格安刀剣一覧 日本刀の通信販売 株式会社 明倫産業 保管庫
日本刀の専門店 明倫産業 日本刀・居合刀・刀剣全般の株式会社明倫産業 格安日本刀 保管庫

日本刀販売・ご案内(明倫産業TOP)格安日本刀 保管庫

日本刀鑑定証については    
日本美術刀剣保存協会 特重(特別重要刀剣)、重(重要刀剣)、特(特別保存刀剣)、保(保存刀剣)、
甲(甲種特別貴重刀剣)、丸(特別貴重刀剣)、貴(貴重刀剣
その他の鑑定 会(日本刀剣保存会)、藤(藤代松雄)、柴(柴田光男)、店(当店の保証)
質については ☆(特優品)、◎(優品)、○(標準品)、△(やや程度不良品)、希(希望銘)
付属品 白(白鞘)、拵(拵え)
※表示の価格は全て税込です。
No. 種別 銘文 時代 長さ(cm) 反り 元重 解説 証書 付属 価格
脇差 伝宇多国房 鎌倉
末期
31 0.1 0.56 本脇差は古入道国光の子と言われ、多くの刀工は本国大和で文保頃(1317年)鎌倉時代末期に移住。本脇差は板目に柾が交じり、肌立つきみがあり地にえつき刃紋は細直刃を見事に焼き上げ刃中すばらしく覇気があります。特に宇多の刀の特徴は柾目肌が顕著に表れるのが特徴です。本刀は北国地金の黒ずんだところが無く非常に垢抜けた脇差です。菖蒲造の垢抜けた宇多房の脇差をお楽しみ下さいませ。 鞘のみ 売約御礼
刃切れ   60.7 1.4 0.75 (残念ながら刃切れです)
本刀は現代刀匠が刀を作っていましたが、研ぎ上げて初めて刃切れが出たのが分かり、そのままにしていたものです。
刀は関系統の鍛錬で見事な三本杉を焼き上げています。充分に試斬りにも使えますし、現代に是非に役に立ててやってください。
売約御礼
短刀 伝細川正守 江戸
末期
23.5 0 0.9 作陽幕下士細川正守造之、細川仙之助。本短刀は作州津山藩工の名工の作と思われる短刀です、冠落造の短刀姿です。姿誠に優美で小板目肌良く詰みのたれ互の目足良く入り、素晴らしく匂い深く上品に焼き上げています。名工細川正義の子共だけあり素晴らしい冠落造の短刀の作品となっております。是非お楽しみくださいませ。 売約御礼
短刀 お守り短刀   14.8 0 0.59 本短刀は昔からお守り短刀と言われたものですが、造りは鵜の首造でこのような造は大変難しく、なかなかの刀工が作っていたものでしょう。地金も小板目肌がよく詰み、刃紋も尖り互の目刃が明るく良く焼かれたいます。昔から15儖焚爾琉戮謀佻疹擇不要の為に手軽にもてたのでしょうか、愛刀家の家には必ず1口や2口はお守り刀の様に持たれたものです。お楽しみください。 売約御礼
短刀 氏吉(海部刀) 室町
末期
22.7 0 0.83 本短刀は阿波徳島の海部刀の氏吉の短刀です。地金は小板目肌よく詰み、刃紋現状ではよく見えませんが、直刃調の刃紋で棟にまで焼きが深く返っているように見えますが一切不明です。拵えも小刀拵えですが、鍔、切羽、ハバキが欠落しており、是非良い拵えに手直しをしてやってください。手間がかかるために破格の価格でお願い申し上げます。 売約御礼
短刀 定次 大和佐保山住一口定次(嘉永頃) 江戸
末期
19.4 0 0.63 河内の轡師として有名な定次の短刀です。姿は心地良姿で地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、明るく冴えています。 刃紋は小沸出来の直ぐ刃を素晴らしく明るく焼き上げています。馬の轡師も同じく鉄を扱うので虎鉄も甲冑師で刀の名人となったので、世が世であれば定次も素晴らしい刀鍛冶になったものと思われます。お楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 伝舞草 古刀
33.3 1.6 0.57 陸奥の国に非常に古い時代に舞草一門が有って、剣書には多くの刀匠名が記載されています、昔のエゾ等の関係を示し日本刀の創成期の時代の古さを想わせますが、実作殆ど無く、本脇差も時代は大変古い物ですが、古来家伝として舞草と伝えられてきた脇差です。地金は板目肌流れ、刃紋はのたれ刃がちじに乱れ刃中しみて、刃境が良く判らず、大変古い焼き入れ方法です。一脈古波平鍛冶に通じるところのある脇差です。大変古い舞草と伝えられる脇差をお楽しみください。 売約御礼
短刀 伝越前関(備前長船与三左衛門祐定写) 江戸
初期
51.4 1.2 0.66 本脇差は江戸初期の越前関の刀です。地金板目に柾が流れて地金の色が黒く北国地金を現わし、刃紋のたれ刃に尖り刃が入り、食い違いの刃やいろいろな刃をあらわして覇気が有ります。姿は元に踏ん張りが有り腰反りで備前長船与三左衛門尉祐定を写しています。お楽しみください。 売約御礼
短刀 伝未左 室町
末期
32.8 0.5 0.61 左一門は相州正宗の弟子として余りにも有名です。本刀は無銘ですが南北朝時代の左文字一門に見られる繊細な短刀です。地金は板目が詰んで覇気が有り、刃紋はのたれに互の目刃が素晴らしく良く働き刃中素晴らしく明るく垢ぬけた左一門の特徴が良く出ています。左一門の刀はほとんど大摺りあげ無銘が時代的に多く本短刀も楽しみな短刀です。南北朝期の左一門に見える短刀をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
短刀 伝備前祐包 江戸
末期
14.7 0.1 0.67 幕末慶応頃の備前祐定十三代目友成58代目となる名門祐包の素晴らしく小板目のつんだ無地風の地肌ににおい出来でにおい口の締まった丁子刃を明るく焼き。焼きだしを直ぐ刃に焼きだし典型的な祐包の名短刀です。やや錆びが有りますが鑑賞には充分です。合口拵えが大変粋な拵えで黒蝋鞘にこじりが剣型に張り、鉄地縁頭目貫も粋な小道具が本短刀に一層華を添えています。短刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 伝越前下坂 江戸
初期
49 1.2 0.67 本脇差は定寸の脇差で、地金はやや黒味を持った北国地金で、小板目肌に柾肌を交え越前刀独特の地金で、刃紋は素晴らしく良く斬れる刃であるぼーっとしたのたれ乱れ刃に互の目を交えた刃を焼いています。この様な刃は昔から実用的に良く斬れると言われております。拵えは現代の拵えですが良く出来ています。江戸初期の越前下坂、虎鉄の時代の脇差をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
正幸(刻印) 現代 66.8 1.4 0.75 本名飯島幸。元東京東京軍刀工業組合理事長。元刀剣鍛冶同業組合長。飯島刀剣製作所経営。大変有名な飯島幸の軍陣刀です。現在ではほとんど残っておりません。地金は無地金に互の目の刃を見事に焼いております。本軍陣刀は第2次世界大戦が激戦になってきた時に作られた刀です。軍陣刀の消耗も大変激しく、刀匠たちは日夜軍陣刀を命をかけて製作しておりました。本軍陣刀もお国に命を懸けて護国の盾となるべき武士である軍人の為に作られた武勲の名刀です。時代の軍陣刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 近江守忠綱(別人) 江戸
初期
53.3 3.2 0.77   売約御礼
兼宗 現代 66.2 1.5 0.76 本名桐淵一、群馬県出身、陸軍受命刀工。本刀剣は兼宗刀匠25歳の作です。本軍陣刀は第2次世界大戦が激戦になってきた時の昭和18年に作られた刀です。軍陣刀の消耗も大変激しく、刀匠たちは日夜軍陣刀を命をかけて製作しておりました。本軍陣刀もお国に命を懸けて護国の盾となるべき武士である軍人の為に作られた武勲の名刀です。時代の軍陣刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 備州長船盛光 室町
中期
45.6 1.4 0.56 応永三十二年(1425年)(約600年前)頃。備前長船に3名の名工が全国的に有名でした。長船盛光、康光、師光を応永の三光と呼び名工の代名詞として古来大変大切にしてきました。本脇差も応永備前姿良く底銘となっておりますが盛光の銘も残り、地金小板目肌素晴らしく良く詰み、応永備前の大変華やかな脇差となっています。お楽しみください。 売約御礼
短刀 高塚正秀(越中則重作) 現代 26.5 0.15 0.67 本短刀は地金板目肌が流れうず状を現わしでいます。刃紋のたれ乱れ刃金筋、砂流し交じり奔放な刃を焼いて覇気が有ります。高塚刀匠は兵庫県尼崎で長年日本刀を鍛えた刀工です。大変な研究熱心で何伝にも挑戦して結果を出しています。本短刀も地金を松皮肌に鍛え、越中則重を写した名短刀です。兵庫県を代表する高塚正秀刀匠の短刀をお楽しみください。 売約御礼
短刀 芸南住氏正作(鍛刀見学)(海軍短剣) 現代 18.3 0 0.51 本短刀は広島の江田島の海軍兵学校士官用に造られた短剣です。昭和五年二月に造られ、置いていたものを、昭和七年十二月に刀剣鍛錬所に見学に来た将官に来られた年月を彫って記念に差し上げた短剣です。この様な短剣の現存作大変少なく貴重な短剣です。お楽しみ下さいませ。 売約御礼
菊水刀(関孫六兼元写) 現代 65.6 1.6 0.9 本刀は神戸湊川神社で打たれた菊水刀です。陸軍は靖国神社で打たれた靖国刀が余りにも有名ですが、海軍も湊川神社で菊水刀を作っていましたが、海軍軍艦と共に多くは消滅したために、現存刀大変少なく大変貴重な刀です。本刀は関孫六兼元写の関の三本杉を見事に打ち上げています。貴重な菊水刀をお楽しみください。 売約御礼
肥前国忠吉(後代) 江戸
末期
69.3 0.6 0.58 後代忠吉と見える刀です。代表的八代忠吉は忠吉家の卓尾を華々しく飾る名工です。橋本新左衛門忠吉は鍋島藩で大変重要視された刀工で鍋島藩近代化に重要な役目を果し大砲の製造軍艦の製造にも深くかかわり往々にして藩主の御前にて刀剣の鍛錬を披露する事もあり、藩主の信頼深い名工です。あまりの上手さに初代3代忠吉に混同される名刀が多く本刀も小糠肌に中直刃素晴らしく明るく良く焼き名作となっております。嘉永頃の作(160年前)名工肥前国忠吉後代をお楽しみ下さい。 売約御礼
脇差 伝紀州安廣(陸軍航空隊軍刀拵付) 江戸
初期
52.3 1 0.67 紀州安廣は名工南紀重国の協力刀工として近年重要視されています。京山城でも刀を作っており、かの有名な大業物で名高い大和守安定の父親として脚光を浴びています。安定が紀州石堂出身と発見されたのもこの紀州安廣との合作刀が発見された為です。現存作殆んど有りません。本脇差は優しい脇差姿に、地金板目良く詰み、のたれ刃素晴らしく良く働き、南紀重国を見るような名刀です。陸軍航空隊将校用軍刀拵えが本脇差に一層華を添えています。 白拵 売約御礼
脇差 伝藤原高田 江戸
初期
55.4 0.8 0.67 本刀は江戸初期の豊後高田の脇差です。鎬造鎬筋高く鍛え小板目良く詰み、強い地金を鍛え互の目のたれ乱刃にえ強く付き、色々な働きを現わし、大変覇気有る刃を焼いています。鋩子も返り深くたっぷりあり健全。姿も強く。強い脇差を現しています。高田鍛冶の刀工は古来大変よく切れる刀を鍛えたことで有名です。江戸期の豊後大分県の高田刀工の刀を是非おたのしみくださいませ。江戸期の拵が本脇差を一層華を添えています。 白拵 売約御礼
脇差 伝冬廣 江戸
初期
45 1.4 0.75 相州二代広次の子で若州小浜に移住して代々同名が小浜に続いています。本脇差は寛永時代の冬広で地金は小板目肌素晴らしく良く詰み、綺麗な地金を鍛え大変力強い地金となっています。刃紋はのたれ刃が整然と焼かれ大変趣が有る刃を力強く焼いています。冬広は代々続き刀匠の数多く、大変繁栄した刀匠で皆上手な刀工です。拵えも江戸期の豪華な拵えが付き本冬広を一段と華やかにしております。お楽しみくださいませ。 白拵 売約御礼
短刀 後代孫六兼元 室町
末期
32.8 0.5 0.61 本脇差は天正1573年頃の関孫六兼元の後代の脇差です。地金板目肌良く詰み柾目肌交え、刃紋は孫六兼元の家伝の三本杉を上手に焼いています。平造独特の鋭い姿が時代を物語っています。この様な刀は戦国時代元亀天正時代には大変珍重され、素晴らしい物切れする脇差刀となっています。風雲急を告げる戦国時代を生き抜いてきた脇差に。現代も称賛の声高く後世に是非伝えていかなければなりません。拵えも合口拵えの素晴らしいものが付いています。是非お楽しみ下さい。 売約御礼
短刀 伝細川正守 江戸
末期
17.5 0 0.57 細川正義の子細川正守の短刀です。地金板目肌良く詰み刃紋互の目丁子刃足が素晴らしく良く入り、刃中素晴らしく明るく焼かれております。短刀拵えも江戸時代の鞘はこじり剣型になり、塗は朱塗りに青貝塗を交え大変お金のかかった大変粋な拵えになっています。幕末の名短刀をお楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼
関住高崎金繁作 現代 67.75 2.1 0.73 森金重。陸軍受命刀工
本軍刀は関孫六兼元写しの三本杉を見事に鍛えた刀です。日本は今から63年前までは軍人と言う立派な武士がいた時代でした。お国の為に腰にこの軍刀を携えて命懸で戦った武勲の刀です。私たちも歴史的なこの軍刀を後世に大切に残さなければなりません。宜しくお願い致します。
売約御礼
脇差 関藤原義尚作(孫六兼元写) 現代 65.8 1.4 0.77 本名武山勲岐阜関の刀工。昭和18年35歳作が有るのでご健在で有れば本年は生誕103歳となる現代刀匠です。本刀は板目肌良く詰み互の目尖り刃素晴らしく明るく良く出来ています。お楽しみ下さい。 売約御礼
伝当麻(大和 長巻直) 南北
63.1 1.9 0.58 南北朝の康安頃1361年頃の大和当麻の無銘の長巻直造の刀です。すこぶる上品な長巻の姿に時代がすこぶる遡のぼります。地金は板目肌良く詰み地にえが付き柾目肌や板目肌が流れ綺麗です。刃紋は直刃匂いがきりりと締まり名刀の刃を焼いています。地には景色が現われ一層古刀の良い風情が現れています。今から650年前の貴重な大和当麻鍛冶の素晴らしい、長巻直造の刀をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
短刀 菊池槍直し短刀 室町
初期
23.3 0 0.88 吉野朝期頃に菊地の千本槍と言うものを作っています。鵜の首造の小ぶりな短刀姿で中心は槍のように長い物です。現存するものには中心を切って短刀として伝えられているものが有ります。と言われるものが本短刀で大変貴重な現存作です。現在は江戸期に四分一金具一作の短刀拵えに短刀として拵えられ現存する貴重な短刀です。歴史的にも価値ある菊地の千本槍をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 宗近(三条宗近) 室町 52.2 1.2 0.7 宗近と銘ある脇差です。何か使い道が有りますれば使ってほしいとの事で、拵えの鍔だけで3万円、金具だけで2万円はあります。拵え付の脇差としては最高の安さです。何かご使用の向きが有れば是非お使いくださいませ。破格の価格でお譲り申し上げます。お楽しみくださいませ。 売約御礼
河内守源康永 江戸初期 66.8 1.3 0.7 延宝1673年頃の大阪石堂の刀工。多々良長幸の師匠として大変有名な刀工です。本刀は地金小板目肌良く詰み、刃紋は互の目丁子刃を素晴らしく覇気有る焼刃を入れ、河内守康永の豪快な傑作な刀です。本刀は切っ先より4.5cmの所に残念ながら刃切れが有り素晴らしい出来ながら格安にてお分け致します。試し切り、剣道の形、居合の形に充分お使いになれますのでお楽しみください。 売約御礼
脇差 越前住日向守藤原貞次 江戸
初期
51.4 1.3 0.61 寛永1624年頃の越前住で越前初代康継の弟子として大変有名な刀工です。本脇差は板目肌に杢が交じり、柾肌が絡み、刃紋は小沸の絡んだ互の目刃を焼いて大変上手な姿の良い脇差です。拵えも幕末の拵えで縁頭は赤銅魚子地水鳥の図。目貫は金色絵の獅子の図。鍔は金象嵌御所車と葵の図。大変豪華な拵えが、本脇差に一層華を添えています。お楽しみくださいませ。 売約御礼
短刀 備州長船法光 室町
末期
18.5 0 0.79 1518年今から492年前の備前長船新左衛門尉法光です。大変な名工で、備前長船与三左衛門尉祐定と甲乙付けられない位上手な名工です。本短刀は有名な大変鋭い姿をした、鎧通しです。如何にも鋭利な姿で、地金は板目肌良く詰み、刃紋は直刃で明るく冴えた刃をしています。拵えも江戸期の刷毛目変わり塗鞘の合い口拵えが一段と本鎧通し短刀に華を添えています。お楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 兼宮 江戸
初期
31 0.5 0.58 天文頃(1532年)(480年前)美濃赤坂住
兼宮の寸延短刀です。地金は小板目肌に柾肌が交じり、時代の鍛えも現われ、本短刀の時代の古さを現わしています。刃紋は典型的な美濃の互の目刃を素晴らしく調子の良いリズムで刃中明るく焼きあげています。江戸期の小さ刀拵えも、鞘は青貝を交えた変わり塗鞘に出し鮫柄に、花車の出し目貫をあしらえ一層本短刀に華を添えています。室町期の貴重な短刀をお楽しみください。
売約御礼
伝金房兵衛尉政次 室町
末期
28.8 0 1.1 両鎬造のけら首の長い鋭利な姿の槍です。地金は板目肌に柾目肌が交じり、刃紋は乱れ刃を焼、大変古調な刃を焼いて出来が大変良い槍です。槍の製作は大変難しく、古来槍の名手は大和金房派の刀工が居ました。本槍は最近研ぎと白鞘を作るのに20万円以上かかったものを特別格安価格でお分け致します。お楽しみください。 売約御礼
濃州住金重 昭和 63.3 1.6 0.8 岐阜出身。森金重。元陸軍受命刀匠陸軍軍刀技術奨励会入選。本刀は、地金小板目肌素晴らしく良く詰み刃紋は関の三本杉孫六兼元の刃を焼いて成功しています。戦争に負けていなければ、戦後どれだけの名刀を世に生み出したかわかりません。金重の刀をお楽しみください。 売約御礼
濃州住浅野兼眞作 昭和 67.2 1.6 0.73 地金小杢目肌良く詰み刃紋は関孫六三本杉を写した刀です。軍刀拵えも健全に残り、命をかけて国を守りぬいた武勲の軍刀です。どうぞ記念として大切に保存してやって下さい。 売約御礼
脇差 一 助宗 室町
末期
57.7 1.5 0.73 島田助宗(天文1532年)頃の脇差です。助宗は備前から移住した刀工と言われ本脇差も全て板目肌良く詰み。刃紋互の目乱れ棟にまで焼が掛り、皆焼風になり金筋入り、備前伝と相州伝が交わった大変覇気の有る脇差です。助宗の銘に一が有りますが、備前一文字助宗を狙ったものでしょうか銘も助宗と大ぶりに切り雅味が感じさせられます。時代の古い助宗の脇差をお楽しみください。 売約御礼
短刀 長光 江戸
末期
15.4 0 0.5 (精竜斎長光。水心子正次門 伊予の刀工。慶応頃)
本短刀は姿、両刃造りの大変鋭利な姿を現わし、地金は小杢目肌が良く詰み素晴らしい綺麗な地金を鍛えています。刃紋は両刃で互の目はを明るく焼き、棟は直ぐ調の刃を焼良く出来ています。拵えも幕末の黒呂鞘上品に塗りあげ、上品な合い口拵えとなって、本両刃の短刀に一段と華を添えています。両刃の短刀の製作難しく、古来より短刀の名手のみが作れる業となって、大変貴重な短刀です。お楽しみ下さいませ。
売約御礼
短刀 伝末関(兼房) 室町
末期
26.6 0.2 0.51 生無銘の短刀です。戦国時代永禄の頃1558年頃(452年前)の短刀です。本短刀は身幅が広めで先反りがつき、地金は小板目肌に杢目が交じり、刃紋はタコの頭の様な互の目を焼いています。所謂兼房乱れを焼いています。時あたかも桶狭間の戦いや、姉川の戦いを始め戦国乱世の時、本短刀の様な所謂鎧通と呼ばれる短刀が大変貴重な品でした、短刀の名品をお楽しみください。 売約御礼
短刀 虎徹 江戸
中期
25.8 0 0.86 天下の名刀長曽祢興里虎鉄は天下に誰一人として知らない者は無い程、天下の名刀として古来有名です。後世虎鉄の名声にあこがれて多くの虎鉄が作られました。本短刀も虎鉄にあこがれた刀工が製作いたしております。本短刀は片切刃造と大変難しい姿を作っており、なかなかの名工の作です。地金は板目肌良く詰み、刃紋は切り刃のほうは刃の低いのたれ刃を焼、表は大乱れ刃を大胆に焼き大変覇気有る短刀を作っています。後世虎鉄にあこがれた短刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
短刀 近江守 江戸
初期
25.8 0.4 0.7 近江守継廣越前元禄頃の短刀です。姿鵜の首造で切っ先が大きく張って地金は板目肌良く詰み、やや黒ずんだ地金に刃紋はのたれ刃にやや尖った刃を交え、刃中大変明るく良く出来ています。継廣は越前三代康継のお弟子さんで越前福井住、後近江膳所でも作刀しています。又江戸でも製作しています。大変人気のあった刀工です。ちいさ刀拵えも本短刀に一層華を添えています。是非お楽しみ下さいませ。 売約御礼
伝宇多国宗 室町
中期
66.4 1.6 0.62 文明1469年ごろ越中富山に大和宇多より移住した宇多鍛冶が活躍しておりました。本刀は地金板目に柾が交じり肌立つ気味が有り、地沸が付き、やや黒ずんだ地金で、刃紋は乱れ刃、小沸が付き砂流しも現われ、刃紋はちじに乱れ覇気有る刃を焼いています。宇多鍛冶は大層良く斬れるとの評判で、戦国時代には大変活躍した刀工集団です。宇多国宗の名刀をお楽しみください。 売約御礼
短刀 山城国西陣住人埋忠明壽 室町
末期
27.4 0 0.96 本短刀は重ね厚く、真の棟で反りなく豪壮な姿をしており、鎧通で、地金は小杢目肌素晴らしく良く詰み、強い地金をしています。刃紋刃元互の目刃を交え直刃を素晴らしく良く焼き、刃中明るく彫は表は昇り龍。裏は梅の彫を見事に彫っています。梅忠明寿は新刀の祖と言われ、堀川国廣、肥前国忠吉、肥後守輝廣の師としても大変有名な刀工です。お楽しみくださいませ。 売約御礼
三品義明(軍陣刀) 現代 64.9 1.4 0.75 義明は陸軍の刀工で有りましたが、戦後の刀工としての復活がなかった為に、刀工としての記録が残っておりません。これも敗戦という、生きるか死ぬかのどさくさに、大切な記録が無くなったものと思われます。本刀も昭和18年位の作で但し戦争に行かなかったと思われ、完全に出来たままで残っているのが、大変貴重です。刃紋は互の目刃が良く焼かれています。官存の軍陣刀を大切にして下さい。 売約御礼
短刀 肥前国忠吉 江戸
中期
20.6 0.1 0.42 (肥後揃金具合口拵)
片切り刃造の短刀に地金小板目肌良く詰み、刃紋は相州伝のたれ乱れ刃を奔放に焼いています。刀身はつなぎ程度のものですが、拵えが素晴しく鞘は黒蝋鞘にこれが蝶貝散らしと言われる蝶貝を鞘一面に散らし豪華な鞘となっております。金具は肥後金工桜に唐草の肥後象眼の頭、縁、鯉口、栗型、鐺の揃い金具を豪勢にしつらえ目貫は三艘の五三の桐の家紋目貫が入れられ、大名の前差しと思われます。お楽しみくださいませ。
売約御礼
豊州住中津藤原朝家造之 室町
末期
70.7 1.1 0.73 銘鑑漏れで有り、参考銘の朝家の刀です。本刀は元末の差の無い豪壮な姿を現わし、地金は板目肌良く詰み、刃紋は直刃調の匂の良く締まった刃を焼、元々は肥前刀の新々刀でしょうか。なかなか刀としては大変良く出した刀です。試し切りや居合用に充分使用できます。お楽しみください。 売約御礼
短刀 備州長船勝光摺上 室町
末期
17.1 0 0.95 備前長船勝光の短刀を摺上げたと中心に銘が有ります。本短刀は板目肌良く詰み、備前刀には珍しい、矢はず乱れの刃紋を雄渾に焼き上げ大変覇気有る短刀です。重ね厚く鋭利な姿は戦国時代の鎧通の姿で、大変良い姿をしています。拵えは大変変わった代わり拵えで、茶会に行く時にでも差して行った物でしょうか。大変粋な拵えとなっています。よほどお金に余裕のあった武士の自慢の短刀だったものでしょう。時を超えて今でも楽しめる短刀を、お楽しみ下さいませ。 売約御礼
奈良太郎藤原兼永以耐錆鋼作 現代 66.9 1.7
0.81 渡辺兼永。明治5年生まれ。昭和15年日本刀匠総帥。日本刀展覧会海軍大臣賞受賞。関鍛冶復興に功多く。雄山閣「日本刀講座」に「関伝鍛法秘書」を書いています。昭和12年渡辺兼永日本刀鍛錬塾を開設。塾頭となりました。本刀は日本刀にとって大敵である刀が錆びない方法を研究し、研究の究極の鋼を持ってついに錆びない刀を作る事に成功した、記念碑的な貴重な日本刀です。現存作大変少ない、時代の要請で完成した。日本刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 備州長船祐久 室町
末期
38.2 0.9 0.61 享禄1528年頃の祐光の子と言われる祐久の小脇差です。地金は板目肌良く詰み、乱れ映りが立ち刃紋は直刃を上手に焼き上げています。小脇差は特に応永備前盛光、康光に代表される時に多く作られ、大名の前差しとして大変おさまりの良い姿の為に、多く名刀が使われています。小脇差の拵えも大変粋な拵えとなっております。 売約御礼
脇差 濃州関住兼房 室町
末期
36.9 0.6 0.53 平造小脇差の姿で、特に応永時代に造られた応永備前と言われる、備前長船盛光や康光の姿をしています。但し本脇差は永禄頃1558年の有名な関の清左衛門兼 兼房です。地金は小板目肌良く詰まり、刃紋はタコの頭の様な兼房乱れ刃を良く焼いています。拵えも鞘は黒天目塗りで大変気の利いた小脇差拵えも大変小粋な拵えとなっております。小脇差は昔から大名の前差しとして大変おさまりの良い事から、昔から名刀が特に選ばれております。お楽しみ下さいませ。 売約御礼
太刀 豊後国行平作 室町
中期
69.8 2.3 0.87 鎌倉初期元久(1204年)頃の豊後大分の僧定秀の門人、本刀は地金細やかに、刃紋ははばき元を焼落し、ぼうしは、焼詰、匂いきりりと締まり、小互の目が交じり良く出来ています。樋の中は朱漆で塗られ、古来豊後行平と伝えられたものです。現在は室町時代の九州物で有ろうと思われる刀です。今回何十年ぶりに世に出た太刀です。お楽しみ下さい。 売約御礼
脇差 伝関兼貞 室町
末期
47.6 1 0.47 本脇差は姿鎬を鎬を落とした鋭い姿で地金は板目肌に柾肌を交え、刃紋はのたれ刃に互の目尖り互の目を交え賑やかな刃を焼いています。室町末期戦国時代を駆け巡った武士の腰に誇り高く差されたものです。どうぞ450年前の脇差をお楽しみください。 売約御礼
脇差 備州長船法光 室町
末期
56.2 1.6 0.67 新左衛門尉法光です。片手抜き打ちに適したその時代の寸法で、地金は板目肌良く詰み、全体に乱れ映りが素晴しく良く立ち、刃紋は互の目丁子刃一文字の刃のように変化多く覇気有る素晴しい刃を焼き上げています。同時代の与三左衛門尉祐定の刀にも匹敵する、名脇差です。末備前の名脇差をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 伝三原正近 室町 72.8 2 0.74 (剣道形用に使用して下さい)
本刀は姿反り深く優しい姿で、小杢肌に板目肌交じり、柾肌が現われる。刃紋は焼幅せまく直調で大和伝風で刃中は小豆程度の小互の目が交じっています。本刀は室町時代の備後現在の広島県の三原で作られた刀です。総称して備後三原と呼んでいます。残念ながら地に錆の為の朽込みが有りますが、剣道形用に使用する真剣や居合の組み太刀の技等に使用する真剣には拵えも付いて大変良いものです。室町時代の古刀で是非形のお稽古をされては如何でしょうか。
売約御礼
脇差 伝兼房(新刀) 江戸
初期
38.5 1.2 0.62 本脇差は江戸初期の美濃関の脇差です。地金は板目肌に、柾目肌が交じり、刃紋は沸出来の互の目刃を豪快に焼いています。但し地刃の様子が充分に見えません。これも何百年の時代が経った時代のせいかと思われます。是非今後は大切にしてやって下さいませ。超特別価格でご提供いたします。 売約御礼
短刀 お守り短刀 江戸
中期
15.2 0 0.53 姿、鵜の首造の姿をしており、なかなか良い姿の短刀です。地金は小板目肌良く詰んで。素晴しく綺麗な地金を鍛えています。刃紋は互の目刃を大きく明るく焼いています。江戸時代に御守り刀として、作られた短刀で、武家の子女の無事成人を祈って渾身の力を込めて鍛え上げられたものです。日本人の最初の儀式が賜剣の儀と言われる、所謂御守り刀を戴く儀式がまず最初に有り、人生が守り刀と共に始まる、大変重要な短刀です。 売約御礼
脇差 伝盛光   32.2 0.2 0.62   売約御礼
脇差 伝加州住兼若(加賀正宗) 江戸
初期
51 1.1 0.68   売約御礼
短刀 伝播磨大掾藤原重高 江戸
初期
28.7 0.3 0.55 本刀は越前鍛冶の代表刀工の重高です時代は慶長から元和1619年頃の慶長新刀です。生国は信州飯田で、関兼則門人となり、天正頃兼則の越前移住に従って移住してきました。地金は板目に柾が交じり地肌に地にえが付き、鉄色が黒ずむ気味があります。刃紋は小にえ出来ののたれ互の目刃で匂いの深いものです。古来重高の刀は業物として武士に大変人気の刀です。後輩に有名な長曽根奥里虎鉄が現れてきます。お楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼
脇差 廣光(相州廣光) 室町
初期
35.3 0.5 0.49 本脇差は一見備前長船盛光を見るがごとく、平造の上品な脇差姿、地金板目肌に柾目肌が交じり、棒映りが立ち。刃紋は互の目刃が色とりどりの刃の姿を現わし、大変覇気のある刃を焼いています。文明1469年頃の相州廣光と言われるものでしょうか。大変興味のある名脇差です。是非お楽しみ下さい。 売約御礼
濃州関住兼定作 現代 66.9 1.9 0.85 和泉守兼定の子孫でありましょう、本刀は大正昭和に作られた兼定の刀です。軍刀拵えからすると、昭和になってからの作品でしょう。地金小板目肌よく詰み、刃紋は孫六兼元写の三本杉見事に元から先までむら無く焼き上げています。太平洋戦争後は復活しなかった刀匠の為に、これほどの腕を持ちながら、作刀が無く大変貴重な刀です。お国の為に活躍した兼定の刀を大切にして下さい。 売約御礼
関野呂正則作 現代 61.4 1.9 0.8 (海軍軍刀拵付)
野呂正則刀匠も戦後刀匠として復活しなかった刀工でしょう。戦後の作が有りません。本刀は小板目肌よく詰み、刃紋はのたれ乱れ刃に互の目刃が交じり明るく焼いています。海軍軍刀拵えも常の鮫鞘の物でなく、一風変わった海軍軍刀拵えで、反対に少ない為に現在は貴重な海軍軍刀拵えとなっています。海軍は殆どの軍艦が沈んだために、軍刀も艦と運命を共にした為に残っているもの少なく貴重です。御国に貢献した海軍軍刀を大切にして下さい。
売約御礼
直勝(希望銘) 江戸
末期
69.3 1.8 0.8 安政2年(1819年)大慶直胤の娘婿備前伝は大慶直胤よりも上手との評判が高い名工です。本刀は小板目肌良く詰みにえの深い互の目丁字を上品に焼き如何にも次郎太郎直勝の応永備前写しの名刀と思われますが、残念ながらあくまでも希望銘です。しかし刀は非常に上手で如何にも直勝に見える堂々とした刀です。参考にご覧くださいませ。 希望銘 売約御礼
短刀 瑞雲子善貞 現代 26.2 0 0.52 明治33年生まれ。川島忠善門。 山村繁松。土佐鏡村。国工院会員名誉宗匠。元陸軍技術奨励会会長賞受賞。本短刀は地金板目肌良く詰み、刃紋互の目丁子刃、元から先までむらなく良く焼かれ、匂い口明るく、足良く入り、金筋交じり良く出来ています。短刀の製作は大変難しく、特に現代刀匠はなかなか難しく製作する刀匠少なく、善貞26226刀匠の短刀の快心作と言えるものです。どうぞお楽しみくださいませ。 売約御礼
短刀 瑞雲子善貞 現代 26.2 0 0.52 明治33年生まれ。川島忠善門。 山村繁松。土佐鏡村。国工院会員名誉宗匠。元陸軍技術奨励会会長賞受賞。本短刀は地金板目肌良く詰み、刃紋互の目丁子刃、元から先までむらなく良く焼かれ、匂い口明るく、足良く入り、金筋交じり良く出来ています。短刀の製作は大変難しく、特に現代刀匠はなかなか難しく製作する刀匠少なく、善貞26226刀匠の短刀の快心作と言えるものです。どうぞお楽しみくださいませ。 売約御礼
祐定 室町
末期
65.6 2.1 0.7 備前国長船祐定は名刀の代名詞として余りにも有名です。本刀は製作年代が有りませんが、永禄(1558年頃)の作でしょう。本刀は姿は先ぞりが強くついた末備前の独特の大変良い刀姿で、少々鍛え肌が出ていますが、古刀として見所のある刀です。地金は板目肌で備前独特の潤いのある地金で見事な映り立ち、刃紋は直刃調に互の目丁子の足が良く入り、刃中葉が働き千変万化の変化を表し、素晴らしく覇気ある刃を焼き上げています。有名な備前長船祐定の名刀をおたのしみください。 売約御礼
短刀 兼元 七十三.才造 現代 25 0 0.65 (二十七代兼元)
贈長孫香
得印派の金子孫六家の嫡系、金子達一郎。大正13年1月生まれ。昭和19年二十七代兼元を襲名。本短刀は地金小板目肌に柾肌を鍛え地金が強く鍛錬され、刃紋は直刃を素晴らしく明るく焼き上げています。本短刀は平成9年の作刀です。ここに孫六兼元家27代500年の伝統を脈々と受け継ぐ名短刀をお楽しみください。
売約御礼
脇差 弘宗作 現代 45.5 0.9 0.76 平成二十四年六月吉日
弘宗刀匠は本名、高羽弘昭和29年生まれ、父高羽誠に師事。特賞1回、優秀賞2回、努力賞4回受賞多数、相州正宗の弟子志津三郎兼氏を目指し日々精進している刀工です、現在の関鍛冶の代表刀工の一人です。本脇差も姿は南北朝時代の元末の差の少ない姿に切っ先が延びた豪壮な姿を現し、地金は板目肌良く詰み、刃紋はのたれ乱れ刃相州伝のちじに乱れた豪快な刃を焼き見事に志津写しの名脇差を再現致しています。お楽しみ下さい。
売約御礼
短刀 兼秋 室町
末期
18 0 0.92 兼春の子、天文1532年頃の美濃の刀工です。本短刀は世に名高い鎧通の短刀で身幅狭く、重ね厚く大変鋭利な姿になっています。地金は板目肌素晴らしく良く詰み、刃紋は直刃素晴しく元から先までむらなく焼かれ兼秋刀工の技量の高さを良く表しています。合い口拵も江戸期の拵えがそのまま残っており大変貴重な名短刀となっています。戦国時代の有名な鎧通をお楽しみくださいませ。 売約御礼
短刀 肥前国忠吉 江戸
末期
18.2 0 0.72 本短刀は姿すこぶる宜しく地金は小糠肌素晴らしく良く鍛えられて、刃紋は家伝の直刃元より先までむらなく良く焼かれています。本短刀は幕末の肥前刀に御愛嬌に忠吉の銘を入れたものですがなかなか良く出来きた短刀です。彫も火炎不動明王、裏に護摩箸に梵字の彫を上手に入れています。肥前国忠吉と入れられた好もしい短刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 若州住冬廣 江戸
中期
53 1.6 0.69 冬廣は本国相州鎌倉で広次の子が若州小浜に移住して代々同銘が小浜に続いています。本脇差は大永1521年頃の三代冬廣の名脇差です。地金は板目肌が流れて柾肌が現れ、刃紋は小にえ出来の直ぐはを焼いて非常に趣のある古調な刃を焼いています。銘は若州を小さめに切り冬廣を大きく切るのが特徴となっております。約500年前の若狭の小浜の冬廣の名脇差をお楽しみくさい。 売約御礼
備州長船祐光 室町
中期
66.4 1.9 0.76 文明二年(1470年)祐光と銘のある刀です。本刀は地金板目肌良く詰み、刃紋は互の目刃連続して焼かれ、地にはほのかに映りが立ち、当時の数打ち物の祐光であろうかと思われますが、今後の研究に待ちたいと思います、何十年ぶりに世の中に出てきたものです。将来研ぎでもしてあげて下さい。破格の価格でお譲りいたします。 売約御礼
兼若 江戸
初期
70 1.8 0.68 加賀前田百万国の第一等の抱え鍛冶。「兼若を持っている武士なら禄は低くても娘をやろう」とまで言われた名刀です。本刀は備前福岡一文字写しの素晴しく刃の高い丁子刃を雄渾に焼き、素晴しい覇気有る刀になっております。兼若の刀の代別は大変難しく本刀は初代銘に似ていますが今後の研究に待ちたいと思います。初代兼若は「加賀正宗」と称された名工です。本刀は何十年ぶりに世に出てきた刀です。お楽しみ下さませ。 白拵 売約御礼
短刀 伝草野吉明 江戸
末期
22 0.1 0.6 本短刀は筍反でうつむいた鎌倉時代の来国俊を彷彿とさせる短刀姿を現わし。地金は板目肌素晴しく良く詰み、地にえが現われ、刃紋は直刃素晴しくむらなく元から先まで焼かれ、刃中明るく冴えています。草野吉明は月山貞吉の弟子。生まれは因州鳥取で大坂住み、本来は名工なれど、明治の廃刀令により製作数少なく、貴重な短刀です。 売約御礼
短刀 兼歳 室町
中期
26.8 0 0.6 明応(1492年)頃の関の業物の名工です。各地には一揆が起こり、応仁の乱が終焉を迎えたと言えども各地では権力争いが絶えず、戦国時代を迎える頃に作られた短刀です。地金板目肌良く詰み、柾目肌交え、刃紋は頭の丸い互の目刃を焼き、所謂兼房乱れを、素晴しく覇気有る刃紋を焼き上げています。拵えも幕末の、柄は紫檀の堅木で作り、縁頭は赤銅地にひょうたんをあしらい、鞘は黒呂ろう鞘で作り。小柄は鉄地にひょうたんの図をあしらった素晴しく気の利いた拵えが本短刀をより一層華やかにしています。 売約御礼
短刀 兼高 室町
末期
29.6 0.2 0.6 永正の名人四代兼国の子三阿弥派の頭領。兼高は天文1532年頃美濃も代表刀工の一人です。本刀は地金小板目肌に柾肌が交じり、刃紋はのたれ乱れに所々タコの頭の様な兼房乱れも交えて大変出来の良い短刀です。地沸もあり、飛焼も掛り覇気に富む名短刀です。拵えも江戸期のちいさ刀拵えが付いており一層この短刀に華を添えています。戦国動乱期を迎える武将の心意気を大いに感じる名短刀をお楽しみください。 売約御礼
短刀 兼秋作(村正写) 室町
末期
28.2 0.4 0.62 天文1532年頃、関兼春の子。本短刀は地金小板目肌良く詰み明るく冴えて良い地金を作り、刃紋は互の目乱れ高く焼き表裏が揃う気味が有り、村正の刃紋を見るがごとくの大変覇気のある短刀です。戦国大名が全国各地におこり、力対力の時代を迎えこの様な覇気ある短刀が作られたものです。470年以上を立派に伝え続けられた名短刀です。 売約御礼
短刀 備州長船住祐定 江戸
末期
17.2 0 0.55 祐定の新々刀の最後を飾る名工祐定の名短刀です。地金小板目肌流れ心に刃紋互の目丁子刃素晴らしく良くできています。本刀は安政1854年頃の横山祐平の子。友成五十六代孫横山祐定と銘を切る加賀介祐盛の名作です。大変現存作少なく貴重な短刀です。小粋な合い口短刀拵えもなかなか良く気のきく拵えとなっております。 白拵 売約御礼
伝孫六兼元 室町
末期
67.5 1.2 0.62 本刀は天正1573年頃の関孫六兼元の後代の刀です。地金板目肌良く詰み柾目肌交え、刃紋は孫六兼元の家伝の三本杉を上手に焼いています。刃肉を落とした独特の鋭い姿が時代を物語っています。この様な刀は戦国時代元亀天正時代には大変珍重され、素晴らしい物切れする刀となっています。風雲急を告げる戦国時代を生き抜いてきた刀に。現代も称賛の声高く後世に是非伝えていかなければなりません。是非お楽しみ下さい。 売約御礼
伯耆国延秀2 現代 57.2 1.8 0.57 重量:鞘を払い900g  うの首造の姿素晴らしく良く出来ています。 売約御礼
脇差 近江守忠吉 江戸
中期
45 0.8 0.6 四代忠吉の長男元禄9年生まれ。本脇差は安永2年1773年(237年前)五代忠吉78歳の長寿の目出度い脇差です。地金こぬか肌良く詰み、刃紋家伝の中直刃素晴らしく明るく良く出来ています。彫刻は表に梵字に護摩ばし、裏にも護摩ばしを上品に仕上げています。五代忠吉時代は世の中が大変平和で作刀数少なく大変貴重な名脇差です。 白拵 売約御礼
短刀 伝因州兼先 江戸
末期
22.2 0 0.6 本短刀は姿冠落造の短刀で地金は小板目肌良く詰み、刃紋はのたれ互の目刃に尖り刃が交じり、元々は美濃の刀工で後に備前に移住、江戸末期には因州鳥取にて名刀を造っています。本短刀には幕末の揃い金具が付いた立派な短刀拵えが付いて、本短刀を一層華やかにしております。冠落造は大変難しい造り込みで、素晴しく姿良く仕上げているのが好ましい名短刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 摂津守橘是平 江戸
中期
49.3 1.7 0.6 本脇差は寛文1661年頃長州山口の刀工です。姿反りの深い切っ先の延びた鋭い姿に地金小板目肌良く詰み、のたれ互の目刃を焼棟焼も焼き、大変覇気有る脇差となっています。長州の刀工は大変少なく貴重な脇差です。どうぞお楽しみ下さいませ。 売約御礼
文殊包重作 江戸
初期
13.5     延宝頃の大和の刀工。京山城にても作っています。陸奥守包重とは別人です。本槍も錆びていますので地刃良く見えませんが、武家の室内用手槍として造られたものです。お楽しみ下さい。 売約御礼
平安城住石道助利 江戸
初期
13     石堂系の刀工で京山城で寛永頃より元禄頃まで3代続いた刀工です。本槍は錆の為に地肌良く見えませんが武士の室内用の手槍として造られたものです。 売約御礼
無銘 現代 64.8 1.6 0.71 孫六兼元写 三本杉の刃紋良く出来ています。 売約御礼
薙刀 伊勢守信貞 江戸
初期
36.2 1.8   寛永美濃の刀工岩捲派、岩捲は寿命派から分かれた一派で岩捲に住したので岩捲くを銘の上に冠するようになりました。錆身なれど価値ある薙刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
伝備前国長船祐定 室町
中期
63.9   0.7 元に踏ん張りあり、腰反り高く、地金板目肌良く詰み、映りが現われ、刃紋互の目丁子刃、にえ匂い良く絡まり良く出来ています。備前国長船祐定は刀の代名詞と言われるぐらい古来大変珍重されました。本刀は約450年前の祐定と思われる刀です。是非超格安にしておりますので、是非お楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 藤原行長 江戸
初期
52.4 0.8 0.63 万治1658年頃の豊後大分県の刀工。地金は板目に柾目が交じり、刃紋は直刃匂い口締り尖り刃も交え覇気ある刃紋を焼いています。地には白気映りがかすかに立ち、時代が上がって見えます。古来良く斬れる事で有名で良業物として聞こえ高く有名な脇差です。お楽しみ下さいませ。 売約御礼
伝 現代刀 現代 65.8 1.4 0.71 地金小板目肌素晴らしく良く詰み刃紋のたれ刃に乱れ、尖り互の目刃交じり覇気ある刃を焼いております。この度初めて世に出たために、錆が出ていますが、是非綺麗にしてやって下さいませ。 売約御礼
短刀 吉光 江戸
末期
25.7 0.1 0.5 本短刀は左行秀の弟子で土佐吉光9代目と思われます。外国帰りの為に錆びの為に良く地肌が分かりませんが、幕末戊辰戦争に向けて世の中が騒然となった時の、戦国時代と同じ様に短刀の制作が行われたその時のものでしょう。正式の短刀拵えも素晴らしく良く今回外国帰りの為に格安でご提供致します。 売約御礼
脇差 三品但馬守兼光 江戸
中期
53.2 2 0.7 寛延頃(1748年)261年前京の伊賀守金道一派を三品一派と言います。この兼光も元は伊賀守金道から出た刀工です。本刀は小板目肌良く詰み、刃紋のたれに覇気ある互の目を所々に交え、金道系の刃紋を焼いて大変楽しめる脇差です。軍刀拵えも短めの軍刀で特別に作られ、航空隊か戦車隊の将校用に作られたものです。お国を守った素晴らしい三品但馬守兼光の脇差をお楽しみください。 売約御礼
脇差 伝 寿命 室町
末期
38.7 0.9 0.56 寿命は美濃の刀工、古くは鎌倉時代より続く名門刀工です。もともとは大和から移住したものと考えられます。本脇差は文禄頃1592年の生無銘の寿命で、切っ先が大きく延びて豪壮な姿をしています。地金は小板目肌良く詰んで美しく刃紋はのたれ乱れ刃に互の目の足が入り、刃中良く働いています。有名な寿命の名脇差をお楽しみください。 売約御礼
脇差 正(不明) 南北
35.4 0.4 0.45 本脇差は相州伝の平造の脇差で時代は南北朝時代の小脇差です。海外から帰ってきたところですので、錆びの為に刀身が良くわかりませんが、姿が良い為に名刀で有るものと思います。拵えも幕末の拵えが素晴らしい拵えになっていますので。今回特別格安に出品させて頂きます。 売約御礼
脇差 伝法城寺正弘 江戸
初期
45 0.7 0.48 法城寺の本国は但馬で遠祖は貞宗三哲と称されています、法城寺国光です。江戸で新刀期に入り素晴しく繁栄しました。正弘が最も上手で虎鉄に大変似ています。本脇差は反り浅く地金は小杢目肌に板目肌交じり、鎬地に柾目肌が現われ、刃紋は沸本位の互の目刃良く出来ています。ぼうしは乱れ込んでいます。如何にも物切れする脇差です。多くの法城寺の刀は古くから長曽祢興里入道虎鉄に化けていると言われるごとく、大変虎鉄に似た刀を造っています。法城寺正弘と見える銘脇差をお楽しみください。 売約御礼
短刀 兼(以下切れ)兼明 室町
末期
18.4 0 0.56 文亀1501年頃の美濃の兼明の短刀。地金板目良く詰み柾肌が現れ、刃紋直刃に二重刃を交え映り立ち素晴らしく趣の有る名短刀です。本来なれば無銘に成るべきものを兼の銘のみ残すのはこのような名短刀で有ったからと思われます。時代の古い名短刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
宮城守国 昭和 64.5 2 0.67 宮城寅之助明治22年生まれ。宮城県出身、元陸軍寿命刀工、国工院会員名誉宗匠、陸軍軍刀技術奨励会会長賞受賞。戦前の名工です。本刀は地金素晴らしく緻密に鍛えられ、刃紋備前伝互の目刃元から先までむらなく焼き上げている所に守国刀匠の技術の高さが覗われます。戦前の現代刀匠をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
濃州住吉近作 昭和 64.4 1.2 0.77 第2次世界大戦も終盤となり、大激戦が続く中、本軍刀は出征将校の為に心を込めて作られました。本軍刀は大変運が強く外地に持ち出されなく、日本国内で終戦を迎え大変綺麗な姿で現在まで大切にされたものです。刀緒から少尉、中尉、大尉級の尉官級の軍人の御持ち物です。刀身はのたれ調の尖り刃を交えた覇気ある刀身となっております。お国の為に作られた軍刀を大切にしてください。 売約御礼
脇差 伝末関 室町
末期
54.3 1.7 0.67 本脇差は450年前の戦国時代の美濃の刀工の脇差です。地金は小板目肌にやや大きい板目肌を交え鎬には柾肌が現れ、刃紋は尖り互の目刃素晴らしく覇気ある高い刃を焼いています。戦国乱世をくぐりぬけてきた武勲の脇差です。尖り刃は孫六兼元から作られていますが、戦国武将の好みに合ったのでしょう。本脇差の様に華やかな尖り互の目刃は大層もてはやされものです。戦国時代の美濃の脇差をお楽しみ下さい。 売約御礼
福本兼宗 現代 66.3 1.2 0.83 越後栃尾住。九代兼定の門。本刀は陸軍軍刀として造られたもので越後郷義弘を写したものです。直調の刃を焼、切っ先近くで幅が広くなり、あたかも正宗十哲の中でも一番の名工郷義弘を狙って成功いたしております。福本兼宗の刀をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 伝越前下坂 江戸
中期
35.4 1.1 0.87 本刀は冠落造の小脇差で、地金はやや黒味を持った北国地金で、小板目肌に柾肌を交え越前刀独特の地金で、刃紋は素晴らしく良く斬れる刃であるぼーっとしたのたれ刃を焼いています。この様な刃は昔から実用的に良く斬れると言われております。名のある武芸者からの注文品と思われます。拵えも幕末の鉄拵えで実用向きに造られており、優品です。特別注文品の気の利いた小脇差をお楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 無銘(長船盛光) 室町
初期
49.3 1.2 0.6 応永20年(1413年)(約600年前)頃。
備前長船に3名の名工が全国的に有名でした。長船盛光、康光、師光を応永の3光と呼び名工の代名詞として古来大変大切にしてきました。本脇差も大すりあげにされて無銘になったものですが、地金小板目肌素晴らしく良く詰み、先には乱れ映りも現われて一段と本脇差の時代が古く見られます。備前の独特な腰の開いた互の目刃を焼き上品です。拵えも幕末の拵えで鍔は鉄地、縁頭は鉄地に水上の御殿と人の図。目貫は花かごの図龍に金象嵌を施しこの脇差を一層華やかにしています。
売約御礼
現代刀 現代 65.8 1.4 0.76 本刀は地金素晴らしく良く詰み無地風となり、刃紋のたれ刃に小乱れ刃を現わし、平肉豊かに付き豪壮な姿となっています。無銘なれど充分に楽しめる刀となっております。拵えは現代拵えが付いて好ましい拵えとなり非常にお金のかかった刀です。どうぞお楽しみ下さい。 売約御礼
脇差 新々刀海部 江戸
末期
35.7 0.6 0.62 阿波徳島に海部師久を祖とする海部鍛冶が連綿と幕末まで続いています。ほとんどの刀が片切り刃造で刀身に阿州住某と切るのがほとんどです。本脇差は小板目肌良く詰み、刃紋はのたれ刃に互の目の足が良く入り、素晴らしく良くにえ付いています。地金一面ににえが付いて大変覇気の有る脇差となっています。拵えも幕末の拵えで、素晴らしく軽快に作られ、幕藩体制の時は高級武士の腰を飾ったものです。大変珍しい海部と極められた脇差をお楽しみ下さい。 売約御礼
脇差 紀州住氏廣 江戸
初期
43.7 0.5 0.74 紀州住氏勝の弟子。氏勝は紀州徳川家の重臣都築久太夫氏勝であり、氏勝銘の刀は慰め打ちです。初代重国の羽掃と有るのは氏勝の注文と言われています。都築氏は三河武士。家康直参。包国、重国の駿府打ちや紀州入りは氏勝の働きと言われています。本脇差はその氏勝の弟子と言われる氏廣の作で、地金板目肌ざんぐりとして、刃紋はあくまでも南紀重国に似た大和伝直刃を力強く焼き上げて、南紀重国にせまる名作です。貴重な氏廣の名脇差をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 氏信岩捲 室町
末期
39.3 1.3 0.73 寿命の末流で岩捲派の代表刀工。時代元亀1570年頃の作。本刀は先に行くほど幅広になる豪快な姿で菖蒲造となり、所謂戦国期の利刀造の脇差番となっています。地金板目に柾が掛かり、非常に強い地金を作り、刃紋は切味鋭い直調の刃を焼きところどころ乱れています。拵えも幕末の拵えで、柄は紫檀の柄に力士の人物を出し目貫とし。鞘は変わり塗鞘、四分一の栗型とこじりをを添え高級武士の拵えとなっています。有名な岩捲氏信の豪快な脇差をお楽しみください。 売約御礼
短刀 源信重作之(おそらく造) 現代 23.6 0.4 0.7 源信重刀匠は大阪唯一の刀匠で、昨年引退致しました。月山貞勝の弟子の喜多貞秀の弟子で新作名刀展で数々の入賞を果たした大阪を代表する名工です。本短刀は室町時代の島田義助が作った短刀が、『おそらく』この様な姿の短刀は無いだろうと『おそらく』と短刀の刀身に彫こんだので、この様な姿の短刀をおそらく造と呼んで以後珍重致しております。本短刀は地金小板目肌素晴らしく良く詰み、互の目丁子刃素晴らしく良く出来ています。おそらく造の短刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 仕込杖拵(伝文殊二代南紀重国) 江戸
初期
44.6 1.2 0.67 二代南紀重国、銘に文殊と切るので文殊重国と呼んでいます。父南紀重国と共に紀州藩工となり、紀州頼宣の相手鍛冶も勤めました。本脇差は地金は板目肌良く詰み、刃紋は大和伝直刃に足が入り二重刃が現われ、大変覇気ある脇差です。拵えは仕込み杖拵で出来も大変優れています。お楽しみ下さいませ。 売約御礼
孫六兼元写 大正 63.3 1.5 0.58 本刀は大正時代に作られた刀です。地金は小板目肌が素晴しく良く詰み鏡の様な地金をしております。刃紋は孫六兼元を写した三本杉を上手に焼いており綺麗な刀に仕上げております。どうぞお楽しみ下さいませ。 売約御礼
脇差 兼延(志賀関) 室町
末期
57.35 1.05 0.56 初めに濃州小山で鍛刀し後尾州山田庄内の志賀に移住したので、志賀関と呼ばれています。時代は永正1500年頃と関鍛冶でも古く、本脇差は地金板目肌良く詰み、地金白く輝き。刃紋は互の目刃 志津風の低い刃を焼き。明るく冴えています。表裏に棒樋を掻いています。元々は2尺4寸以上あった刀を大すりあげにしたもので、大変出来の良い脇差です。お楽しみ下さい。 売約御礼
脇差 関住兼定 江戸
中期
40.2 1 0.67 本兼定は江戸中期の兼定。姿元先の幅の差が余りなく、切っ先張って、地金板目肌良く詰み鎬に柾肌が現われ、刃紋はのたれ互の目にところどころ尖り刃が交じり素晴しく覇気のある脇差です。美濃の脇差をお楽しみ下さい。 売約御礼
短刀 高羽誠 現代 31.9 0.4 0.65 本短刀は両鎬造の特殊な姿の短刀で、地金は小板目肌素晴しく良く詰み、強い地金を鍛え上げています。刃紋はのたれ乱れの刃を素晴しく上手に焼き上げています。高羽誠刀匠は岐阜県出身で人間国宝宮入昭平刀匠とも親交が有り、伊勢神宮の御遷宮の剣も製作している有名刀工です。大変珍しい両鎬造の短刀をお楽しみくださいませ。 白拵 売約御礼
短刀 寿命 江戸
中期
24 0 0.64 新刀の寿命の短刀です。寿命は美濃の刀工で鎌倉末期から始まる有名な刀工です。大変寿命が長いと言うお目出度い名前の為に、幕末新々刀まで続く名門刀工です。本短刀は地金板目肌良く詰み刃紋は互の目乱れ刃、沸良く付き、大変覇気のある短刀を作っています。拵えは出し鮫合い口拵えが本短刀を一層華を添えています。お目出度い寿命の短刀をお楽しみください。 白拵 売約御礼
短刀 清水住盛重作(来国俊写) 現代 23.8 0 0.53 熊谷一二 全日本刀匠会会員。本短刀は地金小杢目肌良く詰み、刃紋直刃素晴しく明るく焼かれ古作来国俊を巧みに写した快心作です。現代の合い口拵えも変わり塗鞘で拵えており好ましい拵えとなってい居ります。短刀共々お楽しみ下さいませ。 白拵 売約御礼
土州住瑞龍子貞弘造 現代 63.7 1.2 0.65 昭和甲子年七月吉日為西村太一氏
岩本富士雄。全日本刀匠会会員。月山系統の刀匠。本刀は地金板目肌良く詰み、刃紋は備前伝互の目丁子刃をむらなく焼き、刃中大変明るく焼き上げて、貞弘刀匠の技量の高さを現わせています。土佐高知の名匠岩本貞弘刀工の刀をお楽しみくださいませ。
売約御礼
脇差 清光 江戸
初期
55.1 1.5 0.72 延宝頃(1673年)長兵衛、笠舞に有った加賀藩のお救い小屋にいたことから昔から大変有名な非人清光と称される。本刀は小板目肌良く詰まり柾肌を交えやや肌立ち気味の地金に、匂出来の小沸の付いた直刃を焼き、素晴しく覇気有る古名刀を彷彿とさせる映りを立たせた刃を焼清光の最高傑作の脇差です。拵えも江戸期の拵えが本当を一層華やかに引き立てています。お楽しみくださいませ。 白拵 売約御礼
脇差 於春風館正幸作之(人間国宝隅谷正峯の師) 現代 33.6 0.8 0.62 桜井正幸、桜井正次の次男、初銘正綱。京都立命館大学にて、鍛刀の技術の伝習に努め、弟子に後に人間国宝になる
隅谷正峯等がいます。本寸延び短刀は身幅広く地金は板目が良く詰み、刃紋は直調の互の目丁子を見事に焼き上げています。素剣に梵字の彫も上手に刀身良くあった彫を見事に彫上げています。有名刀工ですが、時代の流れもあり、大変現存作の少ない貴重な名短刀です。お楽しみ下さい。
売約御礼
大身
吉道(朱銘) 江戸
初期
58.6 0 1.35 本槍は大身槍で、もっぱら大名行列の先頭を切って槍行列に使用されたものです。朱銘で吉道と入っていましたが、現在は道だけが読めます。宝蔵院流の槍でけら首に十文字の鎌が付いています。地金は板目肌に柾肌が流れ、刃紋はのたれ乱れ刃を焼いています。槍は長くて保存に大変な為に現存作少なく、本槍は貴重な大身の槍です。 売約御礼
無銘 江戸
末期
74 1.8 0.72 重量:鞘を払い1125g
互の目乱刃良く出来ています。
売約御礼
脇差 菊紋伊賀守藤原金道 江戸
初期
35.9 0.6 0.43 本脇差は元服刀と言い、武士の家ではある年齢に達すると元服の儀式を行います。その時の刀が本刀です。本元服刀は高級武士の物で、中身は当時の刀工の大将である伊賀守金道の刀を、素晴らしい拵えに入れて、武運長久を祈り、家運上昇を祈念したものです。高級武士の子の元服刀をお楽しみください。 売約御礼
短刀 千手院兼国作 大正 27.2 0.3 0.65 本短刀の作者は本名小川仙太郎。関兼吉門。本短刀は川邊氏が5月京都の武徳祭で武道優秀者に賞として与へた記念の短刀です。孫六兼元写の三本杉の刃を焼、地金は小板目肌すこぶる良く詰み出来が優れています。さぞや受賞者の喜びは一方ならぬものでありましたでしょう。 記念の短刀をお楽しみください。 売約御礼
脇差 伝寿命 江戸
末期
41 0.9 0.62 本脇差は地金小板目肌良く詰み、地金明るく良く鍛えられ、刃紋はのたれ乱れ刃に、尖った互の目の刃が交じり、砂流しを交え、良く働いています。幕末の関の鍛法を濃く受け継いだ、室町期から新々刀まで続く刀工寿命の脇差です。寿命は昔から大変お目出度い刀として特に喜ばれて持たれたものです。新々刀寿命の脇差をお楽しみくださいませ。 売約御礼
伝鈴木加賀守貞則 江戸
中期
61.8 1.4 0.73 井上真改門の鈴木加賀守貞則。地金小板目肌良く詰みこまかな地沸が付き、刃紋は穏やかな大阪焼き出しを焼、互の目刃を上手に焼き上げています。帽子小丸に上手に焼き上げています。井上真改のぼうしに良く似ており、焼納めも井上真改の様にはっきりとしません。江戸時代は元々は井上真改のの銘が入っていたものと思われます。上品な刀をお楽しみくださいませ。 売約御礼
脇差 伝新々刀 江戸
末期
33.5 0.8 0.55 本脇差は幕末に作られたもので、地金小杢目肌良く詰まり、刃紋は焼がのたれ刃を焼、この様な眠たい刃が古来良く斬れるとの古老の話が伝えられています。拵えも幕末の地味な拵えが付いて当時を思い出させる拵えとなっております。質実剛健な気風を今に伝える脇差をお楽しみくださいませ。 売約御礼


日本刀
商品紹介
その他の
ページ