.2 0.9 0.52 (中身は不明)
本刀は日清戦争や日露戦争時代の形式の明治から大正時代に作られた旧軍刀ですが、中身が抜けない為そして刀身の地肌や刃紋が見えない為に刀身は何が入っているか不明です。昭和9年に陸軍は今までの軍刀から画期的に昔の太刀の姿を再現した陸軍軍刀を制定してこれを新軍刀と言います。旧軍刀は護拳の付いたもので、柄を56両手で持つのは大変不便な為に昭和9年大々的に新軍刀の制定を致しました。そこで旧軍刀は現在となりますと大変数が少なく、今となっては貴重な軍刀です。金具に若干の不足が有りますが、日本の歴史を飾ったお国の為に貢献した旧軍刀を大切にしてやって下さいませ。
拵え 売約御礼
山城国住国広 正月日(希望銘) 不明 69.7 1.4 0.68 本刀は鎬造、庵棟、重ね薄く、反り浅く中切っ先、鍛え小板目肌もっともよく詰み、地沸細かに付く。刃紋は不鮮明でしかと判りません。銘も追っかけ銘で御愛嬌です。堀川国廣の刀が欲しくても持てないがこの刀ならもてると言う人にお勧めです。将来は居合をする刀にでもして下さい。この金着せハバキだけでも10万円以上の費用が掛かります。格安にて御提供です。 白鞘 売約御礼
伊賀守藤原金道 日本鍛冶宗匠(五代) 江戸
中期
12.3 0 1.36 菊紋 安永六年秋(1777年)(236年前)
本槍は両鎬造の端正な姿で、柾目肌良く詰み、刃紋は直刃を見事に焼き上げています。このような室内用の槍は武家の家では、何が起きても対処するために、護身用に身近に置いていたものです。特に江戸期の代表刀工伊賀守金道家に造らせるぐらいの武士は、位の高い高級武士の特別注文品です、お楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
高塚正秀作(津田越前守助廣写) 現代 72.6 1.6 0.82 (試し切り用に最適)
昭和六十年一月吉日
本刀は地金板目肌良く詰み、柾目肌を交え刃紋は助廣の大のたれ刃をゆったりと焼き素晴らしく良く焼けています。高塚刀匠は兵庫県尼崎で長年日本刀を鍛えた刀工です。大変な研究熱心で何伝にも挑戦して結果を出しています。本刀も地金を板目肌良く詰み、大坂新刀の横綱越前守助廣を写した名刀です。前のお持ち主様が試し切りにご使用、刃こぼれしてからの方が、刃が良く掛かり良く斬れますとの事です格安でのご提供です。兵庫県を代表する高塚正秀刀匠の刀をお楽しみください。
拵え 売約御礼
脇差 出羽大掾藤原国路(昭和前期軍刀拵付) 江戸
初期
56.8 1.2 0.66 (本阿弥光春鑑定小札付)
堀川国廣の高弟として余りにも有名な名工。出羽大掾受領は慶長19年ごろと思われます。本刀は国廣の慶長打ちと同じく身幅広くがっしりとし豪壮で地金良く詰み焼き刃素晴らしく華麗で、にえ匂いの働き素晴らしく、出羽大掾国路寛文時代壮年期の作とされています。しかしあくまでも鑑定前ですので、本阿弥光春の鑑定小札が付いていますが、参考銘として是非お楽しみください。
拵え 売約御礼
関住岡田兼定作 現代 62.6 1.2 0.73 和泉守兼定の子孫でありましょう、本刀は大正昭和に作られた兼定の刀です。軍刀拵えからすると、昭和になってからの作品でしょう。地金小板目肌よく詰み、刃紋は孫六兼元写の三本杉見事に元から先までむら無く焼き上げています。太平洋戦争後は復活しなかった刀匠の為に、これほどの腕を持ちながら、作刀が無く大変貴重な刀です。お国の為に活躍した兼定の刀を大切にして下さい。 拵え 売約御礼
脇差 伝和泉守藤原国貞 江戸
初期
45 0.7 0.57 和泉守藤原国貞は日向宮崎の出身、郷里の先輩堀川国廣を頼り京に上り門人となる。元和6年(1620年)初代国助とともに大坂に移住大坂新刀の祖となりました。子供が大坂正宗と称された井上真改です。本脇差は寸法が良く無銘なれど和泉守国貞に見える脇差です。身幅やや広くしっかりした姿に、地金は板目肌良く詰み強く鍛え、刃紋は焼き出しを焼き互の目刃を元から先まで力強く明るく焼き上げ、国貞と見える特徴ある名脇差です。まだまだ武が中心の時代の侍の指し添えと思われます。殿中拵も品があり一層本脇差に華を添えています。古刀かと思われるような出来の大坂新刀の祖和泉守藤原国貞と見れる名脇差をお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差 国行(当麻) 鎌倉
中期
45.7 1 0.45 本脇差は当麻国行に見える脇差です。鎌倉時代正応(1288年頃)(725年前)当麻寺に隷属していた当麻派の鍛冶で、記録では当麻派の中では最も古い鍛冶です。本脇差はすり上げていますが、国行の銘が残り鎬が高く鎬地に腰樋を彫り、小板目肌に柾肌が交じり鎬地より乱れ映りが現れ、地景が入り、刃紋は直刃に金筋の働きが現れ、刃縁に打ちのけもかかり、帽子ははきかけています。どこから見ても大和伝の古い鎌倉時代に見える小太刀ですが、未審査の為に現在はあくまでも希望銘としておいてください。夢膨らむ名脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 備州長船祐定 室町
末期
52.6 1 0.65 忠光と切った作品は文明1469年から天正19年1591年の吉井川の大洪水によって長船鍛冶が壊滅的な打撃を受けるまでの120年間にわたり繁栄した名門刀工です。本刀は文明に近い初期の作品で片手打ちの打ち刀の姿で、地金は応永備前にくらべて地にえが付いて綺麗に見え鎬から乱れ映りが現れ一層価値を高めています。刃紋は忠光には珍しく互の目に丁子の足が入り素晴らしい技術で焼かれています。帽子も深くて小丸に返っています。初期は注文銘を切る習慣がなく、注文銘でも俗名を入れておりません。備前刀の名工忠光の素晴らしい刀をお楽しみください。 拵え 売約御礼
脇差 伝兼先(業物) 江戸
末期
46.4 0.8 0.66 本国美濃、後各地に移住しています。特に新刀期には因州鳥取に移住した兼先が幕末まで活躍しています。本脇差は平造で身肌広く、地金板目肌よく詰み柾肌も交え、刃紋は匂い本位の尖り互の目を明るく上手に焼き上げています。鍛錬方法から地味な造りですが、このような刀が古来物切れする刀の代表的な刀です。拵えも江戸期の拵えが本脇差を一段と華やかに飾っています。業物として名高い兼先の脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
短刀 助宗(島田) 室町
末期
29.3 0.6 0.61 駿州島田住助宗の天文頃の短刀です。事実上の助宗初代作。助宗の本国は備前と言われ義助とは別系統と思われこの助宗が備前からきた鍛冶であったかも知れません。本短刀も平造やや反り深く、寸延び短刀で互の目乱れ刃を焼き覇気有る刃を焼きあげています。刃に時代の末相州伝を大いに加味した島田の特徴が現れて出来が大変良く出来ています。助宗の短刀をお楽しみ下さいませ。江戸時代の小さ刀拵えが一層本短刀に華を添えています。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
肥前国住兼元作(太刀銘)(肥前国忠吉写) 現代 63.3 1.75 0.81 元村兼作。明治40年生。戦前は陸軍軍刀総裁賞受賞。本刀は肥前刀再興に向けた元村刀匠の並々ならぬ力作です。姿は肥前刀の太刀姿を凛と鍛え上げ、地金は肥前刀独特の小糠肌に鍛えて、刃紋は肥前刀の中直刃を見事に明るく焼き、刃中に匂で働きを現し、肥前国忠吉の上作を再現した素晴らしい名刀です。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 伝兼虎(源清麿の甥) 江戸
末期
54.1 1.2 0.66 山浦隼太郎、源清麿の兄山浦真雄の子として文政八年九月に生まれる。剣術家を志して出府して島田虎之助門人となる。弘化4年から父山浦真雄について鍛刀を学び、嘉永二年江戸に出て叔父源清麿に鍛刀を学ぶ。本脇差は大すり上げ無銘ですが、大変豪壮な姿を現し、地金は小板目肌が良く詰み、刃紋は互の目乱れに足が良く入り、源清麿の特徴の金筋を見事に交え、砂流しが掛かり見事な出来です。あるいは源清麿の無銘の脇差でしょうか、大変楽しみな脇差です。 白鞘 売約御礼
短刀 水野正範作 甚左彫之 現代 20.5 0 0.57 昭和五十七年八月吉日
水野貞三郎。明治35年生。堺市桜之町にて鍛錬所を設けて、大阪の代表的刀工として有名です。本短刀は正範刀工八十歳の作品です。姿は凛としてすがすがしく、地金は小板目肌に鍛え、刃紋は互の目乱れ刃に足が入り素晴らしく上品に焼き上げ、大阪の彫の名人岩崎甚左の表は草の剣巻龍、裏は梵字に素剣に爪の見事な彫が本短刀を一段と華やかに飾っています。正範刀工の全精力をつぎ込んで作った短刀です。大阪の彫の名人甚左と正範刀工の現存作少ない大変貴重な短刀です。お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差 上総守宗道(虎鉄写) 江戸
初期
54.9 1.1 0.69 長曽祢興里虎鉄と同じ時代の越前新刀です。寛文1661年頃の上総守宗道のあたかも虎鉄の脇差を見る様な趣のある名品です。虎鉄と同じ寛文新刀の反りの無い姿で、地金はやや黒みのかかった地金で板目肌を強く鍛え、鎬は特に柾目肌が強く現れ、刃紋は虎鉄の数珠刃の様に互の目が連れた刃紋を力強く焼き上げ、帽子はあたかも虎鉄の様に横手で互の目を焼き虎の顎の独特な虎鉄帽子を焼き良く出来ています。虎鉄に大変影響を受けた刀工の一人でしょう。虎鉄を見る様な宗道の脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 土州住貞弘作之(左行秀写) 現代 44.4 1 0.64 平成二十五年五月日
本名岩本富士雄。月山一門。本刀は幕末の名工、左行秀を写した出来たての脇差です。本脇差は拵えが素晴らしいために拵えに合わす為に特別に注文で作られた。脇差は郷土土佐の誇り名工左行秀を狙い、姿は上品な姿に作り、地金は小板目肌よく詰み、刃紋は互の目刃沸深く沸の足が良く入り金筋が現れ、素晴らしく良く出来ています。左行秀を写して成功して、良く出来ています。拵えも幕末の鞘は最高級品の黒蝋塗刻み鞘に革巻きの柄が一段と華やかです。お楽しみ下さい。
拵え 売約御礼
太刀 吉光(太刀銘)(大和千手院) 室町
初期
62.4 1.8 0.64 千手院吉光は鎌倉時代から続く刀でですが、本刀は応永頃の太刀銘の千手院吉光でしょう。但し現存作を見るのはまれの為に不明です。大和物独特の鎬の高い作りこみで、地金は板目肌が柾に流れ大変古風な作柄を見せて、互の目乱刃良く足が入り刃縁にえが強く掃きかける。大和千手院は大和鍛冶の中でも一番古く、吉光の在銘は大変貴重な太刀です。大和の刀は、千手院、保昌、尻懸、手掻、当麻の五大流派が有りますが、寺院の注文で造って居たためか、元々在銘が素晴しく少なく在銘大和の太刀は大変貴重です。 白鞘 売約御礼
短刀 平安城住光長(希望銘) 室町
初期
23.4 0.1 0.86 正中元年十二月日
鎌倉末期正中元年(1324年)の年期のある光長の短刀です。現存作少ないためにあくまでも希望銘としておいて下さい。光長は来系統又は粟田口系鍛冶と言われています。本短刀は重ね厚く地金は板目に杢が交じり元から淡く乱れ映りが現れ、長年の経年変化の為に、裏の棟角に丸い朽ちこみが有りますが、許せるでしょう。刃紋は互の目刃が元から先までむら無く良く焼かれています。拵えも江戸中期の合口拵えが本短刀に一層華やかに飾っています。
拵え 売約御礼
脇差 伝寿命(仕込杖拵) 江戸
初期
55.2 1.5 0.65 仕込み杖拵の付いた新刀寿命の脇差です。地鉄板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は互の目に尖刃を交え素晴らしく覇気ある刃を焼いています。寿命は美濃関鍛冶ですが昔より寿命と言う名が良い為に大変珍重されました。明治になり、廃刀令以後明治の立役者が護身の為に暗殺者の一撃をかわすために、日本刀を仕込み杖に仕立て、武士としての心の準備をしていました。本脇差も寛文時代1661年の美濃清水住、上野守寿命の子美濃守寿命位の作と思われます。仕込み杖の付いた寿命の脇差をお楽しみくださいませ。 拵え 売約御礼
脇差 伝美濃国田代源一兼信(貴重な村上孝介先生鞘書有) 江戸
初期
51.1 0.7 0.63 兼信の祖先は直江志津兼信で室町期には善定派に受け継がれ新刀期に至っています。本脇差は江戸初期寛永時代の 田代源一兼信の作品です。鎬造で地金は板目肌良く詰み飛び焼きを交え青黒く光り美濃の独特の地金を鍛え、美濃刀工の代表的刃紋の三本杉の刃を素晴らしく明るく焼いて見事です。新刀美濃の刀は大変貴重で、殆どの鍛冶は地方に出て行っておりました。今は亡き薫山、寒山、剣掃、(村上孝介先生)と言われた村上孝介先生の貴重な鞘書きが有ります。美濃本国の刀匠の名脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 伝越前康継以南蛮鉄於越前(越前四代康継) 江戸
中期
50.2 1.2 0.66 初代康継は家康の三男結城秀康に越前にて抱えられ、慶長十年江戸に召され家康、秀忠両将軍の前で鍛刀し、激賞され褒美として葵紋と康の一字を賜り康継と改めた。徳川将軍家お抱え刀匠越前康継は江戸時代の最上作の名刀です。康継家は3代から江戸と越前に分かれます。本刀は越前4代元禄頃の吉之助康継位でしょうか。地金は小板目肌目肌良く詰み、金色に黒味が有り、刃文は互の目刃に大のたれ小互の目を交え、小足盛んに入り、にえ良く付き、細かに金筋砂流しかかり越前四代康継の特色ある作域を現わし本刀は地金が常よりも一段と優れており加えて刃中のにえ付きの状態などむらなく越前家四代康継位にするのが良い名脇差です。 白鞘 売約御礼
短刀 伝備前国長船祐包 江戸
末期
21.2 0.4 0.63 幕末慶応頃の備前祐定十三代目友成58代目となる名門祐包の素晴らしく小板目のつんだ無地風の地肌に匂出来で匂口の締まった丁子刃を明るく焼き、典型的な祐包と思われる冠落造の短刀です。どういう訳か生無銘になっておりますが、時代の拵えも貴重です。ねじ式目釘の雄釘が時代の経過で欠損しておりますが、まだまだ充分に楽しめます。備前長船の新々刀の短刀を是非お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差 大和大掾藤原正則 江戸
初期
54.6 1.2 0.68 大和大掾正則は山城三条吉則の末葉で本国は丹後国宮津、後に越前福井に移り住んだと伝えられています。初代越前康継と同時代又は先輩鍛冶とされています。本刀は姿豪壮で身幅広く、板目肌所々流れ、地沸が付き、地景が入り、刃紋はのたれ乱れ刃の大変覇気有る刃を豪快に焼き上げています。彫物は棒樋に添え樋を見事に彫り上げています。慶長新刀大和大掾藤原正則の貴重な脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
短刀 尾国住政秀 江戸
末期
27.5 0 0.68 尾張国の幕末慶応1865年頃の名工。政秀の名から水心正秀に関わりある刀工と思われます。本短刀は重ね厚く棟は真の棟で相州伝で鍛えられて、豪壮な姿を現しています。地金は板目肌強く鍛えられて、元に柾目肌流れ刃紋は直刃をむらなく焼き上げています。政秀刀匠は明治の廃刀令に会ったために明治以降の作品が無く、本短刀の技量から見ると大変上手な刀工で、廃刀令が無ければもっともっと後世に名を成した名工でしょう。時代の短刀拵えが本短刀を一層華やかに飾っています。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
皇宮警察官用刀剣 明治 64.6 1.2 0.68 本刀は明治41年製の皇宮警察官用に作られたサーベルと言い伝わっています。現存大変少なく貴重なサーベルです。黒漆塗鮫皮を巻いた柄。クロームメッキ鞘二環式、柄には黒皮略刀緒付刀身は現在は地肌や刃紋が見えないために良く判りませんが、伝来は古刀が入っているとの言い伝えですが不明です。とにかく現存作非常に少ないサーベル拵えですのでお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
短刀 兼福 室町
末期
16.7 0 0.68 (変拵付)
天文1550年頃の関の刀工。本短刀は鎧通しの姿で重ねが厚く鋭利な姿をしています。地金は小板目肌よく詰み、柾目肌が現れ、刃紋はのたれ乱れ互の目刃沸で尖る刃を交え、彫は表上り竜、裏梵字に素剣を見事に彫り上げています。拵えは変わり拵えで鞘は竹をあしらった風流な拵えを見事に作り上げています。金が福を呼ぶとのことで、大変縁起の良い兼福の名短刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差 菊一 河内守祐定 備前国長船住 江戸
中期
58.5 1.5 0.68 所謂菊一文字を伝える備前長船祐定として有名です。元禄14年5月(1701年)忠臣蔵討ち入りの年に、河内守を受領しました。何か忠臣蔵と縁が有りそうな脇差です。本名横山仁左衛門。菊一を中心に彫ますので菊一文字と称され大変人気のあった刀工です。本脇差は姿豪壮で、地金は板目肌よく詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は室町期の直刃調のたれ刃に小互の目を交え、働きがあり、大変覇気有る刃を焼いています。河内守祐定の菊一文字の脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
短刀 兼若(後代) 江戸
中期
20.6 1 0.59 兼若と銘のある短刀です。本短刀は地金小板目肌が良く現れ、北国でありながら、兼若であろう独特の明るい冴えた地金を鍛え、刃紋は孫六の三本杉を上品に焼き、覇気有る明る良い刃を焼いています。兼若は加賀では大変人気の刀工で、兼若の刀を持つ武士はたとえ身分は低くとも嫁にやろうと言われる位人気があります。本短刀も大変良く出来た短刀です。どうぞお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 武蔵大掾藤原清貞 江戸
中期
46.8 1 0.71 本国美濃、貞享1684年頃の刀工。本脇差は反りの浅い頑丈な造り込みで、切っ先やや伸びた大変豪壮な姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、力強い鍛えをして鍛えが素晴らしく良い。刃紋は匂い出来のやや締った直刃に、かすかに互の目を交え如何にも美濃の良く斬れる刀の趣を発揮して大変好もしい脇差となっています。大変珍しい清貞の名脇差をお楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼
濃州関住後藤兼廣作 小浜(孫六兼元写) 現代 67.8 1.2 0.71 後藤兼廣刀匠は戦後の作刀が無く、残念ながら詳しくは判りませんが、本刀は姿豪壮で、姿が良く地金は小板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は関の孫六の三本杉の刃紋を見事に焼き上げています。銘文の小浜は小浜打ちという事でありましょうか、今後の研究に待ちたいと思います。軍刀拵えも傷みが無く殆どできた時のままです。日本の為に命を懸けて貢献した刀を大切にして下さい。 拵え 売約御礼
脇差 越後守包貞 江戸
初期
55.2 1.1 0.85 大坂新刀を代表する越後守包貞と銘のある脇差です。越後守包貞は真改、助廣に次ぐ大坂新刀の名工で価格も高いものです。本刀は武家の注文品で反りも浅くいかにも美しさを持った中に武用にも適した刀を作っています。本刀は身幅頃合いで堂々たる姿。地金良く詰まり地沸厚く付き、匂い深く焼き刃むら無く、地刃ともに素晴らしく明るく、刃紋はのたれ刃に互の目の足が良く入っています。越後守包貞の銘のある脇差を充分にお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
短刀 伝細川正守(朱塗合口拵付) 江戸
末期
29.2 0.2 0.84 作陽幕下士細川正守造之、細川仙之助。本短刀は作州津山藩工の名工の作と思われる短刀です、冠落造の短刀姿です。姿誠に優美で小板目肌良く詰みのたれ刃素晴らしく沸深く上品に焼き上げています。拵えも朱塗合口拵えが素晴らしく上品に出来て本短刀を一段と華やかにしています。名工細川正義の子共だけあり素晴らしい冠落造の短刀を是非お楽しみくださいませ。 拵え 売約御礼
短刀 お守り短刀 伝森岡正吉 現代 17.7 0 0.89 本国土佐南海太郎朝尊の孫、宮本包則や月山貞一に師事した、森岡正吉の作であろうと思われる短刀です。本短刀は小ぶりの短刀姿に地金は板目肌を良く鍛え強い地金に、刃紋は互の目刃を素晴らしくむらなく焼き上げています。拵えも因州金具真鍮一作金具付合口拵えで、鞘は朱色根来塗の大変豪華な拵えになっています。お守り短刀として大切にされてきた短刀です是非お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
伝大和守吉道 陸士五十五期生 高秀猛所持 江戸
初期
57.7 0.9 0.63 大坂初代丹波守吉道の次男承応元年から延宝三年まで年紀のある作刀が有ります。本脇差は身幅広く重ねの厚いしっかりとした豪壮な刀で小杢目肌良く詰み細かな地金に地にえが付き匂いできの丁子刃を焼いて小にえがつき大和守吉道の最高傑作の脇差です。陸士55期は昭和16年卒業生です。お国の為に活躍した名品を大切にして下さい。 売約御礼
脇差 兼久 室町
初期
51.2 1.3 0.57 応永美濃の兼久。太郎左衛門。南北朝時代の直江志津兼俊の子。直江から関に移住。本脇差は小板目肌が良く詰み、細かな地沸が付、綺麗な地肌です。刃紋は匂出来の直刃に小のたれほつれ心あり、二重刃があり帽子は小丸にはきかけでおり中心は桧垣鑢で、法名は得印と言って、得印派の祖です。本脇差の様に小脇差は応永の頃に差し添えとして大変重宝がられた品の良い脇差です。歴史を感じる名脇差をお楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼
短刀 時代国不明(肥後金具一作短刀拵付) 不明 23.8 0 0.59

錆身の為に一切判りませんが、姿から室町時代の短刀でしょうか、長年家の中でほったらかして在ったために、このように錆だらけとなってしまったようです。但し拵えは鍔、縁頭、こじりとも、肥後象眼桜の図の金具が付いており、お手入れをすれば良い金具が現れるものと思います。元来元々は高級武士の前差しとして、大切に大切にされていたものでしょう。是非元の姿に蘇らせてやって下さいませ。

売約御礼
越前国住日向大掾重高(戦車隊軍刀拵付) 江戸
中期
60 0.8 0.74 越前福井松平に名工ありと謡われた、重高の脇差です。初代は兼則門人、天正頃越前に移住。播磨大掾を代々受領。四代以降は受領が無く、越前住藤原重高とのみ切るようになりますが、本脇差は元禄頃の重高五代目の日向大掾重高です。日向大掾重高銘は大変少なく、資料的にも価値ある脇差です。本脇差も前時代の寛文新刀体配の反りの浅い突き業の流行った時代の姿をしており、刃紋はのたれ刃を見事に焼き切っています。地金は良く判りませんが板目に柾肌が流れ良く詰んでいるようです。日向大掾銘の貴重な戦車隊軍刀拵の付た脇差を大切にして下さい。 拵え 売約御礼
武蔵大掾藤原是一 現代 69.7 1.8 0.79 武蔵大掾藤原是一の銘が有るも、戦争中に防空壕に入れられたために、中心の銘が不鮮明です。姿は菖蒲造の姿が大変珍しく、地金は板目肌に柾目肌を交え盛んに映り立ち、鍛え肌大きく現れるところや、柾目肌の地金大きくなるところもあり、防空壕での過酷な状態にあった事が判ります。刃紋はのたれ乱れ刃に石堂系の備前伝の丁子刃を交えた覇気有る刃を焼き、現在まで良くぞ残った貴重な刀となっています。 白鞘 売約御礼
脇差 伝氏房 江戸
初期
53.8 1.3 0.79 本脇差は陸軍航空隊の軍刀にするために伝氏房の脇差が使用されています。操縦士も軍人の為に、出撃の時は愛刀と共に飛行機に乗っていましたが、操縦席が狭い為にこのような短い軍刀拵えを作っています。本脇差は、地金板目肌よく詰み柾肌が現れ、刃紋は互の目尖り刃を交え矢筈乱れも交え、大変覇気有る刃を見事に焼いています。陸軍航空隊軍刀は飛行機と共に運命を共にした為に、現存作非常に少なく貴重な刀ですお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差 伝島田(銘不明) 室町
末期
40 1.2 0.55 伝島田(天文1532年)頃の駿河の地で出来た脇差です。代表工島田助宗は備前から移住した刀工と言われ本脇差も平造身幅広く、重ね薄い末古刀の時代の姿を現し、地金板目肌良く詰み。刃紋互の目乱れ飛び焼が棟にまで焼が掛り、皆焼風になり備前伝と相州伝が交わった大変覇気の有る脇差です。銘不明ですがほとんど島田の作品に間違いないでしょう。末古刀華やかな相州伝をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差 伝相州綱廣(皆焼刃) 安土
桃山
39.1 0.8 0.6 本脇差は、鎬造の姿素晴しく良く、地金は板目肌良く詰み大変力強い地金を鍛えています。刃紋は互の目乱れ激しく上は皆焼となり大変覇気有る刃を焼いています。綱廣は天文頃より代々11代続く名門鍛冶です。北条氏綱より綱の字を授けられて、綱廣と改めました。本脇差は3代目文禄頃の綱廣であろうかと思われます。島田鍛冶の出とも言われていますが、末相州鍛冶を代表する綱廣の脇差をお楽しみください。 白鞘 売約御礼
短刀 兼法(村正写) 江戸
初期
27.5 0.2 0.7 兼法は孫六兼元と同じく赤坂千手院系の鍛冶で、天正頃徳川家康にまねかれ、駿河に移住徳川家康の信頼厚く鍛冶頭領に任じられ越前康継、南紀重国、繁慶などは兼法の支配に属していました。本短刀は真の棟で平造で、やや反りの有る姿、地金は小板目肌に柾が交じり、刃紋は村正の表裏の揃った互の目尖り刃を村正を見るが如く焼いて大変覇気有る短刀です。鑑定刀にすれば、村正に入ってくるでしょう。昔から素晴らしく良く斬れる刀として有名な兼法の素晴らしい名短刀をお楽しみください。 白鞘 売約御礼
脇差 伝伊賀守藤原金道(十代目) 江戸
末期
34.1 0.6 0.48 初代伊賀守金道は関兼道の長男。文禄二年二月二条関白下向の節、父兼道と共に兄弟4人がお供にて上京、文禄3年伊賀守受領して禁裏御用を承る。関ヶ原合戦の直前徳川家康より太刀千腰の注文を受けた際、在京の鍛冶を金道の支配下に入れることを条件に注文を引き受け、戦後家康の取次にて日本鍛冶惣匠の勅許を受ける。本脇差は嘉永1848年頃の十代目金道の作でしょう。地金板目良く詰み刃紋は互の目乱れ刃ににえ良く付き明るく冴え、良くできています。時代の拵えも本脇差に一層華を添えています。 白鞘
拵え
売約御礼
平田秀光(軍陣刀) 現代 68 1.8 0.75 本刀は軍陣刀として造られた刀です。姿豪壮で、地金は小杢目肌良く詰み、刃紋は互の目丁子刃を見事に綺麗に焼き上げています。平田秀光刀匠は岡山県の刀匠と思われますが、戦後復活して刀を作らなかったために、戦後の作品が残っていません。戦後刀を作っておられたならば、素晴らしい刀匠として名を残したものと思われます。本刀はお国の為に命を懸けた軍人将校の為に作られたお国に大変貢献した刀です。どうぞ今後とも大切にしてやって下さい。 拵え 売約御礼
正延作(孫六兼元写) 現代 62.6 1.4 0.76 正延刀匠は大分県の刀工で、戦後の作品が無く、戦後刀匠として復活しなかったものと思われます。本刀も関の孫六兼元を写した刀で、地金は大変綺麗な地金で、刃紋は孫六兼元を見事に写した三本杉の刃紋を焼き上げています。拵えも近代の拵えですが、充分鑑賞に出来ますので一緒にお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差 紀州住直次 江戸
初期
54.1 1.5 0.72 南紀重国の末裔文殊四郎三代直道の門。幕末元治1864年頃。本脇差は姿良く地金は板目肌に柾目肌が流れ、刃紋は互の目刃を高低を付けて覇気有る刃を匂口明るく焼き上げ冴えています。本脇差を拝見しますと素晴らしい出来栄えで、直次は相当上手な刀工であった事が判ります。紀州の刀工は大変全国的に有名ではありますが、現存作が余りにも少なく、今後の研究の資料として本脇差は大変貴重な物だと思います。南紀重国の末裔に連なる紀州住直次の名脇差をお楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
伝越前関 江戸
初期
66.7 0.9 0.69 寛文1661年頃の越前の刀工です。
代表刀工は越前康継、長曽根興里入道虎鉄、等々名工を多く排出致しました。本刀も寛文新刀体配の反りの浅い切っ先の小さい優美な姿で、地金は板目肌が良く詰み、柾肌現れ、地金が北国地金でやや黒く輝いています。刃紋は直刃で匂いがきりりと締った良い刃を焼き上げています。長年の戦国時代も収まり、世の中は平和を満喫していましたが、道場では、竹刀剣道が大変流行り、突き技が大層行われ流行として寛文新刀と言う突き技に適した反りの浅い刀が大いに作られました。寛文新刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
関之住藤原兼忠作(保昌写) 現代 65.8 1.3 0.78 藤原兼忠刀匠も戦後刀匠として作品が残っていないために、昭和の刀工として終わったようです。本刀は地金柾目肌を上手に鍛え、大和保昌を狙った刀で、刃紋は互の目刃を元から先まで上手に焼き上げています。戦後も刀を作っていたならば大成したと刀工でしょう。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
濃州関住兼義(備前長船景光写) 現代 67.4 1.4 0.74 本名河合義文。明治33年生。陸軍受命刀工。本刀は姿豪壮で、地金は小板目肌良く詰み刃紋は備前長船景光写しの片落ち互の目を見事に焼き上げ覇気が有ります。刃肉たっぷりと有りなにおも切り放つとの思いを込められ作られた刀です。時代に大変貢献した刀を大切にしてやって下さいませ。 拵え 売約御礼
江村 現代 66 1.7 0.82 長運斉江村は岡山の刀工。国策で日本刀をお多くに世に出しています。品質管理が素晴らしく良く出来ていた為に、本刀の様に素晴らしく良く斬れる刀が作られています。本刀は小板目肌に鍛え、鍛えた証拠の炭籠りが現れ、刃紋はのたれ刃に互の目に尖り刃を交え、匂い深く明るく冴えています。古来大変人気のある刀工で 靖国刀と同じく現在は見ること大変少なくなった貴重な刀です。試し切りには大変良く斬れることで有名な江村の刀をお楽しみ下さい。 拵え 売約御礼
脇差 備州長船忠光(と銘あり) 室町
中期
46.9 1.3 0.56 文明十一年二月日(1479年)
本脇差は備前長船忠光の銘ある脇差で、文明から天正19年の吉井川の大洪水によって長船鍛冶が壊滅的な打撃を受けるまでの120年間各世代に数人ずつの忠光がいたであろうから、忠光銘を切った忠光は相当数に上るものと思われますが全ての忠光は名工揃いと言えるぐらい名刀を残しています。本脇差も地金が良く映りが有り、刃紋はのたれ乱れ刃変化が有り素晴らしく良く出来ています。但し本脇差は審査前の為に忠光の銘ありとしています。素晴らしい篠鞘の付いた拵えの価格のみの価格を付けております。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差 越前住下坂貞次 江戸
初期
31.9 0.2 0.75 (新刀上作)
貞次は寛永1624年頃の刀工。初代越前康継の弟子。本脇差は江戸初期に良く見られる、寸法が短く、身幅が広い姿をしており、地金は板目肌に柾肌が働き、刃紋は直刃に乱れを交え、小互の目を交えて刃中素晴らしく明るく、表に棒樋と裏に護摩箸の彫を上手に彫っています。この彫も記内彫で見事です。拵えも江戸期の肥後拵えが本脇差を一段と華やかに飾っています。越前新刀をお楽しみ下さい。
拵え 売約御礼
脇差 伝兼則 室町
後期
54 1.4 0.66 本脇差は天文頃1543年頃の美濃の刀工、後に越後の上杉謙信の春日山城に移住上杉謙信の軍団の刀剣を多く鍛えた刀工として有名です。本脇差は地金小板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は匂の深い直調のたれ刃、食い違い刃や金筋を交え一か所に尖り刃が有り匂い口明るく淡雪が積もれるごとき刃を焼き、素晴らしく良く出来ています。上杉謙信が愛した兼則の刀をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 備州長船祐定 室町
末期
46 1.6 0.56 備州長船祐定は名刀の代名詞として余りにも有名です。本脇差は製作年代が有りませんが、永禄(1558年頃)の作でしょう。本刀は姿優美な姿で末備前の独特の大変良い脇差姿で、大変健全な刀です。地金は板目肌良く詰み備前独特の潤いのある地金を明るく鍛え、地に乱れ映りを現し、刃紋は丁子乱れ刃を奔放に焼きあげ、素晴らしく覇気ある刃を焼き上げています。おたのしみください。 売約御礼
短刀 水野正範作之 昭和五十四年二月四日 現代 14.8 0 0.72 棟に「為前田草城坊秀郷君之」
水野貞三郎。明治35年生。堺市桜之町にて鍛錬所を設けて、大阪の代表的刀工として有名です。本短刀は正範刀工七十七歳の作品です。姿は凛としてすがすがしく、棟は平に造り大変難しい造り方をして成功しています。地金は総柾肌に鍛え、刃紋は直刃を素晴らしく上品に焼き上げ、棟にも返りを深く元まで焼き上げています。小品なれど正範刀工の全精力をつぎ込んで作った短刀です。大阪の少ない刀工の大変貴重な短刀です。
売約御礼
脇差 武州下原住廣重 江戸
初期
55.8 1.4 0.78 本刀は万治頃江戸八王寺に住む初代廣重の長男の子山本半十郎廣重で後、貞亨二年(1685年)水戸光圀の刀を鍛えて、「宗国」の名を与えられる。古来より、下原鍛冶は九州肥後同田貫派の刀や、豊後高田鍛冶の様に、業物の刀を鍛え、戦国武将に実用刀として大変愛用されていました。本刀は反りの少ない寛文新刀姿に地金板目肌強く鍛えられ、澄鉄も現れ、刃紋は小沸出来の変化有る、のたれ乱れ刃を焼いています。お楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 伝後代兼若(裁判官用軍刀拵付) 江戸
初期
48.2 1.0 0.56 本刀は地金小板目肌に柾肌を現わし、北国でありながら、兼若であろう独特の明るい冴えた地金を鍛え、刃紋は独特の三本杉の刃紋を交え覇気有る明るい刃を焼いています。拵えは現在殆ど残っていない法曹関係者と思われる、とりわけ裁判官用軍刀拵えと加州はばきが本脇差を一層華やかに飾っています。どうぞお楽しみ下さいませ。 売約御礼
短刀 兼房(来国俊写)(若狭守氏房) 安土
桃山
27.2 0.1 0.7 兼房5代目弘治2年長兄石見守国房より惣領職を譲られ善定嫡家を継ぎ、永禄13年若狭守を受領してほどなく氏房と改めました。本短刀は大変珍しく、兼房と言えば兼房乱れと言われる、タコの頭の様な互の目の頭が丸い刃を焼きますが、本刀は直刃に二重刃を交え時代が上がるように見える見事な短刀です。兼房の来国俊に見える短刀をお楽しみ下さい。 売約御礼
脇差 伝二王 室町
末期
34.4 0.5 0.58 二王は周防国鎌倉時代より起こり室町時代まで続く大和系統の刀工、二王清綱が火事のとき仁王門の仁王が鎖でまかれていたのを、二王清綱の太刀で鎖を切り助けたとの言い伝えがあり、その後中心に二王の銘を入れたとの有名な故事があります。本刀は天文(1532年)頃の二王の脇差と極められる、身幅の広い平造の姿、地金は小板目肌よく詰み、二王のへら影と言われる映りが立ち、草の剣巻龍と腰樋が一段と映え、刃紋は匂い出来の直刃を素晴らしく良く焼いています。江戸期の脇差拵えが一層本脇差に華を添えています。 売約御礼
短刀 菊池槍直短刀(変わり竹拵付) 室町
初期
21.5 0 0.51 南北朝期に肥後延寿鍛冶が菊池の千本槍と称するものを造る。正平14年(1359年)筑後川合戦の際に菊池武光が士卒に命じて短刀を竹竿の先に付け槍の代用にしたのが始まりと言われています。菊池槍には6寸前後(18cm)と7寸(21)前後と9寸(27cm)前後の3種類が有ると伝えられその数で士卒人数が判るようになっていました。本菊池槍は7寸と標準の長さで、菊池槍を直した短刀で現存大変変貴重な菊池槍直し短刀をお楽しみください。 売約御礼
石堂(輝秀) 現代 66.5 1.8 0.72 本刀は現代刀の石堂輝秀刀匠です。姿非常に強い姿を現し、鎌倉時代の猪首切っ先で地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、晴れ晴れしい地金を鍛え上げて、力強い地金になっています。刃紋は互の目乱れ刃を元から先までむら無く明るく焼き上げて上手です。輝秀刀匠は戦後の作品が無く、本刀の様な素晴らしい刀を作っていますので、戦後も作刀を続けていたならば大成した刀工でしょう。大変素晴らしい刀を是非お楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 兼景 室町
後期
32.7 0.3 0.57 兼景は直江志津兼行の子で、代々続いています。本兼景の脇差は天文頃1540年頃の兼景です。姿は平造で上品な姿を現し、地金は小板目肌に柾目肌を現し、明るい地金に鍛えられ、乱れ映り現れ、刃紋は乱れ刃に頭の丸い互の目刃、飛び焼きを焼き皆焼風になる変化有る豪快な刃を焼き大変良く出来ています、兼景の在銘のもの少なく、末関の在銘の脇差はまた大変貴重です。お楽しみ下さい。 売約御礼
短刀 国長(宇多国長) 室町
初期
23.2 0 0.43 永享1429年(583年前)頃宇多国房の門と言われる国長です。本短刀は姿優しく来の短刀に間違われる姿をしており、古来は来国長とされていたものです。本短刀は板目肌良く詰み地沸が付き、刃紋は小互の目の刃紋が上品に焼かれ時代の古さを現しています。宇多の刀は多くは地金に大肌が現れるのですが、本短刀は特に地金が詰んで美しく名短刀です。拵えも素晴らしく優雅な名短刀拵えが一層国長を華やかにしています。お楽しみ下さい。 売約御礼
脇差 仕込み杖拵(伝新々刀関) 現代 54.8 0.3 0.54 本刀は明治維新廃刀令後、世情まだまだ平常で無く高級官僚は身を守るために盛んに仕込み杖を身近に置き武士のたしなみを忘れず、何時でも臨戦態勢に応じる心構えを持っていました。本脇差も元々仕込み杖に入れるために作られたもので、出来が良い。地金は小板目肌よく詰み、刃紋は孫六兼元の三本杉の刃を上手に焼き大変覇気ある脇差です。 拵えは仕込み杖拵で出来も大変優れています。お楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼

ここは過去に取り扱った日本刀を並べています。現在 販売されている格安の日本刀 はこちら



日本刀
商品紹介
その他の
ページ