格安刀剣一覧 日本刀の通信販売 株式会社 明倫産業 保管庫
日本刀の専門店 明倫産業 日本刀・居合刀・刀剣全般の株式会社明倫産業 格安日本刀 保管庫

日本刀販売・ご案内(明倫産業TOP)格安日本刀 保管庫

日本刀鑑定証については    
日本美術刀剣保存協会 特重(特別重要刀剣)、重(重要刀剣)、特(特別保存刀剣)、保(保存刀剣)、
甲(甲種特別貴重刀剣)、丸(特別貴重刀剣)、貴(貴重刀剣
その他の鑑定 会(日本刀剣保存会)、藤(藤代松雄)、柴(柴田光男)、店(当店の保証)
質については ☆(特優品)、◎(優品)、○(標準品)、△(やや程度不良品)、希(希望銘)
付属品 白(白鞘)、拵(拵え)
※表示の価格は全て税込です。
No. 種別 銘文 時代 長さ(cm) 反り 元重 解説 証書 付属 価格
脇差
忠光
室町
中期
46.7 1.8 0.66 忠光と切った作品は文明1469年から天正19年1591年の吉井川の大洪水によって長船鍛冶が壊滅的な打撃を受けるまでの120年間にわたり繁栄した名門刀工です。本刀は文明に近い初期の作品で片手打ちの打ち刀の姿で、地金は応永備前にくらべて地にえが付いて綺麗に見え鎬から乱れ映りが現れ一層価値を高めています。刃紋は忠光には珍しく互の目に丁子の足が入り素晴らしい技術で焼かれています。帽子も深くて小丸に返っています。初期は注文銘を切る習慣がなく、注文銘でも俗名を入れておりません。備前刀の名工忠光の素晴らしい刀をお楽しみください。 白鞘 売約御礼

政道作(剣)
不明 17.7 0 0.48 本剣は地刃が何も見えない為に、全て不明です。水戸住政道、坂東太郎卜伝同人水戸、貞享頃(1684年頃)か山城の政道、石堂、天和(1681年頃)か越後長岡住坪井政道、越後、文化(1804年頃)か一切不明です。当時の堅木拵え鞘からしますと幕末の刀工かもしれません。推量するに越後長岡住坪井政道刀工の可能性が高いかもしれません。研ぎを是非して下さい格安でお譲りいたします。 拵え 売約御礼
脇差
和泉大掾藤原国輝
江戸
初期
41.5 1.2 0.63 寛文(1661年)伊予(愛媛県)の刀工。初銘金長、長清、初代長清の子。三好太郎兵衛。寛文3年3月1日和泉大掾受領。本脇差は反りが深く元幅と先幅の差が無い豪壮な良い姿で、地金は小板目肌良く詰んで潤いのある地金を鍛えて、刃紋は互の目乱れ刃、足が良く入り明るく素晴らしく冴えています。国輝は初代長国から代々伊予で続く名門刀工です。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差
備前長船祐定 大永三年八月日
室町
末期
38.9 0.8 0.64 本脇差は大永三年(1523年)、今から491年も前の祐定と銘が有りますが、大変古い為に、地肌が見えません。刃紋は直調の刃紋がかすかに光に当てると見えます。銘ももう一つです。拵えも幕末の拵えが当時のままについています。何か使う道が有りますれば格安にお分けいたします。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差
清重
江戸
末期
45.2 1.2 0.63 草書銘の為に清重と読むのだとは思いますが、後々読める方がお読みください。とりあえずは新々刀の長州住藤原清重として文化(1804年)頃の脇差として解説いたします。細身の上品な姿にやや反りが在り、地金は板目肌が良く詰み、地金は古刀期の地金に見える様な古い地金を鍛え、映り心も現れ、刃紋はのたれ乱れ刃に尖り刃が心地よい感覚に焼かれ如何にも室町期の古刀の脇差に見えてしまう脇差です。草書銘の為に時代は新々刀でしょうが大変上手に作っている為に時代が上がります。清重刀工の腕の良さが充分わかる脇差です。江戸期の拵えが一層本脇差に華を添えています。是非お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差
播磨大掾藤原正綱 伯耆国倉吉住人
江戸
初期
48 0.7 0.68 伯州廣賀の一門です。弓削新三郎正綱の子で初銘を正廣後に正綱と銘を切りました。本脇差は慶安頃(1648年)の江戸初期に作られた脇差です。姿は反りが浅く豪壮で、地金は小板目肌が詰んだ地肌に力強さを現し、美しく見事な地金を鍛えています、匂出来の互の目を明るく見事に焼き上げています。この様な焼き入れを拝見しますと、正綱刀匠の腕が非凡で大変良いのが良く判ります。倉吉は鳥取池田家32万石の陣屋がおかれ、徳川家康の二女督姫と池田輝政の子の池田忠雄が当主の鳥取池田家の為に外様で有りながら親藩の格式として扱われています。裕福な地の為にこの様な名工も生まれたのでしょう。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
脇差
大和守藤原国行(業物)
江戸
初期
58.6 1.1 0.71 豊後大分県の刀工は古来大変良く斬れる刀を鍛えたために、室町時代は平氏の姓を多く名乗ったために平高田と総称され。江戸期に入り藤原姓を多く付けた為に藤原高田と総称されています。その中でもとりわけ大和守藤原国行は豊後大分県の名工として有名です。時代は江戸虎鉄や大阪助廣、真改と同時代の寛文頃(1661年)の業物として名が聞こえ本脇差も時代的に反り浅く姿豪壮で、板目肌で強い地金を鍛え、刃紋は当時の名工肥前国近江大掾忠廣の様な匂の深い直刃を明るく焼き上げ、武芸に秀でた武士の特別注文品と見えて長寸で、国行刀匠の代表作品と言える傑作の脇差です。当時の代表工肥前国近江大掾藤原忠廣をはるかに越える名脇差です。業物を是非お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼

軍陣刀(無銘現代)
現代 63.5 1.7 0.74 本刀は今次世界大戦の為に作られた武勲の軍刀です。昭和20年まで日本には誉れ高い武士が居たことの証です。軍人は武士の覚悟の証として刀を近代的に軍刀拵えにして戦地に出陣しました。このような歴史を持つのは日本だけで。鎌倉から続く武家の誇りの証です。日本軍が強かったのは武士の誇りを持っていたからなのです。本刀は地金が良く詰み、刃紋は生出しの為に、古研ぎの為に不明です。日本の歴史を飾る軍刀を是非大切にして下さい。 拵え 売約御礼
短刀
兼時
室町
末期
29.9 0.2 0.61 本短刀は関兼時の大変貴重な寸延び短刀です。時代は室町時代の天文頃(1550年)(464年前)兼時は上杉謙信に招かれ、新潟県越後春日山城での作品もある名工です。本短刀は寸が長く地金は板目肌に柾目肌が交じり、元から乱れ映りを現し時代の古さが出ています。刃紋は互の目乱れ刃覇気有る鋭い刃を高く見事に焼いています。生出しの為に拵えは鍔が欠けていますが黒変わり塗鞘に笹と蟹の縁頭、軍配の目貫、小柄は据え紋がとれていますが有ります。江戸期の拵えが付いています。素材としてご提供いたします。是非お手入れいただければ見違える短刀になります。その分大変お安くご提供申し上げます。お楽しみ下さいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
脇差
長船住祐定(新刀)
江戸
初期
35.3 1 0.57 約380年前。本脇差は有名な備前長船祐定の典型的な互の目丁子刃の名脇差です。地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、素晴らしい明るい地金を鍛え、刃紋は典型的な匂で元を直刃の焼き出しを焼き、先は腰の開いた互の目丁子刃を明るく見事にむら無く焼き上げています。個銘は無くとも横山大掾祐定の名脇差です。拵えも江戸期の大変粋な小道具に上品な拵えが本小脇差に一層華を添えています。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差
於東都正明 天保十巳亥年八月日(城慶子正明)
江戸
末期
52.4 1.6 0.72 賀田野利貞五歳鍛之 城慶子正明は本名竹村恒次郎。細川正義門。作州津山藩工の城慶子正明は細川正義門の代表刀工で上手です。本脇差は姿素晴らしく優美で中心は雉股中心になり公家用の太刀を写した脇差です、地金は小板目肌良く詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は匂い出来で小沸が付いた備前伝互の目丁子刃を変化有る覇気有る素晴らしい大胆な刃を焼き成功しています。本脇差は賀田野利貞と言う旗本幕臣の子供の七五三の御祝にあたり、城慶子正明が鍛刀相手となり、5歳の利貞少年が向槌を振ったものでしょう、その時の幸多かれと両親、親戚、縁者が祈り見守る中利貞少年力強く槌を振るったものでしょう。その情景が目の前に現れて来るようです。お楽しみ下さいませ。 白鞘 売約御礼
短刀
正士(まさし)(まさひと)
現代 17.2 0.1 0.52 長さ5寸7分
本名中山正士、愛知県小牧市住。本短刀は姿が所謂サスガ造と言われる、横手が無く鎬が鵜の首造の様に削がれた切っ先だけの様なすすどしい姿をサスガ造と言います。作り方が難しいのか作例が殆ど有りません。本短刀の作者が昭和の現代刀工と言うのですが、古刀の古い短刀を見る様な時代の上がった短刀に見えます。古く見えるのは正士刀匠の腕の良さです。地金は小板目肌に良く詰み、柾肌が現れ、刃紋はのたれ乱れ刃が大変覇気有る刃を焼いて上手です。拵えも時代が上がる拵えに見え本短刀の真価を一層上げています。今回初めて世に出ましたので、薄錆び等有ますがそれも御愛嬌です。格安でお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
平安城源信重作之(相州正宗写)
現代 48.8 1.5 0.86 応需島津家重代御守護 昭和六十二年仲秋吉日
長さ1尺6寸1分
沖芝信重は唯一現存の大阪の刀匠です。師であり父である沖芝正次に師事後人間国宝月山貞一の兄弟弟子喜多貞弘の弟子となる。隕石とともに地球に宇宙から降り注いだ隕鉄を刀の材料にして鍛えた刀を作ったことでも全国的に有名です。隕鉄で刀を造るのは大変難しく沖芝信重刀匠の技量の高さが示されています。本脇差は元身幅と先身幅の差の無い豪壮な姿を現し、相州伝の彫は二筋樋を見事に彫り上げ、地金は板目肌良く鍛えられ、刃紋は相州伝のたれ乱れ刃ちじに乱れ、金筋、砂流しを交え相州正宗を見事に現しています。今正宗をお楽しみください。
白鞘 売約御礼
脇差
兼廣
江戸
初期
44.8 1 0.57 長さ1尺4寸8分
越前下坂住兼廣が本脇差の作者です。元禄時代(1688年)(326年前)兼廣は江戸にも下向して作刀している刀工です。本脇差は姿優美で良い姿を現し、平肉をおとした切味抜群の姿です。地金はやや黒ずんだ北国地金を現して、板目肌を良く鍛え、刃紋は匂出来の互の目乱れ刃を素晴らしく上手に焼き上げて兼廣刀匠の腕の良さを現しています。拵えも江戸時代の鞘は変り塗鞘で半太刀拵え金具が付き、鍔は銅地の木瓜形鍔、縁頭は鉄地無地、目貫は赤銅地牡丹の図が本脇差に一層華を添えています。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
粟田口近江守忠綱(刃切れの為格安御奉仕)
江戸
初期
54.6 1.4 0.76 長さ1尺8寸
一竿子忠綱は大坂新刀の一流代表刀工です。本脇差は小板目肌良く詰んで、地にえがみじんに付き梨地風に地金を鍛え素晴らしい出来栄えです。刃紋は忠綱の有名な足長丁子が素晴らしく上手に焼かれ見事です。天明4年3月24日(1784年)殿中に於いて老中田沼意次の子、若年寄田沼意知が新番士佐野善左衛門政言にこの粟田口近江守忠綱の脇差で切り付けられ落命、高騰していた米価が急落した為に佐野氏とこの粟田口近江守忠綱の脇差が「世直大明神」として讃えられ、それまで以上に一竿子忠綱の脇差はいやがおおにも人気が高まり高騰しました。歴史上有名な出来事でした。津田越前守助廣や井上真改とともに江戸時代より高価な物で、高級武士でなければ持てなかったものです。切っ先より28僂僚蠅忙椎阿覆ら刃切れが有ります、刃切れの為に格安でご提供です。憧れの粟田口近江守忠綱の大坂新刀の代表刀工を充分にお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼

濃州関住岡田兼定作之(桜の刻印入)
現代
66.4 2 0.72 長さ2尺2寸
岐阜県関市住、名門和泉守兼定の名を継ぐ岡田兼定刀匠は戦後復活しなかった刀工の為に、戦後の作品がありません。本刀は現在では大変貴重な中心に桜の刻印が残っております。日本国の為に命を懸けて守った将校の為に兼定刀匠が命懸けで作った刀です。本刀は反りの深い優美な姿を現し、地金は無地肌の如く小板目肌良く詰み、刃紋は匂い出来のきりりと締った直刃を焼き刃中明るく良く出来ています。良く斬れるために多少切った跡がありますが、刀が故にそれも御愛嬌です。拵えも質実剛健な拵えが付いていますが、今すぐにでも実用的に使えそうな名刀です。500年続く名門兼定の名を継ぐ岡田兼定の名刀をお楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
伝法華一乗
室町
初期
40.7 0.7 0.76 長さ1尺3寸4分半
本脇差は備後の国、応永時代(1394年)(620年前)の法華と極められた平造の小脇差です。拝見しますとどこから見ても、応永備前の盛光、康光に見えるもので、本脇差の技量の高さが判ります。地金は小板目肌で良く鍛えられ彫物は、棒樋に添え樋が上手に彫られ、刃紋は直刃でややのたれ素晴らしく明るく良く焼かれ、刃縁に打ちのけが現れ、地景や刃中の働き素晴らしく、法華一乗一派の技量の高さが判ります。応永備前と見えるものが法華一乗派です。数少ない法華一乗の名脇差をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼

国次(宇多国次)
室町
末期
72 2.4 0.67 長さ2尺3寸8分
本刀は種子島にポルトガルから鉄砲伝来した頃天文十二年(1543年)(471年前)越中富山の宇多国次です。宇多鍛冶は元々大和宇多より移住した刀工集団です。本刀は反りの深い太刀姿で、地金は板目肌に柾肌を交え、多少大きな鍛え肌が現れていますが、それも御愛嬌です。地に白気映りを現して古さを感じさせます。刃紋は匂出来で元に互の目を大きく腰刃のように大胆に焼き、先は直刃となり、工夫を凝らした刃を明るく素晴らしく良くよく焼けています。宇多国次であろう名刀をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
伝青江
室町
初期
47.8 1.6 0.59 長さ1尺5寸8分
本脇差は応永時代の備中青江の脇差です。姿は刷り上げいますが反りの深い、切っ先がやや延びた、元幅と先幅の差がやや少ない南北朝期の姿を現し、地金は小板目肌良く詰み、乱れ映りを現し、古い時代を示しています。刃紋は匂いの締ったのたれ調の直刃をきりりと焼き食い違い刃や、犬刃を現し出来が良ろしい。鑑定しますと備中青江の脇差にどうしても行ってしまうのではないかと思われる名脇差です。是非お楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
脇差
伝備前長船祐定
室町
末期
45 1.3 0.76 長さ1尺4寸8分5厘
本刀は永禄頃、約453年前織田信長が京に入った時分に作られた、備前長船祐定と思われる脇差です。初出しの為に研究してください。姿は腰反りで身幅頃合いで鎬高く先そりがあり、重ねはやや厚く姿は力強い姿です。地金は板目肌良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃ですが古研ぎの為に地刃共に良く判りません。この 様な祐定の刀は大変良く斬れた刀で古来有名でした。初めて世に出たために錆びが付いていますが、手入れで何とか良くしてやってください。格安でご提供です。
白鞘 売約御礼
脇差
伝金房兵衛政次
室町
末期
39.4 1 0.71 長さ1尺3寸
永禄1524年頃(490年前)の大和金房政次であろう薙刀直の脇差です。姿は先が張った男薙刀の姿で、地金は小板目肌を鍛え良く出来ています。刃紋は互の目乱れ刃、沸が強く付き大変変化の有る覇気有る刃を焼いています。大和金房派は戦国時代薙刀も製作しておりましたが、多くは戦国時代に大量に消費されたために、現存数大変少なく本薙刀も江戸初期に特に大切にするために、脇差に直されたものでしょう。拵えも江戸期の殿中に上がる 拵えが本薙刀直脇差に一層の華を添えています。お楽しみ下さいませ。
拵え 売約御礼
脇差
伝当麻(大和)
南北
36.8 0.8 0.55 長さ1尺2寸1分半
南北朝の康安頃1361年頃の大和当麻の無銘の菖蒲造の脇差です。すこぶる上品な菖蒲造の姿に時代がすこぶる遡のぼります。生で出ましたので薄錆で良くは判りませんが、地金は板目肌良く詰み地にえが付き柾目肌や板目肌が流れ綺麗です。刃紋は直刃匂いが深く刃中明るく淡雪が積もれる如くと言われる名刀の刃を焼いています。地には景色が現われ一層古刀の良い風情が現れています。今から650年前の貴重な大和当麻鍛冶の素晴らしい、菖蒲造の脇差をお楽しみ下さいませ。
白鞘 売約御礼
短刀
兼次作(業物)
室町
末期
25.6 0.1 0.5 長さ8寸4分
兼次は初代志津三郎兼氏の子供です。本短刀は三代目兼次、永正(1504年)頃の美濃の刀匠で、業物として有名です。本短刀は平造の尋常な美しい短刀姿で、地金は小板目肌に鍛えられ、柾目肌も現われ。刃紋はのたれ乱れ刃に互の目を交えちじに乱れ、砂流しも現われ大変覇気有る刃を焼いています。江戸時代の小さ刀拵えも海老の目貫が入っているところを見ますと御祝差しに使われた短刀だったのでしょうか。大変御目出度い正宗十哲の一人志津三郎兼氏につながる貴重な短刀を格安価格でお楽しみ下さいませ。
白鞘
拵え
売約御礼
脇差
伝丹波守吉道
江戸 32.7 0.8 0.47 長さ1尺8分
本脇差は丹波守吉道の後代です。生出しの為にはっきりとは見えませんが、地金は小板目肌良く詰み明るく冴えています。刃紋も良く見えませんがちじに乱れた刃紋が特徴的です。拵えも黒変り塗鞘の付いた御祝差の拵えで、金具は赤銅地献上鍔、縁頭は赤銅魚々子地秋草の図、目貫は赤銅地弓矢の図が豪華です。丹波守吉道初代は志津三郎兼氏九代の末葉と称する、父兼道に伴われ兄伊賀守金道と共に兄弟4人が上京幕末まで京五鍛冶として繁栄した刀工です。本丹波守吉道の代別は判りません。京都の旧家から生で出てきたために錆びや鎬に疵もありますが格安価格にてご提供いたします。
拵え 売約御礼
脇差
丹波守吉道
江戸
中期
56.9 1 0.68 長さ1尺8寸8分
本脇差は丹波守吉道の後代です。地金は小板目肌良く詰み明るく冴えています。刃紋は匂出来ののたれ乱れ刃に金筋や砂流しを交え大変覇気有る刃を焼いています。丹波守吉道初代は志津三郎兼氏九代の末葉と称する、父兼道に伴われ兄伊賀守金道と共に兄弟4人が上京幕末まで京五鍛冶として繁栄した刀工です。本丹波守吉道の代別は判りませんが姿かたちから五代目あたりでしょうか。京都の旧家から生で出てきたために錆びや鎬に鍛え疵もありますが格安価格にてご提供いたします。
拵え 売約御礼
短刀
備州住廣正(希望銘)
  30.2 0.4 0.6 備州住廣正(備後三原廣正)と銘のある平造のやや反りのある鋭い姿の短刀です。地金は板目肌に柾目肌が交じり、元より鮮やかな映りを交え古い地金を鍛え、刃紋は匂い出来ののたれ乱れ刃に互の目を交えています。今回初めて世の中に出てきたために鑑定がされていない為に、あくまでも希望銘としておりますが、どこから見ても備後三原の短刀に鑑定されるものです。今回特別に格安でご提供です。 白鞘 売約御礼
脇差
粟田口近江守忠綱(希望銘)
江戸中期 45 0.8 0.7 一竿子忠綱は大坂新刀の一流代表刀工ですが。本脇差は小板目肌良く詰んで、綺麗な地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃に互の目を表裏に交え刃取りから考えて丹波守吉道後代の脇差に忠綱の名を入れたものでしょう。忠綱は天明4年3月24日(1784年)殿中に於いて老中田沼意次の子、若年寄田沼意知が新番士佐野善左衛門政言に粟田口近江守忠綱の脇差で切り付けられ落命、高騰していた米価が急落した為に佐野氏とこの粟田口近江守忠綱の脇差が「世直大明神」として讃えられ、それまで以上に一竿子忠綱の脇差はいやがおおにも人気が高まり高騰しました。その人気の為に後世忠綱の銘をこの様に切ったものでしょう。近江守忠綱と思って可愛がってやって下さい。御持ち主様の好意で格安にご提供です。 白鞘 売約御礼
脇差
伝伊賀守藤原金道(十代目)
江戸
末期
34.6 0.7 0.59 初代伊賀守金道は関兼道の長男。文禄二年二月二条関白下向の節、父兼道と共に兄弟4人がお供にて上京、文禄3年伊賀守受領して禁裏御用を承る。関ヶ原合戦の直前徳川家康より太刀千腰の注文を受けた際、在京の鍛冶を金道の支配下に入れることを条件に注文を引き受け、戦後家康の取次にて日本鍛冶惣匠の勅許を受ける。本脇差は嘉永1848年頃の十代目金道の作でしょう。地金板目良く詰み刃紋は互の目乱れ刃沸良く付き明るく冴え、良くできています。拵は幕末の変り塗鞘に、柄は出鮫に五三の桐の出し目貫を添え、幕末の高級武士が大切にした脇差です。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
短刀
吉光(土佐)
室町
末期
18.2 0.1 0.68 文明1469年約540年前の有名な土佐吉光の名短刀です。本短刀は重ね特に厚く身幅狭く内反りで、地金は板目が流れて柾肌が交じり、白気心がややあり刃紋は小にえ出来の直刃がややのたれて覇気が有ります。本短刀は所謂鎧通と言われるもので、大変鋭利な姿をしております。古来土佐吉光を山城粟田口吉光と混同されて、粟田口吉光として伝来しているものもあります。大変有名な土佐吉光をお楽しみ下さいませ。拵えも粋な拵えが付いております。 拵え 売約御礼
脇差
伝三条吉則(良業物)
室町
中期
39.5 1 0.62 三条吉則は文明(1469年)頃(545年前)の京山城の刀工です。本脇差は寸法の短い時代の上がった反りの深い美しい姿を現し、地金は板目肌に杢目が交じり柾がかって地沸が付き、刃紋は互の目乱れ刃を覇気有る刃にしかも上品に焼き上げて見事です、帽子は乱れ込んで、刃中金筋を現してこれも見事です、大変魅力ある脇差となっています。三条 吉則も戦乱を避けて、和泉や越前に駐鎚したものと見えて越前打や和泉打の作刀が残されています。本脇差はお数寄者様からの特別に格安にてご提供です。 白鞘 売約御礼
陸軍軍刀拵 現代      

全長101cm、 柄の長さ26cm、金鞘の長さ75.5cm
陸軍軍刀拵えの完全品です。金鞘の美しく綺麗な完全品は大変少なく貴重な軍刀拵えです。
お国に命を懸けて尽くし貢献した軍刀の拵えを大切にして下さい。

    拵え
のみ
売約御礼
拵え 幕末拵え(10) 江戸
末期
      全長101.5cm、柄の長さ23.5cm、鞘の長さ78.4cm
幕末に制作された大刀用の拵えです。
      売約御礼
短刀 伝細川正守(お守り短刀拵え付) 江戸
末期
18 0 0.58 作陽幕下士細川正守造之、細川仙之助。本短刀は作州津山藩工の名工の作と思われる短刀です、平造の短刀姿です。姿誠に優美で小板目肌良く詰み互の目乱れ刃素晴らしく沸匂い深く上品に焼き上げています。拵えも茶塗合口拵えが素晴らしく上品に出来て本短刀を一段と華やかにしています。名工細川正義の子共だけあり素晴らしい平造の短刀を是非お楽しみくださいませ。 白鞘
拵え
売約御礼
薙刀 重国 江戸 39.7 2.4 0.79 本薙刀は銘がかすかに重国と読めますが、南紀重国重代の誰かは判然としませんが、素晴らしい薙刀です。地金は小板目肌よく詰み、力強い地金を鍛え、刃紋は直刃調の刃紋に互の目が交じり、素晴らしく明るく焼き上げています。なぎなたの姿がとても良いために、相当の刀鍛冶が鍛え上げて物と判りますが、世の中に出てきたばかりですので、今後の研究に期待したいものです。薙刀は全て特別注文品の入念作です。現代刀工が鍛えられないのも薙刀の製作の難しさです。初出しの名薙刀をお楽しみ下さい。 白鞘 売約御礼
脇差 伝廣光 南北
35.6 0.4 0.62 刃切れ有り
刀身に熱田大明神・長田八兵衛
相州貞宗の子と言われる伝廣光と思われるの脇差です。姿は延文貞治型の元末の差の無い姿で、反りが有り。棟は丸棟となり地金は板目肌詰み、刃紋は相州伝皆焼(ひたつら)刃をさほど目立たず素晴らしく上手に焼き上げています。鞘書きに無銘1尺1寸8分四ノ九三番 弐四番東 長田八兵衛と書かれているところからすると、元々は熱田神宮に奉納されていた脇差でしょうか、熱田神宮の奉納刀は多くはこの様に刀身に奉納者の名が彫られています。大変貴重な刃切れではありますが伝廣光であろうと思われる名脇差をお楽しみ下さい。
白鞘 売約御礼
脇差 宇多国宗 室町
末期
53.2 1.2 0.7 備州長船祐定は名刀の代名詞として余りにも有名です。本脇差は製作年代が有りませんが、永禄(1558年頃)の作でしょう。本刀は姿優美な姿で末備前の独特の大変良い脇差姿で、大変健全な刀です。地金は板目肌良く詰み備前独特の潤いのある地金で明るく地金を鍛え、刃紋はのたれ乱れ刃を象徴的に焼きあげ、素晴らしく覇気ある刃をむら無く焼き上げています。おたのしみください。 拵え 売約御礼
短刀 伝重久(不詳)(豊後高田重久) 室町
末期
27.5 0.6   本短刀は銘が不鮮明で良く見ると重久と読めるようにも見えますが。大永1521年頃の現在の大分県の平重久でしょうか。姿は優美な短刀姿で地金は板目肌に柾目肌が交じり、刃紋は互の目刃が刃中良く働き沸が良く付いています。造り込みからは備前長船の短刀にも見られる垢抜けた短刀です。備前長船の短刀かも知れません。出し鮫の合口拵えも本短刀を一段と華やかに飾っています。古刀の短刀をお楽しみ下さい。 拵え 売約御礼
脇差 伝伊賀守金道(元服差) 江戸
初期
38.8 0.8 0.48 本脇差は高級武士の子息の元服の時に使用するために作られたものです。武士は12ないし13歳で大人となる元服の式を行います。この時から武士として一人前に扱われ、前髪から月代を剃って武士の姿となり、家督も継げるようになります。武士として一番大切な儀式です。本脇差も鞘は青貝塗に珊瑚を散りばめた豪華な鞘で素晴らしく豪華な拵えとなっています。刀身は掟通り細身に軽く作られ、刃紋は直刃を上手に焼き上げ伊賀守金道あたりの作でしょう。貴重な豪華な元服差をお楽しみ下さい。 白鞘
拵え
売約御礼
福田祐光(孫六兼元写) 現代 65.9 1.7 0.75 福田祐光刀匠も戦後復活しなかった刀匠です。戦後の作品が有りません。軍刀拵えからすると、昭和になってからの作品でしょう。地金小板目肌よく詰み、刃紋は孫六兼元写の三本杉見事に元から先までむら無く焼き上げています。太平洋戦争後は復活しなかった刀匠の為に、これほどの腕を持ちながら、作刀が無く大変貴重な刀です。お国の為に貢献した福田祐光の刀を大切にして下さい。 拵え 売約御礼
海軍軍刀(耐錆性刀身)(錨マーク付き) 現代 67.8 1.6 0.74 刀の大敵は錆びることですが、戦地に出ると錆を防ぐことは大変な事でした。日本軍は、陸軍、海軍、合同で、耐錆性に優れた刀の製作の研究に没頭しておりました。その結果本刀の様な錆びない金属の開発に成功して、錆の少ない刀の製作に成功しましたが、現在残っているものはほとんどなく、本刀は現存すこぶる少ない海軍軍刀拵えに入ったましてや、錨のマークが消されずに残った非常に貴重な刀です。時代に貢献した海軍軍刀をお楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
濃州住井戸秀俊作(軍陣刀) 現代 65.8 1.8 0.76 井戸秀俊刀匠は戦後復活しなかった刀工で、戦後の作品が有りません。本軍陣刀は当時の武士である陸軍将校の為に輝かしい武勲を上げるためにその象徴として造られたものです。昭和20年まで日本には武士が居た事の証明となる勇壮たる刀です。本刀は地金素晴らしく綺麗で、刃紋は乱れ互の目丁子刃を変化有る刃に焼き上げ、刀工の研究の賜物です。命を懸けてお国に貢献した武勲の軍陣刀を大切に保存愛護いたしましょう。 拵え 売約御礼
脇差 藤原総景(むねかげ) 江戸
初期
40.8 1.6 0.73 正保1644年頃豊後大分県の刀工。父統景は大友義統より統の一字を賜って統景と改めました本脇差は2代目統景です。本脇差は、薙刀直し造の姿豪壮で好ましく、備前長船祐定に見える刀です。地金板目肌が良く詰み、地沸が付き、刃紋は小沸出来の、のたれに刃に互の目の足が入り、業物の名に恥じない素晴らしい出来の脇差です。拵も江戸期の堆朱塗の鞘に武州透鉄鍔に、縁頭素赤に達磨の高彫と波の図と言う大変豪華な拵えとなっています。統景の名脇差をご覧いただきお楽しみくださいませ。 拵え 売約御礼
無銘現代刀(備前長船長光写) 現代 63.7 1.5 0.79 本刀は大正昭和の時代に作られた現代刀です。どう言う訳か無銘で出された為に作者は判りませんが、本刀は地金が良く詰み、刃紋は備前長船長光を写した、互の目丁子刃を素晴らしく明るく焼き上げています。拵えは最近の拵えですが、現代金具で手間が掛かりお金が掛かった拵えです。無銘ながら素晴らしい現代刀をお楽しみ下さい。 拵え 売約御礼
脇差 伝筑紫信国(総金具花散柄鞘研出鮫拵) 室町
末期
33.8 1 0.58 四代信国応永の山城左衛門尉信国門の初銘「定光」が筑紫に移住して信国に改めて、筑紫信国の祖となりました。本短刀は時代は室町末期の重の厚い鋭利な姿で、寸が延びた短刀姿です、地金は板目肌良く詰み、刃紋は互の目乱れ刃素晴らしく良く出来ています。拵えは江戸中期の大変珍しい柄鞘を研ぎ出し鮫で作り、合口拵えにし、金具は花散らしの金具をあしらい大変雅味の有る拵えです。お楽しみ下さいませ。 拵え 売約御礼
脇差 伝藤島 室町
末期
47.7 1.1 0.56 藤島友重の初代は来国俊の弟子で貞和の頃越前に移住しています。本脇差は天正(1573年)頃の藤島で上品で素晴らしく良く出来ています。本脇差も小杢目良く詰み柾目肌交じり地金が特別に良く鍛えられ澄んでいます。刃紋は匂い本位互の目のたれ乱れにおいが良く締まり素晴らしく良い切れ味を髣髴とさせる脇差となっております。貴重な脇差です。是非お楽しみ下さいませ。 売約御礼
合口 伝細川正守(来国次写) 江戸
末期
23.5 0 0.65 作陽幕下士細川正守造之、細川仙之助。本短刀は作州津山藩工の名工の作。姿誠に優美で小板目肌良く詰みのたれ互の目足良く入り、素晴らしく匂い深く上品に焼き上げています。名工細川正義の子共だけあり素晴らしい来国次写しの短刀の作品となっております。拵えも合口拵え賀上品についています。是非お楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 吉道(越前) 江戸
初期
53.4 1.3 0.72 本脇差は鎬高く切っ先が延びて江戸初期の体配をして、地金は板目肌良く鍛錬されてやや黒く所謂北国地金を現し、刃紋は直調のたれ刃を上手に焼いています。本来は古刀期の脇差に見えるような時代が上がって見える良い脇差です。吉道といえば京丹波守吉道が余りにも有名ですが、本脇差は、現在大変少ない越前の吉道と思われます。お楽しみください。 売約御礼
脇差 宇多國宗 室町
末期
31 0.2 0.58 時代天文(1532年)頃479年前の越中の名工本短刀は宇多国友の子と言われ法号は光心という。宇多の刀工は本国大和で文保頃(1317年)鎌倉時代末期に移住国宗は初代国光の子供が代々継いで居ます。本短刀は板目に柾が交じり、肌立つきみがあり地にえつき刃紋はのたれに互の目交じり刃中すばらしく覇気があります。特に宇多の刀の特徴は柾目肌が顕著に表れるのが特徴です。本刀は北国地金の黒ずんだところが無く非常に垢抜けた短刀です。現存在銘の非常に少ない宇多国宗の短刀をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
備州長船住祐定 江戸
初期
69.7 1.6 0.8 備前長船祐定は名刀の代名詞として余りにも有名です。本脇差は永正四年(1507年)の脇差です。地金は板目肌良く詰み、刃紋は匂い出来の互の目刃素晴らしく良く焼けています。祐定の刀は素晴らしく良く切れたために古来大変珍重されました。大身の武家の脇差に祐定の脇差が多く使用されているのもその切れ味のよさと業物の為と思われます。備前長船祐定の脇差をお楽しみくださいませ。 売約御礼
伝左行秀 江戸
末期
61.2 1 0.69 本刀は地金小板目肌素晴らしくよく詰み、刃紋はのたれ刃に二重刃かかり、刃中素晴らしく明るくさえ、金筋を交え、昔は大坂新刀の横綱井上真改の銘でも入っていたものでしょう。どちらにしても大変な名刀であることには依存のないところです。幕末土佐の名工左行秀が井上真改を狙って作刀したものではないでしょうか。幕末の拵えも良く出来て本刀に一段と花を添えています。名刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
河内守国助 江戸
初期
16.5 0 1.1 初代国助の子、寛文1658年頃大阪の名工。本槍は地金小板目肌良く詰み直刃匂深く大変良く出来ています。二代中河内は槍も多く作っており槍も大変上手な名工です。拳形丁子刃の発案者として、助廣の濤乱刃、真改の匂の深い直刃、と共に拳形丁子刃が刀剣界に一世を風靡致しました。河内守国助の貴重な槍をお楽しみくださいませ。 売約御礼
伝越前関 江戸
初期
65.4 1.6 0.68 本刀は江戸初期の越前関の刀です。地金板目に柾が流れて地金の色が黒く北国地金を現わし、刃紋のたれ刃に足が入り、食い違いの刃やいろいろな刃をあらわして覇気が有ります。見ようによれば、加賀の兼若の様な刃を焼いている為に兼若3代目4代目あたりかもしれません。棒樋を中心まで掻、それからすると、元々は2尺4寸の長身の刀であった事が判ります。素りあげ無銘の刀をお楽しみください。 売約御礼
短刀 一羽山正寛作 大正 15.5 0.1 0.38 初銘正寛、後羽山円真。源清麿の弟子鈴木正雄の門人。豊橋藩士。本短刀は菖蒲造の短刀で粟田口吉光を写した短刀です。山城粟田口風の直刃を焼いて上手です。羽山円真は明治、大正期日本を代表する刀工です。是非お楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 備州長船祐定 室町
末期
57.2 1.8 0.63 本刀は刀の代名詞と言われるぐらい有名な、備前長船祐定の刀です。姿堂々と反りやや浅く、地金は板目肌よく詰み、刃紋は互の目丁子刃を元から先まで良く焼いています。中心がやや痛んでいますが、何百年とたった刀を大切にしてやってください。 売約御礼
脇差 伝越前関 江戸
初期
43.6 0.7 0.67 本小脇差は江戸初期の越前関の刀です。地金板目に柾が流れて地金の色が黒く北国地金を現わし、刃紋のたれ刃に尖り刃が入り、食い違いの刃やいろいろな刃をあらわして覇気が有ります。姿は延文貞治の姿で鎌倉相州貞宗を写しています。相州貞宗をお楽しみください。 白拵 売約御礼
短刀 濃州上有知住兼辰 江戸
初期
25.4 0 0.67 得印派の関兼辰一門鍛冶で文禄頃から美濃市上有知に移住して鍛刀しています。本短刀は慶長三年1598年(413年前)関ヶ原の戦いの2年前、醍醐の花見を豊臣秀吉が行った年です。地金小板目肌よく詰み、刃紋は互の目尖り刃を明るく焼き上げ、地蔵帽子も関刀工の特徴をよく表しています。拵えも朱塗り鞘で山銅金具一作拵えの合口拵えも江戸時代のもので良い拵えで、本短刀を一層華やかにしています。お楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 平安城沖芝信重作之 現代 72.8 1.8 0.77   売約御礼
高塚正秀作 現代 73.6 1.5 0.69 重量:さやを払い922g のたれ乱刃良く出来ています。 売約御礼
脇差 寿命(大名の元服用剣) 江戸
中期
43.4 0.8 0.54 本刀は大名の子が元服する時に差した刀です。子供の将来の大成を願って元服式を行う時に、大人とまったく同じ刀剣を作って差料としています。まったく大人と同じ刀を作る為に大層な費用が掛ものです。本刀はお目出度い名の刀工 寿命が刀剣を鍛錬しています。地金は板目肌良く鍛え、刃紋はのたれ乱れ素晴しく覇気有る刃を焼ています。拵えは黒蝋鞘に貝をちりばめ鍔は菊花の鍔。目貫は古金工赤銅のお目出度い鶴の図をあしらっています。是非お楽しみ下さい。 売約御礼
軍刀 軍陣刀 現代 66.2 1.7 0.72 本刀は今次世界大戦の為に作られた武勲の軍刀です。昭和20年まで日本には誉れ高い武士が居たことの証です。本刀は地金が良く詰み、刃紋は関の孫六の三本杉の刃を良く写して焼き入れをし、良く出来ています。日本の歴史を飾る軍刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 宇多國宗   49.2 1.2 0.57 時代天文(1532年)頃479年前の越中の名工本刀は宇多国友の子と言われ法号は光心という。宇多の刀工は本国大和で文保頃(1317年)鎌倉時代末期に移住国宗は初代国光の子供が代々継いで居ます。本刀は板目に柾が交じり、肌立つきみがあり地にえつき刃紋はのたれ互いの目交じり刃中すばらしく覇気があります。特に宇多の刀の特徴は柾目肌が顕著に表れるのが特徴です。本刀は北国地金の黒ずんだところが無く非常に垢抜けた名刀です。現存在銘の非常に少ない宇多国宗の名刀をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
和泉(以下不明) 室町
末期
74.2 1.2 0.65 永正十年(以下不明)
本刀は元々和泉守藤原兼定の銘が入っていたものを後世銘をつぶされたものでしょう。刀は室町期の関の刀工の刀で、地金は板目肌が柾肌に流れ、刃紋はのたれ刃に小互の目が交じり又、尖り互の目刃も交じり、ところどころほつれたところが有り、大変古調な刃を焼いています。地金は大変良く鍛えられた美しい鍛え肌を現しています。500年前の室町期関の刀をお楽しみ下さいませ。
売約御礼
脇差 伝仁王 室町
中期
51.2 2 0.53 二王は周防国鎌倉時代より起こり室町時代まで続く大和系統の刀工、二王清綱が火事のとき仁王門の仁王が鎖でまかれていたのを、二王清綱の太刀で鎖を切り助けたとの言い伝えがあり、その後中心に二王の銘を入れたとの有名な故事があります。本刀は室町時代の二王の刀と極められる素晴らしい出来で大変古調な脇差が入った貴重な仕込み杖拵えの添えられた脇差です。 売約御礼
短刀 兼常 室町
末期
27.8 0.1 0.69 本兼常は永正頃(1504年)頃の兼常です。本短刀は小板目肌に柾目肌を交え、元より映りを大胆に現わし、大変趣のある地金を造り、刃紋は当時の関の孫六兼元の三本杉を大胆に焼いて大変気持ちの良い短刀を造っています。表に棒樋、裏に護摩ばしの彫を小気味に彫り、本短刀の格調を高くしています。短刀の名人は粟田口吉光、来国俊、新藤五国光、備前景光、筑州左が短刀の名人ですが、本兼常もそれに劣らない技量の持ち主である事を証明した名短刀です。どうぞお楽しみくださいませ。 売約御礼
兜割 兜割 無銘 現代       兜割は南北朝時代より大いに造られたとの記事が有りますが、確実に現存する物はなく、多くは後世に造られた物が殆どです。兜割の実用性は兜の上から叩き相手を昏倒させるのが本旨でどこまでの威力が有ったのかわ不明です。本兜割は現代に拵えられた優品です。   売約御礼
短刀 伝末関 室町
末期
27 0.3 0.65 やや反りの付いた姿、地金は板目に柾が流れ、刃紋た互の目に尖り刃が交じり室町時代の関の短刀の最大特徴を現わしています。拵えは柄は紫檀の柄に本多家の家紋の鉄地に金象嵌で立葵を現わし縁頭も、葵を金象嵌をして格式のある金具になっています。小柄は貝ずくしの図なかなか上手な彫を彫っています。この短刀を何かの役に立ててやって下さい特別に格安で御提供致します。 売約御礼
脇差 兼長 室町
末期
30.3 0.2 0.58 関三阿弥派、本短刀は天正1573年頃の短刀です。織田信長と武田勝頼の長篠の合戦が行われた時代です。本短刀は寸法がやや長く、鎧通で地金は板目肌に柾肌が交じり、柾肌が流れています。刃紋はのたれ乱れ刃に所々互の目が交じり、時代の永さを感じられる短刀です。幕末の拵えも付いて本短刀を一層華やかにしております。戦国時代の短刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 石見守藤原正直 江戸
初期
50 1.2 0.55 時代江戸初期寛永頃1624年岡山の刀工、元は備後の貝三原の出身。
本脇差は切っ先大きく、身幅元末の余り差のない慶長新刀の姿をし、地金は良くはわかりませんが、板目肌と思われます。 刃紋はのたれ乱れ刃、匂良く締りきりりとした刃を焼いています。正直の作大変少なく、貴重な脇差と言えるでしょう。貝三原の優品をお楽しみください。
売約御礼
脇差 和州住長末郡包永 江戸
初期
40.6 0.75 0.62 寛文頃1661年紀伊に藤原包永有りと言われるのが本刀工です。大変珍しく長末郡と詳しく銘を切られているのが大変貴重な脇差です。切っ先の延びた姿に板目肌良く詰み、刃紋は小互の目が揃ったいかにも物切れする刃を焼いて、包永と言う素晴しく在銘の現存品が少なく大変資料的にも価値ある脇差です。拵えも幕末の拵えが一層本脇差に華を添えています。どうぞお楽しみ下さい。 売約御礼
短刀 兼秋 室町
末期
18 0 0.92 兼春の子、天文1532年頃の美濃の刀工です。本短刀は世に名高い鎧通の短刀で身幅狭く、重ね厚く大変鋭利な姿になっています。地金は板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は直刃素晴しく元から先までむらなく焼かれ兼秋刀工の技量の高さを良く表しています。合い口拵も江戸期の拵えがそのまま残っており大変貴重な名短刀となっています。戦国時代の有名な鎧通をお楽しみくださいませ。 売約御礼
短刀 肥前国忠吉 江戸
末期
18.2 0 0.72 本短刀は姿すこぶる宜しく地金は小糠肌素晴らしく良く鍛えられて、刃紋は家伝の直刃元より先までむらなく良く焼かれています。本短刀は幕末の肥前刀に御愛嬌に忠吉の銘を入れたものですがなかなか良く出来きた短刀です。彫も火炎不動明王、裏に護摩箸に梵字の彫を上手に入れています。肥前国忠吉と入れられた好もしい短刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 若州住冬廣 江戸
中期
53 1.6 0.69 冬廣は本国相州鎌倉で広次の子が若州小浜に移住して代々同銘が小浜に続いています。本脇差は大永1521年頃の三代冬廣の名脇差です。地金は板目肌が流れて柾肌が現れ、刃紋は小にえ出来の直ぐはを焼いて非常に趣のある古調な刃を焼いています。銘は若州を小さめに切り冬廣を大きく切るのが特徴となっております。約500年前の若狭の小浜の冬廣の名脇差をお楽しみくさい。 売約御礼
備州長船祐光 室町
中期
66.4 1.9 0.76 文明二年(1470年)祐光と銘のある刀です。本刀は地金板目肌良く詰み、刃紋は互の目刃連続して焼かれ、地にはほのかに映りが立ち、当時の数打ち物の祐光であろうかと思われますが、今後の研究に待ちたいと思います、何十年ぶりに世の中に出てきたものです。将来研ぎでもしてあげて下さい。破格の価格でお譲りいたします。 売約御礼
兼若 江戸
初期
70 1.8 0.68 加賀前田百万国の第一等の抱え鍛冶。「兼若を持っている武士なら禄は低くても娘をやろう」とまで言われた名刀です。本刀は備前福岡一文字写しの素晴しく刃の高い丁子刃を雄渾に焼き、素晴しい覇気有る刀になっております。兼若の刀の代別は大変難しく本刀は初代銘に似ていますが今後の研究に待ちたいと思います。初代兼若は「加賀正宗」と称された名工です。本刀は何十年ぶりに世に出てきた刀です。お楽しみ下さませ。 白拵 売約御礼
短刀 伝草野吉明 江戸
末期
22 0.1 0.6 本短刀は筍反でうつむいた鎌倉時代の来国俊を彷彿とさせる短刀姿を現わし。地金は板目肌素晴しく良く詰み、地にえが現われ、刃紋は直刃素晴しくむらなく元から先まで焼かれ、刃中明るく冴えています。草野吉明は月山貞吉の弟子。生まれは因州鳥取で大坂住み、本来は名工なれど、明治の廃刀令により製作数少なく、貴重な短刀です。 売約御礼
短刀 兼歳 室町
中期
26.8 0 0.6 明応(1492年)頃の関の業物の名工です。各地には一揆が起こり、応仁の乱が終焉を迎えたと言えども各地では権力争いが絶えず、戦国時代を迎える頃に作られた短刀です。地金板目肌良く詰み、柾目肌交え、刃紋は頭の丸い互の目刃を焼き、所謂兼房乱れを、素晴しく覇気有る刃紋を焼き上げています。拵えも幕末の、柄は紫檀の堅木で作り、縁頭は赤銅地にひょうたんをあしらい、鞘は黒呂ろう鞘で作り。小柄は鉄地にひょうたんの図をあしらった素晴しく気の利いた拵えが本短刀をより一層華やかにしています。 売約御礼
短刀 兼高 室町
末期
29.6 0.2 0.6 永正の名人四代兼国の子三阿弥派の頭領。兼高は天文1532年頃美濃も代表刀工の一人です。本刀は地金小板目肌に柾肌が交じり、刃紋はのたれ乱れに所々タコの頭の様な兼房乱れも交えて大変出来の良い短刀です。地沸もあり、飛焼も掛り覇気に富む名短刀です。拵えも江戸期のちいさ刀拵えが付いており一層この短刀に華を添えています。戦国動乱期を迎える武将の心意気を大いに感じる名短刀をお楽しみください。 売約御礼
短刀 兼秋作(村正写) 室町
末期
28.2 0.4 0.62 天文1532年頃、関兼春の子。本短刀は地金小板目肌良く詰み明るく冴えて良い地金を作り、刃紋は互の目乱れ高く焼き表裏が揃う気味が有り、村正の刃紋を見るがごとくの大変覇気のある短刀です。戦国大名が全国各地におこり、力対力の時代を迎えこの様な覇気ある短刀が作られたものです。470年以上を立派に伝え続けられた名短刀です。 売約御礼
短刀 備州長船住祐定 江戸
末期
17.2 0 0.55 祐定の新々刀の最後を飾る名工祐定の名短刀です。地金小板目肌流れ心に刃紋互の目丁子刃素晴らしく良くできています。本刀は安政1854年頃の横山祐平の子。友成五十六代孫横山祐定と銘を切る加賀介祐盛の名作です。大変現存作少なく貴重な短刀です。小粋な合い口短刀拵えもなかなか良く気のきく拵えとなっております。 白拵 売約御礼
伝孫六兼元 室町
末期
67.5 1.2 0.62 本刀は天正1573年頃の関孫六兼元の後代の刀です。地金板目肌良く詰み柾目肌交え、刃紋は孫六兼元の家伝の三本杉を上手に焼いています。刃肉を落とした独特の鋭い姿が時代を物語っています。この様な刀は戦国時代元亀天正時代には大変珍重され、素晴らしい物切れする刀となっています。風雲急を告げる戦国時代を生き抜いてきた刀に。現代も称賛の声高く後世に是非伝えていかなければなりません。是非お楽しみ下さい。 売約御礼
伯耆国延秀2 現代 57.2 1.8 0.57 重量:鞘を払い900g  うの首造の姿素晴らしく良く出来ています。 売約御礼
脇差 近江守忠吉 江戸
中期
45 0.8 0.6 四代忠吉の長男元禄9年生まれ。本脇差は安永2年1773年(237年前)五代忠吉78歳の長寿の目出度い脇差です。地金こぬか肌良く詰み、刃紋家伝の中直刃素晴らしく明るく良く出来ています。彫刻は表に梵字に護摩ばし、裏にも護摩ばしを上品に仕上げています。五代忠吉時代は世の中が大変平和で作刀数少なく大変貴重な名脇差です。 白拵 売約御礼
短刀 伝因州兼先 江戸
末期
22.2 0 0.6 本短刀は姿冠落造の短刀で地金は小板目肌良く詰み、刃紋はのたれ互の目刃に尖り刃が交じり、元々は美濃の刀工で後に備前に移住、江戸末期には因州鳥取にて名刀を造っています。本短刀には幕末の揃い金具が付いた立派な短刀拵えが付いて、本短刀を一層華やかにしております。冠落造は大変難しい造り込みで、素晴しく姿良く仕上げているのが好ましい名短刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 摂津守橘是平 江戸
中期
49.3 1.7 0.6 本脇差は寛文1661年頃長州山口の刀工です。姿反りの深い切っ先の延びた鋭い姿に地金小板目肌良く詰み、のたれ互の目刃を焼棟焼も焼き、大変覇気有る脇差となっています。長州の刀工は大変少なく貴重な脇差です。どうぞお楽しみ下さいませ。 売約御礼
文殊包重作 江戸
初期
13.5     延宝頃の大和の刀工。京山城にても作っています。陸奥守包重とは別人です。本槍も錆びていますので地刃良く見えませんが、武家の室内用手槍として造られたものです。お楽しみ下さい。 売約御礼
平安城住石道助利 江戸
初期
13     石堂系の刀工で京山城で寛永頃より元禄頃まで3代続いた刀工です。本槍は錆の為に地肌良く見えませんが武士の室内用の手槍として造られたものです。 売約御礼
無銘 現代 64.8 1.6 0.71 孫六兼元写 三本杉の刃紋良く出来ています。 売約御礼
薙刀 伊勢守信貞 江戸
初期
36.2 1.8   寛永美濃の刀工岩捲派、岩捲は寿命派から分かれた一派で岩捲に住したので岩捲くを銘の上に冠するようになりました。錆身なれど価値ある薙刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
伝備前国長船祐定 室町
中期
63.9   0.7 元に踏ん張りあり、腰反り高く、地金板目肌良く詰み、映りが現われ、刃紋互の目丁子刃、にえ匂い良く絡まり良く出来ています。備前国長船祐定は刀の代名詞と言われるぐらい古来大変珍重されました。本刀は約450年前の祐定と思われる刀です。是非超格安にしておりますので、是非お楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 藤原行長 江戸
初期
52.4 0.8 0.63 万治1658年頃の豊後大分県の刀工。地金は板目に柾目が交じり、刃紋は直刃匂い口締り尖り刃も交え覇気ある刃紋を焼いています。地には白気映りがかすかに立ち、時代が上がって見えます。古来良く斬れる事で有名で良業物として聞こえ高く有名な脇差です。お楽しみ下さいませ。 売約御礼
伝 現代刀 現代 65.8 1.4 0.71 地金小板目肌素晴らしく良く詰み刃紋のたれ刃に乱れ、尖り互の目刃交じり覇気ある刃を焼いております。この度初めて世に出たために、錆が出ていますが、是非綺麗にしてやって下さいませ。 売約御礼
短刀 吉光 江戸
末期
25.7 0.1 0.5 本短刀は左行秀の弟子で土佐吉光9代目と思われます。外国帰りの為に錆びの為に良く地肌が分かりませんが、幕末戊辰戦争に向けて世の中が騒然となった時の、戦国時代と同じ様に短刀の制作が行われたその時のものでしょう。正式の短刀拵えも素晴らしく良く今回外国帰りの為に格安でご提供致します。 売約御礼
脇差 三品但馬守兼光 江戸
中期
53.2 2 0.7 寛延頃(1748年)261年前京の伊賀守金道一派を三品一派と言います。この兼光も元は伊賀守金道から出た刀工です。本刀は小板目肌良く詰み、刃紋のたれに覇気ある互の目を所々に交え、金道系の刃紋を焼いて大変楽しめる脇差です。軍刀拵えも短めの軍刀で特別に作られ、航空隊か戦車隊の将校用に作られたものです。お国を守った素晴らしい三品但馬守兼光の脇差をお楽しみください。 売約御礼
脇差 伝 寿命 室町
末期
38.7 0.9 0.56 寿命は美濃の刀工、古くは鎌倉時代より続く名門刀工です。もともとは大和から移住したものと考えられます。本脇差は文禄頃1592年の生無銘の寿命で、切っ先が大きく延びて豪壮な姿をしています。地金は小板目肌良く詰んで美しく刃紋はのたれ乱れ刃に互の目の足が入り、刃中良く働いています。有名な寿命の名脇差をお楽しみください。 売約御礼
脇差 正(不明) 南北
35.4 0.4 0.45 本脇差は相州伝の平造の脇差で時代は南北朝時代の小脇差です。海外から帰ってきたところですので、錆びの為に刀身が良くわかりませんが、姿が良い為に名刀で有るものと思います。拵えも幕末の拵えが素晴らしい拵えになっていますので。今回特別格安に出品させて頂きます。 売約御礼
脇差 伝法城寺正弘 江戸
初期
45 0.7 0.48 法城寺の本国は但馬で遠祖は貞宗三哲と称されています、法城寺国光です。江戸で新刀期に入り素晴しく繁栄しました。正弘が最も上手で虎鉄に大変似ています。本脇差は反り浅く地金は小杢目肌に板目肌交じり、鎬地に柾目肌が現われ、刃紋は沸本位の互の目刃良く出来ています。ぼうしは乱れ込んでいます。如何にも物切れする脇差です。多くの法城寺の刀は古くから長曽祢興里入道虎鉄に化けていると言われるごとく、大変虎鉄に似た刀を造っています。法城寺正弘と見える銘脇差をお楽しみください。 売約御礼
短刀 兼(以下切れ)兼明 室町
末期
18.4 0 0.56 文亀1501年頃の美濃の兼明の短刀。地金板目良く詰み柾肌が現れ、刃紋直刃に二重刃を交え映り立ち素晴らしく趣の有る名短刀です。本来なれば無銘に成るべきものを兼の銘のみ残すのはこのような名短刀で有ったからと思われます。時代の古い名短刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
宮城守国 昭和 64.5 2 0.67 宮城寅之助明治22年生まれ。宮城県出身、元陸軍寿命刀工、国工院会員名誉宗匠、陸軍軍刀技術奨励会会長賞受賞。戦前の名工です。本刀は地金素晴らしく緻密に鍛えられ、刃紋備前伝互の目刃元から先までむらなく焼き上げている所に守国刀匠の技術の高さが覗われます。戦前の現代刀匠をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
濃州住吉近作 昭和 64.4 1.2 0.77 第2次世界大戦も終盤となり、大激戦が続く中、本軍刀は出征将校の為に心を込めて作られました。本軍刀は大変運が強く外地に持ち出されなく、日本国内で終戦を迎え大変綺麗な姿で現在まで大切にされたものです。刀緒から少尉、中尉、大尉級の尉官級の軍人の御持ち物です。刀身はのたれ調の尖り刃を交えた覇気ある刀身となっております。お国の為に作られた軍刀を大切にしてください。 売約御礼
脇差 伝末関 室町
末期
54.3 1.7 0.67 本脇差は450年前の戦国時代の美濃の刀工の脇差です。地金は小板目肌にやや大きい板目肌を交え鎬には柾肌が現れ、刃紋は尖り互の目刃素晴らしく覇気ある高い刃を焼いています。戦国乱世をくぐりぬけてきた武勲の脇差です。尖り刃は孫六兼元から作られていますが、戦国武将の好みに合ったのでしょう。本脇差の様に華やかな尖り互の目刃は大層もてはやされものです。戦国時代の美濃の脇差をお楽しみ下さい。 売約御礼
福本兼宗 現代 66.3 1.2 0.83 越後栃尾住。九代兼定の門。本刀は陸軍軍刀として造られたもので越後郷義弘を写したものです。直調の刃を焼、切っ先近くで幅が広くなり、あたかも正宗十哲の中でも一番の名工郷義弘を狙って成功いたしております。福本兼宗の刀をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 伝越前下坂 江戸
中期
35.4 1.1 0.87 本刀は冠落造の小脇差で、地金はやや黒味を持った北国地金で、小板目肌に柾肌を交え越前刀独特の地金で、刃紋は素晴らしく良く斬れる刃であるぼーっとしたのたれ刃を焼いています。この様な刃は昔から実用的に良く斬れると言われております。名のある武芸者からの注文品と思われます。拵えも幕末の鉄拵えで実用向きに造られており、優品です。特別注文品の気の利いた小脇差をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 無銘(長船盛光) 室町
初期
49.3 1.2 0.6 応永20年(1413年)(約600年前)頃。
備前長船に3名の名工が全国的に有名でした。長船盛光、康光、師光を応永の3光と呼び名工の代名詞として古来大変大切にしてきました。本脇差も大すりあげにされて無銘になったものですが、地金小板目肌素晴らしく良く詰み、先には乱れ映りも現われて一段と本脇差の時代が古く見られます。備前の独特な腰の開いた互の目刃を焼き上品です。拵えも幕末の拵えで鍔は鉄地、縁頭は鉄地に水上の御殿と人の図。目貫は花かごの図龍に金象嵌を施しこの脇差を一層華やかにしています。
売約御礼
現代刀 現代 65.8 1.4 0.76 本刀は地金素晴らしく良く詰み無地風となり、刃紋のたれ刃に小乱れ刃を現わし、平肉豊かに付き豪壮な姿となっています。無銘なれど充分に楽しめる刀となっております。拵えは現代拵えが付いて好ましい拵えとなり非常にお金のかかった刀です。どうぞお楽しみ下さい。 売約御礼
脇差 新々刀海部 江戸
末期
35.7 0.6 0.62 阿波徳島に海部師久を祖とする海部鍛冶が連綿と幕末まで続いています。ほとんどの刀が片切り刃造で刀身に阿州住某と切るのがほとんどです。本脇差は小板目肌良く詰み、刃紋はのたれ刃に互の目の足が良く入り、素晴らしく良くにえ付いています。地金一面ににえが付いて大変覇気の有る脇差となっています。拵えも幕末の拵えで、素晴らしく軽快に作られ、幕藩体制の時は高級武士の腰を飾ったものです。大変珍しい海部と極められた脇差をお楽しみ下さい。 売約御礼
脇差 紀州住氏廣 江戸
初期
43.7 0.5 0.74 紀州住氏勝の弟子。氏勝は紀州徳川家の重臣都築久太夫氏勝であり、氏勝銘の刀は慰め打ちです。初代重国の羽掃と有るのは氏勝の注文と言われています。都築氏は三河武士。家康直参。包国、重国の駿府打ちや紀州入りは氏勝の働きと言われています。本脇差はその氏勝の弟子と言われる氏廣の作で、地金板目肌ざんぐりとして、刃紋はあくまでも南紀重国に似た大和伝直刃を力強く焼き上げて、南紀重国にせまる名作です。貴重な氏廣の名脇差をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 氏信岩捲 室町
末期
39.3 1.3 0.73 寿命の末流で岩捲派の代表刀工。時代元亀1570年頃の作。本刀は先に行くほど幅広になる豪快な姿で菖蒲造となり、所謂戦国期の利刀造の脇差番となっています。地金板目に柾が掛かり、非常に強い地金を作り、刃紋は切味鋭い直調の刃を焼きところどころ乱れています。拵えも幕末の拵えで、柄は紫檀の柄に力士の人物を出し目貫とし。鞘は変わり塗鞘、四分一の栗型とこじりをを添え高級武士の拵えとなっています。有名な岩捲氏信の豪快な脇差をお楽しみください。 売約御礼
短刀 源信重作之(おそらく造) 現代 23.6 0.4 0.7 源信重刀匠は大阪唯一の刀匠で、昨年引退致しました。月山貞勝の弟子の喜多貞秀の弟子で新作名刀展で数々の入賞を果たした大阪を代表する名工です。本短刀は室町時代の島田義助が作った短刀が、『おそらく』この様な姿の短刀は無いだろうと『おそらく』と短刀の刀身に彫こんだので、この様な姿の短刀をおそらく造と呼んで以後珍重致しております。本短刀は地金小板目肌素晴らしく良く詰み、互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。おそらく造の短刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 仕込杖拵(伝文殊二代南紀重国) 江戸
初期
44.6 1.2 0.67 二代南紀重国、銘に文殊と切るので文殊重国と呼んでいます。父南紀重国と共に紀州藩工となり、紀州頼宣の相手鍛冶も勤めました。本脇差は地金は板目肌良く詰み、刃紋は大和伝直刃に足が入り二重刃が現われ、大変覇気ある脇差です。拵えは仕込み杖拵で出来も大変優れています。お楽しみ下さいませ。 売約御礼
孫六兼元写 大正 63.3 1.5 0.58 本刀は大正時代に作られた刀です。地金は小板目肌が素晴しく良く詰み鏡の様な地金をしております。刃紋は孫六兼元を写した三本杉を上手に焼いており綺麗な刀に仕上げております。どうぞお楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 兼延(志賀関) 室町
末期
57.35 1.05 0.56 初めに濃州小山で鍛刀し後尾州山田庄内の志賀に移住したので、志賀関と呼ばれています。時代は永正1500年頃と関鍛冶でも古く、本脇差は地金板目肌良く詰み、地金白く輝き。刃紋は互の目刃 志津風の低い刃を焼き。明るく冴えています。表裏に棒樋を掻いています。元々は2尺4寸以上あった刀を大すりあげにしたもので、大変出来の良い脇差です。お楽しみ下さい。 売約御礼
脇差 関住兼定 江戸
中期
40.2 1 0.67 本兼定は江戸中期の兼定。姿元先の幅の差が余りなく、切っ先張って、地金板目肌良く詰み鎬に柾肌が現われ、刃紋はのたれ互の目にところどころ尖り刃が交じり素晴しく覇気のある脇差です。美濃の脇差をお楽しみ下さい。 売約御礼
短刀 高羽誠 現代 31.9 0.4 0.65 本短刀は両鎬造の特殊な姿の短刀で、地金は小板目肌素晴しく良く詰み、強い地金を鍛え上げています。刃紋はのたれ乱れの刃を素晴しく上手に焼き上げています。高羽誠刀匠は岐阜県出身で人間国宝宮入昭平刀匠とも親交が有り、伊勢神宮の御遷宮の剣も製作している有名刀工です。大変珍しい両鎬造の短刀をお楽しみくださいませ。 白拵 売約御礼
短刀 寿命 江戸
中期
24 0 0.64 新刀の寿命の短刀です。寿命は美濃の刀工で鎌倉末期から始まる有名な刀工です。大変寿命が長いと言うお目出度い名前の為に、幕末新々刀まで続く名門刀工です。本短刀は地金板目肌良く詰み刃紋は互の目乱れ刃、沸良く付き、大変覇気のある短刀を作っています。拵えは出し鮫合い口拵えが本短刀を一層華を添えています。お目出度い寿命の短刀をお楽しみください。 白拵 売約御礼
短刀 清水住盛重作(来国俊写) 現代 23.8 0 0.53 熊谷一二 全日本刀匠会会員。本短刀は地金小杢目肌良く詰み、刃紋直刃素晴しく明るく焼かれ古作来国俊を巧みに写した快心作です。現代の合い口拵えも変わり塗鞘で拵えており好ましい拵えとなってい居ります。短刀共々お楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼
土州住瑞龍子貞弘造 現代 63.7 1.2 0.65 昭和甲子年七月吉日為西村太一氏
岩本富士雄。全日本刀匠会会員。月山系統の刀匠。本刀は地金板目肌良く詰み、刃紋は備前伝互の目丁子刃をむらなく焼き、刃中大変明るく焼き上げて、貞弘刀匠の技量の高さを現わせています。土佐高知の名匠岩本貞弘刀工の刀をお楽しみくださいませ。
売約御礼
脇差 清光 江戸
初期
55.1 1.5 0.72 延宝頃(1673年)長兵衛、笠舞に有った加賀藩のお救い小屋にいたことから昔から大変有名な非人清光と称される。本刀は小板目肌良く詰まり柾肌を交えやや肌立ち気味の地金に、匂出来の小沸の付いた直刃を焼き、素晴しく覇気有る古名刀を彷彿とさせる映りを立たせた刃を焼清光の最高傑作の脇差です。拵えも江戸期の拵えが本当を一層華やかに引き立てています。お楽しみくださいませ。 白拵 売約御礼
脇差 於春風館正幸作之(人間国宝隅谷正峯の師) 現代 33.6 0.8 0.62 桜井正幸、桜井正次の次男、初銘正綱。京都立命館大学にて、鍛刀の技術の伝習に努め、弟子に後に人間国宝になる
隅谷正峯等がいます。本寸延び短刀は身幅広く地金は板目が良く詰み、刃紋は直調の互の目丁子を見事に焼き上げています。素剣に梵字の彫も上手に刀身良くあった彫を見事に彫上げています。有名刀工ですが、時代の流れもあり、大変現存作の少ない貴重な名短刀です。お楽しみ下さい。
売約御礼
大身
吉道(朱銘) 江戸
初期
58.6 0 1.35 本槍は大身槍で、もっぱら大名行列の先頭を切って槍行列に使用されたものです。朱銘で吉道と入っていましたが、現在は道だけが読めます。宝蔵院流の槍でけら首に十文字の鎌が付いています。地金は板目肌に柾肌が流れ、刃紋はのたれ乱れ刃を焼いています。槍は長くて保存に大変な為に現存作少なく、本槍は貴重な大身の槍です。 売約御礼
無銘 江戸
末期
74 1.8 0.72 重量:鞘を払い1125g
互の目乱刃良く出来ています。
売約御礼
脇差 菊紋伊賀守藤原金道 江戸
初期
35.9 0.6 0.43 本脇差は元服刀と言い、武士の家ではある年齢に達すると元服の儀式を行います。その時の刀が本刀です。本元服刀は高級武士の物で、中身は当時の刀工の大将である伊賀守金道の刀を、素晴らしい拵えに入れて、武運長久を祈り、家運上昇を祈念したものです。高級武士の子の元服刀をお楽しみください。 売約御礼
短刀 千手院兼国作 大正 27.2 0.3 0.65 本短刀の作者は本名小川仙太郎。関兼吉門。本短刀は川邊氏が5月京都の武徳祭で武道優秀者に賞として与へた記念の短刀です。孫六兼元写の三本杉の刃を焼、地金は小板目肌すこぶる良く詰み出来が優れています。さぞや受賞者の喜びは一方ならぬものでありましたでしょう。 記念の短刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 伝寿命 江戸
末期
41 0.9 0.62 本脇差は地金小板目肌良く詰み、地金明るく良く鍛えられ、刃紋はのたれ乱れ刃に、尖った互の目の刃が交じり、砂流しを交え、良く働いています。幕末の関の鍛法を濃く受け継いだ、室町期から新々刀まで続く刀工寿命の脇差です。寿命は昔から大変お目出度い刀として特に喜ばれて持たれたものです。新々刀寿命の脇差をお楽しみくださいませ。 売約御礼
伝鈴木加賀守貞則 江戸
中期
61.8 1.4 0.73 井上真改門の鈴木加賀守貞則。地金小板目肌良く詰みこまかな地沸が付き、刃紋は穏やかな大阪焼き出しを焼、互の目刃を上手に焼き上げています。帽子小丸に上手に焼き上げています。井上真改のぼうしに良く似ており、焼納めも井上真改の様にはっきりとしません。江戸時代は元々は井上真改のの銘が入っていたものと思われます。上品な刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 伝新々刀 江戸
末期
33.5 0.8 0.55 本脇差は幕末に作られたもので、地金小杢目肌良く詰まり、刃紋は焼がのたれ刃を焼、この様な眠たい刃が古来良く斬れるとの古老の話が伝えられています。拵えも幕末の地味な拵えが付いて当時を思い出させる拵えとなっております。質実剛健な気風を今に伝える脇差をお楽しみくださいませ。 売約御礼


日本刀
商品紹介
その他の
ページ